B3zamt8ruy0ih6btnceg

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】ライナー・ブラウンは悲劇の男?鎧の巨人でマーレ戦士の男の目的とは

2021.08.01

進撃の巨人のライナー・ブラウンはかわいそうと言われています。マーレ戦士で鎧の巨人の正体であるライナーは、なぜかわいそうなのでしょうか。ベルトルトやエレンとの関係から目的、死亡の有無、声優まで進撃の巨人のネタバレを含みながら紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  1. 【進撃の巨人】ライナー登場までのあらすじを紹介
  2. 【進撃の巨人】ライナーの基本プロフィールを紹介
  3. 【進撃の巨人】ライナーの正体は鎧の巨人
  4. 【進撃の巨人】ライナーの目的
  5. 【進撃の巨人】ライナーが二重人格になった理由
  6. 【進撃の巨人】マーレ編でのエレンとの邂逅
  7. 【進撃の巨人】始祖奪還のため再びパラディ島へ
  8. 【進撃の巨人】「地ならし」を止めるため最後の戦いへ
  9. 【進撃の巨人】ライナーの名言・名シーンを紹介
  10. 【進撃の巨人】ライナーの声優
  11. 【進撃の巨人】ライナーの最後まで目が離せない

ライナーがどのような人物で、なぜかわいそうと言われているのかを知るためにも、まずはライナーが登場するまでのあらすじを振り返ってみましょう。進撃の巨人のあらすじを紹介するうえで、ネタバレ要素を含みます。進撃の巨人のネタバレが苦手な方は、注意してください。

進撃の巨人の序盤は、巨人の脅威から人間を守るために壁内で生活しているパラディ島がメインになっています。進撃の巨人の主人公であるエレン・イェーガーの母親は、壁内に侵入してきた巨人の手により死亡しました。そのため、エレンは巨人を駆逐するという目的で、調査兵団になるべく、104期訓練兵に志願します。かわいそうと言われているライナーは、エレンと同じ104期生として登場しました。

進撃の巨人のあらすじは、以下の記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

続いて、ライナーのプロフィールを確認しましょう。ライナーについて紹介するうえで、ネタバレ要素を含みます。苦手な方は注意してください。

ライナーの経歴プロフィール

ライナーは、身長185cm、体重95kgの大柄な男性です。8月1日生まれの14歳で、104期生訓練兵に志願します。その後、17歳で訓練兵を卒業し、調査兵団へ入団しました。同じ104期生であるベルトルトとは同郷の仲で、訓練兵時代も常に一緒に行動しています。マーレ編に突入してからは、身長は188cmと伸びたものの、体重は83kgに減りました。体格の変化もライナーがかわいそうと言われる原因でしょう。

ライナーとベルトルトの関係については、以下の記事で詳しく紹介しています。2人の関係性について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ライナーの人物像や特徴

ライナーは、104期訓練兵の中で最年長ということもあり、周囲の訓練兵から慕われ、頼られる存在でした。104期訓練兵が巨人に襲われ、死亡するかもしれない中、自ら巨人に立ち向かう姿が特徴的です。冷静で責任感が強い性格で、巨人に対しても勇敢に立ち向かいます。進撃の巨人アニメ版では、金髪が特徴的な大柄な男性でした。

ネタバレになりますが、ライナーの正体は鎧の巨人です。調査兵団に入団したあと、エレンに自分の正体が鎧の巨人で、ベルトルトの正体が超大型巨人だと明かしたのです。そもそも巨人とはどのような存在なのでしょうか。

巨人の存在とは?

