Ksem1b3n2emt3xa3iccq

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】ロッド・レイスが巨人になれない理由|超超大型巨人になって得たい目的とは

2021.01.29

進撃の巨人のロッド・レイスの正体は、レイス家の当主でありクリスタの父親です。今回は、ロッド・レイスについてネタバレを含みながら目的や超超大型巨人と呼ばれるほどの大きさを持つ奇行種になった経緯を紹介します。ぜひ、最後までご覧ください。

  1. 【進撃の巨人】ロッド・レイス登場までのあらすじ
  2. 【進撃の巨人】ロッド・レイスの基本プロフィールを紹介
  3. 【進撃の巨人】レイス家とは
  4. 【進撃の巨人】ロッド・レイスが巨人化するまでの流れ
  5. 【進撃の巨人】超超大型巨人とは?倒し方まで紹介
  6. 【進撃の巨人】ロッド・レイスが自らエレンを捕食しなかった理由
  7. 【進撃の巨人】ロッド・レイスの声優
  8. 【進撃の巨人】ロッド・レイスは作中屈指の謎の人物

ロッド・レイスについて紹介する前に、まずは進撃の巨人のあらすじを振り返ってみましょう。ここでは、最新話まで紹介するのではなく、ロッド・レイスが登場するまでのあらすじを紹介します。ロッド・レイスがどのようなシーンで登場するのか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。しかし、紹介する中で進撃の巨人のネタバレを含みます。

進撃の巨人の世界には、人類を捕食する巨人が存在し、巨人から身を守るために造られた壁で囲まれたパラディ島がメインの物語です。約100年の間パラディ島内の平和は保たれていましたが、超大型巨人の攻撃により壁に穴が開き、多数の巨人が攻めてきます。巨人の攻撃により、進撃の巨人主人公であるエレンの母親が死亡しました。エレンは巨人を恨み「巨人を駆逐する」という目標を立てます。

そして、104期訓練兵に志願し、エレン自身も巨人化能力を持っていることが判明しました。その後、調査兵団に入団しさまざまな巨人との戦いを経て、同じ104期生であったクリスタ・レンズが、実は王家の血を引く「ヒストリア・レイス」だと判明するのです。パラディ島の王政は、始祖の巨人の能力を所有しているエレンと王家であるレイス家のヒストリアを重要視し、2人を調査兵団から奪おうとしました。

もちろん、調査兵団は2人を渡す気はありません。そのため、新リヴァイ班の一員である2人と共に民家に移動しました。そして、新リヴァイ班のメンバーに向け、ヒストリアが自分の過去を話した時に、ロッド・レイスは初登場します。ロッド・レイスが進撃の巨人に初登場したのは、第52話です。

以下の記事では、進撃の巨人のあらすじを時系列別に分かりやすく紹介しています。進撃の巨人のあらすじを詳しく振り返りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

続いて、進撃の巨人のロッド・レイスについて、基本プロフィールを紹介します。ロッド・レイスがどのような人物なのか紹介するため、ぜひ参考にしてください。紹介する中で、進撃の巨人のネタバレ要素を含みます。

【進撃の巨人】ロッド・レイスの経歴プロフィール

ロッド・レイスは、パラディ島に住む真の王であるレイス家の当主として登場します。正妻との間に5人の子供がいましたが、使用人とも関係を持ち、ヒストリアが誕生しました。ロッド・レイスの兄であるウーリから始祖の巨人を継承した娘、フリーダがグリシャに襲われ死亡した過去を持っています。身長158cm、体重68kgの男性で、読者からは「クズ」や「気持ち悪い」と言われています。

フリーダから始祖の巨人の能力を奪ったグリシャについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【進撃の巨人】ロッド・レイスの人物像や特徴

進撃の巨人に登場する時のロッド・レイスは、レイス家の血を引くヒストリアを利用しようとしていました。しかし、若い頃は巨人を駆逐するという目標を持っており、かつて始祖の巨人を継承していた父親を説得するシーンもあります。進撃の巨人アニメで登場したロッド・レイスは、小太りで刈り上げが特徴的でした。

続いて、ロッド・レイスが当主を務めるレイス家の正体について、なぜパラディ島の真の王家と言われているのかなどを詳しく解説します。解説する中で、進撃の巨人のネタバレ要素を含みます。ネタバレを避けたい方は、注意してください。

