Mpyerjmrcnhgkbo6aof5

うしおととら

CATEGORY | うしおととら

【うしおととら】名言集!トンネルの名言とは?うしおやとらたちの名言を一挙紹介!

2018.11.24

【名言集】テレビアニメ化もされた大人気少年漫画『うしおととら』。今回はそんな『うしおととら』の個性あふれるキャラクターたちが言った名言を紹介していきます。それではさっそく、トンネル、うしおやとらをはじめとしたキャラクターたちの名言をみていきましょう。

  1. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!うしおととらとは?
  2. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!どんな物語?
  3. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!テレビアニメ
  4. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!蒼月潮
  5. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!とら
  6. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!中村麻子
  7. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!井上真由子
  8. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!鏢(ひょう)
  9. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!秋葉流
  10. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!トンネルの名言
  11. 名言集!【うしおととら】メインキャラクターやトンネルの名言を一挙紹介!まとめ
『うしおととら』は1990年~1996年まで小学館の週刊少年サンデで連載されていた漫画です。作者は漫画家の藤田和日郎。小学館文庫から全19巻が出版されており、発行部数2640万部以上の大人気作品です。
主人公の蒼月潮(あおつきうしお)が自宅の蔵の地下に封印されていた強力な妖怪「とら」を解き放ち、封印に使っていた妖怪退治の武器「獣の槍」を使って現れた妖怪たちと戦っていきます。その途中で、さまざまなキャラクターたちのエピソードが描かれており、物語の終盤になるにつれてすべてが繋がっていく構成になっており、非常に面白い漫画です。
父親が僧ということもあり自宅が寺の主人公、蒼月潮はある日蔵の地下に封印されていた最強最悪の妖怪、通称「とら」と出会います。たまたま自宅に来ていた同級生の麻子と真由子がとらの妖気に誘われてきた妖怪に襲われていたために、とらの封印を解いてしまいました。
封印を解いたら力をかしてやると言っていたとらでしたが、あっけなく裏切り、人間であるうしおを殺そうとしましたが「獣の槍」を持ったうしおにとらは返り討ちに合ってしまい。2人は強力して麻子と真由子を襲う妖怪を退治します。
そうして出会った2人は、身近に出現した妖怪退治を始めましたが、大妖怪であるとらを解き放ってしまったうしおの存在を見過ごせない妖怪退治集団「仏教団体・光覇明宗」がうしおととらの元に刺客を放ちました。うしおたちは彼らの手から逃れるためと、実は生きていると判明した母に会うために北海道を目指します。その途中に妖怪や刺客の妨害を受けながら、成長をしていくうしおととらを描いた物語です。
テレビアニメ『うしおととら』は第1シーズンが2015年7月~12月。第2シーズンが2016年4月~6月にTOLYO MXほかで放送されました。話数は全39話。アニメーション制作を行ったのは「MAPPA & VOLN」。
監督は西岡聡が務めました。『うしおととら』は連載中にもOVAとしてアニメが制作されたことがありましたが、まだ物語が完結していない状況だったため、全10話で終了となっています。2015年に制作されたテレビアニメは、連載からかなり時間が経っていましたが、ファンからは喜びの声が多数上がりました。
蒼月潮は『うしおととら』の主人公です。東京都みかど市の寺に住んでいる中学2年生。ある日、自宅の敷地にある蔵の地下で「獣の槍」によって封印されていたとらを発見し、妖怪に襲われていた幼馴染たちを救うためにとらの封印を解いてしまいます。
人間などエサと同様に考えているとらによって一度は危機に陥りましたが「獣の槍」でとらを返り討ちにし、協力して妖怪を退治しました。妖怪と戦うときには「獣の槍」の力によって髪が伸び、瞳が縦に割れます。さらに爪や牙が長くなったりとしますが、基本的には人間と大差ない姿です。

蒼月潮の名言

「価値とかなんてしらねーやっ! オレはただ間違ったコトが大キライなんだいっ!」
「わりィなとら! 喰われてやれなくてよ」
「麻子……大好きだ」
「人間だけじゃ白面にゃ勝てねえ……もちろんバケモノだけでも……白面は強いさ。ああ、獣の槍だって、人間の自衛隊だって、やられちまった……だけど……人間とバケモノが一緒に戦ったら、わかんねえよな。そうとう強いぜ……オレ達!」
「でも……おもしろかったよなァ……なあ、とら」
とらは、500年もの間うしおの家にある蔵の地下で「獣の槍」で封印されていた大妖怪です。大きな虎のような見た目をしており、長い爪と牙を持つ猛獣のような妖怪。妖怪の中ではかなり強い存在で、800年前の戦いでその勇猛さから他の妖怪たちから一目置かれる存在のようです。妖怪たちと対面しているときには大妖怪らしい振る舞いをしているものの、うしおの前では友人のように接しており、喧嘩やはしゃぎあったりしています。
語の序盤ではうしおを食ってやろうと企んでいたようですが、うしおと共に他の妖怪たちや刺客と戦ううちに相棒のような存在になっていきます。『うしおととら』は主人公のうしおと、とらが戦いや日常を通して絆を深めていく物語です。最終的にはラスボスの白面の者と戦う前に「わしらとヤツのタイマン」と言うほどに、絆が深まりました。

