// FourM
Lh7glrrhnasuocbtqprb

お酒

CATEGORY | お酒

ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!

2024.02.25

日本産の銘柄も多く登場し、世界的にもジンの人気が高まっています。おすすめのジンはたくさんあるのですが、ジンがどんなお酒なのか?どんな種類があるのか?あまり知られていません。たくさんある銘柄の中でおすすめのジンをご紹介します。

  1. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ジンって何?
  2. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ジンの種類
  3. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ジンの歴史
  4. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ジンの人気が再熱! 一流ブランドが誕生
  5. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  人気のジンをご紹介!
  6. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ① ビーフィーター
  7. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ② ゴードン ロンドン ドライジン 43度
  8. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ③ タンカレー ブルームズバリー ロンドン ドライ ジン
  9. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ④ サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU <六>
  10. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑤ タンカレー ロンドン ドライ ジン
  11. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑥ セイクレッド オーガニック ジン 10倍ジュニパー
  12. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑦ NO.3 ロンドンドライジン
  13. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑧ シティ・オブ・ロンドン ドライジン
  14. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑨ オールド ラジェ ジン 55% ケイデンヘッド
  15. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑩ ボンベイ オリジナル ロンドン・ドライジン
  16. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑪ ゴードン ロンドン ドライジン 37.5%
  17. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑫ ウィルキンソン ジン 37度
  18. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑬ ボンベイ・サファイア
  19. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑭ ロンドンヒル ドライジン
  20. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑮ ボルス バレル エイジド ジュネヴァ
  21. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑯ ビーフィーター24
  22. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑰ シュリヒテシュタインヘーガー
  23. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑱ ノールズ  ヤングジュネヴァ
  24. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑲ ギルビージン 37.5%
  25. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ⑳ タンカレー ナンバーテン
  26. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ㉑ 季の美 京都ドライジン ネイビーストレングス
  27. ジンおすすめ銘柄22選!厳選された人気のジンを一挙紹介!  ㉒ まさひろオキナワジン 47度
  28. 最後に
ジンと言えば一般的にはドライジンをさします。連続式蒸溜機で蒸溜した蒸留酒に、ねずの実(ジュニパーベリー)をはじめとした香草を加えて、単式蒸溜器でゆっくりと再蒸溜します。多数の香草を使っているため香りのクセが強く、度数は40度ほどで、かなり個性が強いので、好みがはっきり分かれるお酒です。 これによって完成したジンはテキーラ・ラム・ウォッカとともに四大スピリッツと称されています。
引用: https://food-drink.pintoru.com/uploads/edit/147/3/gin_12.jpg
引用: https://www.suntory.co.jp/wnb/guide/spirits/03/img/02_img_02.gif
引用: https://accetory.jp/wp-content/uploads/5e23d5a19bd15235b29a14fd4acbc2c8.jpg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/42/42892c0ea6d61fff3699477dcfcad860_t.jpeg
色々な種類があるジンですが、製法の違いによって分類することができます。
引用: https://getnavi.jp/wps/wp-content/uploads/2017/11/20171117-yamauchi_25.jpg

ドライジン

ボタニカルの華やかな香りと、クリアでドライな風味が特徴です。

ジェネヴァ

風味が濃厚でコクがある味わい

シュタインヘーガー

生のジュニパーベリーを発酵して作られるため、ドライジンよりも控えめな味わいが特徴

オールド・トム・ジン

雑味を抑えるため、砂糖を加えて作られています。

スロージン

厳密にはジンではなくリキュールの一種。スピノサスモモの果実を副材料として作られています。
引用: https://food-drink.pintoru.com/uploads/edit/147/0/gin_1.jpg
ジンは13世紀からオランダで飲まれていたジンは、長い歴史のなかで、ヨーロッパ大陸に徐々に浸透していきました。18世紀に入ると、急速に拡大し、ロンドンに6000から7000軒のドラム・ショップ(ジンを杯売りするバー)がありました。
過剰摂取による様々な問題が起き、ジンの販売が制限される事態にまで発展。法律整備によりジンの人気は終焉しました。
18世紀から19世紀にかけてニコルソン(Nicolson)、ブース( Booth)、ホワイト・サテン(White Satin)、 ゴードンズ(Gordon’s) 、シーガー・エヴァンス(Seager Evans)、タンカレー( Tanqueray)、ビーフイーター( Beefeater)などが盛んに「ジン産業」を行いました。この中には、今なお、続く歴史あるブランドもあります。