【進撃の巨人】レイス家の正体

進撃の巨人に登場するレイス家の正体は前述した通り壁内の王です。しかしレイス家は、表立って王と名乗っていません。ネタバレになりますが、現在のパラディ島の王として名乗っているフリッツ王は、偽物なのです。元々パラディ島を創った145代フリッツ王が、真の王族を隠すために名前をレイス家に変え、偽のフリッツ王を指名したのです。

そして、145代フリッツ王が所有していた始祖の巨人を代々継承していました。また、レイス家の一族は、約1870年前に大地の悪魔と契約したとされるユミル・フリッツの子孫達です。進撃の巨人の物語が進む中でレイス家の正体が判明しますが、それまでは正体を隠し続けていました。

壁内の真の王であると正体を明かしたロッド・レイスは、進撃の巨人の物語が進む中で圧倒的な大きさを持つ巨人になります。なぜロッド・レイスは巨人化したのでしょうか。次は、巨人化までの流れを解説します。進撃の巨人に深く関わる内容を解説するため、ネタバレに注意してください。

【進撃の巨人】ロッド・レイス巨人化①:エレンとヒストリアの捕獲に成功する

進撃の巨人のロッド・レイスは、王直属の中央第一憲兵団に所属する対人制圧部隊を使い、エレンとヒストリアの捕獲に成功します。ロッド・レイスは、ヒストリアに付けていた猿ぐわを外し、ヒストリアに謝り抱きしめました。一方エレンは、手足が鎖で繋がれた状態で目を覚まします。エレンが監禁された場所は、レイス家が使用していた礼拝堂でした。

ヒストリアについては、以下の記事で詳しく紹介しています。クリスタの過去が気になる方は、ぜひ参考にしてください。

【進撃の巨人】ロッド・レイス巨人化②:ヒストリアが父親に味方する

目を覚ましたエレンの前に現れたヒストリアは、自身の父親であるロッド・レイスに感化されていました。エレンは猿ぐわを付けられていたため、会話はできません。そのため、ヒストリアは一方的に話しかけます。ヒストリアは、ロッド・レイスがこれまでに調査兵団の邪魔をしたり、ニック司祭など巨人に関する情報を持つ者を殺したりしたことについて「人類のためにそうするしかなかった」と話しました。

ロッド・レイスは動けないエレンの背中に触れるようヒストリアに伝えます。ヒストリアがエレンに触れた瞬間、エレンの頭の中には父親であるグリシャの記憶が流れてきました。そして、ヒストリアも自身が忘れていたフリーダ・レイスとの記憶を取り戻します。ロッド・レイスは、レイス家が自分以外グリシャに殺されたことをヒストリアに説明しました。

ヒストリアはさらに父親の味方をするようになり、エレンに敵意を向けてきたのです。しかし、エレンは猿ぐわを付けられているため何も話せず、じっとその様子を観察するだけでした。

【進撃の巨人】ロッド・レイス巨人化③:ケニーの目的がなくなる

ヒストリアが記憶を取り戻した後、ロッド・レイスは壁内の秘密を話し始めます。巨人がどこから現れたのかという事実を知るのは、フリーダだけだったとヒストリアに伝えました。そして、フリーダが持っていた巨人の能力を現在はエレンが所有していること、レイス家の血を引く者しか扱えないことを伝えたのです。その時、一通りの会話を盗み聞きしていたケニーが現れ、自分の目的は意味がなかったと言います。

進撃の巨人に登場するケニーの目的は、始祖の巨人の能力を奪うことでした。しかし、ロッド・レイスはケニーの目的を聞いても全く動じず、事実を述べるだけだったのです。ケニーは今まで真実を知りながらも自分を利用していたロッド・レイスに襲い掛かります。しかし、完全に父親を信じていたヒストリアが止めに入りました。

エレンが継承している巨人の能力については、以下の記事で詳しく紹介しています。始祖の巨人についても以下の記事で詳しく紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

【進撃の巨人】ロッド・レイス巨人化④:ヒストリアの巨人化

礼拝堂のすぐ傍では、エレンとヒストリアを助けに来た調査兵団が、中央第一憲兵団と闘っています。そのため、ロッド・レイスは急いで目的を達成しようとしました。ロッド・レイスの目的は、レイス家の血を引くヒストリアを巨人化させ、始祖の巨人を所有しているエレンを捕食させることです。ケニーは、ヒストリアの生き方を「つまらない」と言い、父親に従って巨人化したいならすればいいと言いました。

