Vlnbgnwqmeqknb0oic5y

ハンターハンター

CATEGORY | ハンターハンター

【ハンターハンター】幻影旅団の強さは作中屈指!メンバーの能力や性格を解説!

2021.08.01

ハンターハンターに登場する幻影旅団(げんえいりょだん)は、主人公の仲間クラピカが敵対視している集団で、ヒソカやクロロといった強敵たちが所属しています。蜘蛛のマークが特徴の幻影旅団に関して、強さや能力はもちろん、性格や死亡したメンバーについても紹介します。

  1. 幻影旅団は盗賊集団!
  2. 幻影旅団のメンバーを紹介!
  3. 幻影旅団No.0:クロロ=ルシルフル
  4. 幻影旅団No.1:ノブナガ=ハザマ
  5. 幻影旅団No.2:フェイタン=ポートオ
  6. 幻影旅団No.3:マチ=コマチネ
  7. 幻影旅団No.4:ヒソカ=モロウ
  8. 幻影旅団No.4:カルト=ゾルディック
  9. 幻影旅団No.5:フィンクス=マグカブ
  10. 幻影旅団No.6:シャルナーク=リュウセイ
  11. 幻影旅団No.7:フランクリン=ボルドー
  12. 幻影旅団No.8:シズク=ムラサキ
  13. 幻影旅団No.9:パクノダ
  14. 幻影旅団No.10:ボノレノフ=ンドンゴ
  15. 幻影旅団No.11:ウボォーギン
  16. 幻影旅団No.11:イルミ=ゾルディック
  17. 幻影旅団No.12:コルトピ
  18. 幻影旅団番外編:オモカゲ
  19. 幻影旅団の活躍とは
  20. 幻影旅団の目的とは
  21. 幻影旅団は全員死亡する?
  22. 幻影旅団は作中屈指の最強集団

幻影旅団は、12人のメンバーと団長と呼ばれているクロロ=ルシルフルの13人で構成されている盗賊集団です。団長であるクロロを蜘蛛の頭に見立て、そのほかのメンバー12人を蜘蛛の足に見立てています。通り名は「旅団(クモ)」で、圧倒的な強さを持ちます。ハンターハンターの主人公であるゴン=フリークスの仲間の「クラピカ」はクルタ族と呼ばれ、感情が高ぶると目が赤くなる「緋の眼」が特徴です。

幻影旅団はクルタ族の眼に目を付け、クラピカ以外を殺した過去があります。そのため、クラピカと幻影旅団はストーリーに大きく関わるキャラクターです。幻影旅団のメンバーは、基本的に団長の手足となって戦いますが「団長が死んでも旅団が存続できればいい」というのがルールです。

団長であるクロロ自身も「自分が死んでも誰かが旅団を存続してくれればいい」と発言しています。このルールがあるため、団員たちも自身が死に直面しても慌てないのが特徴です。そのほかにも「仲間同士のマジギレ禁止」というルールも存在します。そのため、団員同士で揉め事が起きた場合は、コインで決めるようになっています。

ハンターハンターに登場する幻影旅団には13人が所属しており、団長はもちろん、団員も個性豊かなメンバーが揃っています。そんな幻影旅団に所属するメンバー1人ひとりの能力や性格などを詳しく紹介していきます。

クロロ=ルシルフルは幻影旅団の団長です。団員からの信頼が厚く、癖のある団員をまとめる役割を担っています。また幻影旅団初期メンバーの1人で、女性読者からの人気を集めるキャラクターです。

基本情報

Qxuwio4wjvdw4utf3zk3
引用: https://www.amazon.co.jp/%E7%84%A1-%E7%99%BA%E5%A3%B2%E3%82%8A-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BCx%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AB-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2-%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88-%E6%B5%B7%E5%A4%96HFS-%E9%99%90%E5%AE%9A%E5%93%81-%E6%A8%B9%E8%84%82%E8%A3%BD-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC/dp/B08F39Y18S/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BCx%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AB&qid=1604901643&sr=8-1

クロロは26歳の男性で、身長177cm、体重68kgのスラっとした見た目をしています。しかし、蜘蛛の刺青の位置は明かされていません。この世の何を捨てても許されると言われている流星街(りゅうせいがい)出身で、ハンターハンターの作者である冨樫義博のお気に入りのキャラクターです。1999年放送のアニメでは永野善一、2011年放送のアニメでは宮野真守が声優を務めています。

性格

クロロは冷静に物事を考えられる人物で、声を荒げて激怒している描写はありません。また、普段から本を読んでおり、広い知識を持っています。その知識を活用して、冷静に状況を判断できるキャラクターです。ハンターハンターの作者が「クロロは自ら望んで団長になってたわけではない」と説明していますが、クロロのリーダーシップは天性の才能と言えるほど、団員をまとめるのがうまい人物です。

能力

クロロは特殊系能力者で「海賊の極意(スキルハンター)」という能力を使いこなします。スキルハンターは、相手の念能力を盗み、具現化した本で保管できる能力です。奪って保管している能力は、自由自在に引き出し使用することができます。この能力の強いところは、能力を持っていた人物が能力を使えなくなる点です。

