Gjubn8rduy2frpgc61ez

ワンピース

CATEGORY | ワンピース

ラブーンと無事に再会!彼等の感動シーン、セリフをまとめてみました!【ワンピース】

2021.08.02

今回は大人気マンガ「ワンピース」に登場する双子岬に棲む超巨大なクジラ・ラブーンとルフィの出会いのエピソードや過去、ブルックとラブーンの50年以上も前に交わした約束などについてご紹介したいと思います。また、ラブーンにまつわるセリフもまとめています!

  1. 【ワンピース】ラブーンとは?
  2. 【ワンピース】ラブーンのとんでもない大きさとは?
  3. 【ワンピース】ラブーンはクロッカスにより改造されている!?
  4. 【ワンピース】「双子岬」に『ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)』がある説とは?
  5. 【ワンピース】ラブーンとルフィの出会い
  6. 【ワンピース】ラブーンとルフィが交わした約束とは?
  7. 【ワンピース】ラブーンとブルックの関係
  8. 【ワンピース】ラブーンのキャラクターソングとは?
  9. 【ワンピース】ラブーンにまつわるセリフ集
  10. 【ワンピース】ラブーンに関するまとめ
Oohpkmkazvjti44jdp7v
ラブーンは「偉大なる航路(グランドライン)」の入口になる双子岬にわけあって棲んでいる「アイランドクジラ」という種類の巨大なクジラです。双子岬に同じく住んでいる灯台守・クロッカスが50年以上前にある海賊団から戻ってくるまで預けられたのですが、その海賊団が戻ることはなくいまだにラブーンは待ち続けています。誕生日は9月16日です。
Bwss8tbbofzwgvxwurxj
『ONE PIECE magazine vol.2』の「怪物図鑑」の記載によると、ラブーンの全長は400メートル、体重は7600トンされています。
これでも十分でかく頭だけでもリヴァースマウンテンの中腹ほどはあります。しかし、「アイランドクジラ」としてはこれでもまだまだ小さいほうらしく、後に魚人島でルフィたちが遭遇した「アイランドクジラ」はサウザンドサニー号が彼らの瞳孔と同じ大きさということですから、全長はとんでもないことになります・・・。まさにアイランド=島並サイズです。
Xey2uerrm4jtihd7jhgb
ラブーンは数十年前に再会することを約束したある海賊団が戻ってこず、また逃げ出したという噂を信じたくないために、「赤い大地(レッドライン)」に身体をぶつけて壊し会いに行こうとしています。しかし、壁に体をぶつける内にラブーンの身体はひどく傷ついており日々ボロボロになっていっています。
そんなラブーンの姿を見かねた双子岬で灯台守を務めるクロッカスは船医の経験を活かして、ラブーンの体内を改造し体内から治療を行っています。また、それに伴いリゾート地のような場所も作られておりクロッカスの住む場所としても利用されています。
ラブーンがひどく暴れた際には体内から鎮静剤を打たれ強制的に抑えられています。
A8h7kriiht5r7t16utq9
これは結構初期から考察されている説なのですが、ルフィたち海賊王を目指す者が探している『ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)』がラブーンやクロッカスのいる「双子岬」にあるという説です。
双子岬は、「偉大なる航路(グランドライン)」の入り口で誰しもが必ず通らないといけない出発地点です。
ルフィたちはラブーンと再会するために入り口である双子岬に必ず戻ってくると約束しており、多くの戦いを終えた後帰ってくる場所になると思われます。
Rx5opwv6xme7rs1zcinv
そして、灯台守を務めているクロッカスはかつて海賊王のゴールド・ロジャーがいた「ロジャー海賊団」で船医を務めていたことがあります。そのため、「偉大なる航路(グランドライン)」の最終地点であり『ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)』があるとされる「ラフテル」に行ったことがある人物です。
こんな重要人物があっさり序盤に出てきていることから、双子岬で何かを守っていると考察されているようです。双子岬になかったとしてもクロッカスが何か鍵を握っていそうな気はしますね!
X5lgcacly0mdqlklzsjf
ラブーンは「偉大なる航路(グランドライン)」の入り口であるリヴァース・マウンテンのふもとにある双子岬に住んでいるのですが、双子岬を出発しようとしたルフィたちをゴーイングメリー号ごと呑みこんでしまいます。
そして、同じく飲み込まれていたバロックワークスのMr.9とミス・ウェンズデーがラブーンを食料にするために体内から殺そうとするのですが、クロッカスとルフィたちによって阻止され助けられます。
ちなみに「コイツを捕らえれば、街の2、3年分の食料にはなるからな!」といわれていることから、重さから考えると東京の全人口よりさらに多くの人数の3年分の食糧になると推定されます。
Goagupmrseqojsdgxilu
バロックワークスのエージェントの企みから救われたラブーンですが、自身に会いに来ると約束した海賊団に会うために「赤い大地(レッドライン)」を頭突きで壊そうとします。しかし、もちろん無謀な行為でラブーンの身体は傷ついていくばかりです。
そんな姿を見たルフィは怒りラブーンにケンカをふっかけます。そして、わざと決着をつけずに「もう一度ケンカするために帰ってくる」と強引に約束します。そして、ラブーンもルフィの優しさと熱意に納得し涙を流します。
その後、ルフィは双子岬を旅立つ前にラブーンの傷だらけになった頭に麦わら海賊団の海賊旗を描きます。ラブーンはそのペイントが消えないように「赤い大地(レッドライン)」にぶつかることを誓い、ルフィたちが再び戻ってくることを信じ見送ります。
Czjsiod98f3jinvmmfmu
ラブーンはブルックが元々所属していた「ルンバー海賊団」と冒険を共にしていたアイランドクジラです。ラブーンがまだ小さい時に群れから迷子になった時に海賊団と出会い、その後行動を共にするようになります。
音楽好きな性格のためブルックに一番懐いていたのですが、「偉大なる航路(グランドライン)」に入る際にラブーンの身を案じて一周後に帰ってくることを約束して、双子岬のクロッカスに預けられます。
その後ブルックはスリラーバークで影を奪われてしまい、長い間捕らわれてしまい約束を果たすことができませんでしたが、ルフィと出会いラブーンが生きていることを知ります。
Seoaplyczpf2qh2thoos
ちなみにブルックがアフロヘアーを守っているのは、姿が変わり果てた自分を見たラブーンが自分だと気付くためです。
「ワンピース ニッポン縦断!47クルーズCD」というキャラソンシリーズの中に「約束の岬」のという曲があり、これはラブーン&ブルックのキャラソンになっています。
歌詞には長野県で行われている諏訪湖の花火大会を別々の空の下で眺めているという情景が描かれており、ブルックのラブーンに対する友情と帰るまで待っていて欲しいという切ない思いが込められています。