しかし、ただ一方的にヒストリアがエレンを捕食するのに反対し、エレンの猿ぐわを取り、傷をつけます。そして、ロッド・レイスに急かされたヒストリアは、自分に巨人化できる注射を打とうとしました。一方エレンは、いつでも巨人化できる状態にあるのにも関わらず、身動きせず運命を受け入れた様子です。ヒストリアは巨人化しないエレンに理由を聞きます。

そこで、エレンは父親が巨人の能力を奪わなければ、多くの人は死ななかった、自分はいらない子だったと涙を浮かべたのです。そして、ヒストリアに自分を捕食して欲しいと願います。理由を聞いたヒストリアは、エレンにお礼を言い、自分の腕に注射器を刺しました。

【進撃の巨人】ロッド・レイス巨人化⑤:ロッド・レイス巨人化

ヒストリアは自身の腕に注射器を刺したまま、ユミルのことを思い出します。ネタバレになりますが、ユミルが過去に言った「お前、胸張って生きろよ」というセリフを思い出し、巨人化するのをやめました。巨人化をやめたヒストリアは、そのまま注射器を地面に叩きつけます。その後、ロッド・レイスの鞄を取り、エレンを助けに向かったのです。ロッド・レイスはその様子をただ見ているだけでした。

しかし、エレンとヒストリアが会話をしている最中に、目的を果たせなかったロッド・レイスは「父さん…ウーリ…フリーダ…待ってて…僕が今…」と言いながら、割れた注射器の中身を口にしたのです。その結果、閃光と共にロッド・レイスが巨人化しました。巨人化の影響でエレンやヒストリアはもちろん、調査兵団も絶体絶命に陥ります。

しかし、ロッド・レイスの鞄にあった「ヨロイブラウン」と書かれた瓶の液体をエレンが摂取したことで、今まで出来なかった硬質化が出来るようになりました。その結果、硬質化したエレンが調査兵団を守ることで、脱出に成功したのです。ヒストリアの巨人化を止めたユミルについては、以下の記事で紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

ネタバレになりますが、巨人化したロッド・レイスは「超超大型巨人」という奇行種になりました。9つの巨人の1つである超大型巨人でさえ60mの大きさを持っていますが、超超大型巨人とは一体どれほどの大きさを持っているのでしょうか。次は、進撃の巨人で初めて登場したロッドレイスの正体である奇行種について紹介します。紹介する中で、進撃の巨人のネタバレを含むため、注意してください。

【ロッド・レイス】超超大型巨人とは

ロッド・レイスの正体である超超大型巨人は、60mもある超大型巨人の倍以上の大きさが特徴です。9つの巨人に分類される種類ではない奇行種のため、ロッド・レイスは自我を無くしました。また、圧倒的な大きさを持っているため、2足歩行で移動することはできません。そのため、うつぶせのまま這うように移動します。

さらに、超超大型巨人は見た目の気持ち悪さも特徴です。顔は全面部分が切れた状態で脳が露出し、体には無数の穴が空いているため、内臓などが見えています。奇行種や通常種と言った無垢の巨人の中でも、1番気持ち悪いと進撃の巨人読者に言われているようです。

【ロッド・レイス】超超大型巨人の倒し方

ロッド・レイスの正体である超超大型巨人と調査兵団は戦闘します。というのも、周囲にいた人間には見向きもせず、ウォール・マリアに向かう奇行種だったからです。さらに、進撃の巨人作中で超超大型巨人を見たジャンが「奇行種か…」と発言しています。公式で奇行種と発表されたわけではありませんが、超超大型巨人の行動やジャンの発言から奇行種の可能性が高いでしょう。

圧倒的大きさを持つ奇行種と闘うことになった調査兵団は作戦を立てました。調査兵団の作戦は、ロッド・レイスの正体である奇行種の口に火薬を詰め込み、うなじごと吹き飛ばすというものです。エレンが巨人化し火薬で吹き飛ばすことに成功しますが、うなじにあるはずの本体が見つかりません。というのも、どれだけ圧倒的な大きさを持つ奇行種でも、本体は縦1m横10cmの大きさしかないのです。

