Uk068sg6jpdamwpkwpcc

ドラゴンボール

CATEGORY | ドラゴンボール

【ドラゴンボール】セルの強さとは?セルの復活と形態について考察!

2021.07.30

ドクター・ゲロによって作られた人工生命体のセルは、超人的な戦闘力をもつ究極の人造人間です。ドラゴンボール「人造人間編」の最後に登場し、悪役ながら最強とも呼べる強さから注目を集めている人気キャラです。今回は、具体的にセルがどれほど強いのか、またセルの復活や形態について紹介します。

  1. ドラゴンボール人造人間・セル編
  2. ドラゴンゴール初期から登場していた人造人間
  3. 人造人間の目的は?何者なのか
  4. セルの形態別強さは?
  5. ドラゴンボール史上最悪の遊び!セルゲーム
  6. 地獄からの復活?セルとフリーザ
  7. ドラゴンボール超でセルは登場しない!?
  8. ドラゴンボールのセルの声優
  9. ドラゴンボールのセルはかっこいい&強い

ドラゴンボール・人造人間セル編では、ドクター・ゲロが作った究極の人工生命体セルについての物語と戦いが紹介されています。悪役ながらかっこいいという声が多く上がっているほど魅力的なキャラクターです。

究極の人造人間セルは未来から出現し、悟空やトランクス達の予想を遥かに超える戦いへと向かっていきます。この記事ではこれまで作品に登場してきた人造人間から、アニメ・ドラゴンボールZから初登場するセルの戦闘力や変化する形態について詳しく紹介します。

人造人間の初登場

ドラゴンボールでは人造人間・セル編とセルを中心とした物語になっています。ですが、実はかなり昔に人造人間8号というキャラクターが登場しています。人造人間8号は幼少期の悟空と面識があり、「ハッチャン」と呼ばれていました。ハッチャンは優しい性格で争いを好みません。

そのためマッスルタワーのホワイト将軍に爆破されそうになりますが、悟空の救いにより危機一髪を逃れます。その後、レッドリボン軍本部に悟空が乗り込み、人造人間8号もまた悟空を守るために立ち向かいました。人造人間8号の優しさとかっこいい一面を観れた印象に残るシーンでした。


最終的に、人造人間8号は巨大ロボットによって命を落とすことになります。しかし、悟空が7個のドラゴンボールを集め、神龍に人造人間8号の復活を祈り、復活しました。

人造人間とはレッドリボン軍に所属する科学者、ドクターゲロが作り出した人造人間です。 本来の目的はレッドリボン軍の世界征服のため、最強の兵隊を作ることでした。しかし悟空によってレッドリボン軍が壊滅させられた後は、悟空に復讐することを目標にしました。

その後、非常に高い戦闘力と特殊能力を持つさまざまなタイプの人造人間を作ることとなるのです。悟空の仲間や敵などが行う、気を探る索敵方法では発見不可能な者が多くありましたが、気を探ることができませんでした。ちなみに、13号から20号までの人造人間には共通点があり、両耳に同形状のイヤリングを付けています。

人造人間では多くの失敗作がいる?

ドクター・ゲロには本編に登場しない人造人間たちがいます。1号から7号は、レッドリボン軍の世界征服のため、最強の兵隊を作ることを目的に作られました。9号から12号はレッドリボン軍を壊滅させた悟空を倒すために造られています。ただし、ドクター・ゲロが発明において、「性格のコントロール」がうまくいかないという弱点がありました。

結果、12人の人造人間は何らかの問題があり、ドクター・ゲロにより処分されています。この何かしらの問題は人造人間にもよりますが、9号から12号には「暗すぎる」「単純すぎる」「ただのバカ」など、性格のコントロールに問題がありました。失敗作がいたものの、人造人間16号や17号、セルなどは高い戦闘力が発揮され、処分には至りませんでした。

人造人間セルもまた、フリーザと同じく何種類かの形態があります。セルとフリーザの違いはフリーザは自身の力で形態を変えていくのに対し、セルは別の人造人間を吸収して形態を変えていきます。

具体的には幼体、第一形態、第二形態、完全体と4形態あります。幼体は卵から抜け出て脱皮するまでの形態です。アニメや漫画ではセルが乗ってきたタイムマシンの近くに抜け殻が放置されていただけなので、第一形態から最終形態全てを紹介していきます。

不完全体!第一形態

セルの第一形態は虫のような形態から脱皮した形態です。背中に羽根の生えた身体、全身緑色で黒い斑点が無数にあり、人間とは掛け離れた姿が特徴です。また、背中から生えている尻尾を人間に突き刺し、生体エキスを吸い取ってパワーアップすることができます。強さに関しましては第一形態は弱く、戦闘力は低いです。早く人造人間を吸収しようと必死になっていました。

中途半端?第二形態

セルの第二形態は人造人間17号を吸収して進化した形態です。緑色に黒い斑点、体格が大柄でがっしりとしたものとなります。第一形態と比べてパワー、スピードが格段に上がります。顔つきも人間に近くなっており、この形態だけ背中に羽が生えていません。

戦闘力もアップし、第一形態時に互角の戦いをしていた人造人間16号を寄せ付けないパワーを得たのです。精神と時の部屋で修行した超ベジータには歯が立ちませんでした。

セル編のボス!完全体セル!

セルの完全体は人造人間17号に加えて18号を吸収した形態です。体は緑色で斑点は深緑色になりました。全形態の中で最も人間に近い姿で、使用する必要がなくなった尻尾が退化しています。態度や言葉遣いは全形態の中で最も落ち着いており、冷静で悠然としています。

目的は「恐怖に引きつった人々の顔を見ること」と述べており、戦いや他者の恐怖を楽しんでいます。一方で、不意打ちでトランクスの命を奪うなど、いざとなれば手段は選ばない残忍卑劣な面も持っています。

戦闘力もこれまでの形態には比べ物にならないほどアップしています。ベジータやトランクスを圧倒し、悟空をも凌駕する戦闘力を持っていました。しかし、怒りにより覚醒した悟空の息子、孫悟飯に圧倒されていました。

超完全体!パーフェクトセル!