クロロが相手の能力を奪い、具現化した本に保管している限り、相手は能力を使えなくなるのです。メリットだけを見ると、圧倒的な強さを持つ念能力だと思えます。しかし、相手の能力を奪うのには条件も存在します。

相手の能力を奪うためには「相手の念能力を直接見る」「奪う念能力について相手に聞き、相手が答える」「具現化した本の表紙にある手形に相手の手のひらを当てる」という3つの条件を1時間以内にクリアする必要があるのです。

U4z20iswp8ytaf80wiut
引用: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%AD%E3%82%93%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%81%84%E3%81%A9-HUNTER%C3%97HUNTER-%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AB-%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%AB-%E5%A1%97%E8%A3%85%E6%B8%88%E3%81%BF%E5%8F%AF%E5%8B%95%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2/dp/B07WPCCD8J/ref=sr_1_11?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BCx%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AB&qid=1604901643&sr=8-11

さらに、奪った能力を使用するときは、保管している本のページを開いている必要があります。そのため、クロロは常に片手がふさがれている状態で戦闘を行っていましたが、暗黒大陸編に入ると「栞のテーマ(ダブルフェイル)」という新しい能力を得ました。

ダブルフェイスは、あくまでもスキルハンターに付属する能力です。念能力で具現化した栞を本のページに挟んでおくだけで、本を開かずとも使いたい能力を使えるようになりました。さらに、栞を挟んでいるページと別のページを開けば、奪った能力が同時に2つまで使用できます。ダブルフェイスで具現化できる栞は、1枚だけで同時に発動できる念能力も2つまでです。

ノブナガ=ハザマは、幻影旅団初期メンバーの1人です。同じく団員であるウボォーギンとは、幻影旅団結成前から親しい間柄です。そのため、ウボォーギンを殺したクラピカに復習を誓っています。

基本情報

ノブナガは、1970年9月8日に流星群で誕生した、身長183cm、体重75kgの痩せ型体型のキャラクターです。蜘蛛の刺青の位置は不明です。使用する武器は刀で、普段は侍のような恰好をしています。幻影旅団内で開催されている、腕相撲大会で9位に入る人物です。1999年放送のアニメでは松山鷹志、2011年放送のアニメでは内田直哉が声優を務めています。

性格

ノブナガは短気な性格で、幻影旅団内の揉め事の中心にいることが多いです。その反面、仲間意識を強く意識しているキャラクターでもあります。ウボォーギンが死亡したときに、1番怒っていたのはノブナガです。仲間に対する思いが強いため、仲間に対する要望も大きくなり揉めてしまうのでしょう。

能力

作中でノブナガが念能力を使用しているシーンは描かれていないため、ノブナガの念能力は不明です。しかし、強化系の能力者ということは判明しています。また、団員の1人であるフランクリンの発言から「タイマン勝負専門」「限定条件付き」の能力ということが明かされています。

普段戦闘するときは、所持している刀を使用します。ノブナガは体の周りにあるオーラを円状に広げる技術「円」を半径4mまで広げることができる、居合の達人と明かされています。

フェイの愛称で呼ばれるフェイタン=ポートオは、幻影旅団初期メンバーの1人です。そして、ハンターハンターに登場するキャラクターの中でも、女性人気の高いキャラクターとして有名でもあります。

基本情報

フェイタンは、生年月日や血液型など判明していない部分が多いキャラクターです。身長155センチメートル、体重45キログラムと小柄な体型です。しかし、幻影旅団内で開催されている腕相撲大会では13人中5位に入る実力を持っています。

流星街出身の1人で、蜘蛛の刺青を入れている場所は不明です。声優は1999年のアニメでは日比野朱里が担当し、2011年のアニメでは山口勝平が務めています。

性格

好戦的な性格をしており、戦いを好むキャラクターです。また、嫌味ったらしく発言することが多いですが、怒ったときはつい漢語が出てしまうこともあります。普段は、語尾に「ネ」をつけて中国人が日本語を使っているような話し方をするのが特徴です。

能力

フェイタンは変化系の能力者で「許されざる者(ペインパッカー)」と「太陽に灼かれて(ライジングサン)」という技を駆使して戦います。どちらとも相手から受けた痛みを蓄積し、オーラに変えて攻撃する技です。フェイタンが怒ったときにしか発動せず、周囲への影響など考えずに放たれるため、周囲にいる仲間まで巻き込んでしまいます。

ペインパッカーにはさまざまな種類があると作中で仲間が発言しています。しかし、戦闘シーンは少ないため、現在判明している能力は2つのみです。ライジングサンは、相手から受けたダメージをオーラで太陽に変え、周囲を灼熱状態にする能力です。自身は具現化した服をまとうことで無傷ですが、生身で灼熱にさらされた戦闘相手は一瞬で丸焦げになっていました。