そのため、調査兵団は本体を探すのに苦労します。しかし、ヒストリアが狙いを定めて一撃を放ったところに本体がいたため、ロッド・レイスは死亡しました。

進撃の巨人のロッド・レイスは、ヒストリアにエレンを捕食させようとしました。しかし、始祖の巨人は王家の血を引くレイス家の人間であれば、誰でも能力を発揮できます。なぜ、ロッド・レイス自身が始祖の巨人を継承しようとしなかったのでしょうか。次は、なぜ継承しないのかという部分に着目してみましょう。自分自身が継承しなかった理由について紹介する中で、進撃の巨人のネタバレ要素を含みます。

【進撃の巨人】祈り続けることが自分の使命だと思っていたから

進撃の巨人のロッド・レイスは、ヒストリアにエレンを捕食するよう説得する際に「巨人になれない理由がある」と説明していました。その理由は弟との約束が関係していたのです。始祖の巨人を代々継承してきた人物達は、145代フリッツ王の思想に取り付かれ、争いを好まないようになります。しかし、幼い頃のロッドと弟のウーリは巨人を駆逐しようと思っていました。

そのため、始祖の巨人を継承しフリッツ王の思想に取り付かれた父親を説得していたのです。父親が巨人を駆逐してくれないと悟った2人は、弟であるウーリが始祖の巨人を継承し、必ず人類を開放すると約束したのでした。そして、ウーリは自分が巨人の能力を継承する代わりに、ロッドに「祈ってくれ」とお願いをします。

その結果、ロッド・レイスは自分の使命を祈ることだと信じ切っており、巨人になれないと言ったのです。始祖の巨人を継承したウーリもフリッツ王の思想により、争いを好まずロッドとの約束は果たせませんでした。それでもウーリの目を見たロッドは、ウーリを神と崇め、祈り続けることを生きる目的にしたのです。

【進撃の巨人】死にたくなかったから

ロッド・レイスが始祖の巨人の能力を継承しなかった理由として、進撃の巨人読者が考察しているのは「死にたくなかったから」です。というのも、過去に礼拝堂でグリシャがフリーダを襲った時に、家族を置いて真っ先にロッド・レイスは逃げ出しました。その行動を見て、祈りは建前で、本音は死にたくなかったからではないかと進撃の巨人読者に言われているのです。

ロッド・レイスの逃げ足の速さは、現在でも変わってない可能性は十分あります。ヒストリアのこともレイス家の血を引いているから利用していました。正妻との間に生まれた5人の子供が死ぬ前は、ヒストリアに見向きもしなかった人物です。そのためロッド・レイスは、ヒストリアのことは愛していないと進撃の巨人読者に言われています。

目的を果たせず、圧倒的大きさを持つ奇行種となったロッド・レイスの声優は、誰が務めているのでしょうか。最後に、ロッドの声優を紹介します。声優に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

【進撃の巨人】ロッド・レイスの声優は屋良有作

ロッド・レイスの声優を務めているのは「屋良有作」です。東京都出身の声優で、芸能事務所ビーボの代表を務めています。元々は、黒部鉄という芸名で活動していました。また、1975年から俳優と声優活動を始め、現在でもさまざまな作品に出演しています。

【進撃の巨人】屋良有作の出演作品

屋良有作が進撃の巨人以外で出演している作品は、ちびまる子ちゃんの「お父さん」や賢者の孫の「マーリン=ウォルフォード」などです。テレビアニメ以外にも、劇場版アニメやゲームなどの声優として活躍しています。

進撃の巨人アニメで声優を務めている人達については、以下の記事で紹介しています。ロッド以外のキャラの声優も知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

今回は進撃の巨人のロッド・レイスについて、ネタバレを含みながら解説しました。ロッドは、正体を明かしても目的を果たせず、最終的に圧倒的な大きさを持つ超超大型巨人になります。そして、今まで巨人化を拒み続けてきたのにも関わらず、目的を果たせないと悟った瞬間に自ら巨人化した謎の人物です。

ロッドが死亡した今、なぜあれほどの大きさを持つ巨人になったのかは謎のままです。父親との因縁を断ち切り、現在の進撃の巨人で女王となっているヒストリアの今後にも期待しましょう。そして、今後の進撃の巨人がどのような結末を迎えるのか楽しみにしながら、最終回まで楽しんでください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/819QF+EflEL._SX450_.jpg