Uyolavbvurlwosixuvfm

ハンターハンター

CATEGORY | ハンターハンター

ハンターハンターの伏線がすごい!回収・未回収の伏線まとめ【ネタバレ】

2018.02.13

様々な伏線が貼られていることでも、話題の漫画ハンターハンター。ハンターハンターの回収済みの伏線や、これからの展開に影響してきそうな伏線をまとめてみました。本当に伏線なのかわからないものもありますが、これだけ考察されるのも人気の証明と言えるでしょう。

  1. ハンターハンターの伏線について
  2. ハンターハンターの伏線「世界樹」
  3. ハンターハンターの伏線「ゼパイルの壺」
  4. ハンターハンターの伏線「向かうなら東がいい」
  5. ハンターハンターの伏線「死後さらに強くなる念」
  6. ハンターハンターの伏線「カイトが転生することは決まっていた?」
  7. ハンターハンターの伏線「30巻の表紙」
  8. ハンターハンターの伏線「コムギの寝言 」
  9. ハンターハンターの伏線「狐狐狸固」
  10. ハンターハンターの伏線「ウェルフィンの名前」
  11. ハンターハンターの伏線「ヒソカとクロロの戦い」
  12. 伏線?「消えたアンテナ」
  13. 伏線?「マチのセリフ」
  14. ハンターハンターの伏線「あと10人」
  15. ハンターハンターの伏線「5000体のキメラアント」
  16. ハンターハンターの伏線「女王はどこから来たのか?」
  17. ハンターハンターの伏線「ゾルディック家について」
  18. ハンターハンターの伏線「ジャイロ」
  19. ハンターハンターの伏線「ゴンは、何故オーラが見えなくなったのか? 」
  20. ハンターハンターの伏線「ニトロ米」
  21. ハンターハンターの伏線「ゴンの母親について」
  22. ハンターハンターの伏線「37564」
  23. ハンターハンターの伏線「ビヨンド・ネテロ」
  24. ハンターハンターの伏線についてまとめ
ハンターハンターの回収済みの伏線や、未回収の伏線について調べてみました。 ファンの間で考察されているだけで、真相不明な謎も多いです。 これだけファンが考察を楽しんでいる漫画は、中々ないでしょう。 キメラアント編の伏線は、本当によく考えられていて驚きます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mvT0e2VFL._SX307_BO1,204,203,200_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/21MQE6DW0YL._BO1,204,203,200_.jpg
HUNTER X HUNTER 8 (ジャンプ・コミックス) コミックス –
価格
ハンターハンターの32巻でジンがゴンとの待ち合わせ場所に選んだのが世界樹です。 この世界樹は8巻の「No.066 テープ」にも登場しています。 ジンらしき人物の姿もこのエピソードで始めて登場しました。 ジンがゴンと会う場所は決められていて、「No.066 テープ」はその伏線だと言われています。
しかし、ここで全く別の解釈もできます。「No.066 テープ」で世界樹が登場している事は間違いありませんが、これがゴンとジンが会った樹と同じものとは限りません。
背景が全く違う場所のようにも見えますし、ハンターハンターのアニメでは32巻の世界樹よりも巨大に描かれているのです。 もし、これが別の世界樹だとすると、暗黒大陸だと考えられるため、ジンにそっくりな男は実はドン=フリークスとも考えられるのです。
ハンターハンター350話の扉絵に描かれた壺が、16年前から仕込まれた伏線ということで話題になりました。 問題の壺は349話に登場したカキン王家に伝わるものですが、86話でゼパイルが売っていた壺とそっくりというわけです。
86話の壺はゼパイルが自分で作った贋作だと言っているので偽物ですが、本物の壺が16年ぶりに登場したことになります。 正直これを伏線といっていいのかどうか、微妙な気がします。 しかし、ファンがすぐに気づいてこれだけ話題になることがハンターハンターの人気を物語っているでしょう。
ハンターハンターの「ヨークシン編」でクロロはネオンに占ってもらっていますが、この時「向かうなら東がいい」というメッセージが出てきます。 その後、念能力を封じられたクロロが除念師を探すことになります。
除念師がいるのが東にいることを暗示しており、伏線になっているわけです。 余談ですが、「東がいい」が「束がいい」と間違って掲載されたました。 そのため、旧アニメでは「束がいい」と間違ったまま放送されてしまいました。
ヨークシン編で幻影旅団につかまったゴン。 この時、ゴンは念能力者が死ぬことで、強くなる念があることを幻影旅団のメンバーから聞いています。 その後、ネフェルピトーを倒したゴンは、それを実体験することになります。 死後に強くなったネフェルピトーの念の攻撃を受けて、片腕を失います。
話を直接聞いたゴンが、強くなった念の攻撃を受けているのも偶然ではないでしょう。 旅団のメンバーが簡単に人を殺すことを非難していたゴンが、ネフェルピトーを殺しているのも皮肉な伏線と言えます。
一度ネフェルピトーに殺されたカイトですが、謎の念能力でキメラアントとして転生していました。 実はジンとカイトの名前を繋げたジンカイトが、復活の石と言われる鉱物の名前でカイトが復活することを示した伏線と言われています。
更にカイトという名前も、トルコ語で復活を意味しています。 カイトは最初から一度死んで復活することが決まっていたキャラクターなのかもしれません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51UNRR7ZVsL._SX309_BO1,204,203,200_.jpg
HUNTER X HUNTER30 (ジャンプコミックス)
価格
30巻の表紙に十二支んのメンバー全員が、背を向けて描かがれています。 ほぼ全員が気をつけのような姿勢でいる中、パリストンとサイユウの二人が背後で手を組んでいます。 これはサイユウが内通者であることを暗示した伏線というわけです。
手を組むという言葉と二人だけということを考えても、サイユウが内通者だと明言されることへの伏線なのは、間違いないでしょう。 ただ、サイユウに関しては念能力で、裏切り者に仕立て上げられたという考察もあります。
その場合はミスリードのための伏線になります。 30巻の表紙が綺麗に左右対称に6人ずつに分かれていることから、十二支んは2つの勢力に分かれているという考察もあります。
30巻の87ページでコムギが「4-7-1師……」と寝言を言っているのが伏線ではないかと話題になっています。 一見軍儀の駒の動かし方を行っているだけに見えます。 しかし、数字がしなないと読めて師は王のことですから、死なない王とも読めるわけです。
これに関してはメルエムが実は生きていると考える意見と、ディエゴが生きていることで既に伏線は回収されていると言う意見があります。 ただ、実はメルエムは転生していて、再登場する可能性もあるのではないでしょうか?
ハンターハンターの中で、現在最も長いエピソードであるキメラアント編ですが、実は序盤ですごい伏線が貼られています。 軍儀という将棋と囲碁を組み合わせた架空のゲームが登場します。軍儀の世界チャンプコムギと蟻の王メルエムとの最初の対局の内容が、そのままハンターがメルエムの住む王宮に攻め込む展開になっているのです。
2人の対局は狐狐狸固と呼ばれる展開になります。 これは師(王)が孤立することから始まり、対局中はメルエムから護衛軍が離れることを意味しています。

