Ghtrgc9uhyqsq7zz5bxf

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】ハンジは性別不詳の死に急ぎ野郎?最新話で死亡確定の真実に迫る

2020.12.25

進撃の巨人に登場するハンジは、かっこいい部分と女性らしい部分がある性別不詳キャラです。エレンやリヴァイとの関係や声優、性別について考察を含めて紹介します。さらに、進撃の巨人最新話で死亡するハンジの情報もネタバレを含みながら紹介します。参考にしてください。

  1. 【進撃の巨人】ハンジ登場までのあらすじを紹介
  2. 【進撃の巨人】ハンジの基本的なプロフィールを紹介
  3. 【進撃の巨人】ハンジは男?女?性別不詳を考察してみた
  4. 【進撃の巨人】ハンジの活躍シーンをおさらい
  5. 【進撃の巨人】ハンジが最新話で死亡確定って本当?
  6. 【進撃の巨人】ハンジの声優を紹介
  7. 【進撃の巨人】ハンジは好奇心旺盛な死に急ぎ野郎

まずは、今回のメインキャラクターであるハンジ・ゾエが登場するまでのあらすじを振り返ってみましょう。ハンジは、進撃の巨人の序盤である、単行本5巻の特別編で登場します。しかし、この時はほんの一言を発言した程度で、しっかりと登場したわけではありません。その後、同じく5巻に収録されている20話で再登場しました。

それまでの進撃の巨人は、845年に超大型巨人の攻撃により壁が壊されたことから物語が始まります。そして、進撃の巨人主人公であるエレンが巨人への復習を誓い、104期訓練兵に志願しました。その後、無垢の巨人との戦闘を経てエレンに巨人化能力があることが判明します。

巨人化ができる人間がいると思っていなかったパラディ島内の人々は、エレンを危険視し、人類最強と言われるリヴァイが率いるリヴァイ班で監視することになったのです。ハンジは、巨人の正体やメカニズムに対する興味が強い人物として、進撃の巨人に登場しました。

続いて、進撃の巨人に登場するハンジについて振り返ってみましょう。ハンジはどのような人物で、どんな経歴を持っているのでしょうか。ハンジについてよく知るためにも、まずはどのような人物なのか知るのがおすすめです。

ハンジの経歴プロフィール

進撃の巨人に登場するハンジは、身長170cm、体重60kgのキャラです。誕生日は9月5日と判明していますが、年齢は公開されていません。しかし、見た目から20代~30代だと考察できるでしょう。また、出身地等も公開されていません。登場時は、第4分隊長を務めていました。ネタバレになりますが、マーレ編では死亡したエルヴィンに代わり、調査兵団14代団長に就任します。

ハンジの人物像や特徴

進撃の巨人に登場するハンジは、壁内ではメガネを着用し、壁外に調査へ行くときはゴーグルを着用しています。髪型ははっきりした描写がないですが、ハーフアップだと考察できます。というのも、ハンジは髪を下ろしている描写と結んでいる描写があり、どちらも長さが対して変わらないことから、ハーフアップだと考察しました。ハンジは、巨人に対する興味が強いあまり、捕食される寸前まで近づく描写もあります。

しかし、単なる興味ではなく、巨人に奪われた自由を取り返すために弱点やメカニズムを探しているのです。笑顔で巨人を研究する姿から、部下に危ないと止められることもあるほど、研究に熱中しています。ハンジは、さまざまな情報が不明だと言われていますが、その中でも性別が1番不明だと言われています。性別については、考察を後述するのでぜひ参考にしてください。

ハンジは、作中に登場しているキャラの中で、怒らせると1番怖いキャラと言われています。しかし、普段は温厚で優しい人物なので、部下からの信頼も厚いです。このような性格もかっこいいと人気の理由になっています。

進撃の巨人に登場するハンジは、登場初期から性別不明だとネット上で話題になっていました。さらに、ネット上でハンジの性別が話題になっていることを知った作者も、面白がって「公開しないほうがいい」と最新話でも公開されていません。そこで、次はハンジの性別について考察してみましょう。性別を考察するうえで、ネタバレ要素を含むので注意してください。

ハンジが男だと言える理由

ネット上で進撃の巨人のハンジが男だと言われている明確な理由は、ありません。しかし、進撃の巨人の漫画で初登場したときのハンジは、進撃の巨人のアニメで登場するハンジよりも中性的な体型をしています。

