2018年10月19日 UPDATE

「ひぐらしのなく頃に解」とは?アニメでは何編のこと?徹底調査!

この記事では、『ひぐらしのなく頃に 解』について、それぞれ各編のあらすじとみどころ、そして解説を一挙ご紹介いたします。『ひぐらしのなく頃に 解』について面白い解説もまとめていますので、アニメなど本編をすでに知っている方もぜひお楽しみください。

目次

  1. 【ひぐらしのなく頃に】『ひぐらしのなく頃に』とは?
  2. 【ひぐらしのなく頃に】「目明し編」のあらすじ【解説】
  3. 【ひぐらしのなく頃に】「目明し編」のポイント【解説】
  4. 【ひぐらしのなく頃に】「罪滅し編」のあらすじ【解説】
  5. 【ひぐらしのなく頃に】「罪滅し編」のポイント【解説】
  6. 【ひぐらしのなく頃に】「皆殺し編」のあらすじ【解説】
  7. 【ひぐらしのなく頃に】「皆殺し編」のポイント【解説】
  8. 【ひぐらしのなく頃に】「祭囃し編」のあらすじ【解説】
  9. 【ひぐらしのなく頃に】「祭囃し編」のポイント【解説】
  10. 【ひぐらしのなく頃に】『ひぐらしのなく頃に 解』まとめ

【ひぐらしのなく頃に】『ひぐらしのなく頃に』とは?

51e7dji1ahl
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51E7dJI1AhL.jpg

『ひぐらしなく頃に』は、原作:騎士07がストーリーを描くゲーム作品であり、もともとは同人ゲーム制作サークル「07th Expansion」によって作られたパソコン用のサウンドノベライズ型のゲーム作品です。

本作のメインストーリーにあたる本編のディスクは、2002年8月16日に発売され、2006年8月13日に完結しました。本先は同人ゲームとしては、異例の人気で2006年4月にはアニメ化されました。

アニメ化されると、広く周知されるようになれ人気はさらに上昇し、後を追うように次々と様々なメディアに展開されました。コンピューターゲームから始まり、アニメ、漫画、小説、実写映画、ドラマ、舞台となった伝説的な作品といえます。

『ひぐらしのなく頃に解』とは?

『ひぐらしのなく頃に解』は、本作の「解答編」と呼ばれるパートで、本作の謎が明かされる物語です。アニメでは、「目明し編」、「罪滅し編」、「皆殺し編」、「祭囃し編」がこれにあたります。

ひぐらしのなく頃に 解答編 コミック 1-22巻セット (ガンガンコミックスJOKER)
価格

【ひぐらしのなく頃に】「目明し編」のあらすじ【解説】

ひぐらしのなく頃に解 目明し編 1 (ガンガンWINGコミックス)
価格

園崎魅音の双子の妹、園崎詩音は、北条沙都子の兄である北条悟史と出会い、詩音は悟史に恋をします。しかし、昭和57年の綿流しの日に悟史は、謎の失踪を遂げてしまいます。

これまでの雛見沢村で起きた連続失踪事件の黒幕が園崎家であることを知っていた詩音は、悟史の失踪から1年後にあたる綿流しの日に、園崎家や雛見沢村における御三家の人物たちを次々に殺していきます。そのためには魅音に化けて学校の仲間たちを欺いたりと様々な手段を用いました。

そして彼女は、最終的に姉である魅音を殺し、悟史の妹である沙都子を殺し、そして最後には本作の主人公である圭一を刺し、逃亡しました。逃亡する途中、詩音はマンションから転落し、そのまま死亡しました。

ひぐらしのなく頃に解 目明し編 2 (ガンガンWINGコミックス)
価格

【ひぐらしのなく頃に】「目明し編」のポイント【解説】

ひぐらしのなく頃に解 目明し編 3 (ガンガンWINGコミックス)
価格

「目明し編」は、「綿流し編」に対する「回答編」のストーリーになっており、「綿流し編」を詩音の視点からみたものになっています。「目明し編」は、本作のすべての物語の中でもファンの中で非常に人気が高く、感動するエピソードになっています。

この「目明し編」でのポイントは、北条悟史の存在ではないでしょうか。悟史は雛見沢村の連続失踪事件で両親を失っており、妹の沙都子と一緒に叔母の家で暮らしていました。しかし叔母の虐待に耐えられなくなった悟史は沙都子を守るために、叔母を殺し、失踪します。

このことを知らない、詩音は雛見沢村を裏で牛耳っている園崎家が悟史を殺し失踪に見せかけていると勘違いし、自分の家族や姉を殺してしまいます。「綿流し編」では、少しあやふやになっていた魅音と詩音の関係や、2人の入れ替わりなどが明確に見えるので、もう一度「綿流し編」をチェックしてみると面白いかもしれません。

ひぐらしのなく頃に解 目明し編 4 (ガンガンWINGコミックス)
価格

【ひぐらしのなく頃に】「罪滅し編」のあらすじ【解説】

ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 (1)
価格

竜宮レナは、雛見沢分校に在籍する圭一たちの仲間の一人です。彼女の両親は離婚しており、父と2人で暮らしていました。そんな中、間宮リナという女性が新しく父親の恋人として登場します。

間宮リナの登場で、離婚をきっかけに元気がなかった父に生気が戻っていくのをレナは、良い傾向だと感じていました。しかしながら、ある日、間宮リナはつつもたせを狙ったヤクザの回し者だということが分かります。

家の財産を狙おうとする間宮リナとヤクザの男についてレナは悩んだ末、2人を殺害してしまいます。偶然にもこの事実を知った圭一たちは、レナに協力するため事件を隠蔽しようと独自に行動します。

