Voywxncuxwm0y68yuyzw

ゴールデンカムイ

CATEGORY | カテゴリー

【ゴールデンカムイ】杉元の身長や年齢、モデルなどキャラクター情報大公開!

2018.04.04

銃を撃ち、銃床で殴り、銃剣で突き、またそれを投擲し敵兵を穿つ、そうして数多くの敵兵を屠ったのはゴールデンカムイの主人公である男、不死身の杉元こと杉元佐一。今回はゴールデンカムイでも随一の戦闘能力を誇る杉元佐一を徹底的に調べ上げました。

目次

  1. ゴールデンカムイとは?
  2. 【ゴールデンカムイ】杉元佐一の身長
  3. 【ゴールデンカムイ】杉元佐一の年齢
  4. 【ゴールデンカムイ】杉元佐一 傷だらけの体
  5. 【ゴールデンカムイ】杉元佐一は優しい?怖い?
  6. 【ゴールデンカムイ】杉元佐一 出されたものは最後まで食べる
  7. 【ゴールデンカムイ】杉元佐一の強さ
  8. 【ゴールデンカムイ】杉元佐一の名言
  9. 【ゴールデンカムイ】主人公 杉元佐一にはモデルがいる?
  10. 4月9日 アニメスタート
  11. 杉元佐一の声優は誰が?
  12. まとめ

今は亡き親友の為、その妻の為、北海道に眠る黄金を探す旅に出る男の物語

明治末期、日露戦争を戦い抜いた杉元佐一は戦死した親友寅次の妻、梅子の治療費を求めて砂金が取れるという北海道の地に足を運んでいました。そこで佐一は酔っ払いから興味深い話を聞く事になります。

のっぺらぼうと言う男がアイヌから盗んだ20貫(75kg)にして八萬圓(8億)の黄金が北海道の何処かに隠されているということ…

その後捕まったのっぺらぼうが黄金の隠し場所を24人の囚人に入れ墨として刻み、全員を脱獄させたと言うこと…

脱獄した囚人全ての入れ墨が揃う事で黄金に至る鍵になると言うこと…

初めこそは酔っ払いの戯れ言として本気にはしていなかった佐一でしたが、酔いが覚めた男から「話しすぎた」と殺されそうになります。それを退けた杉元佐一は黄金の話が事実である事を確信し、黄金を探す旅に出る事となります。

漫画の立絵から推測してみる

杉元が手にする三十年式小銃の全長は1275mmであるとされています。その小銃と軍帽分を差し引いた杉元の身長を比べると、杉元佐一の身長は小銃の1.3倍程に見えます。だとすれば杉元の身長は大体165cm程度だと考えられるでしょう。明治時代の男性の平均身長が155cmであったことを考えると、杉元は中々に大きかったと言えるのではないでしょうか。

土方歳三と比較してみる

歴史上に実在した土方歳三は身長が160cm以上あったと言われています。漫画で登場する土方歳三(上の画像では左から三番目)も160cm以上あると仮定すれば、彼と身長の変わらない杉元佐一(上の画像で右から三番目)も同じ程度の身長であると考えられるのではないでしょうか。

杉元の年齢を当時の時代背景から考えてみる

この時代の徴兵令は20歳の男性が3年間の兵役につくものでした。それを満期で終えた杉元は少なくとも23歳以上である事が分かります。また物語序盤の酒飲みのセリフから日露戦争より杉元が帰還して、まだそれ程の時間が経っていない事が伺えます。よって杉元佐一の年齢は20代前半だという事が分かるでしょう。

杉元佐一の不死身伝説を物語るのは数多の傷

杉元佐一の全身には日露戦争中に受けた数多の傷が残っています。加えて杉元佐一はゴールデンカムイ作中でもどんどんと新しい傷を増やして行きます。時に切られたり、時に刺されたり、巨大な熊に噛まれたり、文字通り串刺しにされたりと、それでも杉元佐一は一歩も引きません。杉元佐一のそんな外見は他のキャラクターには見られない特別な魅力であると言えるでしょう。

1 / 3