普段は刀と銃が仕込んである傘を使用し戦います。傘が通用しなかったときや、予想以上にダメージを与えられたときに怒りが爆発して、念能力を開放する戦闘スタイルです。

マチ=コマチネは、幻影旅団初期メンバーの1人で女性キャラクターの中でも圧倒的な強さを持つキャラクターです。

基本情報

ハンターハンターに登場するマチ=コマチネは、血液型がA型で、身長159cm、体重48kgと小柄の女性キャラクターです。年齢と蜘蛛の刺青を入れている場所は非公開です。幻影旅団内で開催されている腕相撲大会では、男性陣を押しのけ13人中6位という強さを持つことが分かっています。1999年放送のアニメでは並木のり子と上村貴子、2011年放送のアニメでは前田玲奈が声優を務めています。

性格

気が強い性格をしており、幻影旅団内でも頻繁に意見を言うキャラクターです。非常に勘が鋭いため、幻影旅団の行動を左右する場面でも団長から意見を求められることが多い、頼れるキャラクターでもあります。

能力

Kqxzcgg5v0jzgqe6byys
引用: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4-HUNTER%C3%97HUNTER-%E3%83%97%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BCII-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%C3%97%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%80%904-%E3%83%9E%E3%83%81%EF%BC%88%E5%8D%98%E5%93%81%EF%BC%89%E3%80%91/dp/B009QY38ZU/ref=sr_1_25?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=HUNTER%C3%97HUNTER+%E3%83%97%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BCII%5B%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%C3%97%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%5D+%E3%80%904.%E3%83%9E%E3%83%81&qid=1604901718&sr=8-25

マチが使用する念能力は、オーラを糸に変えた「念糸(ネンシ)」です。糸の長さが長いほど強度が弱まり、短いほど強度が強くなる性質を持ちます。1m以内の糸の長さだと、1トン程度の重量を持つものでも吊り上げることができるほどの強さです。

念糸の使用用途は多岐に渡ります。逃げていく相手に細い念糸を付けることで追跡できたり、戦闘では絞殺することができたりします。さらに「念糸縫合(ネンシホウゴウ)」という技を使えば、体の一部が切断されてもくっつけることができるのです。元々の身体能力も優れており、マチの視覚を持ってすれば血管や神経なども完璧に繋ぐことができる厄介な能力です。

ヒソカ=モロウは、ハンターハンターの主人公であるゴンやその仲間たちと共に、ハンター試験を受けた人物です。幻影旅団に所属しながらも、ゴンやクラピカの味方をすることがあったり、今後の成長が期待できる相手は殺さずに生かしておいたりなど読めない行動をするキャラクターでもあります。

基本情報

ヒソカは6月6日生まれですが、年齢は公開されていません。身長187cm、体重91kgと比較的大型なB型の男性です。普段は、目の下に星と雫のメイクをしていますが、メイクを取ると美形の青年になります。幻影旅団内で開催されている腕相撲大会では、13人中3位になる強さを持っています。

ヒソカは団員に対する仲間意識や幻影旅団であるこだわりなどは一切なく、全ては強者と闘うために幻影旅団に所属しているのが特徴です。中でも、クロロと闘うことを目標に行動しており、チャンスがあれば団員を殺します。1999年放送のアニメでは高橋広樹、2011年放送のアニメでは浪川大輔が声優を演じています。

性格

ハンターハンターに登場するキャラクターの中でもつかみどころがない特徴で、行動や表情から考えていることを読むのは不可能に近いです。また、気まぐれな性格でもあり、たとえ戦闘相手でも命を取らずに生かしておくことがあります。さらに、強者と1対1の勝負をすることに喜びを感じるサイコパスで、幻影旅団の団員とも戦い死亡させるシーンもあります。

また、自分の過去は一切語ろうとしない性格のため、ハンターハンターのメインキャラクターであるのに情報が少ないのが特徴です。

能力

ヒソカは変化系の念能力を駆使して、戦闘をするスタイルです、使用する念能力は「伸縮自在の愛(バンジーガム)」と「薄っぺらな愛(ドッキリテクスチャ―)」です。しかし、どちらも強いとは言えない能力です。ヒソカは自身の念能力の欠点まで楽しんで戦闘を行います。バンジーガムはオーラをガムとゴムの性質を持つものに変え、自身のトランプを自由に扱ったり、相手の動きを封じることに使います。

ドッキリテクスチャ―はオーラの質感を変え、さまざまな物体の表面を表現する能力です。質感を変えて切り離れた体の一部を切れていないと錯覚させたり、文章の一部を改ざんしたりするために使用します。幻影旅団の証である蜘蛛の刺青も偽物で、ドッキリテクスチャ―を使用し表現しており、途中で抜けることになります。

能力の特徴を見ると分かりますが、攻撃性はないためヒソカの戦闘センスと合わせることで初めて強さを発揮します。

ハンターハンターの世界で暗殺一家として活動しているゾルディック家の一員です。そしてハンターハンターの主人公であるゴンの1番の友達であるキルアの兄弟です。カルトはヒソカが幻影旅団を抜けたあとに、No.4として加入します。

基本情報

ゾルディック家のシルバを父親に持つ、5人兄弟の末っ子であるカルトは、謎の多いキャラクターです。性別も不明で見た目は少女のようですが、キャラクターブックでは「弟?」と表記され、一人称は「ボク」です。しかし、小説版ハンターハンターでは妹という設定になっています。身長150cm、体重31kgで10歳という設定で、幻影旅団に入団しますが、入団した理由は明かされていません。

