Yn3mm6ysiq2ifhmxhfzr

浅野真澄

CATEGORY | 浅野真澄

【ゲゲゲの鬼太郎】ミウの可愛いセリフや登場回をご紹介

2018.05.15

今回は『ゲゲゲの鬼太郎』第5期に登場したアマミ一族の「ミウ」のプロフィールやアニメでの活躍についてご紹介いたします。また、『ゲゲゲの鬼太郎』第5期におけるヒロインとして「ミウ」を推す声が多い理由についても言及していきますので最後までお楽しみに!

  1. 【ゲゲゲの鬼太郎】「ミウ」が登場するのはアニメ第何期?
  2. 【ゲゲゲの鬼太郎】「ミウ」ってどんな人物?
  3. 【ゲゲゲの鬼太郎】「アマミ一族」とは?
  4. 【ゲゲゲの鬼太郎】「ミウ」と「鬼太郎」の関係や共通点
  5. 【ゲゲゲの鬼太郎】「ミウ」の能力
  6. 【ゲゲゲの鬼太郎】鬼太郎が受け継いだ「地獄の鍵」とは?
  7. 【ゲゲゲの鬼太郎】「ミウ」のアニメ登場回
  8. 【ゲゲゲの鬼太郎】「ミウ」のかわいいセリフ集
  9. 【ゲゲゲの鬼太郎】「ミウ」の声優情報
  10. 【ゲゲゲの鬼太郎】「ミウ」と「猫娘」の関係とは?
  11. 【ゲゲゲの鬼太郎】「ミウ」に関するまとめ
『ゲゲゲの鬼太郎』のアニメシリーズの中でも「ミウ」はかなりの人気を誇るキャラクターなのですが、彼女が登場するのは2007年から2009年に放送されたアニメ第5期です。
正直ミウはアニメではお世辞にも登場回数が多いとはいえないのですが、登場した時の活躍や鬼太郎との関係性からストーリー上で非常に重要なキーパーソンとなっています。そのため、ミウは第5期のヒロインとして見られていたり根強い人気を得ているキャラクターとなっています。
ミウは前述の通り、アニメ第5期に登場した原作にはないアニメオリジナルキャラクターです。子供が大好きな優しい性格で子供達の前では笑顔を絶やしません。見た目はほぼ人間と変わらないのですが、鬼界ヶ島という島に住むアマミ一族でれっきとした妖怪です。
ミウの能力詳細については後述いたしますが、ストーリー上でも非常に重要な役割を持っており、彼女と鬼太郎が出会っていなければ世界は滅んでいるでしょう・・・。
また、ミウには姉思いで優しい性格の弟・カイがいます。ミウ以上に登場回数が少ないのですが、CV担当が人気声優の下野紘さんということで意外な人気があったりします。

「アマミ一族」は鬼太郎達「幽霊族」の親戚!?

ミウやカイを含むアマミ一族は、鬼界ヶ島に住んでいる妖怪で、鬼太郎同様に見た目はほぼ人間と同じ姿です。違いといえば、髪の毛の中に触覚が混じっていたり、首元に水中生活用のエラがある点ですが、髪や服で隠れていること多くほとんど分かりません。
このアマミ一族は、鬼太郎と目玉おやじが属する妖怪の中でもエリートである「幽霊族」の親戚のようなものと作中で扱われており、原作にも登場する「海の幽霊族」にあたるとされています。

「アマミ一族」は普通に年をとる?

鬼太郎をはじめとする妖怪達は何百年、何千年と生きるため、年をとってもそう簡単には見た目が変わることがありません。しかし、ミウやカイが属するアマミ一族は妖怪でありながら、人間と同じように年をとる設定になっています。
そのため、12年ぶりに鬼太郎と再会したミウは、彼女の方だけ大きく見た目が変わり大人になっています。妖怪でありながらなぜこういった設定なのかは劇中で明かされていません。
12年前に西洋妖怪が鬼界ヶ島に襲撃した際、ミウの母親は命を落としてしまうのですが、その時鬼太郎が助けにきてくれたため彼女と弟のカイは生き延びます。それからミウは命の恩人である鬼太郎を慕い、人生の目標として生きるようになります。そして、12年後再びミウ達アマミ一族は西洋妖怪に襲撃されるのですが、また鬼太郎に助けてもらうという形で再会します。
「アマミ一族」と「幽霊族」は親戚同士かつ妖怪の中でも特殊な能力を持つ上位階級であり、ミウも鬼太郎もそれぞれの種族の末裔という共通点があります。第5期で鬼太郎はミウから受け継いだ強力な力を使って戦うことになるので、切っても切れない強い結びつきがあるといえるでしょう。
前述の通り、首元にエラがあるため水中で活動ができたり、爪を伸ばして戦ったりする場面があります。
「アマミ一族」は鬼太郎が属する「幽霊族」と同じく非常に強力なパワーを持つ妖怪なのですが、自身達は人間と同じく力の無い存在と思って生きてきたために戦闘能力が開花していません。しかし、実際はミウは鬼太郎にも勝るとも劣らない潜在能力を秘めた妖怪です。