とらの名言

「なん度いってもわからんのだな、一鬼……わしを長飛丸と呼ぶんじゃねえ……わしは、とらだっ!」
「フン! わしゃ理屈なんてしらねえ……ただ……あいつといると退屈はしねえな」
「もう……喰ったさ。はらァ……いっぱいだ」
中村麻子は『うしおととら』の正ヒロインのキャラクターです。主人公のうしおの幼馴染であり、実家は中華料理屋。うしおの近くにいるため、妖怪に遭遇することが多い。霊力などの力は全く持っていませんが、妖怪に対しても臆することなく行動できる活発な少女です。
うしおとは昔から喧嘩ばかりしていまいますが、彼のことを特別な存在として見ています。しかし幼馴染として過ごしてきた時間が長かったため、その感情を素直に表にだせません。いっぽううしおも中村麻子のことを大切に思っており、実質量思いです。しかし、物語が進むにつれて2人の関係も序所に進展していきます。
物語の終盤でうしおへ気持を伝える決心をしましたが、直後に記憶を失ってしまいます。しかしそれでもうしおへのの感情は消えておらず、最終的にはまたうしおのことが好きという気持を自身の中で認めました。うしおの最終決戦の後には笑顔で彼を出迎えていることから、2人の関係は記憶を失った後も良好のようです。

中村麻子の名言

「なんで……こんなコトになったのよう。あんたはバカで……考えなしで…………落ち着きなくってケンカっ早いよ……けどさあ……あたし、あの、うしおがいいよう。だから……帰ってきてよう」
「うしお……ちゃあんと帰ってくるんだよ……ぶんなぐってやるんだからね……えい」
「わかったよ、うしお……おかえり」
井上真由子は主人公の蒼月潮の幼馴染です。ヒロインの中村麻子とも幼馴染で、作中でも3人でいることが多い立ち位置のキャラクターですね。潮と幼馴染なので、中村麻子と同じように物語が進むにつれて妖怪との関わりが深くなっていきます。
最終的に潮と両思いになった中村麻子と同じように、初めは彼に想いを寄せていましたが、中村麻子の気持を知り、3人の関係が崩れないようにと、その気持ちは表に出しませんでした。しかしその後、潮と暮らしているとらとも関係が深くなっていき、ハンバーガー好きという共通点もあってか、とらに対しても好意のようなものを抱いています。

井上真由子の名言

「私は…….二人みたいなまねはできない。でも……お役目様にはなれるのね、やったァ。」
「とらちゃん……好きだよ……大好き…………」
「うふふ、とらちゃんの胸にもう。穴なんてあいてないよ!」
鏢は自身の妻と子供を妖に奪われたという過去を持っており、その辛い経験から妖への復讐を誓った男です。復讐対象である妖によく似た存在が日本にいるという噂を聞きつけた鏢は、日本に渡り、とらや潮と出会います。復讐対象の妖によく似た存在というのがとらだったため、鏢ととらは戦うこととなりました。彼は一度はとらを追い詰めたほどの力を持っています。

鏢(ひょう)の名言

「わたしは鏢という字名だ。本名は捨てた」
「吸血鬼よ。キサマに明日の夜はない……」
「子供を喰うのか、キサマ……やってみろよ。オレの目の前で……今一度……喰ってみろよォ!」
秋葉流は獣の槍の伝承者候補のひとりで、かなりの実力者として潮たちに力をかしてくれたキャラクターです。使う武器は独鈷と錫杖で、結界術を使うことも可能です。相手に気づかれないように結界をはり、敵の退路を断つ戦いを得意をしています。

秋葉流の名言

「いい天気だなあ、よォ……気をつけてないと、石ころだっておまえさんの足もとをすくうぞ……ケガなんかしたくねえよなァ……こんな天気のいい日によ」
「オレは……本気を出しちゃいけねえんだ……人生ってヤツを…………楽しんじゃいけねえのさ」
「ああ……なんだ...風が……やんだじゃねえか……」
トンネルの名言とは潮たちが北海道から故郷に帰る途中の青函トンネルで、列車が妖怪に襲われたときに青つく紫暮が言った名言のことです。

蒼月紫暮の名言

「野村くんよ……トンネルってよ、いやあな時みたいだなァ。一人っきりで寒くてよ……でもな、いつかは抜けるんだぜ」
今回は大人気漫画『うしおととら』のメインキャラクターの名言を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。長い戦いの中で、キャラクターたちが言ったの深い言葉がたくさんありましたね。そんな彼らの活躍が見たいという方は、ぜひ原作漫画やテレビアニメをチェックしてみてください。