// FourM
Emt2h0q1gwbszzwlahwf

ファッション

CATEGORY | ファッション

オフィスカジュアルの着まわしは何着?男性・女性におすすめのアイテムとは?

2024.02.25

オフィスカジュアルが浸透した現在、悩ましいのが毎日の服選びです。コーディネートの幅を広げるため、効率的な着回し法が知りたいという人も多いでしょう。そこで今回は、オフィスカジュアルの着回しのポイントやおすすめアイテムについて、男女別にご紹介していきます。

  1. オフィスカジュアルの着回しは何着必要?
  2. 男性のオフィスカジュアルに必要な着回しは何着?
  3. 男性のオフィスカジュアルにおすすめの着回しアイテム①:スラックス
  4. 男性のオフィスカジュアルにおすすめの着回しアイテム②:テーラードジャケット
  5. 男性のオフィスカジュアルにおすすめの着回しアイテム③:ボタンダウンシャツ
  6. 男性のオフィスカジュアルにおすすめの着回しアイテム④:コインローファー
  7. 女性のオフィスカジュアルに必要な着回しは何着?
  8. 女性のオフィスカジュアルにおすすめの着回しアイテム①:黒ジャケット
  9. 女性のオフィスカジュアルにおすすめの着回しアイテム②:白シャツ
  10. 女性のオフィスカジュアルにおすすめの着回しアイテム③:紺パンツ
  11. 女性のオフィスカジュアルにおすすめの着回しアイテム④:膝丈ベージュスカート
  12. 女性のオフィスカジュアルにおすすめの着回しアイテム⑤:カーディガン
  13. まとめ
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/qjry8a/20180524171241160/20180524171241160_500.jpg
オフィスカジュアルが定着している会社だと、困るのが「今日何を着ていくか?」ということでしょう。ある程度自由に選べるのが、返ってコーディネートに頭を悩ませる原因となります。かといって何を着てもよいというわけでもなく、最低限のルールが存在するのがまたややこしいところ。
こうした点は、新人の場合などは特に困ることが多いはずです。そこでおすすめなのが、最低限の服で上手に着まわしていくという方法。これならばコーディネートに幅を持たせられ、同じような服を続けて着ていくことも避けられます。では、オフィスカジュアルの着回しには最低何着ぐらいの服が必要なのでしょうか?
今回はこの点について、男性、女性それぞれの場合を見ていきたいと思います。また、オフィスカジュアルに役立つおすすめアイテムも併せてご紹介します。
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/3isys9/20160417005421989/20160417005421989_500.jpg

男性のオフィスカジュアルの基本とは

まずは男性のオフィスカジュアルの基本について見ておきましょう。定義があいまいなオフィスカジュアルですが、もっとも基本的なスタイルはいわゆるジャケパンと呼ばれるものです。テーラードジャケットにチノパンやスラックスを合わせるのが通常で、トップスは襟付きシャツが原則となります。
色はあまり派手すぎないことが大事で、黒や紺、グレーなどが無難。シャツは白が基本で、ブルーや青のストライプシャツなどでも良いでしょう。全体的に清涼感があることが求められます。
オフィスカジュアルは業種や企業によって推奨されるスタイルが異なりますので、迷ったときは周囲に確認してからコーディネートすると良いでしょう。

男性のオフィスカジュアルには何着必要?

服はもちろん何着あってもよいものの、新人の場合はお金の問題もあり、なるべく最低限のアイテムで着回していきたいところ。では、男性のオフィスカジュアルには最低何着必要なのでしょうか。
ジャケパンスタイルでは、ジャケットは少なくとも3着、パンツはジャケット1着に対し2~3本は持っておきたいところですが、厳しい場合は少しずつ買い足していきましょう。シャツは最低5着は必要です。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/x4ku58/20171129123322253/20171129123322253_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/298/23148298/23148298_16_D_500.jpg
それではここからは、男性のオフィスカジュアルにおすすめの着回しアイテムをご紹介していきましょう。
スラックスは、ジャケパンスタイルで重宝されるアイテムです。スーツスタイルにも用いられるため、フォーマルなイメージが強くなります。またジャケパン以外であっても、スラックスを用いることで、少々ラフなトップスを合わせてもきっちりした印象を与えることができます。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/298/23148298/23148298_14_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/721/27970721/27970721_16_D_500.jpg
テーラードジャケットもジャケパンスタイルには欠かせないアイテム。色は使い勝手の良いネイビーか、黒またはグレーでも良いでしょう。ノッチドラペル(普通襟)で2ボタンのものが無難です。
テーラードジャケットを羽織ればラフな着こなしでも品よく映りますから、来客時などのために常備しておきたいところです。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/475/29441475/29441475B_16_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/727/22139727/22139727_5_D_500.jpg
襟付きシャツはオフィスカジュアルの基本ですが、おすすめなのはボタンダウンのシャツ。アンタイドのシャツスタイルでも襟元が崩れることがなく、ほどよいカジュアル感と上品さを演出できます。また素材は王道のオックスフォード地を選ぶと、品格に加えて通気性も確保できます。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/729/22139729/22139729_5_D_500.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81F%2BDJNbdJS._UL1500_.jpg
ローファーはカジュアルな印象が強めですが、オフィスカジュアルが浸透した現在ではビジネスシーンでも取り入れる人が増えています。中でもトラッドなコインローファーは、適度に品があってカジュアルすぎず、幅広い着こなしに対応できて便利です。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/hvjl1s/20180118164619663/20180118164619663_500.jpg