蜘蛛の刺青の位置も不明なキャラクターです。1999年放送のアニメでは前田優子、2011年放送のアニメでは能登麻美子が声優を務めています。

性格

カルトは幻影旅団に所属しながら、団員の能力を観察している描写があります。そのため、自分から発言するような性格ではなく、陰で見守るタイプです。しかし、頭の中ではさまざまなことを考えて行動できる、知的な部分もあります。

能力

カルトは操作系の能力者で、念能力は紙を自由自在に扱えるというものです。普段は、紙でできた扇子を持ち歩いていますが、念を込めることで紙とは思えない切れ味、強度を持ちます。しかし、幻影旅団内で比較すると強さはあまりなく、これからの成長が期待できるキャラクターです。

使う技で判明しているのは「蛇咬の舞(だこうのまい)」で紙片が刺さったところにめがけて大量の紙を飛ばす技です。1枚でも紙が相手の関節などに刺されば、一気に強度のある紙を相手に向けて放つことができ、分断することができます。キメラアントに対してもこの技を使用することで倒しています。

Swjcsyvaa44k010mdgum
引用: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E9%99%90%E5%AE%9A-%E7%89%B9%E5%85%B8%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%B9%BB%E5%BD%B1%E6%97%85%E5%9B%A3HUNTER%C3%97HUNTER/dp/B07DMNBW5M/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E9%99%90%E5%AE%9A+%E7%89%B9%E5%85%B8%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89+%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9&qid=1604901767&sr=8-1

フィンクス=マグカブは、幻影旅団初期メンバーの1人で団員であるフェイタンと行動をよく共にしているのが特徴です。

基本情報

フィンクスの生年月日や蜘蛛の刺青の位置は明かされていません。血液型はAB型で、身長185cm、体重85kgと標準型の体型をしているキャラクターです。また流星街出身で、旅団内で開催されている腕相撲大会では13人中2人に入る強さを持つ人物です。1999年放送のアニメでは松本吉郎、2011年放送のアニメではKENNが声優を務めていました。

性格

おおざっぱで短気な性格を持つフィンクスは、団員たちともよく衝突します。しかし、仲間思いの部分もあり、死亡した仲間の意思を尊重する部分もあります。団員の命よりもルールを重んじる部分もあり、幻影旅団という集団を大切にしているのが特徴です。

能力

フィンクスは強化系の念能力で、使用する技は「廻天(リッパー・サイクロトロン)」というものです。腕を回すほど力が増す技ですが、フィンクス自身もどれくらい回せばどれくらいの威力が出るのか分かっていません。

シャルナーク=リュウセイは、幻影旅団初期メンバーの1人でシャルの愛称で呼ばれているのが特徴です。最終的にはヒソカと戦闘を行い、死亡してしまいます。

基本情報

年齢は不明ですが、身長180cm、体重72kgと標準体型の青年です。流星街出身の1人で、幻影旅団内で開催される腕相撲大会では、13人中10位と力はそれほど強くありません。1999年放送のアニメでは高戸靖広、2011年放送のアニメでは日高のり子が声優を務めています。

性格

好戦的なメンバーが多い幻影旅団では珍しい、温厚で爽やかさを持つキャラクターです。頭脳派でクロロが不在の時は代わりに、団員を指揮する描写も描かれています。積極的に戦闘に参加する立場ではなく、情報収集と情報分析が主な仕事です。

能力

操作系の念能力を操る人物で、使用する技は「携帯する他人の運命(ブラックボイス)」です。具現化した携帯電話と付属するアンテナを使用し、対戦相手を操作する能力を持ちます。アンテナは2本まで使用でき、相手の体にアンテナを刺すことで念能力が使用できるようになります。

1度能力が発動すると、アンテナが抜けるか操る相手が死ぬまで操作でき、携帯に文字を入力しその文字を喋らせることも可能です。また、アンテナは自分にも刺すことで「自動操作モード」と呼ばれる技が発動します。自分を携帯電話に操ってもらうことでオーラの量が増幅し、身体能力も向上します。しかし、自動操作モード中はシャルナークに意識がなく、記憶も残らないため余程のピンチでないと使用しません。

自動操作モードは普段とは異なるパワーを使用するため、使用後は数日筋肉痛で動けなくなるというデメリットが存在します。

フランクリン=ボルドーは、幻影旅団初期メンバーの1人で、長い耳たぶと顔にある無数の傷が特徴的な男性キャラクターです。

基本情報

生年月日、年齢、血液型など基本情報は明かされていない部分が多いキャラクターです。身長219cm、体重225kgとかなりの巨漢で、幻影旅団内で開催されている腕相撲大会では13人中4位という強さを持ちます。

