2018年03月19日 UPDATE

【オーバーロード】クレマンティーヌのその後を解説!演技がすごい!?

オーバーロードに登場した悪役でも特に人気のあるキャラクターがクレマンティーヌです。過激な性格をしている彼女は多くの視聴者に衝撃を与えました。そんなオーバーロードのクレマンティーヌはその後どうなったのか?また、悠木碧さんの鬼気迫る演技についてまとめました。

目次

  1. 【オーバーロード】クレマンティーヌとはどういう人物?
  2. 【オーバーロード】クレマンティーヌの強さ
  3. 【オーバーロード】クレマンティーヌは作中トップの残虐な性格
  4. 【オーバーロード】クレマンティーヌとニニャ
  5. 【オーバーロード】クレマンティーヌとモモンの激闘……それから
  6. 【オーバーロード】クレマンティーヌの再登場の可能性はある?
  7. 【オーバーロード】クレマンティーヌの声優は悠木碧さん!
  8. 【オーバーロード】クレマンティーヌの魅力は悠木碧さんあってのもの
  9. 【オーバーロード】クレマンティーヌの最期と悠木碧さんの思い
  10. 【オーバーロード】クレマンティーヌのまとめ

【オーバーロード】クレマンティーヌとはどういう人物?

Dx9bcgju8aaetxo
引用: https://pbs.twimg.com/media/DX9bCgJU8AAetxO.jpg
秘密結社「ズーラーノーン」の十二高弟の一人であり、元スレイン法国特殊部隊「漆黒聖典」第九席次の戦士です。 見た目は若々しく、金髪のボブカットをしています。顔立ちも整っており、猫のような可愛さと虎のような危うさを併せ持っています。
いわゆるビキニアーマーのような軽装に身を包んでおり、鎧には今まで殺害した冒険者たちからハンティングトロフィーとして奪ったプレートの数々を打ち込んでいます。そのさまは一見すると鱗をまとっているようにも映ります。
Co7v d vaaatjbk
引用: https://pbs.twimg.com/media/CO7v-D-VAAAtjBK.jpg
オーバーロードの物語開始時点から、所属していたスレイン法国をなんらかの理由によって裏切り、巫女姫の証である叡者の額冠を強奪し、逃走しています。スレイン法国最大の裏切り者とされています。

【オーバーロード】クレマンティーヌの強さ

Cn upsquyaav869
引用: https://pbs.twimg.com/media/CN_UPsqUYAAV869.jpg
人間種最強の戦士であり、戦闘能力は「王国最強」であるガゼフ・ストロノーフを上回っています。オーバーロード本編でアインズと敵対した際には、アインズ自作の鎧を一撃で凹ませるという強大な攻撃力を見せつけました。また、人間種を大幅に上回る身体能力を持つアインズの隙をついて、両目を突くなど驚くべき攻撃も平然とやってのけました。
Cmxr0s0ucaeetmw
引用: https://pbs.twimg.com/media/CMxR0S0UcAEetMW.jpg
得意武器はオリハルコンでコーティングされているミスリル製スティレットで、生者を一撃で仕留めることに特化した戦闘スタイルを用いて戦います。「人間種最強の戦士」であることは作者も公言しているほどの戦闘能力を誇るキャラクターです。

【オーバーロード】クレマンティーヌは作中トップの残虐な性格

Cnzp4 jusaabff6
引用: https://pbs.twimg.com/media/CNZp4_jUsAABFf6.png
クレマンティーヌはオーバーロード作中の中でも極めて残虐な性格をしています。人を殺すことを大好きだと明言しており、人を殺害することや弱者をいたぶることに恋していて愛していると明言するほどです。拷問も好み、対象をなぶって殺すことに対して快感を得ています。
Dyr1nklvaaa3ndd
引用: https://pbs.twimg.com/media/DYR1nklVAAA3nDD.jpg
このような性格になった理由として、本人は「優秀な兄とずっと比べ続けられたから、幼い頃に性的暴力を受けたから、友人が死ぬのを目撃したから、拷問を受けたから、任務で人を殺害し続けたから」と述べています。しかし、それらは嘘であるとも言っており、どれが真実なのかは闇の中です。
Cnzp5gwuyaa5rwp
引用: https://pbs.twimg.com/media/CNZp5GwUYAA5rwp.png
また、ふざけた態度は演じている節もあり、本人の思考は冷静です。そのことから、クレマンティーヌは多くの側面を持つキャラクターといっていいでしょう。

【オーバーロード】クレマンティーヌとニニャ

Dws tukumam9utg
引用: https://pbs.twimg.com/media/DWS-tUkUMAM9utG.jpg
ニニャはリ・エスティーゼ王国のエ・ランテルの冒険者組合に所属する女性の冒険者です。貴族に奪われた姉を救うために力を求めて修練を積む少女です。
Dsrkhjdvmaeosnw
引用: https://pbs.twimg.com/media/DSrKHJdVMAEOsNw.jpg
しかし運悪くクレマンティーヌと遭遇してしまい、クレマンティーヌの嗜虐心を満たすためにさんざんむごい拷問を受けたあとに殺害されました。クレマンティーヌの残虐な性格を表すエピソードの1つです。

