Thaqst4qw5syflddwfly

プラスティックメモリーズ

CATEGORY | カテゴリー

【プラスティックメモリーズ】アニメ・ゲームの評価はどう?

2018.12.07

林直孝さんが原作を担当しているオリジナルアニメーションであり、ゲーム化など様々なメディアミックス展開がなされている作品「プラスティックメモリーズ」のゲームですが、プラスティックメモリーズのアニメ、ゲームの評価はどうなのでしょうか? 評価について見てきます。

目次

  1. 【プラスティックメモリーズ・評価】プラスティックメモリーズとは?
  2. 【プラスティックメモリーズ・評価】アニメの評価は?
  3. 【プラスティックメモリーズ・評価】ゲームの評価は?
  4. 【プラスティックメモリーズ・評価】個人的な評価について
  5. 【プラスティックメモリーズ・評価】まとめ

プラスティックメモリーズは、林直孝が原作を担当しているオリジナルアニメーションであり、コミカライズやまたラノベ展開、さらにゲーム化など様々なメディアミックス展開がなされてきた大人気作品です。イメージはデジタルな想い出ということで、ある意味でアンドロイドという機械的な愛というものを表現されたのではないかと思われます。

本作のヒロインであるアンドロイド「ギフティア」のアイラと大学受験に失敗し、父親のコネで入社した新入社員である協調性のない男性ツカサとのパートナーを通じての恋愛物語がかなり熱い展開となっており、涙なしでは見られない定番の流れというのはありますが、どうしても泣けてしまうといううまい作りになっている作品と言ってもいいでしょう。近未来を舞台とした人間とアンドロイドの恋愛作品です。

では早速、アニメの評価に参りたいと思います。世間一般的な評価としてかなり評判はいいと言っていいでしょう。玄人コメントでは辛口の評価もありますが、全体的に良かったという声が多いのは間違いないと思われます。twitterでの反応はかなり良かったと言ってもいいでしょうね。なので一般的なアニメファンからすると定番の流れ、設定を使っているということもありますが、演出と作画、含めて高評価と言われております。

一方で根っからのアニメ通、ヲタクと言われる方々からは辛口のコメントが出ております。理由についてはど定番のお涙頂戴ストーリーでありながら、その素材をうまく使いきれていなかったということ、さらに当時プラスティックメモリーズ以外にも動画工房が手がけていたということでアニメーションの部分、作画などの部分についてかなり低評価があったというのも挙げられます。しかしながら総合的にはいいと言っていいでしょうね。

1/3