Btdqcww0bdl4rirk1jlg

約束のネバーランド

CATEGORY | 約束のネバーランド

【約束のネバーランド】鬼を全種類紹介!鬼語や鬼の頂点の正体もネタバレ!

2021.03.26

『約束のネバーランド』は連載終了後でも大人気を誇る漫画です。人気漫画『約束のネバーランド』に登場する鬼には種類があります。その中でも主人公エマたちに関わるソンジュやムジカ、レウウィス、バイヨン、ギーラン、そして鬼の頂点や鬼語の謎及び正体について紹介します。

  1. 【約束のネバーランド】鬼の種類を5つに分類してみた
  2. 【約束のネバーランド】固有の名前を持つ鬼を紹介!
  3. 【約束のネバーランド】鬼の頂点とは?
  4. 【約束のネバーランド】鬼たちの使う鬼語とは
  5. 【約束のネバーランド】鬼たちの生活を紹介
  6. 【約束のネバーランド】鬼と人間の共存はありえるのか
Nglfkcvxncsxas724zrl
引用: https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E4%BA%BA%E3%81%A8%E9%AC%BC-1000%E5%B9%B4%E7%9B%AE%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-MS%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4867140937/ref=sr_1_49?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89&qid=1612720893&s=books&sr=1-49

鬼の姿や特徴は、大まかに5つの種類に分類できます。その種類は何を食すかで変わります。それぞれどのような特徴があるのかが本作では重要な部分となるため、1つずつ掘り下げていきましょう。

【約束のネバーランド】形を維持できず化け物と化した鬼

主人公のエマたちが森の中で遭遇した鬼の種類は「野良鬼」です。怪物のような姿をしており、不気味な雰囲気が漂っています。このタイプの鬼は知性を持っておらず、野良の下等種とも言われています。知性を持たないが故に、本能のおもむくまま獲物を探し求めては森の中を徘徊し、獲物を見つけては襲うのです。この種類の鬼は、動物的な部分が強いと言えるでしょう。

その他にも、知性は無いものの獲物を発見した際に大きな声で叫んで仲間を呼んだり、複数で群れながら動いたりもします。仲間が死んだ際には、死体を食べてしまうこともあります。

【約束のネバーランド】動物のような容姿をした鬼

野良鬼以外は全て、知性を持つ「知性鬼」と呼ばれる種類の鬼です。野良鬼とは違い、言語の理解や人との会話も可能です。知性鬼は、野良鬼と比べて整った容姿をしており、中には動物のような姿をした鬼も確認できます。動物の姿になっているのは、それに該当する動物を食し、遺伝的に取り込んだからです。

動物のような姿をした鬼には、犬や猿などのような姿をした鬼がいます。嗅覚が発達しているため、エマたち脱出組を追跡する際にも臭いを嗅ぎ分けている程でした。動物のような姿をした鬼は元となっている動物の特徴を色濃く受け継いでいると捉えることができます。

【約束のネバーランド】人間の容姿に近く、知性を持つ鬼

こちらも同じく知性を持つ種類の鬼であり、人間に近しい姿をしています。それ故に、人間と同様に武器も使用できます。知能を持つだけでなく、身体能力も高い鬼が多い傾向にあることから、対峙した際には野良鬼よりも非常に危険です。一方で、人に近しい容姿と知性を保つため、定期的に人間を食べる必要があります。半年以内に食べないと野良の鬼のようになってしまう特徴があります。

【約束のネバーランド】ほぼ人間の容姿を持つ、貴族の鬼

知性鬼の中でも特別な種類の鬼です。鬼が形成する社会には「平民」「貴族」「王族」といった階級制度があり、その中の貴族階級に位置しています。貴族の鬼は、野良鬼や平民の鬼よりも優秀で、人間と同等と言ってもいい姿や知能を持ちます。その優秀さは、「食用児」を育てる農園の管理及び統括を担当するほどです。

このような貴族階級に位置する鬼は、「五摂家」と呼ばれる5つの一族で成り立ちます。五摂家という言葉は、日本史に出てくる鎌倉時代に存在していた5つの公家の総称が由来となっています。つまり五摂家は、鬼の社会に君臨する王族に仕えている公家です。貴族であるため実力も高く、鬼の社会をも管理していると言っていいでしょう。