1999年放送のアニメでは、金子幸伸と乃村健次が務め、2011年放送のアニメでは木村秀信が声優を務めています。

性格

幻影旅団の中では珍しい温厚な性格ですが、戦闘になると能力を使用して豪快に戦うのが特徴です。また、メンバーの中でも冷静に状況分析ができるキャラクターであり、団員をまとめるシーンも描写されています。しかし、時間にルーズなところがあり、遅刻が原因で団員と揉めるシーンも描写されていました。

能力

フランクリンは放出系の念能力者で、使用する技は「俺の両手は機関銃(ダブルマシンガン)」です。10本の指から念弾を連射するというシンプルな念能力です。威力が増すようにと自分の指を切り落とした行動が制約と誓約の役割を果たし、1発の威力が格段に上がった過去を持ちます。

切断した指先は自分でいつでも切り離せるように改造されており、ダブルマシンガンを使うときに指先が取れる仕組みになっています。取れた指先は鎖で繋がれているため、ダブルマシンガン使用後は、普通の指先として機能することが可能です。

シズク=ムラサキは天然系の女性で、左腹部に蜘蛛の刺青を入れているキャラクターです。女性らしい体つきで、力も弱いのが特徴です。

基本情報

年齢は不明、身長160cm、体重45kgとスラっとした体型が特徴です。流星街出身のメンバーの1人で、加入時期の詳細は不明ですが、初期メンバーではないことは明かされています。幻影旅団内で開催される腕相撲大会では、13人中12位と腕力の強さはそれほどありません。1999年放送のアニメでは豊後敦子、2011年放送のアニメでは荒川美穂が声優を務めています。

性格

シズクは一見、おっとりしていて物静かな性格に見えますが、感情の起伏が少ないだけで戦闘をする必要があるときはしっかりと闘います。しかし、作戦に重要なことを忘れることがある忘れっぽい性格の持ち主です。

能力

シズクは具現化系の念能力を扱うキャラクターで、戦闘では掃除機の形をした「デメちゃん」を具現化して戦うのが特徴です。デメちゃんは生きている物や他人が念じた物は吸引できません。しかし、そのほかの物は全て吸引することができます。デメちゃんが吸引した物がどこに行っているのかはシズクも分かっておらず、最後に吸引した物しか取り出すことができません。

しかし、盗みを行う幻影旅団内では重宝されている能力で、大きな盗品などをデメちゃんで吸い込んで安全な場所で取り出すことができます。

パクの愛称で呼ばれるパクノダは、幻影旅団初期メンバーの1人です。蜘蛛の刺青を入れている場所は不明で、クラピカの念能力により死亡してしまう団員でもあります。

基本情報

年齢や生年月日は不明で、身長182cm、体重52kgとモデル体型の女性キャラクターです。胸元の開いたスーツを着用しているのが特徴でもあります。1999年放送のアニメでは井関佳子、2011年放送のアニメでは朴璐美が声優を務めています。

性格

パクノダはクールな性格で、幻影旅団内では情報収集と尋問をする役割です。また、義理堅い性格でもあり、幻影旅団に対する忠誠心や仲間意識が強いキャラクターでもあります。

能力

パクノダは特質系の念能力を使用します。パクノダは現在死亡しています。生きている間に念能力を使用したこともありますが、技名は判明していないものが多いです。使用する能力は「記憶を読み取る能力」と「拳銃を具現化する能力」です。パクノダに尋問されると、嘘をついても念能力で本当のことを知られてしまいます。

具現化した拳銃は1度に6発撃てるリボルバー式です。作中では「記憶銃(メモリーボム)」という技を使用しています。メモリーボムは、読み取った記憶や自分の記憶を銃弾に込め打ち込むことで、打たれた相手に記憶の映像を見せることができます。記憶を送る能力のため、相手を死亡させる効果はありません。

ボノレノフ=ンドンゴは、幻影旅団メンバーの中でも特に謎の多いキャラクターです。

基本情報

ボノレノフの基本情報は明かされていないことがほとんどです。蜘蛛の刺青を入れている場所も不明で、唯一明かされているのは、幻影旅団内で開催されている腕相撲大会ランキングが13人中8位という情報です。そのほかには、ギュドンドンド族の生き残りとも明かされています。

普段は全身に包帯を巻いており、手にはグローブ、パンツはボクサー用を着用しているのが特徴です。2011年放送のアニメでは、チョーが声優を務めています。

性格

ギュドンドンド族であることに誇りを持っているキャラクターで、幻影旅団の中でも無口な人物です。無口のため、自分の情報はあまり明かさず、団員同士の揉め事にも参加しません。しかし、戦闘が必要なときは、ギュドンドンド族の誇りを胸に戦います。

能力

ボノレノフは具現化系の念能力を使用します。その能力はギュドンドンド族の特徴である、体のあちこちに開いている穴から奏でる音を利用するものがほとんどです。ギュドンドンド族は幼い頃から体に針を貫通させており、体に馴染んだら少しずつ太い針に変えていくという風習を持っています。最終的には、針を抜いても体に穴が開いている状態を保てるため、その穴を通った空気で音を奏でます。