セルのパーフェクト形態は死んだと思われたセルの残った核から再生・復活した形態です。死の淵から甦ると急激なパワーアップを遂げるサイヤ人の細胞により格段にレベルアップした状態です。火花を帯びたオーラをまとっています。復活後、悟空の瞬間移動で悟飯たちの前に現れました。

しかし、悟飯とかめはめ波の撃ち合いを繰り広げて悟飯を圧倒します。ですが、ベジータのエネルギー弾の直撃に気をとられた隙に、力を爆発させた悟飯によって完全に消滅させられました。

子供?分身?セルジュニア

完全体となったセルが生み出したセルの子供であり、分身です。体色は水色と黒の斑点で、完全体のセルを子供にしたような容姿をしています。性格は残忍であり、ほかの戦士たちではかなわないほどの強さを持ちます。

その力はセルゲームに向けて再び精神と時の部屋で修業したベジータやトランクスでやっと互角に戦えるほどに高いです。アニメ・ドラゴンボールでセルジュニアの最後はあっけないものでした。生み出された直後の戦闘では強く、他の戦士達では歯が立ちません。ですが、怒りで覚醒した悟飯の前では一撃で次々とやられていってしまいました。

セルが考え出したゲームで、誰も勝てなかった場合には地球を滅亡させるという最悪なものです。セルと悟空などの戦士が本気で戦う天下一武闘会のようなゲームは、自ら会場を作り、順番に挑戦者と戦いをする残忍で残酷なゲームになります。

セルゲームで戦った選手はミスター・サタンの一番弟子を名乗る格闘家のピロシキや二番弟子を名乗るカロニーなどが参加しました。その他にも、ミスター・サタン、孫悟空、孫悟飯、人造人間16号、ベジータが参加しています。勝敗の結果ですが、セルは自爆という選択をし、自爆します。参加した戦士たちもまた、自爆に巻き込まれ命を落としました。

ドラゴンボールZ!セル編後すぐ

セルは悟飯に倒され死んでしまいますが、その後もアニメ中に2回登場します。閻魔大王から地獄行きの判決を下され、驚いた様子のまま床から地獄へ落とされました。地獄においてはコルド大王とフリーザ、ギニュー特戦隊と共に地獄で暴れ、生前には興味のなかった征服を行います。

このとき、地獄の鬼に対し力ずくで「ボス」と認めさせようとし自身を様付けで呼ばせようとするなどの行動も見せています。悟空を倒そうと襲いかかるが、その隙を突かれてパイクーハンにわずか2発であっさりと倒されてしまいます。その後、フリーザ一味と共に投獄されました。

ドラゴンボールGTでフリーザと共闘

ドラゴンボールGTでは、地獄でドラゴンボールZで共に悪の強敵だったフリーザと共に現れ悟空を襲撃しました。フリーザと同様に生前よりパワーアップを果たしたと語っており、2人同時で悟空に戦いを挑みます。すでに悟空の敵ではなく、超サイヤ人に変身することもなく、子供の姿のままで完全に遊ばれてしまいます。これに対してセルは尻尾で悟空を吸収しようとするが、すぐに脱出されてしまいました。

その後、フリーザとの合体技で悟空を地獄の底に叩き落とします。また、吹雪を噴射する装置を用いて氷漬けにしようと目論むが、生きている者は氷漬けにできませんでした。逆に装置を利用されて自分たちが氷漬けにされ敗れました。敗北後はフリーザと縛りつけられた状態で牢屋に入れられ、鬼たちに運ばれて行きました。

ドラゴンボール超ではセルは登場しません。そのためセルが登場するシーンを観たい方は、アニメ・ドラゴンボールZ、ドラゴンボールGT、ドラゴンボール改の3作品をおすすめします。ちなみに、セルの初登場はドラゴンボール人造人間編ですが、初登場から人造人間17号を吸収するまでに壮絶な戦いを繰り返します。

見所満載のセル編では、セルの進化形態から悟空、その他のキャラクターとの戦いなど、目が離せないほど面白いです。圧倒的なセルの強さと勝利を得るために必死になるキャラクターたちの戦いは記憶に深く残るほどの傑作と言えます。

セル役の声優は若本規夫さん!

アニメ・ドラゴンボールZ、ドラゴンボールGT、ドラゴンボール改に登場するセルの声を担当したのは声優の若本規夫さんです。主に悪役に声をあてており、渋めの声質と鋭さを掛け合わせた声質を持っている人気声優です。ファンからすると渋めの声がキャラクターとベストマッチしており、なんとも言えないかっこよさがあります。

ドラゴンボールのセルだけではなく、名の知れている作品にも声をあてるほどの実力の持ち主です。たとえばキャプテン翼や幽遊白書、銀魂、名探偵コナンなど、作品として欠かせない声優さんです。さらに、声優としてではなくナレーターとしても活動しており、知る人ぞ知るベテラン声優です。

いかがでしたでしょうか。ドラゴンボール・セル編とセルの強さ紹介しました。セルの人気は今でも凄く、モノマネやコスプレを見かける機会が増えました。


悪役キャラクターではありますが、毒々しいかっこいい見た目や圧巻の戦闘力は魅了される部分があります。果たして今後セルの復活はあるのかなど期待してみましょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BfozdRnHdb2/?tagged=%E3%82%BB%E3%83%AB