そのため、別冊少年マガジンで連載当初から読んでいる読者は、男性だと思っていた方が多いようです。さらに、男性キャラだと考えるとイケメンな顔立ちをしているため、男性であってほしいという女性ファンが多いようです。

ハンジが女だと言える理由

ハンジが女性だと言われる理由はいくつかあります。まず、アニメ版の進撃の巨人で胸がふっくらしていることです。別冊少年マガジン派で、男性だと思っていた人には衝撃が走ったでしょう。さらに、進撃の巨人107話でエレンから胸ぐらをを掴まれたときに、「エレンのエッチ!」と発言しています。

男性が男性に胸ぐらを掴まれてエッチと発言するのは、少し違和感があるため、女性である可能性が高いと考察できるのです。さらに、進撃の巨人を実写化した際に、ハンジを演じたのは「石原さとみ」でした。そのため、女性キャラなのではないかという意見が多く上がっています。

進撃の巨人に登場するキャラでハンジ以外にも、性別不詳と言われているキャラがナナバです。ナナバについて気になる方は、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

続いて、ハンジの活躍シーンを振り返ってみましょう。ハンジを男性だと考察している人にとっては、かっこいいと思えるシーンが満載です。ネタバレ要素を含むので、進撃の巨人のネタバレが苦手な方は、注意してください。

【進撃の巨人】ハンジの活躍:ソニーとビーンとの接触

進撃の巨人に登場するソニーとビーンというのは、調査兵団が捕えた無垢の巨人の名前です。ハンジは、捕えた巨人に毎回名前を付けます。作中で実際に捕えて名前を付けているシーンは、ソニーとビーンだけです。そして、ハンジはソニーとビーンに話しかけながら、近づいて接触します。ハンジが接触して、巨人の体温が高温であることや巨人の大きさと比較して極端に質量が少ないことなどが判明しています。

ハンジは、ソニーとビーンに接触できるのが嬉しいようで、食べられそうになっても笑い飛ばしていました。怖いものしらずのハンジだからこそ、さまざまな方面から巨人の可能性を考え、研究が進んでいるのでしょう。進撃の巨人に登場するハンジが、ソニーとビーンに接触する姿がかっこいいシーンでした。

【進撃の巨人】ハンジの活躍:ニック司祭を問い詰める

進撃の巨人34話でのハンジの活躍シーンです。ハンジは、パラディ島を守っているはずの壁の隙間から、巨人の目がのぞいていることに気づきます。どうなっているのかと不思議がっているところに、ニック司祭が現れ「あの巨人に光を当てるな」と助言をします。ハンジは、部下に命令し一旦ニック司祭の言葉通りに、巨人に光が当たらないよう覆うのでした。

しかし、なぜニック司祭は光を当てない方がいいと知っていたのでしょうか。多くの読者が抱えていた疑問を、ハンジが少しスッキリさせてくれます。その場では、ニック司祭がなぜ理由を知っていたのか白状しません。しかし、壁の上でニック司祭を問い詰めるハンジの姿は、かっこいいと話題になりました。なかなか白状しないニック司祭に、ハンジはイラついたのか、ニック司祭を壁の上から落とそうとします。

しかし、そのまま落として殺せというニック司祭に対して、ハンジは感情を抑え生かしました。怒りを感じ、相手に情報を吐きたくないから殺せと言われても殺さないハンジの冷静さと、人の良さがかっこいいシーンでした。ニック司祭については、以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【進撃の巨人】ハンジの活躍:調査兵団を率いた

元々調査兵団を率いていたのは、エルヴィンという人物です。ネタバレになりますが、マーレ編に突入した後、重症を負いアルミンに巨人化の注射を使用したため、エルヴィンは死亡しました。死亡したエルヴィンに代わり、急遽団長になったのがハンジなのです。エルヴィンが生きていた時のセリフと似たようなセリフをハンジが言うシーンがあります。

それは、進撃の巨人72話でエルヴィンが調査兵団を、「知りたければ見に行けばいい。それが調査兵団だろ?」と奮い立たせるシーンがあります。一方ハンジは、進撃の巨人108話で調査兵団に「分からないものがあれば理解しに行けばいい。それが調査兵団だろ?」と発言したのです。死亡したエルヴィン団長の意思を継いでいるかのようなハンジの言葉が、かっこいいと話題になりました。