ボノレノフは「戦闘演武曲(バト=レ・カンタービレ)」「序曲(プロローグ)」「木星(ジュピター)」「変容(メタモルフォーゼン)」という4つの技を作中で披露しています。バト=レ・カンタービレは、音を具現化し攻撃に利用する技、プロローグは鎧と槍を使用して攻撃する技です。そしてジュピターは、木星のような球体を作り出し相手を押しつぶす技で、メタモルフォーゼンは姿を変えられます。

C6qvz6ndlzms0wn6zjze
引用: https://www.amazon.co.jp/HUNTER%C3%97HUNTER-%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%B3-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-hunt047/dp/B0833RGSC6/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=HUNTER%C3%97HUNTER+%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%B3+%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC&qid=1604901828&sr=8-2

ウボォーギンはハンターハンターの主人公であるゴンやキルアと闘うシーンも描写されていたキャラクターです。最終的には、ゴンの仲間であるクラピカと闘い死亡します。

基本情報

ウボォーギンは幻影旅団初期メンバーの1人で、身長258cm、体重189kgと巨漢なキャラクターです。流星街出身の1人で、蜘蛛の刺青は背中の腰あたりに入れています。団員の1人、ノブナガとは幻影旅団結成前からの仲間で、コンビとも呼ばれている相性のいいキャラクターたちです。1999年放送のアニメでは竹本英史、2011年放送のアニメでは大塚明夫が声優を務めています。

性格

Xadbgucafvuegsr6be8l
引用: https://www.amazon.co.jp/HUNTER%C3%97HUNTER-%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%B3-%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97-%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/dp/B084RJ2WF8/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=HUNTER%C3%97HUNTER+%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%B3+%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97+%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC+%E3%83%A9%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%88+%E6%97%85%E5%9B%A3%E3%81%8F%E3%81%98+F%E8%B3%9E+%E5%B9%BB%E5%BD%B1%E6%97%85%E5%9B%A3+%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC&qid=1604901865&sr=8-2

好戦的な性格で、危険なポジションである特攻隊員を務めています。ハンターハンターの主人公であるゴンと友達のキルアと対戦するシーンもありますが、2対1でも歯が立たないほどの強さを持つのが特徴です。仲間に対する思いも強く、自分が殺されそうになっても仲間の情報は吐かないという心の強さを持つキャラクターでもあります。

能力

Ryvbcg37rujq8pjc62it
引用: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E9%99%90%E5%AE%9A-%E7%89%B9%E5%85%B8%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%B3-%E5%B9%BB%E5%BD%B1%E6%97%85%E5%9B%A3HUNTER%C3%97HUNTER/dp/B0893RVPDG/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E9%99%90%E5%AE%9A+%E7%89%B9%E5%85%B8%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89+%E3%82%A6%E3%83%9C%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%B3+%E5%B9%BB%E5%BD%B1%E6%97%85%E5%9B%A3&qid=1604901911&sr=8-1

ウボォーギンは、強化系の念能力者で幻影旅団内で開催される腕相撲大会で1位を取る強さを持ちます。使う念能力は「超破壊拳(ビッグバンインパクト)」で、シンプルなパンチ技です。シンプルな念能力ですが、パワーは旅団内でも断トツレベルと言っていいでしょう。

ゾルディック家長男にあたるイルミ=ゾルディックは、ハンターハンターの主人公であるゴンや、イルミの弟であるキルアと共にハンター試験を受験し、合格しているキャラクターです。

基本情報

身長185cm、体重68kgの24歳の男性キャラクターで、何を考えているのか読めないのが特徴です。しかし、弟にあたるキルアに対しては、異常な執着を見せる一面があります。ハンター試験の最中から団員になりすましていたヒソカと親しくしています。しかし、ヒソカと仲間意識があるわけではなく、仕事上で取引をする間柄です。

1999年放送のアニメでは高乃麗、2011年放送のアニメでは松風雅也が声優を務めています。

性格

感情の起伏がなく、何を考えているのか全く読めないキャラクターです。幼少期から殺し屋として活躍していたため、躊躇なく人を殺します。さらに、対戦相手でなくとも関係なしに殺そうとする人物です。

能力

イルミは操作系の念能力者で「針人間」という技を使用します。念を込めた針を指すことで相手を操作する能力です。1度針を刺されると、その瞬間からイルミに操作され、身体能力が向上します。また、針が抜けても元に戻ることはなく、イルミのために戦い死亡する運命にあります。

コルトピは、長い髪で常に顔が隠れているのが特徴です。戦闘団員ではなく念能力をかわれ団員として活動しています。

基本情報

コルトピは身長や体重などの基本情報が一切公開されていません。さらに作中ではヒソカと闘い死亡したため、今後の作中で情報が明かされる可能性は低いでしょう。描写を比較すると、団員の中で小柄な方に分類され、幻影旅団内で開催されている腕相撲大会では最下位に位置します。1999年放送のアニメでは天神有海、2011年放送のアニメでは浜添伸也が声優を務めています。

性格

積極的に戦闘に参加する性格ではなく、陰から見守るタイプのキャラクターです。団員同士の揉め事にも参加せず、作中での発言もあまり多くありません。

能力

コルトピは具現化系の念能力者で「神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)」という技を使用します。左手で触った物を右手で複製できる能力です。複製した物は24時間後に消滅してしまいますが、コピー能力は完璧なものです。生きている人間も複製することはできますが、複製したものは生きてない状態(死体)になります。