そもそも巨人は、進撃の巨人の世界に最初から存在していたわけではありません。進撃の巨人の主人公であるエレンが生きている時代には、死亡している始祖ユミルという人物が、大地の悪魔と契約したことで巨人化の能力を得たのです。始祖ユミルは、死亡するときに自分の能力を9つに分け、子供たちに受け継ぎました。その結果、9つの巨人という知性巨人が誕生したのです。

そして、巨人たちの脊髄液を活用して、エルディア人を巨人化させる注射が誕生しました。マーレ国内では、この注射液を利用してマーレ人に反発するエルディア人を巨人化させ、国内から追放するという行為をしていたのです。巨人化する注射を打たれたエルディア人は、知性を持たない無垢の巨人と化し、人間を襲うようになります。

パラディ島内に住むエルディア人のほとんどは、知性巨人の存在を知らず、無垢の巨人におびえながら生活しています。一方で、マーレ国内では、知性巨人を持つエルディア人をマーレ戦士として称えていたのです。2つの国の中で、巨人は全く違う存在でした。

鎧の巨人の能力

ネタバレになりますが、前述したようにライナーの正体は鎧の巨人、ベルトルトの正体は超大型巨人です。鎧の巨人の能力は、どの巨人よりも硬い硬質化が利用できます。そのため、知性巨人の中でも盾として戦うことが多くあります。全身が硬質化できると言っても、関節部分は硬質化できないため、弱点は関節部分です。そのため、接近戦に持ち込まれ関節技を決められると、身動きが取れなくなります。

盾としては強力な能力ですが、巨人同士で1対1の戦いを行うとなると不利になったり、怪我したりする機会も多くあります。そのため、かわいそうと言われることもあるのです。

ライナーの正体は、9つの巨人の1つである鎧の巨人を継承しているマーレの戦士です。ライナーはどのような目的を持って、パラディ島にやってきたのでしょうか。そもそも、マーレの戦士をパラディ島内に送った目的は、マーレ政府が始祖の巨人を奪還したかったからです。始祖の巨人は、当時エレンの手に渡っており、エレンは能力について自覚していませんでした。

104期生に紛れ込んだマーレ戦士数名は、始祖の巨人は王家の人間が所有していると思っていたため、憲兵団への入団を最初の目的としていました。しかし、進撃の巨人の物語が進む中で、エレンが巨人化できることを知ったライナーは、エレンと同じ調査兵団に入団します。そして、エレンの行動を監視していたのです。

ライナーは、エレンと行動を共にする中で、エレンが始祖の巨人の能力を所有していることを知りました。そのため、ライナーとベルトルトは、当初の目的通りマーレにエレンを連れ去ろうとします。しかし、調査兵団に阻まれ目的を果たせず、ライナーベルトルト、ユミルだけでマーレに帰ることになりました。

ライナーは、進撃の巨人の物語が進む中で二重人格であることが判明します。その結果、かわいそうと言われることになりました。ライナーは、なぜ二重人格になり、どのシーンで二重人格だと判明したのか解説します。ライナーの二重人格について紹介するうえで、進撃の巨人の最新話までのネタバレを含みます。ネタバレが苦手な方は、注意してください。

ライナーの二重人格と思しきシーン

ライナーが二重人格であると言われる理由の1つ目は、エレン奪還作戦時にしたエレンとの会話です。調査兵団から逃げ切るために、巨人化したまま巨大樹の森に逃げ込んだライナー、ベルトルトは、木の上で一旦休憩をしていました。エレンは巨人化能力についての情報を聞き出そうと会話をしますが、ライナーは兵士対兵士で会話をしているつもりだったのです。

そのため「ウトガルド城での功績をたたえて兵士として昇格したい」や「クリスタは自分に気がある」などと兵士側にたって発言します。ユミル、エレンは違和感を感じ、ライナーに伝えますが、ライナーはエレンたちが何を言っているのか理解できません。そのため、親しかったベルトルトが「兵士じゃないだろ?」と聞くと「そうだった」とようやく自分の正体はマーレ戦士だと理解したのです。