また、貴族階級の鬼たちは食事を行う際に食器や道具を使い、服で自身を着飾るなどしており、まるで人間と同じような生活様式をしています。まさに、人間とほぼ同じ鬼です。

【約束のネバーランド】特異体質の鬼

ここまで紹介してきた鬼の種類は、人に近しい容姿と知能を維持するために人間を食べなければなりません。しかし、人間を食べずともそれらを維持することが可能な特異体質を持つ種類の鬼がいます。その類の鬼たちは「邪血の鬼」と呼ばれており、鬼の世界において唯一人間を必要としない鬼です。

その血筋が最初に確認されたのは本作の物語から700年前でした。人を食べずに姿と知能を維持していた1人の少女こそ、邪血の持ち主でした。邪血の少女と呼ばれる彼女の血を摂取すれば、彼女と同じようになることができます。また、姿と知能が退化した鬼を、人に近い姿と知能を取り戻させることも可能です。「人間を必要としない」という点は、鬼の世界に君臨する王族と五摂家から危険視されていました。

そして、王族と五摂家は、邪血の少女や彼女と同様の鬼を殺してしまい、その特別な血を取り込みました。こうして邪血の血筋である鬼は全滅したように思われましたが、実際は生存者がおり、後にエマたち脱出組のメンバーとも接触しています。生き残った邪血の鬼が誰なのかについては、後ほど紹介していきます。

Zgrllxvkdlrngmtpw8zk
引用: https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-15-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%87%BA%E6%B0%B4-%E3%81%BD%E3%81%99%E3%81%8B/dp/4088820177/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89+15&qid=1612720740&refinements=p_n_binding_browse-bin%3A86141051&rnid=625256011&s=books&sr=1-1

ここからは、鬼の中でも各々が固有の名前を持つ特別な鬼について紹介します。固有の名前を持つ鬼は、上位階級に位置する鬼か階級制度とは関係なく、特別な鬼である場合に限られます。また、ここでは先述でも説明があった「王族」である鬼についても触れていきます。

【約束のネバーランド】レグラヴァリマ

知性鬼の中でも最上位の階級「王族」であり、女王の座にいる鬼はレグラヴァリマと言います。貴族に位置する鬼たち「五摂家」すらも従えています。五摂家の由来である鎌倉時代に存在した5つの公家は、当時の天皇に仕えていました。天皇という枠に当てはまるのが、レグラヴァリマです。しかし、さらに上の鬼である「鬼の頂点」には頭が上がりません。

レグラヴァリマは実力も凄まじいものです。その強さは五摂家も及ばないと言われるほどで、実際に五摂家を容易く殺した元五摂家のギーランすらも殺しました。その強さには、王族の血筋が関係しています。王族では極稀に、弱点となる核を通常の個数である1つでは無く、2つ持つ鬼がいます。レグラヴァリマはその該当者であり、エマとの戦闘においては1つの核が潰されても再起していました。

性格は強欲かつ残忍であり、自分が玉座に居座るために家族を殺めてしまうほどです。かつて鬼の急増により起きた食糧難では、平気で鬼の市民を切り捨てようとしました。また、後述のレウウィスと呼ばれる鬼を弟に持ちます。極めて危険な思想はレウウィスにも引き継がれており、姉弟ともに危険です。

ノーマンが最上の食用児だと知り、後述の王より上の存在である「鬼の頂点」に捧げず自ら独占しようとしました。そのためにノーマンを本来とは違う出荷先へ導くも、結果的にエマとノーマンの再会を生み出しました。さらに、エマ達が自身へのトドメをさす機会を与えてしまい、戦いの果てに最期を迎えました。

【約束のネバーランド】イヴェルク

こちらは、五摂家の中心的人物であるイヴェルクです。大きな角が生えた仮面を付けているのが特徴です。政治面で強い役割を持ち、五摂家では1番高い地位にいます。また、エマたちのいた農園の管理者という一面も持っており、王への忠誠心も強いです。かつて五摂家の1人だったギーランが、食糧難を解消するべく貴族の農園を一部解放しようとして王族やドッジから裏切られた際にも、ギーランを邪魔者扱いする等している程でした。

