Saiey62hhl3t69ak8tvp

HUNTER×HUNTER

CATEGORY | HUNTER×HUNTER

【ハンターハンター】シズクの人気の秘訣とは?キャラクター紹介まとめ

2018.05.21

ハンターハンターの暗黒大陸編で死亡するかも。そんな噂がハンターハンターのファンたちの間で囁かれ始めているシズク。幻影旅団になくてはならない存在として根強い人気があるシズクの魅力とは何なのか、彼女の詳細な情報の中から見出してみましょう。

  1. 【ハンターハンター】根強い人気者?シズクとは。その人気に秘訣はあるのか?
  2. 【ハンターハンター】天然系美少女シズク!その人物像について
  3. 【ハンターハンター】戦闘だけが念能力ではない。一風変わったシズクの念能力
  4. 【ハンターハンター】ちょっと可愛い?シズクの念能力「デメちゃん」
  5. 【ハンターハンター】可愛いだけじゃない幻影旅団に必要な存在シズク。その理由とは
  6. 【ハンターハンター】シズクの念能力は作中でもレア?デメちゃんの性能「解毒」
  7. 【ハンターハンター】暗黒大陸編にて。話題沸騰中のシズクにまつわる予言
  8. 【ハンターハンター】根強い人気者の証明か?美人、可愛いランキング「シズク」
  9. アニメ「ハンターハンター」。話題沸騰中のシズクを担当した声優は?
  10. まとめ
今回紹介していくシズクというキャラクターは大人気の漫画ハンターハンターに登場するキャラクターです。人畜無害な雰囲気を漂わせるシズクは見た目に反してハンターハンターの世界に登場する幻影旅団と言う特 A 級の犯罪組織に所属していることでも有名でしょう。
ことあるごとに多くのハンターハンターのファン達の話題にあがるシズクはまさにハンターハンターの中でも人気と共に屈しの知名度を誇っていると言っても過言ではないです。ハンターハンターのファンたちの間で度々話題に上がる理由とは何なのか、シズクの詳細な情報とともに紐解いていきます。
ハンターハンターの中でも屈指の人気と話題性を持つシズクは同時に可愛いキャラクターとしてハンターハンターのファン達に愛されています。そんなシズクは黒縁の大きなメガネが特徴的な天然娘として知られています。外見も可愛いと話題になるのが納得できるほどの美少女で男性であれば思わず恋に落ちてしまう人もいるのではないでしょうか。
有名な犯罪組織の幻影旅団に所属しているシズクの団員ナンバーは8です。身長は160 CM と女性にしては少し高く、血液型は O 型でシズクの性格も典型的な O 型を象徴するかのようにおっとりとしており、先ほど少し触れた通り天然な部分が散見されます。適役として登場したシズクですが威厳はあまり感じられず、幻影旅団のマスコットのような役割をしているように感じるハンターハンターのファンもいるのではないでしょうか。
ハンターハンターに登場する念能力といえばキャラクターの強さを測る上で重要な基準となっており、戦闘での性能や威力に注目されがちです。今回紹介するシズクも念能力を持っていますが、そのシズクの念能力は戦闘に特化しているというわけではなくどちらかといえば後方支援というサポート面に特化しています。
天然美少女であり幻影旅団に所属しているという大きな肩書きはあるもののシズクの戦闘力は低いため、少年漫画のハンターハンターの中では影が薄くなると思われがちですが、サポート面においては抜群の性能を誇っています。そのため強さという話題でシズクの名前があがることはありませんが縁の下の力持ちとしての密かな人気もあるように感じられます。
可愛いさや天然という性格の面での人気以外でも抜群のサポート性能から幻影旅団になくてはならない存在として密かに人気があるシズクの念能力は具現化系と言われています。ハンターハンターの作中において「デメちゃん」と言う可愛らしい名前で紹介されているサポート面に特化したシズクの念能力の簡単な概要を説明するとシズクの念で掃除機に大きな口を取り付けた生物のようなものを生み出すというものです。
シズクの念能力で作り出されたデメちゃんと言われる生物のようなものは掃除機の形をベースにしており、他人の念やシズクが生物と認識しているもの以外は基本的に何でも吸い込むことができます。概要を聞くだけでも戦闘能力がないことは分かりますがこのシズクの念能力は幻影旅団になくてはならないものでもあります。
