Jc081nfsjuhxht0yp5bo

約束のネバーランド

CATEGORY | 約束のネバーランド

【約束のネバーランド】七つの壁の正体がヤバい|行き方~攻略法や最後の結末も紹介

2021.08.03

『約束のネバーランド』では、エマが鬼の頂点のもとへ訪ねるための鍵として七つの壁というものが出てきます。約束のネバーランドの重要な要素である七つの壁の行き方や考察、鬼の頂点の正体、そして「ごほうび」の謎や結末などをネタバレ込みで紹介していきます。

  1. 【約束のネバーランド】七つの壁とは
  2. 【約束のネバーランド】七つの壁へのヒント
  3. 【約束のネバーランド】7つの壁にはどうやって行ける?
  4. 【約束のネバーランド】扉の向こう側にあったもの
  5. 【約束のネバーランド】迷宮は潜在意識の表れだった?
  6. 【約束のネバーランド】鬼の頂点と対面
  7. 【約束のネバーランド】七つの壁に全ての謎がある

約束のネバーランドに登場する「七つの壁」は、物語において欠かせない重要な要素の一つです。この七つの壁がどんなものなのか、その正体を紹介します。また、物語の結末にも近づくことになるため、まだ未見の方はネタバレに注意してください。


鬼と人間界の繋がるところ?

七つの壁というワードが初めて出てきたのは、エマとムジカの別れ際のシーンです。ムジカはエマに対するアドバイスとして、「七つの壁を目指しなさい」という言葉を伝えていました。これを機に、エマは数々の窮地を乗り越えて七つの壁を目指すようになります。

七つの壁とは、約束のネバーランドにおける鬼と人間が分断された世界で、唯一両者が交わることのできるところです。そしてそこには、鬼の頂点と呼ばれる存在がいます。この鬼の頂点に会うために、エマは七つの壁へ行こうとしていました。

この七つの壁への行き方には当初謎が多かったのですが、徐々に行き方のヒントが明らかになります。この七つの壁の行き方に繋がるヒントは、物語の結末にも繋がっているため、ネタバレに注意してください。

クローネのペン

時系列は、エマたちがグレイス=フィールドからの脱出を企てていた時にまでさかのぼります。クローネがイザベラによって出荷される前に、密かに隠し持っていたとあるペンを部屋の棚に隠しました。それは、ミネルヴァが食用児の脱出を助けるために用意した「七つの壁」への行き方を記したものでした。そのペンには以下の内容が記載されていました。

「クヴィティタラの竜の目で昼と夜を探すべし。まず北へ10里、次に東へ10里、次に南へ10里、次に西へ10里。天へ10里、地へ10里。砂のはざまで矢が止まり日が東へ沈むとき地がなき壁は現れる。彼と我らをへだつもの。すなわち七つの壁なり。」

こちらの伝承については後々解説していきます。

クヴィティダラで見たもの

上述のペンを頼りにクヴィティタラへ辿り着いたエマは、一時的に七つの壁を越えた先にある世界に入りました。そこで初めて、鬼の頂点と邂逅したのです。また、竜の姿をした生物や、クヴィティタラの過去の光景などを見せられていました。

行き方を知らないとはいえ、一度は七つの壁を越え鬼の頂点に会うことが出来たエマは、その後もあきらめずに七つの壁の攻略を続けました。そしてついに、エマは七つの壁の行き方を攻略することに成功します。ここから先はネタバレに注意してください。

扉が出現

エマはミネルヴァのペンに記されたヒントを解読することに成功しました。それは七つの壁への行き方のプロセスだったため、そのプロセスに沿って実践したのです。満月の夜という状況下で、用意した金の水の中に自分の血を入れ、ヴィダという吸血樹の花でかき回すことで花を咲かせました。その後、七つの壁の扉が登場します。

扉の先にあったのはGFハウス?

七つの壁の扉を超えた先には、なんとGFハウスがありました。そっくりそのままのハウスの光景が広がっており、まるでハウスに戻ってきたような感覚をエマとレイは体感していました。

エマたちは七つの壁の扉を超えて、更に先へと進んでいきました。しかしそこには、GFハウスとなっていたのです。この摩訶不思議な現象と、エマたちがそれを突破していく様を解説していきましょう。

GFハウスは迷宮化していた

エマとレイがいるGFハウスは本物と瓜二つであったものの、不思議なことに迷宮化していました。さまよう中でエマたちに鬼の頂点は「ななつのかべはこのなかにある」と語り掛けており、壁を越えて会いに来てほしい態度を取っていました。

7つの壁とは物理的限界の事?

