Sffdgrqoiqd9ywzthhk5

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】イアン・ディートリッヒは有能な兵士?最期の死亡までかっこいい生き様を紹介

2021.03.16

進撃の巨人のイアン・ディートリッヒは、リコやミタビと共に精鋭部隊班長を務めていました。さらに、有能な指揮官としてトロスト区奪還作戦で活躍します。今回は、進撃の巨人のイアンについて、かっこいい活躍シーンや死亡経緯、最期の言葉などを紹介します。

  1. 【進撃の巨人】イアン・ディートリッヒ登場までのあらすじ
  2. 【進撃の巨人】イアン・ディートリッヒの基本プロフィールを紹介
  3. 【進撃の巨人】イアンはトロスト区奪還の指揮官
  4. 【進撃の巨人】エレン暴走下で大活躍!
  5. 【進撃の巨人】イアンの死亡が悲しいけどかっこいい
  6. 【進撃の巨人】イアンの最期の言葉とは
  7. 【進撃の巨人】イアンの声優
  8. 【進撃の巨人】イアンは最高に有能でかっこいい兵士

イアンについて知る前にまずは進撃の巨人のあらすじを振り返ってみましょう。進撃の巨人のあらすじを振り返ると、イアンがどの立場にあるキャラなのか分かりやすくなります。紹介する中で、ネタバレを含むため、注意してください。進撃の巨人の世界には、人間を捕食する巨人が存在します。パラディ島では巨人に対抗するために、周囲を壁で守り、戦う兵団を結成しました。

そのおかげで100年間もの間平和を保ってきたのです。しかし、845年に超大型巨人が出現し、壁が破壊されました。そのため、平和を保ってきたパラディ島内に複数体の巨人が攻めてきます。もちろん、兵団は住民を守るために行動しました。それでも巨人は多くの住民を捕食し、進撃の巨人主人公であるエレンの母親も死亡したのです。その結果、エレンは巨人に復讐するために、調査兵団を目指します。

エレンは、調査兵団に加入するために、まず104期訓練兵に志願しました。訓練兵としてさまざまな訓練をこなす中、850年に再度超大型巨人が出現します。そこで駐屯兵団内で結成された精鋭部隊の班長としてイアン・ディートリッヒはリコ達と共に進撃の巨人に初登場しました。

進撃の巨人は物語が長く続いているため、あらすじが分からなくなる方が多くいます。以下の記事では、時系列別に解説しているため、ぜひ参考にしてください。

イアン・ディートリッヒが進撃の巨人に登場する流れが分かったところで、次はプロフィールを確認してみましょう。紹介する中で、進撃の巨人のネタバレを含むため、注意してください。

イアンの経歴プロフィール

イアンは、3月10日生まれで身長188cm、体重82kgの男性です。原作進撃の巨人では、名前がイアンとしか登場しません。その後、アニメ進撃の巨人でフルネームが判明しました。出身地や年齢、どのような経緯で駐屯兵団に入団したのかなどの詳細は不明なキャラです。

イアンの人物像や特徴

イアンは金髪で前髪を中央で分けた髪型、頬が少しこけているような顔が特徴の男性です。調査兵団がメインに描かれている進撃の巨人では、登場シーンが少ない中、有能でかっこいいとファンの間で言われています。戦場でも冷静に状況を判断できる性格で、常に人類の勝利を目指しています。

イアン・ディートリッヒはトロスト区奪還作戦時に活躍した有能な指揮官です。次は、イアンの指揮官としての有能さを紹介します。紹介する中で、進撃の巨人のネタバレ要素を含むため、注意してください。850年に超大型巨人が再度パラディ島へ攻めてきます。その時イアンは、訓練兵だったミカサの実力を評価し、住民を避難させる後衛部隊に抜擢しました。その後、ミカサは後衛部隊で住民の移動を助けます。

イアンは、駐屯兵団で最も権力を持っているピクシス司令からの信頼も厚く、冷静に状況判断ができる人物です。そのため、トロスト区奪還作戦時に指揮官を任されました。住民の避難は終了しますが、トロスト区内には巨人が残っていたため、次はトロスト区を取り戻す作戦にでます。