さらに複製された物はコルトピの円としての役割を持っており、正確な位置を把握することができます。戦闘では弱い能力ですが、宝を盗むことが多い幻影旅団では、重宝されている能力者の1人です。盗んだことがバレないように複製することが多いです。

オモカゲは「劇場版ハンターハンター緋色の幻影」に登場したキャラクターで、過去には幻影旅団のNo.4として活躍していた団員でもあります。

基本情報

オモカゲは本編には登場せず、劇場版にだけ登場するキャラクターです。現在のNo.4はカルトですが、カルトの前にNo.4だったヒソカによって殺されたと思われていたのがオモカゲです。実際その時に死亡したのは、オモカゲ自身ではなくオモカゲが作り出した人形でした。幻影旅団の団員に死んだと思いこませ、裏で活動していた人物でもあります。劇場版では、藤木直人が声優を務めていました。

性格

妹のことをこよなく愛しており、幻影旅団を抜けたあとは妹のために行動をしていた人物です。妹のためなら他人の命はどうなってもいいという性格で、妹そっくりの人形を作るためだけに行動しています。

能力

オモカゲの念能力はハンターハンターに登場するキャラクターの中でも最強クラスで、特殊系の念能力を扱います。オモカゲは主に2つの能力を扱い、一つ目は「念人形を作る」、二つ目は「ドールキャッチャー」という能力です。念人形を作るためには、生きている人間から両目を奪う必要があり、そのときに「魂呼ばい(タマヨバイ)」という能力を使用します。

さらに人形にコピーする人の記憶を与えるために「佛人(ソウルドール)」という能力も使います。ソウルドールで記憶を得た人形にタマヨバイで奪った人の目を入れる仕組みです。二つ目の能力ドールキャッチャーは、作った念人形を自分に憑依させることで、自分も使えるようにするという技です。

劇場版では人形として作ったノブナガとフランクリンの能力をコピーすることで、オモカゲが2人の能力を利用していました。

Yk4crfca4uvxqoijd2bf
引用: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-%E5%B9%BB%E5%BD%B1%E6%97%85%E5%9B%A3%E7%B7%A8part1-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%B3-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AF/dp/B08M9PG8WF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC+13%E6%9E%9A+%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%97+%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89+%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7+%E5%B9%BB%E5%BD%B1%E6%97%85%E5%9B%A3%E7%B7%A8part1&qid=1604901961&sr=8-1

続いて、作中に出てくる幻影旅団の活躍を紹介します。ここではハンターハンターの世界に合わせて「ヨークシンシティ編」「グリードアイランド編」「キメラアント編」「ヒソカ線編」に分けて紹介します。大切な団員が死亡してしまうシーンも紹介するため、幻影旅団好きは必見です。

ヨークシンシティ編

幻影旅団はヨークシンシティで開催されるオークションのお宝をすべて盗むために、ヨークシンシティに向かいます。しかし、マフィアのノストラード組、組長の娘ネオンの予言する念能力により、お宝は普段保管される場所から別の場所に移動させられていました。さらに、お宝を盗むためにオークション会場に来た、幻影旅団を倒すためにマフィア側は「陰獣」と呼ばれる10人の殺し屋を雇っていたのです。

ここで初めて幻影旅団の戦闘シーンを見ることができます。しかし、陰獣と呼ばれる10人の殺し屋たちはウボォーギンたった1人に瞬殺されてしまいます。陰獣対ウボォーギン戦では、圧倒的な強さを確認できますが、ヨークシンシティ編では、ウボォーギンとパクノダが死亡するのが特徴です。ウボォーギンは陰獣との戦い後に油断しているところをクラピカに拘束され、クラピカと1対1の勝負を行い、死亡します。

力勝負ではクラピカがウボォーギンに敵わないのは明白ですが、クラピカが制約と誓約で得た能力を駆使して勝利します。パクノダに対しても戦闘は避け、「クラピカの情報を一切漏らさない」という約束を守らなかったために死亡しました。クラピカは蜘蛛の刺青を持つ幻影旅団以外には念能力を使用しない、使用してしまった場合は死ぬという制約をすることにより、強力な念能力が使用できる人物です。

Zhtfembbdrrfqihfzdsw
引用: https://www.amazon.co.jp/HUNTER%C3%97HUNTER-%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%80-%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97-%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/dp/B084RMVG9W/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=HUNTER%C3%97HUNTER+%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%80+%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97+%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC+%E3%83%A9%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%88+%E6%97%85%E5%9B%A3%E3%81%8F%E3%81%98+F%E8%B3%9E&qid=1604902001&sr=8-2

パクノダは、自分の命と団長の命を天秤にかけ自分は死んでもクラピカの情報を仲間に伝える選択をして死亡したのです。団長であるクロロもクラピカの念能力を受けてしまい、「団員と接触しない」というルールを課されます。そのため、ヨークシンシティ編以降、クロロは念能力を解除できる「除念師」を探す旅に出かけます。