一手目で右翼に弓を据え

これはゼノがドラゴンダイブで奇襲を行うことを表しています。

槍3本で速攻を決める

正面玄関から攻め込むハンター達が3組に分かれることを意味しています。

右に寄せてできた左翼の空白に持ち駒が死角を作る

傷ついたコムギをピトーが治療するため、メルエムを守ることができないことを表していると考えられます。

槍3本と左翼の攻防で2枚の駒を失う

ユピーが猛毒で死に、ピトーがゴンに倒されたことを意味しています。

決め手の一手中将新

ココリコの決めてウルフェンの一言で、コムギの名前を思い出したメルエムは全てを悟ります。

メルエムはやはり生きている?

既に毒に侵されているメルエムは最後にコムギと軍儀を打って過ごすわけですが、その最後の一手が「4-7-1師」なのです。 2人の対局の最後の一手は王は死なないと読めます。 素直に受け取るとやはり何らかの形でメルエムは生きているのではないでしょうか?
記憶を失ったメルエムが全てを思い出すきっかけになったのはウェルフィンの「コムギ」という一言でした。 実はウェルフィンの名前は「well」「fin」に分解できると言われていて、これを繋げると良い終わりとなります。
つまり、ウェルフィンという名前から、物語を良い形に終わらせる役割を与えられていたと考えることができるのです。 ウェルフィンという名前が、本当に伏線だったのかどうかは分かりません。 しかし、軍儀の見事な伏線を考えると、間違いないのではないでしょうか?
ヒソカとクロロの戦いはクロロの勝利に終わりました。 しかし、この戦いはクロロ以外の旅団メンバーも協力して、ヒソカを袋叩きにしている伏線が貼られていたとネットで話題になりました。 真相はまだ不明ですが、不自然な点がいくつもあるのは事実です。
クロロがシャルナークから借りていた能力ブラックボイスは、アンテナを指した人間を操作する能力です。 このアンテナが消えていたことをヒソカが、かなり気にしています。 これをマチが念糸で回収していたという意見があるのです

