Vkgyusiewqlxvd849vxj

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】ファルコは顎の巨人で鳥の姿に?ライナーやガビとの関係も紹介

2021.08.01

進撃の巨人のファルコは、顎の巨人を継承し、鳥の姿になる人物です。最新話では、アニたちと行動しています。そんなファルコについて、ガビやライナー、死亡した兄との関係性から今後の活躍考察まで紹介します。進撃の巨人のネタバレを含むため、注意してください。

  1. 【進撃の巨人】ファルコ登場までのあらすじを紹介
  2. 【進撃の巨人】ファルコの基本プロフィールを紹介
  3. 【進撃の巨人】ファルコに関係してくる人物をおさらい
  4. 【進撃の巨人】ファルコが顎の巨人になるまでの経緯
  5. 【進撃の巨人】ファルコの巨人の姿は何故鳥に似ているのかを考察
  6. 【進撃の巨人】今後のファルコの活躍を予想!
  7. 【進撃の巨人】ファルコの声優を紹介
  8. 【進撃の巨人】ファルコは物語の鍵を握る人物になり得る

あらすじを紹介する上で、進撃の巨人のネタバレ要素を含みます。進撃の巨人に登場する主人公たちは、パラディ島で生活しています。しかし、壁の外には文明のある世界が広がっていることを、グリシャが残した記録により知るのです。この情報を知った約1年後にウォール・マリア内の巨人が殲滅され、シガンナ区の安全性が発表されました。

それにより、壁内の安全性が戻り、調査兵団も約6年ぶりに壁の外へ調査に行きます。調査で壁の外にある防波堤を見つけた調査兵団は驚いていました。ここまでが進撃の巨人90話の話で、その次の話である進撃の巨人91話に、ファルコが初登場します。ファルコは、マーレ編に突入した後、初めて登場するキャラで重要性がうかがえるでしょう。

ファルコが登場するまでのあらすじは、以下の記事でも紹介しています。進撃の巨人に関するあらすじを再確認したい方は、ぜひ参考にしてください。

進撃の巨人マーレ編で、初めに登場するファルコについて、基本プロフィールを紹介します。最新話時点で、アニたちと一緒にいるファルコですが、今後も重要人物になる可能性が高いです。ファルコの経歴や、人物像、特徴まで詳しく紹介します。ぜひ参考にしてください。

ファルコの経歴プロフィール

進撃の巨人に登場するファルコは、2月10日生まれの少年で、身長140cm、体重34kgのマーレ戦士候補生として登場するキャラです。ファルコのフルネームは、ファルコ・グライシスと言います。ネタバレになりますが、ファルコの叔父がかつて楽園送りになったことをきっかけに、叔父の潔白を示そうと兄であるコルトと共に候補生に志願したのです。

ファルコの人物像や特徴

進撃の巨人に登場するファルコは、内気な性格で思いやりがある少年です。そのため、周りからはいいやつと言われることが多くあります。また、同じ候補生であるガビのことを好きになり、彼女を守るために鎧の巨人の能力を継承したいと思っています。ファルコは、暗めの金髪が特徴的な人物です。

続いて、ファルコと関係のある進撃の巨人登場人物を振り返ってみましょう。ファルコは、思いやりのある少年なので、他人にも優しく接します。その優しさがあだとなってしまうこともありますが、候補生の中でも重要人物なので、関係のある人物をおさらいしておきましょう。進撃の巨人最新話までのネタバレを含みます。

【進撃の巨人】ファルコとガビの関係

ガビとファルコは、同じマーレ戦士候補生という関係性です。ファルコは、ガビが好きで、守りたいと思い、鎧の巨人を継承すると決めていました。ガビに対しては、恥ずかしいけど守りたい存在のように接する、かわいい一面もあります。