今まで頼りになっていたライナーの精神がここまで追い詰められていたと知った読者から、かわいそうという声が殺到しました。

続いて、同じ104期生だったマルコが死亡したときの話がマーレ編ででたシーンです。訓練兵時代のライナー、ベルトルト、アニの3人は、マルコが自分たちの正体に気づいていると察知し、暗殺計画を企てました。巨人が蔓延る進撃の巨人の世界で、人間1人を殺すことは簡単です。マルコの立体起動装置を奪い、逃走手段を奪ったところで巨人に捕食させます。その結果、作戦通りにマルコは死亡しました。

ライナーが二重人格であると言えるシーンは、その後です。マルコの立体起動装置を奪うように指示したのは、ライナー自身です。周囲に巨人がいる状況で立体起動装置を奪えば、死亡することは容易に想像つくでしょう。しかし、マルコが捕食されるのを見たライナーは「なんでマルコが捕食されているんだ」と思い、マルコを食べた巨人を殺すのです。

ライナー自身が死亡させたといっても過言ではない状況で「なんで捕食されているのか」という発言が出る時点で、二重人格であると言えるでしょう。長らくマルコが死亡した詳細は明かされていませんでしたが、マーレ編で104期生にライナー自身が打ち明けます。マルコと仲が良かったジャンに、ボコボコにされるライナーの事情や心情を知っている読者はかわいそうと思ったのです。

マルコについては、以下の記事で詳しく紹介しています。気になる方は、ぜひ参考にしてください。

ライナーが二重人格になった理由

ライナーが二重人格になった理由は、精神の弱さが関係しています。ライナーは幼少期時代にパラディ島に住むエルディア人は悪魔だとマーレで教え込まれていました。そのため、パラディ島に来る前はマーレの戦士として目的を持って行動することができていたのです。しかし104期生として行動するうちに、壁内にいるエルディア人にも色々な人がいることを知ってしまいます。

さらに、マーレの戦士になるための候補生の中で、ライナーは1番劣っていたため、本来は鎧の巨人を継承するはずではなかったのです。しかし、同じ候補生であったファルコが弟であるポルコに9つの巨人の継承者になってほしくないという思いから、ライナーの印象操作を行い、鎧の巨人を継承しました。

マーレで落ちこぼれていたライナーが、パラディ島では頼れる兄貴分として慕われ、兵士としての自分を認めてしまったのも原因でしょう。その結果、二重人格になりマーレ兵士と調査兵団にいる自分のどちらが本物か分からなくなっている様子からかわいそうと言われていました。

続いて、マーレに戻ったライナーがエレンと再会する流れを紹介します。マーレ編のネタバレを含むので、進撃の巨人の最新話までのネタバレを避けたい方は、注意してください。

【進撃の巨人】エレンとライナーの再会

マーレ編で再登場したライナーは、エレンと再会します。エレンは、マーレ国内の病院でクルーガーと名乗り、戦士候補生であるファルコに近づきました。そして、ファルコの信用を得て、マーレ国内にいた仲間に当てた手紙をファルコに運ばせていました。エレンは、手紙を複数回送ったあとライナーに会わせて欲しいとファルコにお願いするのです。

ファルコは完全にエレンを信頼していたため、ライナーに会わせます。しかし、クルーガーと名乗っていたエレンを見たライナーの言動からエレンであることに勘づくのです。エレンと再会したライナーは「自分を殺してほしい」とエレンに言います。しかし、エレンはそれを断り、ライナーに話をしにきただけでした。

マーレに戻ったライナーは、鎧の巨人としての目的を果たせなかったために、処刑されそうになりました。しかし、マーレに尽くすことで死刑を免れたのです。マーレに尽くし、鎧の巨人としての役目を果たし続けたライナーの精神はボロボロになっていきました。

その様子を見て読者はかわいそうと感じたようです。自分のことを殺してほしいというほど、追い詰められたライナーにかわいそうと思う読者が多かったのでしょう。

【進撃の巨人】エレンの巨人化

再会し、地下で話をしていたエレンとライナーは、地上で演説をするヴィリー・ダイバーの演説が聞こえていました。エレンは、自分が同じ境遇にあると伝え、最後まで敵を駆逐するとライナーに伝えます。そして、地上でヴィリー・ダイバーがエレンに対し、宣戦布告をしたと同時にエレンは巨人化しヴィリー・ダイバーを死亡させました。