伏線?「多すぎるコピー人形」

ヒソカが予想した数よりはるかに多くのコピー人形が襲いかかってきています。 これはクロロから能力を返却されたコルトピが、コピー人形を作り出していたからだと考えると納得できます。 他にもいろいろと不自然な点がありますが、明らかにおかしいのは戦闘終了後のマチのセリフを聞いたヒソカの反応です。
少し驚いた顔をしてから、急に態度を変えて旅団のメンバーを狩ることを宣言しています。 マチのセリフを聞いて、クロロとのタイマンではなかったと確信したのではないでしょうか? これらの説がどこまで正しいのか分かりませんが、明らかに今後に繋がる伏線の多いバトルだったと思います。
ヒソカがコルトピとシャルナークを殺した後、「あと10人」という謎のセリフ残しています。 普通に考えて、旅団の残りメンバーを指しているはずですが、人数が合いません。 パクノダとウボォーギンの2人が殺された後、ヒソカが抜けて、カルトが入団しています。
コルトピとシャルナークが殺されて、残りのメンバーはクロロ 、マチ 、ノブナガ 、 フェイタン 、フィンクス 、ボノレノフ 、フランクリン 、シズク 、カルトの9人のはずです。
誰か新たな旅団のメンバーがいる伏線なのか? それとも、団員とは別に殺す必要のある人間がいるのでしょうか?
キメラアントの繭が5000個ほど、ハンター協会副会長のパリストンの管理下にあることが語られました。 その後、繭は全部羽化していることも判明しています。 元々はパリストンがキメラアントを使って、ハンター試験で何かする予定だったようですが、現在パリストンは暗黒大陸に向かっています。
暗黒大陸編が終わるまで、5000体のキメラアントに関しては、保留なのかもしれません。 ただ、現状念能力が使えないゴンは暗黒大陸には行かず、故郷のクジラ島で暮らしています。 ひょっとすると暗黒大陸編と並行して、5000体のキメラアントが暴れる展開になるのかもしれません。 そうなると、暗黒大陸に行かなかったゴンの出番も増えるでしょう。
キメラアント編は、女王が海岸に流れ着いたところから始まっていますが、どこから来たのかは不明になっています。 通常10センチ程度のキメラアントが、2メートルほどあることを、カイトが不審がる場面がありました。 しかし、現在巨大キメラアントは、暗黒大陸に生息していることが判明しています。
暗黒大陸から、直接女王が流れ着いたとは考えづらいです。 また、女王には人間の血が混じっているらしいことも、仄めかされています。 NGLかカキン帝国がキメラアントを使って何かをした結果、生まれたのが流れ着いた女王の可能性もあるでしょう。 いずれにせよ、女王がどこから来たのかは今後につながる伏線の可能性が高いです。

ゾルディック家に関する伏線1

シルバがキルアが家を出て行く際に、「アイツは必ず帰ってくる」とキキョウに言っていたのが気になります。 コレが今後の伏線になるのは間違いないでしょう。 現在、家に帰るつもりは全くなく、むしろ反抗心が強くなっているキルア。 いずれキルアがゾルディック家に、暗殺者として戻ることはあるでしょうか?

ゾルディック家に関する伏線2

ゾルディック家の五男カルトが幻影旅団に入団した理由は明らかになっていません。 しかし、「兄さんを取り戻す」というセリフがあり、そのために旅団に入った可能性が高いです。 また、念能力をマスターしているカルトですが、本人もはるかに格下と自覚するほど旅団のメンバーとは力の差があります。
どういう経緯で旅団に入ることができたのかも謎ですね。 カルトの言う「兄さん」が誰なのか? 何故、幻影旅団に入ることで兄を取り戻せるのか? 旅団は新シリーズで全滅する可能性もありますし、この辺りの伏線も回収されるかもしれません。

