Nydql3wcvponu4ifl0tm

神楽

CATEGORY | 神楽

【銀魂】人気投票ランキングまとめ!過去の推移やキャラ紹介も

2018.05.26

多分、最後ということで銀魂の第5回人気投票が行われました。相変わらず主人公が圧倒的な人気で1位になりましたが、今回はあるキャラクターが快挙を達成するかどうかも話題になりました。銀魂人気投票ランキングの推移や順位を上げたキャラクターなどについてご紹介します。

  1. 銀魂の人気投票ランキングについて
  2. 銀魂の第5回人気投票ベスト10について1
  3. 銀魂の第5回人気投票ベスト10について2
  4. 銀魂の人気投票篇について
  5. 銀魂の第5回の人気投票で話題になった志村新八の5回連続8位
  6. 銀魂の第5回人気投票でまさかの7位に
  7. 銀魂の作者空知英秋は常に人気投票ベスト20位以内にランクイン
  8. 銀魂では人気投票以外にオールキャラ総選挙が行われたことも
  9. 銀魂の第5回人気投票で順位を大きく上げたキャラ朧
  10. 銀魂の人気投票ランキングについてまとめ
銀魂で行われた人気投票ランキングについてご紹介します。 第5回の人気投票ベスト10に入ったキャラは常連のキャラが多いですが、過去の人気投票と比べて順位は細かく移動しています。 第5回人気投票で話題になったあるキャラの順位や大きくランクアップしたキャラなどについてご紹介します。

1位 坂田銀時

1位はご存知銀魂の主人公坂田銀時です。 万事屋銀ちゃんという何でも屋を営んでいます。 全ての人気投票で1位を獲得するほど圧倒的な人気を誇ります。 第5回の人気投票では投票券制になりほとんどのキャラ得票数が下がったのにも関わらず、銀時は票を伸ばしているのがすごいです。

2位 土方十四郎

2位は真選組鬼の副長土方十四郎です。 1回と2回では3位、それ以降は2位に入っています。 正統派のかっこいいキャラで銀魂には珍しい常識人のツッコミ役ですが、異常な量のマヨネーズを消費するマヨラーでボケキャラとしてのポテンシャルも高いです。

3位 沖田総悟

3位は真選組一番隊隊長の沖田総悟です。 1回と2回の人気投票では2位、3回では4位ですが、4回目以降は3位に入っています。 ドS王子の異名を持ち、土方への嫌がらせが趣味のようになっています。

4位 高杉晋助

4位は攘夷志士で最も危険な男高杉晋助です。 第3回のみ5位でしたが、それ以外の人気投票では常に4位に入っています。 出番が少ないにもかかわらず常に上位に入るオーラを持ったキャラです。

5位 神楽

銀魂のヒロイン神楽が5位に入りました。 1回と4回の人気投票で6位、2回と3回では7位ですが5回目でランクアップを果たしました。 宇宙最強と言われる戦闘民族夜兎の少女で、その肩書にふさわしい身体能力を持ちます。 見た目は可愛いですがジャンプで初めてゲロを吐いたヒロインとして、ゲロインという異名を持ちます。

6位 桂小太郎

6位は狂乱の貴公子の異名を持つ攘夷志士桂小太郎です。 2回、4回の人気投票では5位、1回、3回でも6位に入っています。 銀時、高杉とは幼馴染です。 ヅラと呼ばれると「ヅラじゃない桂だ!!」と否定するのが口癖になっています。

7位 志村新八

7位は銀魂の第2の主人公志村新八です。 1回から4回目の人気投票まで8位でした。 ランクアップを果たしましたが、周りの反応は意外な物でした。

8位 神威

8位は宇宙海賊春雨の第7師団団長にして神楽の兄神威です。 初登場後の2回目の人気投票で7位に入り、3回の人気投票で3位になりました。4回でも7位に入っています。

9位 月詠

9位は死神大夫の異名を持つ月詠です。 初登場後の2回目の人気投票では10位、3回は11位、4回は12位に入っています。 吉原桃源郷の自警団「百華」の頭領で吉原最強の番人として恐れられています。