その正体は、1000年前に鬼と人間が絶えない争いを終結させる為、後述の「鬼の頂点」と呼ばれる鬼が取り決めた約束を締結した張本人です。イヴェルクは鬼側の代表者として人間と約束をしたのです。そこで初めて食用の人間を育てる農園の管理を担当する事にもなりました。それだけの影響力が彼にはあったという事です。しかし、終盤でノーマンたちの襲撃に遭い亡き者となりました。

【約束のネバーランド】ノウム

ノウムは五摂家の1人で、少し身長が低く、ダイヤの形をした仮面や羽を身にまとっている姿が印象的です。後々紹介するノウスとノウマの妹でもあります。最終戦では、元五摂家のメンバーで現五摂家と王族に恨みを持つギーランと戦いますが、首を打ち取られ死亡します。

【約束のネバーランド】ドッザ

ドッザは、五摂家になったばかりの鬼です。元五摂家のギーランを嫌った王族と共に、ギーランを追放する事で五摂家に入った背景を持ちます。その為、他のメンバーとは比較的品性の欠けた口調や出で立ちです。特に、ノウムや後述のバイヨンからは彼の背景や言動などを理由に嫌われていました。一見屈強な体格である事から戦闘力も高そうですが、終盤ではギーランの部下にあっけなく殺されました。

【約束のネバーランド】バイヨン

バイヨンの正体は、バイヨン卿の息子です。バイヨン卿が管理していた猟場でエマ達に殺された事で、そのまま息子のバイヨンが五摂家となりました。2本の角と長髪が特徴です。かつてバイヨンは幼少期にギーランと会っており、その際にギーランに対し「美しく清廉な方」と好印象を抱いてました。しかし、終盤では五摂家や王族への復讐の為にギーランによって殺されました。

【約束のネバーランド】プポ

プポは五摂家の中でもザ・貴族のような服装をしており、言動や態度は比較的強気なものではなく、どこか精神年齢が幼いようなタイプです。終盤ではプポの母親に変装していたギーランの部下によって襲撃され死亡しました。実は、遥か昔から五摂家であるため古参メンバーという一面を持っています。

【約束のネバーランド】バイヨン卿

バイヨン卿は現五摂家のバイヨンの父親です。ゴールディ・ポンドという池の地下に人間の秘密集落を発見し、一部を人間狩りのできる猟場にしました。後述のレウウィス大公とは共に狩りをする仲です。それだけ生死を懸けた狩りを楽しんでおり、1000年以上前から人間と戦っていた過去もあります。しかし、食用児たちの反乱により最終的に銃で核を撃たれたことで死亡しました。

【約束のネバーランド】レウウィス大公

レウウィスは、バイヨン卿と共に猟場で狩りをしていた鬼です。食用児に殺されても構わないという覚悟と、「血沸き肉踊りたい」といった言葉を発する狂気さを持ち、極めて危険です。レウウィス大公はかなりの実力があり、マシンガンの弾丸を手で受け止めるといった芸当を見せていました。

レウウィスは猟場にてエマと対決し、彼女に重傷を与えるも閃光弾をまともに受けてしまい、更に銃弾を核に受けた事で対決に敗北しました。また、その際にレウウィスは「やはり人間はいい」と満足したように言い残し、死に際の走馬灯にて後述のムジカとソンジュが登場する等、彼らとの関係もあった事がわかります。

しかし、その正体はレグラヴァリマを姉に持つ王族出身の鬼です。それ故に、姉のレグラヴァリマと同じく核を2つ持っており、エマに負けたものの復活しました。その後レウウィスは、農園を廃止する事を鬼たちに告げ、終局を迎えさせました。

【約束のネバーランド】ルーチェ

ルーチェは、バイヨン卿やレウウィス大公と同じ猟場にて狩りを楽しんでいた貴族の鬼です。その正体はドッザの息子であり、卑劣な考えは父親譲りです。意外にも鬼としては実力が低く、それ故に自分より弱い者を追い詰めるなどして狩りをしていましたが、食用児の反乱によって追い込まれ、銃弾を核に浴びたことで死亡しました。

【約束のネバーランド】ノウスとノウマ

ノウスとノウマはペアで動く貴族の鬼であり、猟場にて人間狩りをしていました。その正体は五摂家であるノウムの姉と兄であり、高い身体能力も持ちますが猟場での反乱による戦闘で銃弾を核に受け死亡しました。