「おれとお前の勝負は まだついていないから おれ達は また戦わなきゃならないんだ!!お前の仲間は死んだけどおれはお前のライバルだ」

Gfyu6atbcip5sqfyalwl

「おれ達が偉大なる航路(グランドライン)を一周したら また お前に会いに来るから」

どちらもルフィがラブーンに話した言葉でブルックやルンバー海賊団の帰りを何十年も待ち続け、命を削ってでも会いに行こうとする姿を見たルフィが新たな約束を交わします。
この後ルフィはラブーンの頭に海賊旗の落書きをするのですが、これはラブーンが赤い大地(レッドライン)にこれ以上ぶつかって傷つくことがないようにわざと描いています。頭をぶつけると絵が消えてしまいますからね。ルフィの優しさにラブーンも涙を流します・・・。

「大手を振って帰って来ると思っているかも知れない 無責任に死んでしまった我々を 彼が許してくれるとは思いませんけど 身勝手な約束をして 声も届かぬ遠い空から 死んでごめんじゃ ないでしょうに! 男が一度…! 必ず帰ると言ったのだから!!!」

Evpohwftx8gx0zqhqyrw
今度はブルックがルフィ達にラブーンに対する思いを真剣に語ったセリフです。ブルックは海賊にやられ「ヨミヨミの実」の能力で生き返った後もラブーンに再会するという約束を忘れたことはありません。「男が一度…! 必ず帰ると言ったのだから!!!」という部分がブルックにしては珍しく非常にカッコイイです。

「私!!!生きててよかったァ!!!」

こちらもブルックのセリフなのですが、スリラーバークでゲッコーモリアを倒したルフィから双子岬でラブーンと出会ったことを聞いたブルックは嬉しさのあまり叫びます。そして、ラブーンと今度こそ再会を果たすためにルフィの仲間になることを決意します。
Ab9l6mtn5d50wzfrmpsa
今回は「ワンピース」に登場する巨大クジラ・ラブーンについてご紹介いたしました。
ルフィとの新たな約束を交わすシーンは本当に感動しました。その思いはしっかり伝わっておりラブーンも涙を流しています。今後ブルックと無事再会するシーンが描かれるのが楽しみです!
それでは最後までご覧いただきありがとうございました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://images-jp.amazon.com/images/P/B007AAUJD6.09.LZZZZZZZ