Ak66qxbvpgeqfiopwvzi

プラスティックメモリーズ

CATEGORY | プラスティックメモリーズ

【プラスティックメモリーズ】OPでわかるアイラの表情の変化は?

2018.12.07

原作、林直孝さんによって製作されたオリジナルアニメーション作品であり、コミカライズやラノベ展開、そしてゲーム化もされた作品「プラスティックメモリーズ」のOPについてみていきます。プラスティックメモリーズのOPのアイラの表情が変化している!?

目次

  1. 【プラスティックメモリーズ・OP】プラスティックメモリーズとは?
  2. 【プラスティックメモリーズ・OP】アイラとは?
  3. 【プラスティックメモリーズ・OP】OP曲「Ring of Fotune」
  4. 【プラスティックメモリーズ・OP】歌い手「佐々木恵梨」
  5. 【プラスティックメモリーズ・OP】OPのCDについて
  6. 【プラスティックメモリーズ・OP】ゲームのOP「Last Diary」
  7. 【プラスティックメモリーズ・OP】Last DiaryのCDについて
  8. 【プラスティックメモリーズ・OP】アイラの表情について
  9. 【プラスティックメモリーズ・OP】OPラストのアイラの変化
  10. 【プラスティックメモリーズ・OP】まとめ

プラスティックメモリーズは、林直孝さん原作となっているオリジナルアニメーションであり、アニプレックスのプロデューサーから直接製作の指名をされて製作された作品となっております。デジタルな想い出というものをイメージして作られたとされており、作品のモチーフとなっているのはギフティアというアンドロイドになります。世界は近未来であり、現実により近い世界を描いたと考えられますね。

主人公のツカサと稼働限界時間間近となっているギフティアのアイラがお互いにパートナーとして接していくうちにアイラの心境の変化や「想い出」というものについての考え方についてなどを語っている作品であると個人的には感じております。涙なしではみられないとても切ない作品でもあり、また時たま挟まれるギャグ要素もあり、笑いあり泣きありの大人気作品です。

アイラは本作「プラスティックメモリーズ」に登場するメインヒロインであり、SAI社が開発したギフティアにしてSAI社のターミナルサービス課で働く回収担当のギフティアでもあります。ギフティアの稼働時間(81,920時間)がもう間近に迫っているギフティアであり、大学受験に失敗したとされているツカサとパートナーになるキャラクターとなっております。

本来、回収用のギフティアは会話能力をかなり強化されて交渉に長けているはずなのですが、アイラはそれがなくポンコツであるというのが一つの特徴かと思われます。白い髪にツインテールで赤い瞳を持つとても可愛らしいキャラであり本作1番の人気を誇っております。見た目は10代の少女でありますが、感情をほとんど表に出さない無機質なところが挙げられるでしょう。

ではプラスティックメモリーズアニメのOPである「Ring of Fotune」についての記述になります。作詞は原作者である林直孝さんであり、作曲、そして編曲を千葉naotyu-直樹さんが担当しております。歌い手は「佐々木恵梨」さんが務めております。ちなみに1話では未使用であり、8話はエンディングテーマ曲として使用されました。オリジナルアニメーションあるあるですね。

歌詞がかなり物語に沿って作られているもので、内容はアイラやギフティア、またツカサとの関係性や想いなどが綴られた歌であると個人的には感じております。ちょっと切ない感じの曲調でもあり、また恋愛ソングと言ってもいいと思います。主にアイラの気持ちなどが大きく関係している曲でありファンにとっては涙の曲でもあると思われます。作中では名曲として歌われておりますね。

1 / 4