「Amazonn」で人気のあるジンをご紹介!

世界的に有名なメーカー から 国産まで 「おすすめ」のジンを紹介します。 

 ※ランキングではありませんが、「人気のジン」が勢ぞろいです

引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/ledled/cabinet/item_spirit-gin/img55556300.jpg
定番中の定番「ビーフェーター」はコンビニでも購入することができるジンです。 ブランドが誕生したのは、1820年。 創業者は、薬剤師 ジェームス・バロー。 ジンの生命ともいえるボタニカルにこだわり、毎年、マスター・ディスティラーにより厳選された素材のみが使用されています。そのため ボタニカルにより醸し出される豊かな香りが特徴のジンです。創業当時と変わらない製法を守り続け、伝統の美味しさを守り続けています。 数あるロンドン・ドライ・ジンのなかでも、ロンドン市内で蒸留を行っているのはビーフィーターのみで、ボトルのラベルからもロンドンへの愛着が感じられます。
●アルコール度数  40%
●価格 700ml 900円前後 リーズナブルな安い価格でお得に楽しむことができます。安いですが美味しいです。
引用: https://shop.r10s.jp/ricaoh/cabinet/spirits/191319.jpg
ゴードン社が生産しており、1769年ロンドン創業のタンカレーと並ぶトップブランドです。 香味付けに優良のジュニパー・ベリーとコリアンダーが使われておりバランスのある豊かな香りと爽快な後味が特徴です。
●アルコール度数 43%
●価格 750ml 1300円前後  ※人気のジンを安い価格で楽しめます。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/ledled/cabinet/item_spirit-gin/5-tnqry-bb-dry-gin.jpg
創業者の息子チャールズ・ウォー・タンカレーが1880年の日記に書き記した幻のレシピを再現して作られたジン。 世界で約19,000箱、日本では1,980箱の限定販売です。 通常のタンカレーロンドンドライジンに比べてジュニパーベリーの香りを強調し、ジュニバーの香りを強く際立たせるために コリスが使われていません。
●アルコール度数 47.3%
●価格 1000ml 4000円前後
桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子などののボタニカルが使われた国産のプレミアムジンです。 素材に合わせて丁寧に蒸溜を行い、繊細な味わいに仕上げられています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/810cMjeutVL._SL500_SR160,160_.jpg
●アルコール度数  47%
●価格  700ml  4000円前後
引用: http://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fledled%2fcabinet%2fitem_spirit-gin%2fimg55556297.jpg%3f_ex%3d300x300&m=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fledled%2fcabinet%2fitem_spirit-gin%2fimg55556297.jpg%3f_ex%3d80x80
ビャクシン、コリアンダー、アンゼリカ、カンゾウといった高品質なボタニカル(香味植物)をふんだんに使い、製法は伝統的な配合を用いています。濃厚に感じられますが、スッキリとした辛口の味わいが特徴です。ボトルのデザインは、赤い封ロウを模したエンブレムが印象的です。
●アルコール度数 47.3%
●価格 750ml 1500円前後
引用: https://www.instagram.com/p/BIQI8r7j091/media/?size=l
引用: http://www.sake-brutus.com/spirits_topic/sacred/3010364.jpg
2009年 ハイゲートにイアン・ハートが創業したセイクレッド スピリッツ社。蒸溜を行っている場所は、工場ではなく創業者の「自宅」で、ロンドンに4つしかない蒸溜所のひとつです。社名のセイクレッドは、イエスへの贈り物として聖書にも登場する香木 乳香からきています。
引用: https://www.musashiya-net.co.jp/upload/save_image/category/10221604_56288a81ddca2.jpg