ネタバレになりますが、118話でファルコがガビに想いを伝えます。しかし、ガビは何とも思っていなかったようです。今後のガビとファルコの関係性も見どころでしょう。

【進撃の巨人】ファルコとライナーの関係

ファルコとライナーは、戦士と候補生の関係ですが、作中で決して仲がいいわけではありません。あくまでファルコは候補生、ライナーは戦士という立場で接しています。そのため、ファルコが9つの巨人を継承することに対して、侮辱するような発言をした際には、ライナーが本気で怒っている描写があります。ライナーについては、以下の記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

【進撃の巨人】ファルコとエレンの関係

ファルコとエレンの関係は少し特殊なのが特徴です。というのも、マーレ出身であるファルコと、パラディ島出身であるエレンには、関係がないように思われることが多いからです。しかし、マーレ編に突入した後、エレンは負傷した兵士と身分を偽称して、ファルコに近づきます。ファルコは、気づかない間にエレンがマーレにいるジークや仲間宛てに書いた手紙を運ぶ役割を担っていました。

最初は、負傷した兵士というエレンの言葉を信じ、優しく接していました。ネタバレになりますが、ライナーと会わせて欲しいというエレンの願いを叶え、ライナーと会わせると、正体がエレンだと気づきます。そして、驚いたような、自分はなんてことをしていたのだろうと落ち込むような顔をしていました。エレンについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【進撃の巨人】ファルコとコルトの関係

進撃の巨人に登場するファルコとコルトは兄弟で、同じ戦士候補生として登場します。コルトは、とても弟思いのキャラで、ジークの叫びにより巨人化したファルコに捕食され、自分が死亡してもいいからと、ファルコの傍から離れないような人物です。そのため、結果的に巨人化したファルコに、コルトは捕食され、死亡しました。弟を思い、兄が死亡するという悲しい運命をたどってしまう兄弟でもあります。

ファルコは、巨人化する際に抱き着いてきたコルトに対し、離れるように言います。それでも、コルトは死亡してもいいから、最後まで弟であるファルコと一緒にいることを選択しました。ファルコとコルトの兄弟愛が見れるのは、119話です。詳細が気になる方はぜひ読んでみてください。

続いて、ファルコが巨人になるまでの経緯を説明します。ファルコが巨人化してしまう理由となったのは、ワインの瓶で殴られそうになっているガビを守ったためでした。そのワインに、ジークの脊髄液が入っており、殴られた際に飲んでしまったのです。ファルコが、ジークの叫びによって巨人化する可能性があることを知ったガビやコルトは、ジークに叫びをやめるように説得しにいきます。

しかし、その思いは届かず、ジークは叫びを発動させ、ファルコは無垢の巨人になってしまいました。そして、巨人化するファルコを抱きしめていたコルトは、そのまま死亡します。無垢の巨人となったファルコは、ジークの命令により、ライナーを捕食しようとうなじに噛みつきました。

しかし、ネタバレになりますが、エレンとの戦いで回復不可能にまで追い詰められていた、顎の巨人であるポルコ・ガリア―ドが、自ら捕食され死亡します。ポルコは、たまたまポルコの兄を捕食してしまったユミルから顎の巨人を継承していました。

ポルコから能力を継承したファルコは、顎の巨人の能力を継承し、人間に戻ることができました。また、うなじに噛みつかれたライナーは死亡せずに、生き残ることになったのです。顎の巨人について正体や能力を以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ネタバレになりますが、顎の巨人の能力を継承したファルコは、それまでの顎の巨人の容姿とは全く違う、鳥のような見た目になりました。ここでは、なぜファルコが鳥のような姿になったのかを考察していきます。考察をする中で、最新話までのネタバレを含みます。進撃の巨人のネタバレを知りたくない方は、注意してください。

考察1:獣の巨人の能力で巨人化したから

一般的に候補生として訓練をした後、そのまま能力を継承しますが、ファルコの場合は、ジークの脊髄液で巨人化した後に継承しました。ジークが継承している巨人は、獣の巨人というものです。獣の巨人の見た目は、その名の通り獣のようになります。作中では、ジーク以外に獣の巨人の能力を継承した人物がいないため、比較ができませんが、ジークは猿のような見た目です。

