Bjbjcdotacxktmiticq4

ブラック・ブレット

CATEGORY | ブラック・ブレット

【ブラック・ブレット】評価まとめ!アニメ・小説のそれぞれの評価を公開!

2018.11.19

ブラック・ブレットは10歳以下の少女が多く登場しますが、ハードなストーリー展開で人気の作品です。しかし、原作と比べるとアニメは評価がどうしても低くなっています。ブラック・ブレットの小説の評価やアニメの評価が低い理由、高評価な点などについてまとめてみました。

  1. ブラック・ブレットの評価について
  2. 小説ブラック・ブレットの評価が高い部分
  3. 小説ブラック・ブレットの評価が低い部分
  4. アニメブラック・ブレットの評価が高くない理由1
  5. アニメブラック・ブレットの評価が高くない理由2
  6. アニメブラック・ブレットの評価が高くない理由3
  7. アニメブラック・ブレットの最終回は高評価
  8. アニメブラック・ブレットのOPの評価について
  9. アニメブラック・ブレットのEDの評価について
  10. ブラック・ブレットの評価についてまとめ
ブラック・ブレット 神を目指した者たち (電撃文庫)
価格 ¥ 680
ブラック・ブレット (1) (電撃コミックスNEXT)
価格 ¥ 616
ブラック・ブレットはアニメ化された人気ライトノベルでファンからは高い評価を受けています。 一方でブラック・ブレットのアニメは辛口の評価を受けています。 ブラック・ブレットの評価が高い点や評価されない点、アニメの評価が低い理由などについて求めてみました。
アニメブラック・ブレットの最終回が高評価される点やOP、EDの評価についてもご紹介します。
ブラック・ブレット 文庫 1-7巻セット (電撃文庫)
価格 ¥ 4,374
ブラック・ブレット (2) VS神算鬼謀の狙撃兵 (電撃文庫)
価格
ブラック・ブレットは、10歳以下の女の子が非常に多く登場する作品です。しかし、単なる萌え系の作品ではありません。人類が絶滅寸前の世界で謎の生物と戦う非常にハードな物語になっています。 小さい女の子は物語の都合の部分もありますが、戦力であると同時に差別の対象です。
当然、小さい子がどんどん死んでいくので、この辺りで評価が分かれる作品になります。 単純に可愛い女の子の話を読みたい場合は、ブラック・ブレットの評価は高くないでしょう。 ダークでシリアスな展開が好きな読者にはブラック・ブレットの評価は高いです。
キャラ萌え的な部分が残酷な展開を中和してくれる部分はありますが、あくまでそういった部分はおまけの作品と言えます。ガストレアとの過酷な戦いや差別の問題に魅力を感じる読者にはブラック・ブレットは評価の高い作品です。 アニメではカットされることが多い、菫先生や多田島警部の登場シーンが高い評価を受けているのも面白いところです。
ブラック・ブレット (3) 炎による世界の破滅 (電撃文庫)
価格 ¥ 594
ブラック・ブレット (4) 復讐するは我にあり (電撃文庫)
価格 ¥ 637
ブラック・ブレットはダークでシリアスな部分が高い評価を受ける作品ですが、主人公や登場人物は戦いながらいちいち技名を叫んで戦います。これに違和感を感じるという評価もあります。 基本的にガストレアの力を持つ呪われた子供や主人公のように機械化した人間でないとガストレアとは戦えないはずです。
しかし、ブラック・ブレットには、普通の人間のはずなのにガストレアを倒すキャラが登場します。 天童民間警備で一番強いのが普通の人間というのも、よく考えるとかなりの違和感です。全体的に評価の高い作品ですが、こういった点に違和感を感じる人はブラック・ブレットへの評価も低めになっているようです。
ブラック・ブレット 1 (初回限定版DVD)
価格 ¥ 6,324
ブラック・ブレット 2 (初回限定版BD) [Blu-ray]
価格 ¥ 2,700
小説のブラック・ブレットに比べるとアニメのブラック・ブレットは、どうしても評価が低くなってしまいます。 ブラック・ブレットのアニメの評価が高くない点として、1クールしかないアニメの中に小説ブラック・ブレットの4巻までの内容を詰め込んだ点が指摘されます。
アニメ化する場合はどうしても決まった枠の中に作品を詰め込むことになります。これは小説のブラック・ブレットを読んだことがない視聴者にはわからないことですが、どうしてもアニメは原作よりも描写不足や説明不足になってしまいます。 ファンが需要だと思う部分が省かれることもあり、評価が低くなってしまうのです。
小説ブラック・ブレットでは丁寧に説明されている部分が、アニメブラック・ブレットで省かれてしまっている部分は結構多いです。不自然さを感じてしまった視聴者は、ブラック・ブレットの小説を知らなくてもあまりいい評価はしていないことがわかります。
また、小説ブラック・ブレット1巻の部分がアニメでは4話分の長さなのに、一番の見せ場と言える4巻の部分がアニメでは3話分しかないことも辛い評価を受けています。
ブラック・ブレット 3 (初回限定版BD) [Blu-ray]
価格 ¥ 4,650