10位 志村妙

志村新八の姉志村妙が10位にランクインしました。 1回目の人気投票では12位、2回は17位、3回は10位、4回は18位でした。 見た目は楚々とした美人で優しい面もありますが、結構短気で起こると別人のように暴力的になります。
銀魂の人気投票篇とは第二回人気投票が行われた後に制作された長編シリーズです。 最初は8位から順位が変わらなかった新八の愚痴から始まるのですが、9位だった山崎がモザイクがかかる姿にされ、順位が136位まで落ちたことから事件が始まります。
順位を上げるためにキャラ同士の醜い争いが始まり、その戦いを描いたギャグ長編になっています。 あくまでギャグですが、お妙が作者を殺害しようとしたり、エリザベスと定春が血みどろの殴り合いを行うなど結構恐ろしい展開になっています。
更にエリザベスと定春の二人は終盤タッグを組んで、銀時と新八以外のキャラを撲殺するなど非常に過激な行動に出ています。 1位から3位までを独占しようとする万事屋と真選組の争いなども起こりますが、実はこの事件は最初の被害者と思われた山崎が、自作自演で起こしていたという意外な事実が発覚します。
人気投票の結果発表に1話使うギャグ漫画は少なくありませんが、そこからこんなエピソードを作ってしまうところはさすが銀魂です。 そして、人気投票編で順位が変わらないと愚痴っていた新八。 ここから、四回連続で8位になるとは夢にも思っていなかったでしょう。
銀魂の第2の主人公である志村新八は、第1回から第4回までの人気投票で全て8位を獲得するという快挙を成し遂げました。 主人公の坂田銀時がやはり全ての人気投票で1位を取っていましたが、ギャグ漫画の銀魂としてはずっと8位を取り続けている新八の方がネタとして面白かったのでしょう。
何より新八が八位になっているわけですから、すごい偶然であることは間違いありません。 恐らく最後の人気投票となる第五回人気投票では、銀時の連続1位もかかっているのに新八が8位になれるかということの方に注目が集まりました。
このことは銀魂の人気投票について書かれたネットニュースでも扱われました。 新八が8位を取れるかどうかが、いかに注目されていたかが分かります。 ネタ的な意味とはいえ、新八は愛されているなと思います。
新八が5回連続8位という奇跡を起こせるかに注目が集まった銀魂の第5回人気投票ですが、新八の順位は7位になってしまいました。 「真なる8の体現者となる」とまで言われた新八ですが、やはり奇跡は起こせなかったようです。
順位が上がったわけですから本当なら喜ぶべきだと思うのですが、「素直に賛辞を送るべきなのだろうが、ぶっちゃけ惨事である」などと書かれてしまい散々な扱いを受けています。 更に「これじゃあネットニュースにもなりゃしない!!おめでとう新七!!」と駄目押しされています。
しかし、新八が8位になれなかったことについて書かれた特集記事もあり、ネタ的な意味では十分に話題になっています。 新八をもう一度8位にするためにもう1回人気投票をやってほしいという声まであるようですが、流石に6回目の人気投票はないでしょうね。
銀魂の人気投票では作者の空知英秋先生が常に20位以上入っているのも特徴です。 人気投票篇では志村妙に殺されそうになり、サイボーグになって復活するという展開もありました。
一応、登場しているので銀魂のキャラクターとしてカウントされるのもわかりますが、作者が人気投票で上位にくるのも銀魂らしいのかもしれません。
銀魂では人気投票以外にも表紙に登場する権利を決める「第一回WJ表紙登場争奪県オールキャラ総選挙!!」が行われたことがあります。 これは坂田銀時の隣に描かれるキャラクターを決める選挙だったため、銀時は不参加になっています。
結果は第1位土方十四郎、第2位沖田総悟、第3位高杉晋助、第4位神楽、第5位志村妙、第6位桂小太郎、第7位神威、第8位空知英秋、第9位志村新八、第10位吉田松陽となっています。
上位は人気投票の結果に近くなっていますが、あくまで銀時の隣に描かれるキャラということで人気投票と比べてかなり上位に来ているキャラもいます。 サラッと8位に入っている作者や5位に入っている志村妙、10位の吉田松陽が印象的です。
銀魂-ぎんたま- 45 (ジャンプコミックス)
価格 ¥ 432
第4回の人気投票では33位だったにもかかわらず、第5回では12位と大きくランクアップし得票数も伸ばしたキャラクターが朧です。 天照院奈落の首領で銀時たちの仇ともいえる存在として登場した朧ですが、実は松下村塾の一番弟子だったことなどが明かされ大きく順位を上げたようです。
銀魂の人気投票についてまとめてみました。 改めて主人公の人気が圧倒的な漫画だとわかりましたが、人気投票の結果をもとにエピソードを作ってしまったり、新八がずっと8位だったことがネタにされたりと実に銀魂らしい人気投票になっていると思いました。
完結が近そうですしもう人気投票がないのかと思うと寂しいですが、最後まで銀魂らしいお遊びを続けてほしいですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjJCewPHEf-/?hl=ja&tagged=%E9%8A%80%E9%AD%82