ジュニパーベリーの量を通常の10倍使用しているので、味わい・香りが強く溢れ出たようなジンです。 オーガニックのボタニカル11種(オレンジ、ピンクグレープフルーツ、カルダモンなど)を使用しているので、自然な香りと柑橘系のフレッシュでさっぱりとしたドライ感がおススメのジンです。
●アルコール度数 48%
●価格 700ml  5500円前後
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/yunyuusyu/cabinet/spirits/imgrc0069931841.jpg
英国王室から御用達指定を受けるプレミアムジンで300年を超える歴史を持っています。 ブランド名のNo.3は、創立から300年経っても変わらないベリー・ブラザース・アンド・ラッド(BBR社)のショップとオフィスの住所、セント・ジェームス・ストリート3番地(No.3 St James’s Street)にちなんで名付けられました。 ボトル正面には賓客をもてなしてきたショップ内の応接室の鍵がモチーフとして付けられています。 新鮮で活き活きとした香りに、オレンジとグレープフルーツの柑橘系のフレッシュな香り。さらには生姜のようなスパイシーな風味もあり、ドライな刺激に加え、体がほぐれるような味わいも感じられます。
●アルコール度数  46%
●価格  700ml  3500円前後
引用: https://www.musashiya-net.co.jp/upload/save_image/09171502_57dcdc64e9a55.jpg
ジュニパーベリー、アンゼリカ、リコリスとコリアンダーの種がバランス良く配合され、そこにフレッシュオレンジ、レモンなどの柑橘系フルーツを加えることにより、フルーツ独特の香りが感じられます。 香りは刺激的で、味はクリーンで特徴的
●アルコール度数 41.3%
●価格 700ml 6500円前後
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/grandsoleil/cabinet/gin/gin_cad_old_2.jpg
サフランなど高価なボタニカルが使われており、ジンは淡い黄色をしています。古代ギリシャではサフランから作られる黄色は、王族だけが使うことを許されるロイヤルカラーとして珍重されていました。 独特の風味をう生み出されスパイシーで力強い味わいが特徴です。
●アルコール度数 55%
●価格 700ml 3000円前後
引用: https://www.musashiya-net.co.jp/upload/save_image/04271851_553e06b95787d.jpg
1761年に作られたレシピをもとに、最上級のグレーンスピリッツ(添加物を一切使用していない)と世界から厳選された8種類のボタニカルを、1831年製造のカーターヘッドスティル蒸留器で蒸留して作られます。 オーセンティックなジンらしい味わいが特徴です。
●アルコール度数 40%
●価格 700ml  1000円前後  安い価格で購入できるので、ジンを気軽に楽しむことができます。安いですが人気があるジンです。
1769年に誕生したジンで、パッケージデザインが一新されました。高品質なジュニパーベリーなどのボタニカルを使用し力強くドライな味は、230年以上もの間、受け継がれて根強い人気があります。
引用: https://www.musashiya-net.co.jp/upload/save_image/03101550_58c24c9ba6304.jpg
●アルコール度数 37.5%
●価格 700ml  1200円前後 人気のあるジンですがお値段も安いのでうれしいです。
10数種類のハーブによって生み出された、やわらかい飲み心地と香りが特徴です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41bWlu2zjJL.jpg
●アルコール度数 37%
●価格  1800ml 1900円くらい  ※安いお手頃価格のジンなので心置きなく楽しむことができます。
世界各国から10種類の厳選したボタニカルを使用し、素晴らしい風味を楽しむことができます。 ヴェイパー・インフュージョンという製法で、深く華やかな香りと味わいを創り出しています。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41Oyo1TSi6L._AC_US200_.jpg
●アルコール度数 47%
●価格  200ml  1000円前後 ※量は少ないですが、安い金額で購入できます。
