Msrxtbdgdyhbb4pklkke

約束のネバーランド

CATEGORY | 約束のネバーランド

【約束のネバーランド】年少組のリーダー・フィルの徹底検証!鋭さに隠された謎とは?

2020.04.30

現在週刊少年ジャンプで連載中の「約束のネバーランド」で、年少組の子供たちの中で注目度が高いのがフィルです。 今回は年少組の中で最も賢いフィルについて約束のネバーランドのラスボスの伏線と噂されたことや死亡疑惑、かわいい一面について紹介していきます。

この記事に登場する専門家

O4cc3wadyyxr3oye4e9e

漫画好きの大学院生

保坂

忙しくても漫画はなるべく読むようにして過ごしています。
Netflixなどの動画配信サービスで様々なアニメも見たりしています。

  1. 約束のネバーランドの基本情報
  2. 約束のネバーランドのあらすじ
  3. 約束のネバーランド・フィルのプロフィール
  4. フィルのスコア
  5. フィルの勘の良さ
  6. 年少組のリーダーのフィル
  7. フィルは約束のネバーランドのラスボス??
  8. フィルは死亡した!?
  9. フィルに隠された伏線
  10. 最終章に向けてフィルの活躍が見逃せない!

約束のネバーランドの基本情報はこちらです!


  • 作品名 :約束のネバーランド(やくそくのねばーらんど)
  • 原作:白井カイウ
  • 作画:出水ぽすか
  • ジャンル:ダークファンタジー
  • 掲載誌 :週刊少年ジャンプ
  • 出版社:集英社
  • 発表号 :2016年35号
  • 巻数 :既刊18巻(2020年4月現在)


約束のネバーランド」は略称「約ネバ」と呼ばれ、漫画だけでなくアニメ化もされており、アニメの2期が2020年放送予定となっています。

アニメではエマ役を諸星すみれさん、ノーマン役を内田真礼さん、レイ役を伊瀬茉莉也さん、フィル役は河野ひよりさんが演じていました。


また、実写映画化されることも決まっており、実写映画は2020年12月18日公開予定です。

実写映画ではエマ役を浜辺美波さん、ノーマン役を板垣李光人さん、レイ役を城桧吏さん、イザベラ役を北川景子さん、クローネ役を渡辺直美さんが演じることが決定しています。

実写映画でのフィル役はまだ決まっていないようですね。

様々な年齢、人種の孤児が暮らす孤児院であるGFハウス(グレイス=フィールドハウス)では、一人のママと呼ばれるイザベラの下で多くの子供が幸せに暮らしていました。

そこでは子供たちが孤児院を学校の代わりとしてテストを受けさせたりと勉強しながらものびのびとした平和な生活をしていました。


ある日、コニーという少女が里親の下に旅立つこととなります。

コニーが旅立った直後に主人公のエマがコニーが大事にしていたウサギの人形を孤児院に忘れていることに気が付きます。

エマがノーマンとともにGFハウスの外へ通じる門へ行ってはならないというおきてを破り、コニーへ人形を届けることにします。


そこでエマ達がこの孤児院が食人鬼の餌として子供を育てる施設であることに気づきます。

そこでGFハウスから脱獄することを決意します。

フィルのプロフィールはこちら!


  • 名前:フィル
  • 年齢:4歳
  • 身長:100㎝
  • 認識番号:34394
  • 出身:GF(グレイス=フィールド)ハウス


フィルは4歳で頭の良さから年少組のリーダー的存在です。

性格はとにかくエマが大好きでエマにくっついたりするシーンは4歳の子供そのもので非常にかわいい魅力的なシーンです!

シスター・クローネとの鬼ごっこでは、みんながいつも以上の速さで鬼に捕まっていく中でフィルは最後の5人まで残っていたりしました。

このことから4歳で体力がそんなにないということを考えるとかなり頭を使って逃げることができていることが分かりますよね!


そんなフィルですがGFハウス脱獄編においては年少組が逃げる時の足手まといにならないようにGFハウスで脱獄せずにエマ達の帰りを待つ決断をします。

GFハウスの正体を知りながら残る決断をするのは不安で非常に勇気のいる決断だったと思うのでその決断をすることができることがフィルの魅力的な部分です!