ダイバー家の人間は、舞台袖でヴィリーの演説を聞いていたため、エレンが巨人化した際に崩れた建物の下敷きになります。巨人化したエレンは、戦鎚の巨人の能力を継承していたヴィリー・ダイバーの妹と戦闘を開始します。戦鎚の巨人に苦戦しながらも、エレンは勝利し、ヴィリー・ダイバーの妹はエレンに捕食され死亡しました。

死亡した戦鎚の巨人の能力を得たエレンは、パラディ島に帰ります。しかし、ライナーたちマーレ軍は、始祖の巨人を奪還するためにパラディ島内に攻めてきたのです。パラディ島にライナーたちマーレ軍が攻めるところから、エレンが地ならしを起こすところまでを紹介します。進撃の巨人最新話までのネタバレを含むので、注意してください。

【進撃の巨人】ライナーvsエレン

マーレ政府は一旦体制を整えて、パラディ島内に攻め込むべきだと考えますが、ライナーはそれを反対し、今すぐに攻め込むべきだと考えます。そして、マーレ軍はすぐに追いかけ攻め込むことを決めました。パラディ島内に攻め込んできたライナーたちマーレ軍は、エレンと闘うことになります。ライナーがエレンの元に来て、エレンvsライターの戦いが始まりました。

白熱した戦いを繰り広げますが、マーレ戦士であるポルコが参戦します。ポルコの正体は、顎の巨人です。エレンは、戦鎚の巨人の能力で、地中から槍を出現させ、鎧の巨人と顎の巨人を串刺しにします。エレン優勢かと思われましたが、遠距離から車力の巨人と兵士がエレンの頭部を撃ち抜きました。車力の巨人の正体は、ピークという女性です。

エレンがそのまま殺されそうになりますが、ジークが助けに来ます。ジークの正体は、獣の巨人の能力を所有するマーレ戦士でありながら、エレンの兄でもあり、エレンを助けたいと思っている人物です。そのため、エレンを守るために「叫び」を発動します。周囲にいたエルディア人が次々と巨人化し、戦況は逆転しました。その結果、エレンはジークの元へたどり着きます。

9つの巨人については、以下の記事で詳しく紹介しています。9つの巨人について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【進撃の巨人】エレンとジークの接触

死闘の末、ジークの元へたどり着いたエレンは、気が付くと1本の木の前にいました。ジークいわくそこは「座標」と呼ばれている場所で、始祖ユミルの姿もありました。ジークの目的は、全てのエルディア人を安楽死させることです。しかし、エレンの目的は壁外の人類を全滅させるために、地ならしを発動することでした。ジークは、エレンがグリシャに洗脳されていると思っていたため、エレンに過去の記憶を見せます。

1度はジークの目的を叶えるために、始祖ユミルは行動を起こします。しかし、エレンの「2000年前から誰かを待っていた」という言葉に反応し、始祖ユミルは涙を流しました。それと同時に現実世界では、地ならしが発動し、パラディ島を守っていた巨人の壁が崩壊します。そして、壁内にいた超大型巨人が多数出現しました。

続いて、地ならし発動後の進撃の巨人を紹介します。進撃の巨人最新話までのネタバレを含むので、注意してください。地ならしを発動した後のエレンは、パラディ島に住むエルディア人以外を、全滅させるために行動しています。そんな中、一部の調査兵団と数名の元104期生がそれぞれ行動を起こします。

ライナーは、コニー・アニ・アルミン・ミカサ・ガビ・ファルコに起こされ、一緒に行動するのです。ハンジたちと合流し、エレンを止めるために行動します。エレンたちを止めたいハンジ派と、エレンが起こす地ならしに賛成しているイェーガー派の戦いが始まりました。ガビについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

