Zz3xzpkjfpts3yupglok

ゴールデンカムイ

CATEGORY | カテゴリー

【ゴールデンカムイ】ラッコの回は何巻?ラッコ鍋ってなに?まとめてみました

2018.04.15

 ゴールデンカムイでも屈指の笑いどころであるラッコ回。そこにあるのはノンケをホ○に変異させるほどの媚薬効果をもつラッコ鍋とそれを囲む五人の男たち。一体どうしてそんなことに・・・!。ここではゴールデンカムイならではのその経緯とともにラッコ回を紹介していきます。

目次

  1. ゴールデンカムイ:ラッコ鍋とは?
  2. ゴールデンカムイ:ラッコを手に入れる経緯
  3. ゴールデンカムイ:ラッコ鍋を囲む経緯
  4. ゴールデンカムイ:ラッコ鍋を囲んだ人物1:杉元佐一
  5. ゴールデンカムイ:ラッコ鍋を囲んだ人物2:白石由竹
  6. ゴールデンカムイ:ラッコ鍋を囲んだ人物3:尾形百之助
  7. ゴールデンカムイ:ラッコ鍋を囲んだ人物4:谷垣 源次郎
  8. ゴールデンカムイ:ラッコ鍋を囲んだ人物5:キロランケ
  9. ゴールデンカムイ:ラッコ鍋回の結末
  10. まとめ

 その名の通りラッコの鍋だが、そこには思わぬ効用があります。それ故に、アイヌの間ではラッコ肉を煮るときは必ず男女同数で部屋にいなければならないとされています。

 というのも、ラッコの煮える匂いは欲情を刺激してしまい、ひとりでいては気絶してしまうほどだからです。

 そして、『ゴールデンカムイ』115話(単行本12巻収録)のラッコ回ではラッコ鍋を囲んではいけない面々が、煮え立つラッコの周りに集まってしまっています。

 そもそもなぜラッコを入手することになったのかというと、インカラマッと谷垣が一緒にいたところ、アイヌのお爺さんが二人を夫婦だと勘違いしまったためです。そのためにお爺さんは二人に“独り者は食べてはいけない”とされていたラッコを渡します。その際―

「トォン エチネ パテク エ ヤナニ!(必ずふたりだけで食べなさい!)」

とお爺さんは教えてくれるのですが、如何せん、谷垣はアイヌの言葉を解さないので、何を言ったのか理解できません。

 一方、インカラマッはお爺さんの意味するところが分かってしまっているが故に、谷垣にそのことを伝えることはできないまま終わってしまいます。

1/5