しかしこの行動が裏目に出てしまい、周りの仲間さえ敵だと認識したレナは、雛見沢分校に籠城事件を起こします。圭一たちの活躍によりレナの暴走は、止められますが、この世界でもまたその後は、梨花は謎の死を遂げ終わりと告げます。

ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 2 (ガンガンコミックス)
価格

【ひぐらしのなく頃に】「罪滅し編」のポイント【解説】

ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 3 (ガンガンコミックス)
価格

「罪滅し編」では、竜宮レナにスポットを当てたストーリーとなっており、彼女の過去や家族関係なども明かされます。この「罪滅し編」は、「鬼隠し編」に対する「回答編」になっており、「鬼隠し編」での圭一がレナに置き換えられています。

この物語でポイントになる点は、これまでの作品で散々匂わせてきた仲間うちでの裏切りは、この作品においては存在しないという点です。「罪滅し編」を見ることで、これまでの物語の仲間たちの不審な行為や言葉は、雛見沢症候群により疑心暗鬼が増幅され、ありもしない裏切りを連想させてしまっていた事になります。

この物語では、初めて雛見沢症候群を発症したキャラクターが正気に戻っています。また圭一が他の世界でレナや魅音を殺してしまった事をぼんやりと覚えている描写もあり、これまでにない新しい現象が起こっています。これまでの世界における記憶がより多くの人に共有できたら、このような惨劇を防ぐきっかけになるのかもしれません。

ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 4 (ガンガンコミックス)
価格

【ひぐらしのなく頃に】「皆殺し編」のあらすじ【解説】

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 1 (Gファンタジーコミックス)
価格

100年以上にも渡り、雛見沢村のでの惨劇に耐え、様々な世界で殺されてきた記憶を持っている古手梨花は、運命に抗うことを半ば諦めていましたが、前の世界で圭一が他の世界での記憶を少し持っていたことや、レナの雛見沢症候群からの復帰が彼女に、僅かな希望を残していました。

しかし、梨花にとっても最悪の世界である沙都子の叔父が帰ってくる今回の世界に絶望していました。しかし、本来いるはずのない赤坂衛の登場などもあり、沙都子を叔父の虐待から救出する事に成功します。

これまでにない理想的な展開に梨花は、再び5年目の「綿流し」の日を生きて超える事を目指します。結果的には、全員が生き残る結末にはあと一歩及ばず、梨花は殺されてしまいます。

しかし、彼女はこの世界で雛見沢村を惨劇に追いやっている黒幕が、雛見沢村の診療所に勤務するナースである鷹野三四であることを知り、次の世界に希望を残します。

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 2 (Gファンタジーコミックス)
価格

【ひぐらしのなく頃に】「皆殺し編」のポイント【解説】

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 3 (Gファンタジーコミックス)
価格

「皆殺し編」では、これまでの物語には見られなかったパターンの物語で、仲間内でだれも雛見沢症候群にかかることはありません。また、これまで「オヤシロさま」と呼ばれていた存在である羽入が、初めて人の姿として登場します。

また、「暇潰し編」で梨花が助けを求めた赤坂衛が、昭和58年の雛見沢村に登場します。この物語でポイントになる点は、これまでの世界での努力は無駄ではなく、確実に惨劇回避に近づいているという点です。

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 4 (Gファンタジーコミックス)
価格

【ひぐらしのなく頃に】「祭囃し編」のあらすじ【解説】

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 1 (ガンガンコミックス)
価格

前の世界で、再び惨劇に立ち向かうことを決意した梨花は、人間の姿となった「オヤシロさま」である羽入とともに新しい世界に降り立ちます。

彼女たちは、雛見沢症候群の存在と、これから起こる惨劇の真犯人が鷹野三四であることを仲間たちに伝え、そして仲間たちの協力もあり、村人や警察など様々な見方をつけることに成功します。

その結果、これまでの世界ではなかった鷹野三四との直接対決に勝利した梨花たちは、昭和58年の「綿流し」の日を超えることに成功します。

そして、失踪中だった北条悟史や、他の世界で確実に殺されている富竹ジロウなども含め、本作に登場するすべての主要キャラクターが生存する最高の結末を迎えることになります。

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 2 (ガンガンコミックス)
価格

【ひぐらしのなく頃に】「祭囃し編」のポイント【解説】

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 3 (ガンガンコミックスJOKER)
価格

「祭囃し編」は、これまでの物語の集大成となる物語であり、これまでの世界では敵対することが多かった園崎家や警察なども味方となり、鷹野三四の計画の阻止のために全員が協力しています。

この物語のポイントは、これまで語られることのなかった鷹野三四の過去と、雛見沢大災害を起こす理由です。この物語では彼女の過去も同時に描かれており、どれほど強い思いをもって計画をねっていたかが分かります。この彼女の強固な意志が、他のすべての世界において、雛見沢村を惨劇に陥らせている元凶になっていました。

また本編では、最後の物語ということもあり、これまでの登場キャラクターたちの伏線が多く回収されており、これまでの世界での経験が無駄ではなかったことが分かります。

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編 4 (ガンガンコミックスJOKER)
価格

【ひぐらしのなく頃に】『ひぐらしのなく頃に 解』まとめ

この記事では、アニメ『ひぐらしのなく頃に』の第2期について、それぞれのあらすじとみどころ、そして考察を一挙ご紹介いたしました。

『ひぐらしのなく頃に』は、「出題編」と呼ばれる4編に加えてアニメでは第2期にあたる「回答編」があります。「回答編」を見ることで本作の全容をつかめるようになっています。そのため今回紹介した「回答編」を見る前に「出題編」をチェックしていただくことを強くおすすめします。「出題編」

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編(7) (ガンガンコミックスJOKER)
価格
ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編(8)(完) (ガンガンコミックスJOKER)
価格
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61WK8HfbT%2BL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg