Lhprsxi1ubijpv684tdm

名探偵コナン

CATEGORY | 名探偵コナン

工藤優作は変装の名人?有希子とラブラブでチート並みの推理力持つ男を紹介!

2021.07.31

少年サンデーで人気連載中のラブコメ推理漫画『名探偵コナン』の主人公・工藤新一の父である工藤優作。今回は『名探偵コナン』工藤優作のプロフィール、家族関係、登場回や10年前の未解決事件のエピソードなどを紹介します。

  1. 『名探偵コナン』工藤優作とは
  2. 『名探偵コナン』工藤優作の声優
  3. 『名探偵コナン』工藤優作と息子・新一
  4. 『名探偵コナン』工藤優作と妻・有希子
  5. 『名探偵コナン』工藤優作と初代怪盗キッドの関係
  6. 『名探偵コナン』工藤優作登場回その①
  7. 『名探偵コナン』工藤優作登場回その②
  8. 『名探偵コナン』工藤優作登場回その③
  9. 『名探偵コナン』工藤優作登場回その④
  10. 『名探偵コナン』工藤優作登場回その⑤
  11. 『名探偵コナン』工藤優作を紹介してみた
『名探偵コナン』に登場する工藤優作とは世界に名を響かせる有名推理小説家で『闇の男爵(ナイトバロン)』シリーズなど世界的なヒット作を数々生み出しています。妻は世界的に有名な日本の大女優・工藤有希子で息子は主人公の工藤新一です。
執筆の活躍ジャンルは幅広く、劇場版アニメではゲームのシナリオを書いています。また作中では『緋色の捜査官』で初めて映画の脚本を書きマカデミー最優秀脚本賞を受賞しています。しかし、多忙であるにも関わらず『逃げる』という名の海外旅行に出かけることもしばしばです。
新一以上の推理力の持ち主で推理オタクです。またいたずら好きで有希子と一緒に息子にいたずらを仕掛けることもしばしばです。いたずらする際の演技力に関してはそこまで高くなく、コナンにも見破られて注意されることもあります。
『名探偵コナン』工藤優作の声優は田中秀幸さんです。田中さんの芸歴はとても長く、デビューは5歳の時のラジオドラマ番組でした。その後、役者を目指して短大で4年間演劇を学びました。
主に真面目な大人の男性や青年役を演じますが、冷静沈着な役やコミカルな役、悪役や老人役、オカマや人間以外の役も演じるなどと演じるキャラクターの層は幅広いです。
『名探偵コナン』工藤優作の息子は主人公である工藤新一ですが、2人の関係はどうなのでしょうか?両親が海外に行っていて自宅に1人でいることが多い新一ですが、父・工藤優作との信頼関係は強いものと言えます。
新一がコナンになってしまったことを知って有希子と迎えに行った際にも新一の意志や覚悟を聞いて一緒に連れて行くことを諦めます。組織との対決の際に危険が伴うと分かっていながらも活動を認めていますが、何かあった際には強制的に海外へ連れて行き、組織の件はインターポールに任せると決めています。
また、組織のボス『あの方』が誰なのかを新一に教えたのも工藤優作であり、このエピソードはファンの間で話題になりました。 劇場版アニメ『名探偵コナン ベイカー街の亡霊』では一言も交わさずアイコンタクトで意思疎通をすると言ったシーンもありました。
妻・有希子との馴れ初めは自身が執筆した小説のドラマ化の際にヒロインを有希子が演じたのがキッカケです。工藤優作と有希子は大恋愛の末に結婚します。それに伴って有希子は芸能界を電撃引退をしました。
2人のラブラブっぷりは新一が高校生になった今も健在で作中でもその仲の良さが伺えます。喧嘩して1人日本に帰国した有希子を迎えに行くなど気障な一面もあり、新一からいつも呆れられています。
怪盗キッドの父である初代怪盗キッド・黒羽盗一とはライバルであり怪盗キッドの名付け親でもあります。当時を知る阿笠博士や有希子によると警察を手玉にとる怪盗1412号に興味を持ち、『1412』の部分を『KID』と読み間違えたことから愛称である『怪盗キッド』という名前が誕生しました。
新一の小学校時代の回想エピソードでは若かりし頃の工藤優作と黒羽盗一が登場していて、たった1文字だけのメッセージの送りあいをしていたことが判明します。当時は黒羽盗一が用意した暗号に関して新一が解いて行きましたが、現在になって実は父・工藤優作に当てたメッセージであったと分かりました。
工藤優作の初登場回である『江戸川コナン誘拐事件』はアニメ43話で放送されました。江戸川コナンの母を名乗る女性が現れコナンを連れて行こうとしますが、コナンは帰らないと言い張ります。江戸川コナンという偽の存在に両親など存在はしないのです。
結局、母を名乗る人物に連れていかれるコナンですが、その女性は江戸川コナンが薬で小さくなった工藤新一であることや父親が工藤優作で母親が工藤有希子であることも調べ上げていたのです。組織のメンバーではないかと思い危機感を持つコナンですが、無事に帰れるのでしょうか?
コナンを誘拐したのは母・有希子でその仲間は父・優作と阿笠博士であることが分かりますが、阿笠博士から事情を聞いて心配した2人が新一を迎えに来たのでした。結局、新一の覚悟を聞いた優作はアメリカに戻ることにしました。再び、毛利探偵事務所に預けられたコナンですが、その際に変装した有希子が養育費として1000万入った通帳を預けています。
アニメ96話で放送された登場回『追いつめられた名探偵!連続2大殺人事件』では、家出した有希子を迎えに来た優作が真相を知る人物として登場します。
エピソードの中で優作はあまり登場はしませんが、優作と喧嘩して1人で日本に帰国した有希子を追って迎えに来るシーンがありますが、有希子の怒りはまだ静まっていませんでしたが結局は負けてしまい帰るのでした。このシーンではコナンに呆れられながらも2人のラブラブな様子が伺えます。
また、このエピソードの事件ではいつものようにコナンが誰かを眠らせて事件解決するかと思われますが、最後の良いところを父・優作に取られてしまうのでした。優作の方が一枚上手だったのでした。
工藤優作の未発表小説と同じ筋書きの事件が起きるエピソード『上野発北斗星3号』はアニメ144話と145話で放送されました。以前の事件で知り合いになった旗本夏江がいる北海道に向かうコナンや蘭たちは、北斗星3号という寝台列車で優雅な旅を楽しむはずだった。
そんな中、コナン達が乗っていた車内で殺人事件が起きてしまいます。コナンはこの事件が幼い時に読んだ父・優作の未発表小説と同じ筋書きで進行していくことに気が付きます。犯人と思われる男・浅間は、優作の原稿を盗んだ人物でもありました。
なんとか事件は解決し、事件の犯人対して優作は『私の作品に感銘を受けたのであれば自首することをお勧めする』と言いました。未発表であった小説のラストは犯人が犯した罪を悔いて自首するという内容になる予定だったと優作の口から告げられました。ラストの工藤優作の行動にキュンとした方も多かったそうです。
工藤優作と有希子が老夫婦になりすます登場回『米花町グルニエの家』はアニメ418話で放送されました。このエピソードでは、離れていてもやっぱり我が子が気になり心配な2人の姿が見られます。そして工藤親子の対決は阿笠博士を味方につけた方が勝つという法則があることが判明しました。
放課後、コナンや少年探偵団は歩美が見つけた可愛い家を見に行くことになります。そこは3階建てで3街にはグルニエがありました。グルニエから外を覗いたコナンはそこから毛利探偵事務所が見えることに気が付きます。
翌日、再び見に行くと老夫婦がその家を買い取ったというのです。何か企んでいるように見える老夫婦、実は優作と有希子だったのです。その家のグルニエなら毛利探偵事務所が見えコナンの写真が撮れる事から1週間ほど借りていたのでした。

工藤優作にも未解決事件があった?!

唯一、工藤優作が未解決事件を出した登場回『工藤優作の未解決事件』はアニメ690話と691話で放送されました。10年前、あの工藤優作でさえも解けない未解決事件があったのですが、それには訳があったのでした。その際、優作は『死という文字を残す殺人犯は今後現れない』と言い残します。
蘭・園子・世良は路地で死亡している高市に気付きますが、肝硬変による静脈瘤破裂で死亡した可能性が高かったが、世良が地面の『死』という血文字を見て殺人と推理します。『死』と書かれた血文字は工藤優作がサジを投げた未解決事件と酷似していたのでした。
2つの事件は何も関連性がなく血文字があるものによって出来たものだったと判明します。また、なぜ優作は未解決事件にしたのかも最後で明かされました。工藤優作に解けない謎はなく、今回もあえて未解決事件として扱ったのでした。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81b%2BHlr5uEL._SL1441_.jpg
いかかだったでしょうか?ここまで『名探偵コナン』工藤優作を紹介していきました。有希子に比べて登場回が少ない優作ですが、新一の良き協力者であり親子と言えどもライバルとも言える存在ですが、新一がコナンとして組織と対峙していくごとにスマートな活躍してくれることを願いたいですね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BbXABTOgnfS/?hl=ja&tagged=%E5%B7%A5%E8%97%A4%E5%84%AA%E4%BD%9C