ゾルディック家に関する伏線3

アルカはゾルディック家の四男のはずですが、何故かキルアだけがアルカのことを妹と呼び、女の子とも明言しています。 そして、明らかにおかしな点がいくつもあります。 何か理由があってキルアだけがアルカのことを妹として扱っているのなら、矛盾はありません。
使用人や家族がそのことを当たり前だと思っているのなら、いちいち指摘しないのはわかります。 しかし、キルアからアルカのことを聞かされたはずのモラウが、アルカのことを弟と言っているのは明らかにおかしいでしょう。 まるで、キルアだけアルカを女の子だと思っていて、他の人物は男の子だと思っているようです。
その矛盾に誰も気づいていないような不気味さを感じます。 アルカに関する大きな謎の一つでしょう。 アルカの中にいる「ナニカ」は暗黒大陸出身だとコミックスで明かされました。 これはゾルディック家と暗黒大陸に関わりがあることの伏線になっていると思います。
ジャイロは自然保護団体を装った団体NGLを隠れ蓑に、D2という飲む麻薬を密造をしていた凶悪な人物です。 現在、話の本筋には深く関わってきていませんが、今までの人生やキメラアントになっても自我を保っていることが語られています。
目的がいまいちはっきりしませんが、悪意を世界中にばらまきたいというのは、ただ事ではありません。 ゴンといずれ合うこともほのめかされています。 今後ハンターハンターの物語を大きく動かしそうなキャラであることは間違いないでしょう。
ゴンはネフェルピトーを倒すために、強大な念能力を得ました。 しかし、その代償として体が干からびたミイラのようになってしまいました。 ナニカの力で体が治った後も、オーラが見えず念能力も使えなくなっています。
ゴンが念能力を取り戻すのは間違いないと思いますが、暗黒大陸編で活躍する可能性はかなり低いでしょう。 しかし、ゴンが念能力を使えなくなったのは、暗黒大陸に行かないためと考えることもできます。
キルアも暗黒大陸には向かっていません。 クラピカやレオリオが暗黒大陸に向かっている間に、内地で事件が起きる伏線なのかもしれません。
超長寿食ニトロ米が暗黒大陸にあることがわかっています。 ニトロ米がどんなものかわかっていませんが、おそらく食べることで飛躍的に長く生きることができるものでしょう。 ハンター協会会長のネテロがニトロ米を食べているのではないかという意見もあります。
しかし、ハンターハンターの初期に、念で老化が遅くなると語られています。 ネテロは百数十歳位のはずなので、念の力で長生きしているだけの可能性もあります。 数百年生きていると考えられるドン=フリークスは、ニトロ米を食べている可能性が高いと思われます。
ハンターハンターでは主人公のゴンが、父親のジンを探すことも物語の大きなテーマでした。 母親が誰かということも、ハンターハンターの中で伏線らしきものが出ています。 ジンは録音された音声の中で、ゴンの母親が誰なのか言おうとしました。
しかし、ゴンは母親はミトだと言ってその後の音声を聞くことはせず、結果テープの音はジンの念能力で消されています。 この後、母親が誰かと言う事について作中では話題になりませんが、ファンの間では考察が続いています。
作者の冨樫先生がゴンの母親は、既に登場しているとコメントしたという噂もあります。 ゴンにとってはミトが母親という意味かもしれませんが、そうでないとすると一体誰なのでしょうか? ゴンの出生に関して全てが謎ですが、いずれ明らかにされるか気になるところです。
ブラックホエール号に載っていることが明らかになったクロロ。 その船室に書かれた数字が37564なのが伏線ではないかと話題になっています。 37564は皆殺しと読めます。 数字はコマの中で目立つように描かれていて、何かの伏線なのは間違いないでしょう。
その後も、踏み潰されるゴキブリのシーンが不安を煽ります。 重く沈んだ顔のクロロに酔っ払いが、「今にも誰か殺しそうな顔をしている」と話しかけています。 クロロは今まで感情を表に出すキャラではありませんでした。
おそらくシャルナークとコルトピが殺されてからそれほど時間が経っていないと思われますが、クロロにしてはショックを受けすぎだと感じた人もいるようです。 そのため、既にクロロ以外の団員が全員ヒソカに殺されているのではないかという考察もありました。

幻影旅団は皆殺しにされる?

その後、他の団員がブラックホエール号に乗り込んだシーンが描かれたので、すでに殺されている可能性は低いですが、これから皆殺しになる可能性は十分にあるでしょう。 37564はこれからクロロが部屋の人間を皆殺しにする伏線という意見が一番わかりやすいです。 しかし、少し簡単すぎる気がします。
実は旅団のメンバーが登場したのは過去の場面で、やはり団員は皆殺しにされていると言う展開もありえないわけではないでしょう。 この伏線がどんな形で、回収されるのか楽しみですね。
ハンター協会会長のアイザック・ネテロの息子ビヨンド・ネテロが暗黒大陸編で登場しました。 本物の子供なのか疑問視する声もありますが、一目で十二支んが本物だと感じていることから可能性は高いでしょう。 ビヨンド・ネテロという名前自体が、今後の展開を示唆する伏線ではないかとも言われています。
ビヨンドには「超える」という意味があるため、最強と言われた父親を超えるほどの強さではないかと考えるファンがいます。 また、暗黒大陸編はキメラアント編を超えるというメッセージやビヨンドが暗黒大陸を踏破するのではないかという意見もあります。
ハンターハンターの伏線をご紹介しました。 調べてみると意外な伏線があるので本当に驚かされます。 休載が多いと批判もされるハンターハンターですが、これだけ先の展開を期待させる漫画だからこそ人気が落ちることがないのでしょう。 これからも冨樫先生には面白い漫画を描き続けて欲しいですね。