P2rl1c23newdbxtodnu3

約束のネバーランド

CATEGORY | 約束のネバーランド

【約束のネバーランド】脱獄後のストーリーがつまらないと話題に?展開が遅いって本当?

2021.08.03

約束のネバーランドは、エマやノーマンたちが孤児院から脱出する話が面白いと話題になり、アニメ化もされました。しかし、約束のネバーランドは孤児院から離脱後のストーリーが「面白くない、つまらない」という意見もあります。なぜつまらないという意見が出たのか、本当に面白いのか等について解説していきます。

  1. 【約束のネバーランド】脱獄までのストーリーをおさらい
  2. 【約束のネバーランド】つまらないと言われている部分は?
  3. 【約束のネバーランド】面白いシーンはないのか?
  4. 【約束のネバーランド】周りの評価は?
  5. 【約束のネバーランド】つまらないは賛否両論!

約束のネバーランドとは、主人公のエマや友達のノーマンたちが孤児院という名目で食用の子供を育成している農園から脱出し、その後も様々な困難に立ち向かっていく物語です。エマとノーマンはある日、自分たちが鬼が食べる食用児として育てられ出荷されるという事実を知ります。その後、同じくその秘密を共有しているレイや他の友達と共に、孤児院からの脱獄を目指していきます。

監視員の増員や、GPSの埋め込みなど、多くの困難を乗り越え、さらにはノーマンの犠牲を経てようやくエマたちは脱獄に成功するのです。

約束のネバーランドがなぜつまらないと言われているのかについて、実際につまらないとされている部分に触れながら紹介していきましょう。

【約束のネバーランド】つまらない派①脱出後の鬼との戦い

エマたちは孤児院にして農園のグレイスフィールドハウスから離脱後に、鬼との邂逅(かいこう)を果たします。そこから今いる世界は鬼が主権を握っていると知り、食用児の解放と居場所を作るために鬼と対峙していきます。鬼とのバトルが描かれるので、脱出系を好む人からするとつまらないと感じたのでしょう。

【約束のネバーランド】つまらない派②スケールの差異

序盤では孤児院からの脱出というある一定のフィールドが決まっていましたが、離脱後ともなると舞台は外の世界になり、多くの鬼と対峙したり仲間が増えたりしていきます。そのスケールの差は読者側から見ると大きなものに感じ、脱出の後は世界を相手にするという差分についていけず、つまらないという意見がありました。

【約束のネバーランド】つまらない派③テーマの変化

約束のネバーランドの序盤は脱出が主なテーマとなっているのですが、孤児院からの離脱後から始まるのは世界を牛耳る鬼との戦いがテーマとなっています。脱出を成し遂げた後は直接戦うという展開に対して、テーマが乖離してるのではとないかという点からつまらないと感じる読者もいるようです。

脱出後は面白くない、またはつまらないという意見も出ていますが、それは個々人で異なっているのが当たり前です。脱出後のストーリーは、エマたちが自分たちの居場所を作り食用児の解放を目指していく展開となります。孤児院からの脱出をする話は面白いという前提なので、ここからはその後の展開で待ち受ける見所を紹介していきます。

【約束のネバーランド】特殊な鬼

脱出直後にエマたちは森の中でさまよいますが、その中で特異な鬼であるムジカとソンジュに出会います。彼女たちは鬼でありながらも人間を食べずに生きており、エマたち食用児とも親交を深めて友達となります。ムジカとソンジュがなぜ人間を食べないのか、なぜ森の中で出会ったのか等についての謎は、伏線として後に回収されるので必見です。

【約束のネバーランド】ノーマンの帰還

物語が後半に差し掛かる頃に、かつて犠牲になったはずのノーマンがエマたちの前に登場します。なぜノーマンが生きているのか、孤児院を去った後どのように過ごしたか等に触れることで、エマとは違うノーマンの鬼に対しての考え方を知ることもできます。

【約束のネバーランド】鬼と人間の歴史

鬼と人間には歴史的な関係があることも、物語が進むにつれて明かされます。そしてこの歴史には、前述のムジカやソンジュ、そしてノーマンが孤児院を去った後の件についても関わってくる重要な要素です。ここまでストーリを読み進めることで、より約束のネバーランドの世界観を深く知ることができます。

ここで、実際につまらないという意見と、面白いという意見をそれぞれ紹介します。また、原作をつまらないと感じる人だけでなく、アニメを見ている人もいるので、そちらの評価も紹介していきます。

こちらの方はアニメを視聴しての感想を述べています。脱出系というジャンルにおいて、プリズンブレイクという刑務所から脱獄するドラマの方が面白く、約束のネバーランドはそれに対して面白くない、つまらないと評価しています。

こちらの方は原作の展開を知った上でアニメを視聴した方です。アニメの二期に関しては原作と展開が異なるため、面白くない、つまらないと感じています。

こちらの方も、アニメ二期についての感想を述べています。つまらないとまでは言っていませんが、この先の展開がつまらない方向にならないか不安視していることがわかります。

この方は、約束のネバーランドのアニメをAmazonプライムで視聴し、面白いと評価しています。毎日同じことを繰り返すのはつまらないという理由から見始めており、毎日少しずつ視聴する程度に魅力を感じているようです。

こちらの方は、原作を読んで面白いとツイートしています。原作に対して、続きが気になるほどに面白いという評価です。

こちらの方は、約束のネバーランドが連載されているがゆえにジャンプも楽しんでいたとみて間違いないでしょう。連載自体は2020年6月に終了していますので、約束のネバーランドが無いジャンプはつまらないと言うほどに、作品を面白いと評価しています。

こちらの方は、「つまらないという方は損ですよ」と言うほどに約束のネバーランドが面白いと感じています。脱獄編は面白いという前提はあるのですが、この方に関して言えば脱獄後こそ面白いという評価をしています。

結果として、「約束のネバーランドは面白くない、つまらない」と言われているのは事実ですが、同時に面白いと感じる人が多いのも事実です。どの漫画やアニメでもつまらない派と面白い派に分かれて賛否両論になることはあるので、実際にどう感じるかは個々人で変わります。しかし、アニメ化されているという点においては、それだけ面白いと感じた人々からの支持を獲得しているとみて間違いないでしょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71veoax9W1L.jpg