女性のオフィスカジュアルの基本とは

女性のオフィスカジュアルの場合、男性よりも定義があいまいな部分が多くなっています。そのためコーディネートには頭を悩ませるところですが、基本スタイルはブラウスもしくは襟付きのシャツに、スカートやパンツを合わせたものとなります。
季節によってはジャケットやカーディガン等を上に羽織ることも。おすすめなのは黒のジャケットで、カーディガンよりフォーマルな印象を与えられます。やはり職場によって推奨されるスタイルも異なるので、よく確認しておくことが大切です。

女性のオフィスカジュアルには何着必要?

女性のオフィスカジュアルの着回しの基本は、ボトムス1本に対し3種類のトップスを用意しておくことです。つまりパンツとスカートが1本ずつあれば、それに合わせるトップスを3種類ずつ用意することで、全部で6種類のコーディネートが出来上がるわけです。
ボトムスは紺やグレーなどの定番色で、トップスはどのボトムスにも合わせられるようトーンを揃えておくと、より着回しが利いて便利です。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/k5lz2t/20180524171811476/20180524171811476_500.jpg
引用: http://img.world.co.jp/upimages/153/15344210/item15344210_094p1L2.jpg
前述のように、黒ジャケットをブラウスやシャツの上から羽織ることでほどよいフォーマル感を出せます。ボトムスがパンツでもスカートでも合いますし、どんな色でも合わせやすいのもメリットです。
引用: http://img.world.co.jp/upimages/153/15344211/item15344211_319p1L2.jpg
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/zc4q86/20170329113327417/20170329113327417_500.jpg
白シャツは、オフィスコーデの王道ともいえるアイテムです。もちろんオフィスカジュアルの着回しにも便利。知的で上品な上、「きちんと感」も出すことができます。仕事以外のオフの日にも使える白シャツは、1枚は持っておきたいところでしょう。
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/406319/sub/406319_sub12_popup.jpg
ネイビーパンツはやはり品があり、オフィスコーデにはぴったりのアイテムです。季節問わずに一年中使うことができ、ジャケットとの相性も抜群。白のトップスと合わせると涼し気な印象となり、夏には特に活躍してくれます。
引用: https://arine.akamaized.net/uploads/photo/upload_photo/data/136043/xlarge_eed4e77b-a926-4fc8-b27a-fec1245cd06f.jpeg
ベージュの膝丈スカートも、オフィスコーデで着回しのしやすいアイテムです。品のある落ち着いた印象で、白のトップスに良く合います。暗めの色のトップスの場合はやや重い印象になりがちですが、柔らかい生地のものやゆるいシルエットのものを合わせることでほどよい抜け感を出すこともできます。
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/497/30126497/30126497B_171_D_500.jpg
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/404011/item/69_404011.jpg
カーディガンは1枚でも着られますし、肌寒い日は上から羽織ることもできて、オフィスコーデには重宝するアイテム。ジャケットよりカジュアルな印象ですが、ほどよく上品で女性らしい雰囲気を出すことができます。オフィスに1枚用意しておくと便利でしょう。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/e2zbs4/20170723171800488/20170723171800488_500.jpg
いかがでしたか?オフィスカジュアルのスタイルは、着回しを上手に活用するのが大事です。少ないアイテムでも工夫することで、さまざまなコーディネートを作ることができます。
男性はジャケット1着に対しパンツを2~3本、女性はボトムス1着に対しトップスを3着ほど用意しておくと、着回しのバリエーションも増えて便利。コーディネートの幅も広がり、毎日違った服の印象を与えることができます。
出勤時の服選びに迷わないよう、ご紹介したアイテムを参考に、効率的な着回しにチャレンジして見て下さい。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/yf599e/20170912190256269/20170912190256269_500.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.wimg.jp/coordinate/k5lz2t/20180524165154779/20180524165154779_500.jpg