しかし、もし獣の巨人の継承者の姿が全て猿のようになるのであれば、獣の巨人ではなく、猿の巨人と名付けられるのではないかと考察できます。そのため、ジークが猿のような見た目になったのはたまたまで、他の人物が継承した際には猿以外の獣の姿になると考察できます。

そう考えると、獣の巨人の能力で巨人化してから顎の巨人になったファルコが、鳥のような獣の姿になったのは妥当だと言えるでしょう。このような理由から、ファルコは鳥のような見た目になったのではないかと考察できます。

考察2:鳥をイメージしたキャラだから

考察1以外にも、元々ファルコは鳥をイメージしたキャラだから巨人化した際に、作者が鳥のような見た目にしたのではないかという意見もあります。ファルコは登場時に空を見上げ鷹に手を伸ばしているような描写が特徴的です。さらに、ファルコという名前は、鷹の英語読みであるファルコンから付けているのではないかとも言われています。

そのため、顎の巨人以外を継承したとしても、作者の中で元々ファルコを巨人化させ、鳥の姿にすることが決まっていたのではないかと考察する方が多いです。

顎の巨人を継承し、鳥のような姿になったファルコは今後どのような活躍をするのでしょうか。進撃の巨人132話でファルコは、アニやガビと共に船にいます。エレンたちとは、全く違う場所にアニたちといるわけですが、今後のファルコの活躍を考察していきます。

エレンは、自由を求めている主人公です。そのため、エレン巨人は鳥籠の中で、自由を求めているような存在とも言えます。そんなエレンが自由のために旅立つためには、鳥であるファルコの存在が大きく関わってくると考察できます。これまでに、たくさん登場した巨人の中でも、ファルコは唯一鳥の巨人です。そのため、今後も重要な人物になると言えるでしょう。

さらに、アニは進撃の巨人序盤から眠りについていたので、今後のマーレ編で活躍の場が用意されている可能性が高いです。そのため、アニと一緒にいるファルコも今後の展開に絡んでくる可能性が高いでしょう。アニとファルコが船から戦場にどのように加わり、どのような行動を取るのかが鍵になると思われます。

最後に、ファルコの声優を務める人物について紹介します。マーレ編で重要な役割を持っている可能性が高いファルコの声優は誰が務めているのでしょうか。

ファルコの声優は花江夏樹

進撃の巨人に登場するファルコの声優を務めているのは、花江夏樹です。花江夏樹は、神奈川県出身でアクロスエンタテイメントに所属しています。2009年11月から声優として、アクロスエンタテインメントに預かり所属し、2012年に正式に所属することになりました。正式に所属した2012年から声優として活躍している人物です。

また、声優を務めながら2018年12月からYouTubeでゲーム実況も行っています。声優としてもYouTuberとしても活躍している人物です。

花江夏樹の出演作品

進撃の巨人以外で、花江夏樹が出演している作品は、鬼滅の刃が有名でしょう。花江夏樹は、鬼滅の刃主人公である竈門炭治郎(かまどたんじろう)を演じています。その他にも、東京喰種(トウキョウグール)主人公である金木研も演じている人物です。

ファルコ以外の進撃の巨人に登場するキャラについて、以下の記事で声優を紹介しています。声優について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

進撃の巨人最新話時点でアニたちと行動を共にしているファルコですが、鳥の巨人であるため、進撃の巨人の物語に大きく関わってくる可能性が高いです。また、一緒にいるアニも今後どのように物語に絡んでくるのか見どころでしょう。

兄の死亡という悲しい運命を乗り越え、戦うファルコの行動に期待しましょう。そして、これからの進撃の巨人の展開を予想しながら、ぜひ楽しんでください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ehHMke4-L._AC_SL1200_.jpg