シズクの念能力のデメちゃんが幻影旅団になくてはならない理由としてあげられるのが、他人の念やシズクが生物と認識したもの以外、基本的に何でも吸い込むという性能から証拠隠滅として使われています。ハンターハンターの世界において犯罪集団として活動している幻影旅団にとって証拠を隠滅するという行為を簡易的に行えるのは利点にしかなりません。
特殊な念能力を持ち戦闘能力も高い幻影旅団が追手のハンターとの戦闘で遅れをとることは考えられませんが、避けられるのであれば避けたいと言う考えもあるようで、ハンターハンターの作中においてシズクの念能力は主に死体の処理や盗品の回収などで実働部隊の補佐として出番が多く登場しています。
幻影旅団の実働部隊の補佐としての役割以外にもシズクの出番は数多く存在しています。その一つがシズクの念能力のデメちゃんの基本的に何でも吸い込むという性能を最大限に活かした「限定的な治療」という役割です。
他人の念以外にも雫が生物と認識していなければデメちゃんは血液でも吸い込むことができます。そのため、幻影旅団の団員が毒に侵された時、シズクは幻影旅団の団員の体から毒液だけを選別して吸い込むことができます。補佐役ではありますが実働部隊として現場で活躍でき、さらには限定的ではありますがある程度の治療は行えるシズクの出番はハンターハンターの作中でも数多く存在しており、結果として減塩旅団になくてはならない存在の一人としてハンターハンターのファン達に有名です
幻影旅団になくてはならない存在の一人でもあるシズクですが、最近のハンターハンターの作中ではあまり出番はなかったように感じられます。それでも現在でもハンターハンターのファンたちの間でシズクの話題が絶え間なく上がっている理由はハンターハンターの作中で登場したシズクにまつわる予言が関係しているように思われます。
現在ハンターハンターのファンたちの間でシズクに関する話題の中心となっている予言とはシズクの死に関することで、このシズクの死を暗示した予言をしたのはハンターハンターのヨークシンシティ編で幻影旅団の団長のクロロが使った「ラブリーゴーストライター」という念能力です。
幻影旅団の団長のクロロが使った「ラブリーゴーストライター」という念能力の予言は100%の的中率をしていると言われており、実際にハンターハンターの暗黒大陸編において予言の通りに幻影旅団の団員の二人が死亡してしまいました。これをきっかけにクロロが行った「ラブリーゴーストライター」の予言が注目され、ハンターハンターの暗黒大陸編の中でシズクは死亡するのではないかと話題になっています。
ハンターハンターの最新章にあたる暗黒大陸編の突入とともにハンターハンターのファンたちの間で話題が再熱したシズクですが、初登場時から変わらない可愛らしさからハンターハンターのファンたちが決める美人、可愛いランキングにランクインしています。
ハンターハンターのファンたちが決める美人、可愛いランキングでのシズクの順位は15位とかもなく不可もなくといった中間の部分を維持していますが、物語が進むごとに魅力的なキャラクターの数を多く登場するハンターハンターにおいてこの順位を維持しているというのは不動の根強い人気を表しているのではないかと感じられます。
ハンターハンターの初期に登場していたにも関わらず、その後に登場した数多くの魅力的なキャラクターの中でも不動の人気を持っているシズクをアニメで担当した声優は二人います。1999年にアニメ化されたハンターハンターでは豊後敦子さんという方です。
その後2011年にハンターハンターがアニメ化された際に新たに雫の担当をした声優は荒川美穂さんという方です。荒川美穂さんは看護師の傍で声優業を行っている声優で知られています。ハンターハンターのシズク以外にも大人っぽい女性キャラや少女キャラなど幅広い演技力を持ったでもあります。
ハンターハンターの初期に登場し今でも根強い人気があるシズクですが、劇的な変化を見せたハンターハンターの最新章にあたる暗黒大陸編においてその人気はハンターハンターのファンたちの間で再熱したように感じられます。少年漫画らしく戦闘面にばかり目を向けるのではなく、シズクのような敵でありながら微笑ましくなるような魅力を持っているようなキャラクターにも目を向けてみるとその魅力に釘付けになるのではないでしょうか。