ブラック・ブレット 4 (初回限定版BD) [Blu-ray]
価格 ¥ 3,800
ブラック・ブレットのアニメの評価が低い理由に、原作と比べて主人公里見蓮太郎が強すぎると言われることもあります。 ブラック・ブレットの主人公里見蓮太郎は決して弱いわけではありませんが、普通の人間が機械化して強化されています。 機械化兵士としての力は強力ですがリスクもあるため、力の使用には制限があります。
ブラック・ブレットの小説では里見蓮太郎は半死半生で勝つことがほとんどですが、アニメでは原作に比べて余裕があると感じる視聴者が多いようです。この点が違和感となり、アニメの評価を下げています。この辺りは難しい点だと思いますが、原作を読んでいるファンからの評価は厳しいものになっています。
ブラック・ブレット 5 (初回限定版DVD)
価格 ¥ 6,480
ブラック・ブレット 6 (初回限定版DVD)
価格 ¥ 5,601
アニメのブラック・ブレットの評価が低くなってしまう理由として、死が軽く扱われているというのがあります。 ブラック・ブレットでは登場人物がどんどん死んでいきますが、特に呪われた子供たちは理不尽な利用で殺されていきます。原作ではかなり悲惨なためにアニメのブラック・ブレットでは、ある程度抑え目な演出になっています。
本来は子供たちが殺される理不尽を感じることに意味があるはずなのに、印象が薄くなってしまっているとマイナスの評価になっているのです。これは元々人が多く死ぬブラック・ブレットの中で重要な点ですから、評価に響くのも当然と言えます。しかし、この評価は最終回に関して正反対のものもあります。
ブラック・ブレット 7 (初回限定版BD) [Blu-ray]
価格 ¥ 6,185
ブラック・ブレット - BLACK BULLET
価格 ¥ 4,280
ブラック・ブレットのアニメの最終回はそもそも原作が完結していないため、きちんと終わった感じにはなっていません。それでも、高評価をする人は結構多いです。蓮太郎と延珠が電車に乗っているシーンで、人身事故が起きて電車が止まってしまいます。蓮太郎は無関係な人の死に自分が遅刻することしか考えません。
しかし、延珠は電車に引かれた人の死を悲しんでいたのです。ブラック・ブレットの中では大勢の人が死んでいくため、人の死に慣れてしまうのはある意味仕方のないことと言えます。しかし、自分が人の死に慣れてしまったことに気づいた蓮太郎はその恐ろしさに涙を流します。
ブラック・ブレットのアニメは、短い尺に話を詰めすぎたせいで評価を下げています。しかし、最終回のラストにこのシーンを持ってきたことはもっと評価されるべきだと思います。ブラック・ブレットでは、大勢の人間があっさり死んでいきます。アニメの最後で、死に慣れてしまう恐ろしさを描いたことは高評価を受けています。
black bullet(初回限定盤 CD+DVD)TVアニメ(ブラック・ブレット)オープニングテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition
価格
black bullet(通常盤)TVアニメ(ブラック・ブレット)オープニングテーマ Single, Maxi
価格 ¥ 1,158
アニメブラック・ブレットのオープニングテーマは、高い評価を受けています。ブラック・ブレットのOPは疾走感のある曲になっており、同時期のアニメのオープニングとして一番の出来と評価する人もいます。進撃の巨人のOPに似ているという評価もありますが、全体を聞いてみるとそれほど似ていません。
歌詞などがきちんとブラック・ブレットの世界観を再現した曲になっているのも評価されています。
トコハナ(初回限定盤 CD+DVD)TVアニメ(ブラック・ブレット)エンディングテーマ Single, CD+DVD, Limited Edition
価格 ¥ 1,250
トコハナ(通常盤)TVアニメ(ブラック・ブレット)エンディングテーマ Single, Maxi
価格 ¥ 1,187
アニメブラック・ブレットのEDテーマ「トコハナ」は、原作のエピソードの雰囲気を再現した曲として評価が高いです。歌手のやなぎなぎさん本人がブラック・ブレットの蓮の花のエピソードをイメージして作詞をしましたが、それに合わせたED映像も高い評価を受けています。
ブラック・ブレット (7) 世界変革の銃弾 (電撃文庫)
価格 ¥ 551
ブラック・ブレット (6) 煉獄の彷徨者 (電撃文庫)
価格 ¥ 637
ブラック・ブレットの評価についてご紹介しました。 アニメの評価が厳しい理由は、多くのアニメ化作品に共通する点だと思います。 それだけ、制約がある中で原作をアニメ化するのは難しいということでしょう。
アニメで初めてブラック・ブレットを知る人の評価は、それほど悪くないことが多いです。 アニメから原作に入って、ますますブラック・ブレットを好きになったという人も少なくありません。 原作が好きなので辛口の評価になっている人も多いと思います。
同時期のアニメと比べると評価は高い方ですし、興味があってまだ見たことがない人は一度見てみることをお勧めします。