フィルはただ一人農園の正体を知りながら農園で暮らすキャラクターで、うつされたプラントで仲良くなったサイモンが出荷されてしまうときには、エマ達の計画を水の泡にしないようにするために苦しみに耐えながら、気持ちを押し殺して見送るシーンなどがありました。

4歳とは思えない大人の判断をするフィルですがその苦悩もうかがえる表情もあり、大人らしさと子供らしさの両方が見える魅力的なキャラクターですよね。

フィルは4才でありながらGFハウスで行われる毎日の勉強でのテストにおいて非常に高いスコアを残しています。

テストのスコアはエマ、レイ、ノーマンの3人が常に300点のフルスコアでトップでその次にギルタの205点やドンの198点で続きます。

彼女らはみんな年長組で12歳、11歳なのですがフィルは4歳にして直近の7日の平均が203点となっていて、4歳の年少組では驚異的なスコアを記録しています。


エマ達のフルスコア組が4歳の時にどのようなスコアだったのかはわかりませんがフィルの賢さは実はエマ、レイ、ノーマンより高いのではと思っています!

今後何かのゲームなどでフィルがノーマン達を出し抜く姿があれば非常に見てみたいですね!

フィルはテストのスコアもよく、頭の良さがうかがえるキャラクターですが頭のよさゆえの勘の良さも目立ったものがあります。

例えばGFハウスに寄贈される本の中にいくつかミネルヴァさんからのモールス符号によるメッセージについて気づいたことが挙げられます。


このことに気づいてのはフィルを除くと、常に本を読んでいたレイ一人のみでした。

不思議に思うだけでなくモールス符号として解読もしているのでフィルの頭の良さ、勘の良さがわかりますよね!

また、エマからGFハウスの真実を告げられた時のフィルの反応にも勘の良さが出ています。

エマのGFハウスの真実の話に対してフィルの反応は「やっぱり」という反応でこの反応にはエマも驚きを隠せなかったようです。


フィルはこの時まで一人でハウスの真実を考えていたようですが、4歳の子供一人で考えるには非常に重い真実で受け入れがたいものだったと考えられるので、それをちゃんと考えられるフィルは精神的にはだいぶ大人なのかもしれませんね。

GFハウスに残ることを決意したフィルからは年少組のことは自分にまかせてほしいというエマへのメッセージのようなものを感じますね。

フィルが年少組のリーダーとしてどのように物語にかかわってくるか非常に楽しみですよね!

フィルがGFハウスに残ったあと、GFハウスは火事になり、GFハウスにいた4歳以下の子供たちは4つのほかのプラントに分かれてしまいます。

フィルには鬼側の人間であるピーター・ラートリーの手下であり、ラスボスなのではないかという疑惑が上がりました。

それはばらばらのプラントに移った後のフィルにラートリー側の人間であるアンドリューというものが接触してきたことにあります。


このことによりエマへの脱獄の協力が実はミスリードだったのではないかなど様々な考察が出てきました。

また、あまりにも完璧すぎることなどから、実は鬼でラスボスではないのかといわれることもありました。

今のところは純粋無垢な賢くかわいい子供にしか見えないのでそのようなことはないと考えられます。

約束のネバーランドが連載していく中でフィル死亡説が流れたことがありましたね。

これはアンドリューがエマ達が隠れるシェルターを襲撃した時に「この一年半で君たちの"支援者"は一人残らず探し出し始末した」という言葉を残しています。

この"支援者"というのがミネルヴァ側の人間のみをさすのか、フィルたちも含んでいるのかということでフィル死亡説が流れました。


また、さらにエマ達を襲ったアンドリューがピンチになったときに人質を取りさらにエマに対してフィルに会ったといいます。

そこでドンがフィルに何をしたのかアンドリューに問いますがそこで答えが返ってこなかったことがフィル死亡説につながりました。

実際は最新話では農園に残ったフィルをエマが迎えに行くシーンが出てきたのでフィルは生存していることが確認されています。


このシーンを見て、フィルたち年少組がちゃんと生きていることが確認できて非常に安心しました。

約束を結びなおしても年少組を迎えに行くことができなければバッドエンド気味ですもんね。

年少組のリーダーとして物語の中心人物にちかい存在であるフィルには様々な伏線が隠されています。

新しいプラントではママからずっと監視下に置かれたり、アンドリューに名指しで接触されたり、1,2巻の表紙では主要キャラクターのエマ、レイ、ノーマンのほかにフィルただ一人だけがこちら側を見ているのも何かの伏線ではないかともうわさされました。


フィルの裏切りの伏線や、死亡の伏線などもあり物語を読んでいく中では目が離せない存在ですよね!

ただ一人農園の正体を知りながら残ることを決意した今後のフィルの成長が楽しみですね!

2020年4月の2020年20号の週刊少年ジャンプでは、いよいよエマがフィルを迎えに行くところで終了します。

フィルがエマと再会したときに、フィルが農園に残っている間にどれだけ成長したのか、フィルのラスボス説というのは本当にあるのかどうかなどが判明していくと思うので今後のラストに向けての約束のネバーランドの展開が見逃せないですね!!