トロスト区攻防戦の中でエレンが巨人化できることが判明します。ピクシス司令は、巨人化したエレンが岩を運び、壁に空いた穴を埋めるという作戦を考えました。そこでもイアンは活躍します。進撃の巨人に登場する超大型巨人については、以下の記事で詳しく紹介しています。超大型巨人について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

先ほどは、イアンがただの訓練兵だったミカサを住民避難部隊に抜擢する有能さを紹介しました。次は、穴を塞ごうとエレンの力を借りたのはいいものの、暴走してしまった時に見せたイアンの有能さを紹介します。駐屯兵団は、大穴を塞ぐためにエレンが巨人化する作戦を実行しました。しかし、巨人化したエレンは自我を無くし、近くにいたミカサを襲ったのです。

イアンと同じく精鋭部隊の班長を任されていたリコ、ミタビの2人は、作戦を中止しエレンを即刻処分すべきだとイアンに意見します。しかし、人類の未来のためにはエレンに協力してもらうしかないとイアンは判断します。エレンもイアンの思いに応えるように、自我を取り戻しました。岩を運び始めたエレンを見て、イアンは「エレンを死守せよ!」と団員へ指示します。

進撃の巨人最新話でエレンが所有している3つの能力について、以下の記事で詳しく紹介しています。エレンの持つ能力について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

自我を無くしたエレンを守るために、イアンはもちろんリコ達も巨人と死闘を繰り広げます。岩を運ぶエレンは無防備で、壁まで行く間に巨人に襲われたのです。襲ってきた巨人達を兵団が次々に倒していきます。しかし、巨人の数は圧倒的で団員も次々に死亡しました。その中で仲間が巨人に捕食されそうな場面に遭遇したイアンは、自身が身代わりとなり死亡しました。

イアンの死亡シーンはアニメ進撃の巨人オリジナルストーリでのみ描かれています。そのため、原作進撃の巨人ではいつの間にか退場していました。アニメでイアンの死亡シーンを見た読者は悲しむ一方で、かっこいいと評価しました。

仲間を守りかっこいい最期を迎えたイアンは、アニメで団員に向かって何か言っている描写があります。イアンの最期の言葉は、読者の間でさまざまな考察がされてきました。そんな中、進撃の巨人アニメ1期のシナリオ集でその答えが判明します。イアンの最期の言葉は「走れ!生きろ!生きてー」です。

イアンの最期は巨人に捕食されそうになっている仲間を助けるというかっこいいものでした。そして自分が死ぬその瞬間まで兵士のことを思っている有能な指揮官でもあったのです。トロスト区奪還作戦に参加した兵士は次々に死亡し、104期訓練兵以外に生き残ったのはリコだけでした。

最後にアニメ進撃の巨人でイアンの声優を務めている人物を紹介します。指揮官としてかっこいい最期を迎えたイアンの声優に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

イアンの声優は村上裕哉

アニメ進撃の巨人でイアンの声優を務めているのは「村上裕哉」です。愛知県出身でマウスポロモーションに所属しています。2010年から声優活動を開始し、その後も毎年さまざまな作品で活躍しています。

村上裕哉の出演作品

アニメ進撃の巨人以外で村上裕哉が出演している作品は、DAYSの「国母みつる」やローリング☆ガールズの「三好安夫」などです。その他にもさまざまな作品で活躍しています。

アニメ進撃の巨人でイアン以外の声を務めている声優については、以下の記事で詳しく紹介しています。声優に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

イアンは、進撃の巨人初期に登場しすぐに死亡してしまった有能な指揮官です。リコ達と共に精鋭部隊班長を務め、少ない登場シーンの中でも活躍し、人類のために貢献しました。イアンのように多くの団員が死亡した進撃の巨人がどのような結末を迎えるのか楽しみにしておきましょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51VMFZhCimL._AC_SL1001_.jpg