続いて、ライナーの名言や名シーンを紹介します。かわいそうと言われるライナーですが、104期生の中でもマーレ戦士の中でも頼れる存在として慕われていました。そのため、いくつか名言・名シーンが存在するので、参考にしてください。名言や名シーンを紹介するうえで、ネタバレ要素を含みます。ネタバレを避けたい方は、注意してください。

【進撃の巨人】ライナーの名言:お前の言いたいことはわかった。

お前の言いたいことはわかった。でもな…それじゃあやっぱり無責任だと思うぞ。俺達は兵士だろ?いくら不利な状況でも逃げてはいけない時がある。守る対象が脅威に晒された時、その間に入って盾にならなければならない。相手が何であろうとだ。俺達は大砲でも格闘術でも、使いこなして力をつけなきゃならん…それが…力を持つ兵士としての責任だと思う…俺は…

進撃の巨人第17話でライナーが発言した言葉です。104期訓練兵として格闘術を練習していたライナーとエレンの会話です。エレンは、巨人に有効ではない格闘術を訓練兵が教わる必要はないと言います。すると、ライナーはもし人を相手にしたときはどうしたらいいのかと問いました。エレンは、逃げればいいと答えます。それに対する答えが、ライナーの名言でした。

一件、兵士として発言しているようで、マーレの戦士の立場としても取れる発言です。しかし、エレンはこの言葉に考えさせられ格闘術をしっかり練習するようになりました。

【進撃の巨人】ライナーの名言:もう俺には…

もう俺には…何が正しい事なのかわからん…ただ…俺がすべきことは、自分した行いや選択した結果に対し戦士として最後まで責任を果たすことだ。

進撃の巨人10巻でライナーが発言した内容です。ウトガルド城での戦いを終え、壁上でエレンとライナー、ベルトルトが会話をしていました。ライナーが突然、自分の正体は鎧の巨人でベルトルトの正体は、超大型巨人だと言い始めたのです。ベルトルトは、驚いてライナーを止めようとしますが、そのまま会話を続けました。エレンも疲れているからだろうと流そうとしますが、ライナーは止まりません。

104期訓練兵の中で生活する間に、ライナーの精神は限界を迎え、暴露するしかなかったのでしょう。最後には、ベルトルトも覚悟を決め、エレンとユミルを連れ去ることにしました。ライナーの無茶な行動にベルトルトも覚悟を決め、行動を起こしますが、結果的に失敗に終わります。しかし、ライナーの精神状態を守るためにも、ベルトルトが一緒に行動したのは正解だったと言えるでしょう。

最後に、ライナーの声優を務めている人物を紹介します。ライナーの声優を務めている人の特徴から、進撃の巨人以外で出演している作品まで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ライナーの声優は細谷佳正

ライナーの声優を務めているのは、細谷佳正です。広島県出身の声優で、元々は海外ドラマや映画の吹き替えをメインに活動を行っていました。しかし、2007年にアニメの声優を務めてから知名度が増し、本格的にアニメの声優として活動を始めます。

細谷佳正の出演作品

細田佳正が進撃の巨人以外で声優を務めている作品をいくつか紹介します。例えば、ハイキューの東峰旭や僕のヒーローアカデミアの常闇踏影などの声優を務めている人物です。その他にも、様々な人気作品の声優を務めています。

進撃の巨人に登場するキャラの声優は、以下の記事で詳しく紹介しています。ライナー以外の声優について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ライナーは、幼少期の体験や104期生と戦士の間で葛藤する様子からかわいそうと言われているキャラです。しかし、最新話ではエレンを止めるという目的を達成するために、勇敢に行動しています。今後物語が進む中で、ライナーが活躍する様子があるのか、任期を終え死亡することになるのかが見どころでしょう。今後もライナーの行動に注目して、進撃の巨人を楽しんでください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41IhNxK3RrL._AC_.jpg