D4qafciillg806crmj0s

小清水亜美

CATEGORY | カテゴリー

【蟲師】イサザの声優は?少年から大人に成長した後も登場!ギンコとの関係も紹介!

2018.12.21

イサザは『蟲師』の登場人物で、初登場は子供でしたが、大人の姿で再登場したレアなキャラです。とはいえ、再登場した時は一瞬しか出なかったイサザですが、ここでは印象に残る『蟲師』の名脇役イサザの声優やギンコとの関係などを紹介していきたいと思います。

目次

  1. 【蟲師】作品紹介
  2. 【蟲師】作品の特徴
  3. 【蟲師】作品の魅力
  4. 【蟲師】オダギリジョー主演で実写映画化もされた
  5. 【蟲師】主人公ギンコを紹介
  6. 【蟲師】イサザの人物紹介
  7. 【蟲師】イサザは大人になってからも登場
  8. 【蟲師】イサザとギンコの関係は?
  9. 【蟲師】イサザの声優は少年時代と大人で異なる
  10. 【蟲師】イサザまとめ

2007年に実写映画化されていた蟲師

51szfutgmsl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51SZFutGMSL.jpg

『蟲師』は2007年に実写映画化もされていて、主演は「オダギリジョー」さんと「蒼井優(あおいゆう)」さんでした。

オダギリジョーさんの銀髪のギンコはなかなかイケメンで、あれはあれで秀逸なデキだったのではないでしょうか。

しかし、この実写映画はギンコよりも淡幽を演じる蒼井優さんが目立っている感じがして、当時、蒼井優さんは人気絶頂の女優だったため、蒼井優を観るための映画だった……と言える部分もあった気がします。

原作では登場回数の少ない淡幽にスポットが当てられていて、全体的に淡幽の活躍が目を見張る部分もあったので、蒼井優さんが好きな人は一度観た方が良い作品でしょう。

実写映画のデキ以前に、本作は淡幽演じる蒼井優さんがまだあどけなかった女優な姿を見れるのが魅力なので、そこに注目して見ても良い作品だと思います。

ギンコは銀髪緑眼の蟲師の青年

ギンコは銀髪緑眼の蟲師の青年で、人々を蟲の被害から救ったり対処する旅する蟲師です。

細かいことを気にしない適当な性格ですが、蟲の知識は同業の蟲師の中でも秀でている方で、経験値も高く何より人に好かれやすい大らかなキャラクターなので、ギンコと出会った人々の多くは彼に好意的な印象を持ちます。

しかし、ギンコは極度に蟲を引き付けてしまう体質のため、一か所に留まっていることが出来ず、せっかく仲良くなっても気がついた時にはいなくなっているという、神出鬼没な青年でもありますね(オムニバス形式なのはこのため)。

まぁ、本人は誰かと一緒にいるより一人気ままに生きている方が好きなタイプで、全く寂しがっていない所か一人になりたがることも多いので、それがギンコの魅力と言えるかもしれません。

イサザはアニメでの登場は一期の最終回

915idtdaudl. ri sx380
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/915IdTdaudL._RI_SX380_.jpg

イサザはアニメ一期の最終回「草を踏む音」に登場したキャラクターで、初登場はまだ元気で生意気そうな少年でした。

その回は「沢(タク)」という真面目な少年が主人公で、タクは川でイサザと出会い、それから二人は交友関係を築いていきました。

イサザは「ワタリ」という蟲師に光脈筋の情報を売る集団の一人で、ワタリは血縁関係も無く年齢もまちまちの流れ者の集団です。

タクは有力者の息子でしたが、父親が急死したことで途方にくれ、くだらない大人の世界に巻き込まれるくらいならイサザと共にワタリになりたいと申し出ます。

2 / 4