グリードアイランド編

グリードアイランド編の幻影旅団は、グリードアイランド内にいるという除念師をクロロのために探す物語です。他人からかけられた念能力を除去できる除念師は、ハンターハンターの世界で貴重な存在で、僅かしか存在しません。クロロはヨークシンシティ編のときに、マフィアの娘から奪った予言能力で、グリードアイランド内に除念師がいると分かったため、探し始めます。

団員もグリードアイランドに入り除念師を探しますが、団員よりも先にヒソカが「アベンガネ」という除念師を見つけ出し、グリードアイランドを後にします。

キメラアント編

キメラアント編は人間を主食とする蟻が登場する物語です。蟻が主に活動していた場所はNGLと呼ばれる大陸で、その中に団員の多くの出身地である流星街が含まれていました。故郷の危機を知った幻影旅団は、シャルナーク、フェイタン、カルト、フィンクス、ボノレノフ、シズクの6人で現地に向かいます。

流星街にはザザンという蟻が巣を作っており、自身も女王蟻として活動するために行動していました。キメラアント編では、6人それぞれが違う蟻たちと闘うシーンが描写されており、このときに初めて戦闘をするキャラクターがほとんどです。その後、圧倒的な強さで蟻を倒すことで、故郷を蟻から守ることに成功します。そして、無事に残りの仲間のところへ帰還していきました。

ヒソカ線編

除念師の力を借り、クラピカから受けた念能力を解除したクロロは、天空競技場でヒソカと戦闘します。死闘の結果ヒソカが敗れ、殺されてしまうのですが、ヒソカの死体を見に来たマチによって体の修復を受けます。もちろん、マチに蘇生能力はないため、マチの技術を持っても死体が綺麗になるだけです。しかし、完全に死んだはずのヒソカからオーラが出て、自分の心臓と肺を動かし始めます。

死後に強まる念のおかげで生き返ることができたヒソカは、団員狩りを始めます。まず標的にされたのは、シャルナークとコルトピです。2人は一瞬で殺され、無残な姿で公園に放置されます。

ハンターハンターに登場する幻影旅団は何を目的に窃盗をしているのでしょうか?作中では、幻影旅団の目的は明かされていないため、考察してみました。そもそも幻影旅団はお宝を盗んだ後、余程貴重な物でなけばお金に換金するのが特徴です。

お宝を手に入れてコレクションするのが目的ではなく、お金に換金することが目的だと考えると、幻影旅団の活動にある「慈善活動」が大きく関わってくるのではないかと考察できます。慈善活動として、団員の多くが誕生した流星街を住みやすい街にするため、また、すでに流星街に住んでいる住民たちに豊かな生活をさせてあげたいなどの思いが関係していると考察できます。

さらに注目したいのは、クロロの「初めは、ただ欲しかった」という発言です。幻影旅団が誕生した当時はお宝を盗むためだけに活動していたけど、今は違う目的があると考察してよさそうです。幻影旅団の目的は、作中ではっきりと明かされていないため今後の展開に期待しましょう。

ヨークシンシティでクロロが奪った予言能力で、団員全員が占われています。その占いは占った月に起こることを予言してくれるものです。クロロが団員を占ったのはヨークシンシティ時点です。ヒソカが団員を殺して回るようになったのは、ヨークシンシティ編から1か月以上経っているように感じますが、シャルナークに当てられた占いが的中していると話題になっています。

シャルナークに対する占いは「電話を掛けてはいけない、一番大事な時に繋がらないから、電話に出るのもすすめない、3回に一度は死神に繋がるから」という内容でした。シャルナークは、ヒソカに殺されたとき自身の念能力で具現化した携帯電話をクロロに貸していました。そのため、ヒソカに襲われる大事なときに念能力を使用することができなかったのです。

占いに当てはめてみると、「電話を掛けてはいけない=電話を欠けてはいけない」、「一番大事な時に繋がらないから=襲われたときに使用できなかった」と解釈できます。占いが伏線になっていたのかは、明かされていませんが、占いの通りになっているのは事実です。もちろん、ほかの団員も占いを受けているため占い通りの結果になる可能性は十分あります。

そして、今後鍵になりそうなのは、作者がクラピカと幻影旅団の今後について、「全員死にます」と発言していたことです。「年齢を重ねて自然に人間として死んでいく」という意味である可能性もありますが、「全員戦闘で死んでしまう」とも解釈できます。現時点では、幻影旅団が今後どうなるのか分かっていませんが、全滅する可能性が高いと考察できます。

しかし、ハンターハンターという作品の中で幻影旅団の存在は大きいものです。幻影旅団が全員死亡するとしても、ハンターハンターが終盤に差し掛かるころだと考察できます。

幻影旅団はハンターハンターに登場するキャラクターの中でも最強メンバーが揃っている集団です。そしてまだまだ謎な部分が多く、今後の展開が期待できる集団でもあります。幻影旅団は今後どのような行動をするのか、全員死亡してしまうのか考察しながらハンターハンターを楽しみましょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71jfRA5JUgL._AC_SL1200_.jpg