七つの壁を超えるにはこの迷宮を突破する必要があります。しかし、エマとレイはさまよい続けたままでした。そんな中で、レイはあることに気付きます。七つの壁とは、東西南北の四方向に、天地=上下の二面、そしてそこに時間という概念が足された「時空の物理的限界」だということです。

エマ、砂漠にたどり着く

ヒントを得るも謎が解けないまま、エマたちはいつの間にか迷宮化したGFハウスから砂漠へと移動していました。

砂漠に辿り着いたエマとレイは、必死にどう先へ進むか考え続けます。そこで、エマはあることに気付いたのです。迷宮と砂漠の正体とそれに対する考察、そして七つの壁の超え方について解説します。まだ未見の方は、ネタバレに注意してください。

鍵は頭の中にあった

「ななつのかべはこのなかにある」という鬼の頂点の発言通り、七つの壁はこの迷宮化したGFハウスや砂漠の広がる場所に最初から存在していました。この物理的限界は、「砂のはざまで矢が止まり日が東へ沈むとき」というペンの記述から時空だということが判明しており、日が東へ沈む=時間の逆行を意味します。それをエマは試みた結果として、自分の身体が小さくなったのです。

時間を巻き戻すのは意識的に行うことであり、自分の頭と精神的な一面の中で「時間を巻き戻す」と強く思うことで、先述の現象が起きたとエマは言いました。また、エマはこの場所には正しい姿があり、それを把握できないがゆえに迷宮化したりしていたと考えていました。

黒い穴出現

レイもエマに続いて、頭の中で時間を巻き戻すイメージをします。そうすると、周囲の景色は一変し、立方体で構成された空間が現れました。これこそが本来の姿なのです。その後に、突如として二人の背後に黒い穴が出現しました。二人が七つの壁を越え、この場所の本来の姿を捉えたことで、黒い穴が出現したのです。レイはそれをワームホールか何かだと推測し、エマはこの先に鬼の頂点がいると確信します。

エマとレイは黒い穴に触れました。その直後に、レイだけがアジトに戻されました。一方で、エマはアジトには戻っておらず、黒い穴の先へと進むことに成功していました。

黒い穴の先へ進んだのはエマだけでした。そして彼女はついに、鬼の頂点を邂逅することに成功しました。そこで、鬼の頂点の正体や、レイがいけなかった理由、鬼の頂点が求めるごほうび等について、考察とネタバレを交えて解説していきます。

鬼の頂点とは誰

鬼の頂点とは、鬼の世界に君臨する女王レグラヴァリマよりも格上の存在であり、七つの壁を超えるという超常的な方法でしかたどり着けない特別な場所にしかいません。過去にも約束を交わしており、鬼と人間を棲み分けさせ世界を二分化した張本人でもあります。それを可能にする力を持ちつつも、子供のような無邪気な一面も持っているのです。また、約束のネバーランド史上最も謎が多く未だに考察されています。

レイはなぜたどり着けなかったのか

エマはたどり着けましたが、レイは黒い穴に触れるとアジトに戻ってしまいました。彼がたどり着けなかったのは、エマとは違って自分の頭を完全に信じ切ることができなかったからだと考察されています。エマは時間を巻き戻すことについて、根拠はないものの行けると信じていました。一方でレイは、半信半疑の状態だったので、七つの壁を超えることができなかったのです。

エマの狙いとは?

エマは、全ての食用児の解放と人間と鬼の完全な棲み分けを望んでいます。それを叶えるべく、鬼の頂点に会って約束を取り付けようと動いているのです。また、七つの壁について一連の謎が解ける中で、ヴィダの花を用いる儀式が鬼の頂点のためであることも発覚しました。

97話では、エマが「交わされたもう一つの約束」というヒントを得ていました。そのもう一つの約束とは、過去にも鬼の頂点は約束を交わしていたということを指しています。1000年前にラートリー家の一人であるユリウスが、レウウィス大公に取引を持ち掛け、二人で鬼の頂点へ世界の二分化を約束させるというものでした。しかし、それには代償として「ごほうび」を与えなければなりませんでした。

代償のごほうびとは

鬼の頂点との約束には、代償としてごほうびを要求されます。当時の約束に対するご褒美は二つありました。一つ目は、その年で一番上質な食用児を提供することで、二つ目は、ラートリー一族が代々これからの調停役を担っていくことでした。ユリウスとレウウィス大公は、これらのごほうびを提供することを受け入れ、約束は交わされました。

同じくエマも、新たな約束を取り付ける際に鬼の頂点からごほうびを求められました。エマはそれを受け入れ、約束を締結させることに成功したのです。そのごほうびの全貌は、ぜひ本編を追って自分の目で確かめることをおすすめします。

約束のネバーランドの世界に潜む謎の多くは、物語の結末に近づいていくにつれて徐々に紐解かれていきます。その中でも重要な要素なのが七つの壁なのです。また、鬼の頂点の正体にも繋がっているので、様々な考察をみるのもおすすめです。約束のネバーランドの結末を見届ける上で、七つの壁を抑えておくのは必要不可欠と言えるでしょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1GeMJMKeCL.jpg