【オーバーロード】クレマンティーヌとモモンの激闘……それから

Cn upuaueaam6up
引用: https://pbs.twimg.com/media/CN_UPuaUEAAM6uP.jpg
ニニャがクレマンティーヌの拷問を受けて死んだことが、オーバーロードの主人公であるアインズの仮の姿であるモモンの耳に入り、モモンは激しく怒ります。そしてクレマンティーヌはモモンと戦うことになります。
自分の強さをモモンに侮辱されたクレマンティーヌは、モモンに対して激しい攻撃を繰り出します。しかし、モモンには対して効かず、本体を現したアインズによって抱きしめられるかたちで圧迫され、内容物を上下に漏らしながら盛大に死亡しました。
Cn upw3veaa3p3m
引用: https://pbs.twimg.com/media/CN_UPw3VEAA3P3m.jpg
一方、オーバーロードには書籍版とそれをもとにしたアニメ版のほかに、作者がwebで公開していたweb版オーバーロードが存在します。そのweb版オーバーロードでは、クレマンティーヌはアインズと対峙した時、アインズの実力を図ろうとしました。しかし、その行いにアインズは怒り、石造りの椅子を破壊します。
その様子を見たクレマンティーヌは戦士としての自尊心を破壊されてしまいます。なんとかその場をやり過ごして一命をとりとめたクレマンティーヌは「あんなのに勝てるわけがない」と書籍/アニメ版とは真逆のセリフを言ってズーラーノーンから逃亡するのです。

【オーバーロード】クレマンティーヌの再登場の可能性はある?

Cnzp49suyaanwis
引用: https://pbs.twimg.com/media/CNZp49sUYAAnWIs.png
アインズに殺害されてからクレマンティーヌの遺体は冒険者組合に引き取られ、遺体安置所に置かれました。しかし、その翌日にクレマンティーヌの遺体はその場から消えていたのです。
Pedgkz8hhzknkox6zdih
引用: https://pbs.twimg.com/media/CMxR0S2UAAA9t5J.jpg:large
これは何を意味するのか。おそらくいつか復活して再登場するフラグでしょう。でなければこのような描写を入れる必要がありません。復活して再登場するクレマンティーヌは、果たしてどのような姿になっているのでしょうか。また、その戦闘力は健在なのでしょうか。

【オーバーロード】クレマンティーヌの声優は悠木碧さん!

Dxxhssuvmaiyz3t
引用: https://pbs.twimg.com/media/DXxHSSUVMAIyz3T.jpg
クレマンティーヌを演じているのは悠木碧さんです。悠木碧さんの演技者としての経歴は長く、なんと驚くことに4歳で芸能界入り。子役として映画やテレビドラマに出演していました。2003年に「キノの旅」のさくら役として声優デビューしました。
2011年に「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公である鹿目まどか役を演じて、一躍有名に。 その後2012年3月に第6回・声優アワード主演女優賞を史上最年少(19歳)で受賞し、ほかにも数々の賞を受賞します。
Bevp27mc459hlejrirtb
引用: https://pbs.twimg.com/media/DXxHSSVVMAA1kgq.jpg:large
独特なイントネーションのセリフ回しと、 少しハスキーがかった聞き取りやすい声が特徴的です。目標であり、憧れの声優は悠木碧さんが声優として活動するきっかけとなった沢城みゆきさんと明言しています。

【オーバーロード】クレマンティーヌの魅力は悠木碧さんあってのもの

Dxlyazpuqaed5s4
引用: https://pbs.twimg.com/media/DXlYAzPUQAEd5s4.jpg
残虐な性格や飄々とした態度、顔芸とも評されるシーンなど、クレマンティーヌには多くの魅力があります。しかし、クレマンティーヌが魅力的なキャラクターといわれる由縁は、なんといっても悠木碧さんの演技があってのものでしょう。
代表作である「魔法少女まどか☆マギカ」の鹿目まどかをはじめとしたおっとりしたキャラクターを演じる印象の強い悠木碧さん。その彼女がクレマンティーヌというキャラクターの狂気感を倍増させるようなゾッとする演技は、クレマンティーヌというキャラクターを視聴者に強く印象付けるには十分でした。
Vggvcwbjrjeuc6prl64i
引用: https://pbs.twimg.com/media/DS3uuuFVoAEW_XY.jpg:large
クレマンティーヌが登場するオーバーロード一期が放送されてから3年経ち、他にも数々の作品でキャラクターを演じている悠木碧さんにとって、今でもクレマンティーヌは最高のはまり役だったという声があげられます。もはやクレマンティーヌの最大の魅力は、悠木碧さんの鬼気迫る演技といってもよいでしょう。

【オーバーロード】クレマンティーヌの最期と悠木碧さんの思い

Cn6wsoquaaaypg4
引用: https://pbs.twimg.com/media/CN6WsOqUAAAypg4.jpg
クレマンティーヌの最期に関して、悠木碧さんは「体から中身が出てしまう」という意識を強く持って演じていたとのこと。結果、あの壮絶なクレマンティーヌ最期のシーンが生まれました。また、オーバーロードのヒロインであるアルベド役の原由実さんも「すごいリアルに吐いた音がしたね」と悠木碧さんに感想を送っています。クレマンティーヌ最期のシーンは、アフレコ現場でも相当な話題になっていたようです。

【オーバーロード】クレマンティーヌのまとめ

Qra6mppintaalududpx9
引用: https://pbs.twimg.com/media/DTlagLRVQAEL_ac.jpg:large
悪役として、そして女性キャラクターとして非常に魅力的なクレマンティーヌ。アインズに殺害されてしまうという悲劇的な最後を迎えますが、そのことによりオーバーロードの主人公であるアインズの強さを知らしめることになりました。
Zszwecutfnxsv84smejw
引用: https://pbs.twimg.com/media/DYLJW2bVAAA0sB0.jpg:large
そして悠木碧さんの神がかった演技もクレマンティーヌの魅力です。これだけ魅力的で多くの視聴者から支持を集めたクレマンティーヌ。今後再登場はありえるのでしょうか?もしかしたらアンデッドとしてアインズたちナザリック一行に加わるという展開もあるかもしれません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DX9bCgDUMAAFEX4.jpg