ハンジの前に調査兵団を率いていたエルヴィンについては、以下の記事で紹介しています。エルヴィンについて、知りたい方はぜひ参考にしてください。

【進撃の巨人】ハンジの活躍:リヴァイを守った

進撃の巨人115話でリヴァイが血まみれで発見されます。雷槍を使用し、リヴァイに捕えられたジークは、身体にそのまま雷槍を突きさされていました。リヴァイに捕まったままでいると、捕食され死亡することが確定しています。そのため、ジークは逃げるために雷槍を自ら爆発させたのです。その爆発に巻き込まれたリヴァイは重症で、横たわっていました。

フロックたちと一緒にいたハンジは、偶然横たわっているリヴァイを見つけます。思わず駆け寄り、リヴァイに声をかけますが、返事はありません。フロックたちに死亡しているのかと問いかけられますが、「この爆発に巻き込まれると内蔵が破裂し死亡する」とハンジが言います。しかし、フロックは「脈を確認させろ」と言いました。

フロックが確認しようとしたときに、近くに倒れていた巨人が煙を吸っていることに気づきます。その巨人の体からジークが出てきたのです。フロックたちがジークに夢中になっている隙に、ハンジはリヴァイを連れて川へ飛び込み逃げ出すことに成功しました。

ネタバレになりますが、ハンジが連れ去ったリヴァイは、進撃の巨人125話で意識はないものの、生きているような描写がされています。人類最強と呼ばれているリヴァイを救ったのは、ハンジの活躍だと言えるでしょう。リヴァイについては、以下の記事でも詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ハンジは、これまでに幾つもの死線を乗り越えてきたキャラの1人です。例えば、超大型巨人や鎧の巨人と闘ったときには、超大型巨人の能力である熱風で死にかけます。しかし、ハンジ班の1人であるモブリットが、ハンジを守るために井戸に落とします。その結果、ハンジは目を負傷したものの、死亡せずに済みました。そんなハンジは、進撃の巨人132話で死亡してしまいます。

ここでは、ハンジの死亡シーンを解説するので、ネタバレ要素を含みます。進撃の巨人最新話まで読んでない方は、ネタバレに注意してください。ハンジたちは、エレンを止めるために行動していました。そして、マーレの海岸都市であるオディハに到着しました。そこで、飛行艇の準備を始めます。そんな中、フロックが現れ、エレンの元へ行かせないように、飛行艇を破壊しようとします。

フロックの銃が燃料タンクにあたり、ハンジ派の仲間は、急いで修理をしていました。しかし、地ならしが発動し、超大型巨人の群れが現れ、ハンジ達を襲おうとしたのです。その状況を見たハンジは、1人で超大型巨人の群れへ突撃すると言います。リヴァイは、一瞬止めようとしますが、ハンジの覚悟が硬いことを察し、「心臓を捧げよ」と言い見送りました。

ハンジの功績で、飛行艇の修理は完了し、ハンジ以外は無事に飛び立つことができました。しかし、超大型巨人の群れに立ち向ったハンジは、飛行艇の出発と同時に空中から落ちていったのです。そして、ハンジは「飛行艇は?!」と勢いよく尋ねました。すると、「無事に飛び立ったよ」とエルヴィンが答えます。

ハンジが死亡したという直接な描写はありませんが、ハンジよりも前に死亡したエルヴィンが登場したことにより、ハンジも死亡しあの世で会話をしているため、死亡したのは確実でしょう。最後までハンジたちを追い詰めたフロックについては、以下の記事で詳しく紹介しています。気になる方は、ぜひ参考にしてください。

最後にハンジの声優を紹介します。性別不明で、男性とも女性とも思えるようなハンジを務めている声優はどのような人物なのでしょうか。かっこいい声もかわいい声も出せるハンジの声優を紹介します。

ハンジの声優は朴璐美

ハンジの声優は、朴璐美(ぱくろみ)が務めています。東京都江戸川区出身で、国籍も日本の声優です。1998年に声優デビューをし、さまざまなキャラの声優として活躍している人物でもあります。

朴璐美の出演作品

朴璐美が出演している作品は、鋼の錬金術師の主人公であるエドワード・エルリックやブリーチの日番谷冬獅郎などです。他にも人気作品に多数出演しています。

進撃の巨人に登場するハンジは、好奇心旺盛で死に急ぎ野郎ともいえる存在です。エレンを止めるために重要な役割を担っていた人物で、女性でも男性でもかっこいいと読者人気の高い人物でもあります。今後、ハンジが繋いだ「エレンを止める」という道を残りを、調査兵団がどのように繋いでいくのか見どころでしょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61%2BsNTdWWxL._AC_SL1426_.jpg