「地獄の鍵」の守護

ストーリー上で大きな役割を持つ「地獄の鍵」は、代々アマミ一族が閻魔大王から守護を任せられてきた秘宝です。ミウは瀕死の母親から「地獄の鍵」を自身の身体に継承するのですが、この秘宝のせいで西洋妖怪などの悪者達に度々襲われることになるのです。それほど強力なパワーを秘めたものなのですが、アマミ一族自身は使い方が分からないために戦えないのが辛いところ・・・。
劇中で鬼太郎の命の危機に瀕した際に治癒能力を発動させ、その際「地獄の鍵」が鬼太郎へ継承されます。これは鬼太郎であれば使いこなせると判断したのか、ミウ自身の生命力を分け与えたための偶然なのかは不明です。

治癒能力

鬼太郎の超再生能力にも通じる能力なのですが、大怪我を負った鬼太郎を一瞬で治したり、鬼太郎の引き裂かれたちゃんちゃんこですらも完全修復させるほどの治癒能力を持っています。

テレパシー

触れた相手と心を通わせることができ、悪さをする妖怪の真意を読み取り事件の解決に貢献したこともあります。
「地獄の鍵」は地獄の力を現世に引き出すことができるという本来の鬼太郎の能力を超えた技を使うことができる必殺技で、ミウから鬼太郎に受け継がれ使うことができるようになりました。しかし、地獄の力を借りるため、番人である閻魔大王の許可なく使用すると罰せられる掟になっています。
また、本来は八大地獄に因んだ奥義が用意されていたようなのですが、急きょアニメ終了が決まったこともあり、ほとんどが登場していないという悲しい裏話があったりします。
ミウが初登場したのは、第32話「上陸!脅威の西洋妖怪」です。西洋妖怪達に「地獄の鍵」を狙われて捕まってしまいます。登場時のあまりにかわいいミウのビジュアルに即ファンになった視聴者もいるとかいないとか(笑)
第33話「大逆襲!日本妖怪」では鬼太郎の命の危機を助け「地獄の鍵」を継承し、ヒロイン張りの大活躍を見せます。
そして、久しぶりに第51話「ネコ娘の東京妖怪見物」でミウが登場します。この回で猫娘とミウが初めて出会うのですが案の定ちょっとした三角関係に!
第85話「鬼太郎絶叫!妖怪城の切り札!!」では、ぬらりひょんに連れ去られ妖怪城の花嫁にされてしまいます。さらにミウは操られてしまい、鬼太郎を瀕死に追いやってしまうのですが、用済みになったとして彼女も殺されかけます。なんとか仲間に助けられたミウは鬼太郎を助けるために自身の妖力を分け与えて救います。
「私は迷子じゃないのよ」
猫娘と弟・カイと一緒に東京見物をしている時にミウが1人はぐれてしまうのですが、迷子アナウンスが流れ再会した2人に迷子扱いされるミウの表情とセリフがかわいいです。
「鬼太郎さんに聞きたいことがあって来たんです」
妖怪事件が解決した後にミウが鬼太郎にいうセリフなのですが、猫娘の気配を感じて「でも、また今度にします」と聞くのを止めてしまいます。ついに告白かと期待した視聴者も多かったようですが、猫娘と鬼太郎の方がお似合いだと気持ちを抑える姿が健気でした。

「ミウ」のCV担当は「浅野真澄」さん!

「ミウ」の声を担当されたのは声優・童話作家の「浅野真澄」さんです!「ますみん」の愛称で呼ばれており、数多くの作品で人気キャラクターを演じていらっしゃいます。
例えば、「一騎当千」の孫策伯符役、「Go!プリンセスプリキュア」の海藤みなみ(キュアマーメイド)役、「けものフレンズ」のアリツカゲラ役などです。私生活では2018年の2月に「ハヤテのごとく!」で有名な漫画家の畑健二郎さんと結婚されたことを発表しています。
第51話「ネコ娘の東京妖怪見物」で初共演を果たした2人なのですが、出会いのシーンから猫娘はかわいいミウに危機感を覚えたり、大人っぽく優しい姿を羨ましいと素直に伝えたりします。
このまま三角関係に発展するかと思われましたが、ミウは人間と同様に年をとってしまう自分より同じ時を生きていける猫娘の方が鬼太郎にふさわしいと身を引く描写があります。アマミ一族のこの設定が猫娘のためなのか、悲しいヒロインっぽさを出すためなのかは分かりませんが泣けます・・・。
今回は『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するアマミ一族の末裔・ミウについてご紹介いたしました。普通に年をとる設定や容姿だけ見ると人間にしか見えず、登場回での立ち位置からも第5期のヒロインとして挙げる人も多いようですね。
惜しむべくは急きょ打ち切りにならなければ、鬼太郎とミウの関係にも何か変化が見れたかもしれないという点です。劇中では鬼太郎もまんざらじゃなかったですしね(笑)それでは最後までご覧いただきありがとうございました!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/kiramekifactory/status/990404455131635717