ジュニパー・ベリーの香味を引き出すために厳選した12種類以上のを用い、 厳選された12種類以上のボタニカル(天然ハーブやスパイスなど)を使い、秘伝のレシピによって伝統的な二重蒸留によってつくられます。 爽やかで透明感な色ですが、まろやかな味わいで、かすかに甘くキレのある喉ごしが特徴のジンです。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41ej8Q+26DL._AC_US200_.jpg
●アルコール度数  47%
●価格  700ml  1700円前後
“オランダ ジン”と呼ばれる伝統的なジンでウイスキーのような味わいが特徴です。単式蒸溜器で3度蒸溜した後、植物の一種であるジュニパーベリーの蒸溜液などをブレンドし、オーク樽で18ヶ月以上熟成されます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/21FBH4GuzyL.jpg
●アルコール度数  42%
●価格  1000ml  6000円前後
厳選されたジュニパーベリーや煎茶・グレープフルーツなど12種類のボルタニカルを使い24時間浸漬させてから蒸留します。美味しさと独特の香りが特徴的な人気の高いジンです。
引用: https://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B0045WIA8S&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=pfd-gin-22
●アルコール度数  45%
●価格  700ml  3000円前後 ※安いジンではありませんが一度は味わってみたいジンです。
マイルドな味わいを持つドイツ特産のジンです。 飲みやすさが魅力であり、カクテルに使えるジンだと思います。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51E8ckv+5YL._AC_US200_.jpg
●アルコール度数  38%
●価格  700ml  1500円前後  ※安い価格になっており、人気も高いジンです。
杜松(ねず)の実を香味付けしたオランダの蒸留酒をジュネヴァと言い、フレッシュで甘やかな穀物の香りが特徴です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31d27uW165L.jpg
●アルコール度数  38%
●価格  700ml  3500円前後
12種類のボルタニカルによって、柑橘系の芳醇な香りが楽しめます。安いですが美味しくて飲みやすいと人気の高いジンです。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41SKujUlcCL._AC_US200_.jpg
●アルコール度数  38%
●価格  750ml  800円前後  ※お手頃価格で安いジンですが美味しいですよ。
ボルタニカルに新鮮な生の果物を使用し、オリジナル蒸留器「タイニーテン」によって作られるジンで深みのある香りが特徴です。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/419EJQo-uPL._AC_US200_.jpg
●アルコール度数  47.3%
●価格  750ml  3500円前後
ボタニカルに日本ならではの素材(玉露や柚子、檜や山椒など)を取り入れ、伏見の名水 伏流水を使用した「Made in Japan」のジンです。ゆずや山椒の香りが漂う京都の山々をイメージさせるような風味です。
引用: https://image.rakuten.co.jp/auc-sakenochawanya/cabinet/03888603/gin/kyotodrygin-1.jpg
●アルコール度数  54%
●価格  700ml  5000円
〇6種類のボタニカル シークヮーサー、ジュニパーベリー、グァバ(葉)、ゴーヤー、ローゼル(ハイビスカス属)、ピィパーズ(ヒハツモドキ)など沖縄を感じさせるボタニカルを使用し、泡盛製造の蒸留技術を生かした「ハイブリッド製法」で作られたジンです。
引用: https://tshop.r10s.jp/auc-sakenochawanya/cabinet/03888603/gin/masahirogin.jpg?downsize=240:*
●アルコール度数  47%
●価格  700ml  3000円前後
人気のジンを紹介しましたが、いかがでしたか。今までジンに興味がなかった方も、お気に入りのジンを見つけてみませんか?知れば知るほど奥が深いジンの魅力を感じてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/64/6409bd60839ef50256091859e8e7c10b_t.jpeg