【約束のネバーランド】ムジカ

ムジカは、先ほど紹介した特異体質を持つ種類の知性鬼です。後に紹介する鬼ソンジュと共に行動しています。小柄な少女の容姿をしています。その正体は、かつて全滅したと思われていた邪血を持つ一族の生き残りです。その為、人間を一度も食べたことが無く、それでも人のような容姿と知性を維持できます。また、原初信仰という独自の宗教観があり、それも併せてムジカは人間を食べません。

ムジカはソンジュと共に行動しており、世界各地を転々としています。その理由として、ムジカは邪血を持つ為再び命を狙われる可能性が高く、王族や貴族から逃げなければならないという点があります。そうしてソンジュとムジカは放浪し続けており、その中で偶然エマたちと遭遇します。

ムジカとソンジュは、エマたちが森の中で鬼に襲われた際に彼女らを助けました。最初は興味がなかったものの、徐々に仲が深まり友達となりました。それを機にムジカとソンジュは、エマたちに鬼への対処法や野宿の基本、鬼の世界の情勢などを伝え、アドバイスをしました。

【約束のネバーランド】ソンジュ

ソンジュは、ムジカと一緒に行動している鬼です。ソンジュは鬼としては比較的小さな体格ですが、それでも人間よりは大きいです。その強さは尋常ではなく、エマたちを追ってきた複数の鬼を1人で圧倒した程です。彼もムジカと同じく、独自の宗教観である原初信仰を信仰しており、農園育ちの人間を食らう事はありません。ですが、農園の外で生まれ育った人間であれば食べます。

ソンジュの正体は、王族であるレグラヴァリマやレウウィス大公の弟です。その為、彼の強さは王族出身という部分が大きく関わっています。

ソンジュは宗教上人間を食べれないため、エマたちが将来農園の外で子供を産み、そこで誕生した人間が食べれるような環境を作ろうと考えて彼女たちを助けました。しかし、全ての戦いが終わった後でエマから感謝の気持ちを伝えられたソンジュは心が動き、自身の目的を後回しにする姿勢を見せました。

ここまでの紹介で度々登場していた「鬼の頂点」は、その正体は王族よりも更に上の存在として崇められている鬼です。名称は鬼語で発音されている為、正式な名前は依然不明です。また、鬼の頂点の正体も未だに不明な部分が多く謎が残ります。見た目や口調に幼さがあるのが特徴です。かつてイヴェルクや人間の代表者と約束を交わし、人間と鬼の世界を分け隔てた存在でもあります。

【約束のネバーランド】鬼の頂点の初登場はいつ?

単行本では第1巻、アニメでは第1期の第3話にて、登場人物たちの会話の中で初登場しました。この会話で鬼の頂点は登場しますが、実際の姿は漫画における101話にて明らかになりました。紙面では後述にある鬼が話す言語「鬼語」で表記されている為、読者側は発音できませんでした。ですが、アニメで「あのお方」と呼ばれていた事から、そう呼ぶ読者の方々が多くなりました。

【約束のネバーランド】鬼の頂点の「ごほうび」とは

鬼の頂点とは条件付きの契約「約束」を交わす事が可能で、自身の願いを叶えてもらう対価として、鬼の頂点からの条件「ごほうび」を掲示され、それを必ず受け入れなければなりません。この約束は絶対的な物であり、後から変更する事や、約束を破ろうとする事などは許されません。

そんな鬼語で呼ばれる正体不明に近い鬼の頂点は、1000年前に人間と鬼に約束を締結していました。鬼の頂点は、「鬼と人間の世界を分け隔てること」と「人間も鬼も互いを狩らないこと」という条件を掲示されました。それらに対し、鬼には「農園で作られた最も良い状態の人間を一年に一度自分に献上すること」、人間には「一族共々で二世界間の調停役を担うこと」を自らのごほうびとして約束させました。

しかし、エマによってその約束を結び直す事になります。エマの願いは「食用児全員を人間の世界へ連れていき、それを機に二世界間の往来を不可能にする」という物でした。それに対し鬼の頂点は、「これまでの記憶を消して、家族とは違う場所で暮らしてもらう」という条件を出しました。それでもエマは受け入れる事で願いを叶えてもらい、全員が無事に人間界で暮らせるようにしました。

鬼は独自の文明や社会を形成しています。階級制度や宗教のみならず、鬼独自の文字や言語「鬼語」もあります。かつて人間と鬼が争っていた時代と、世界が二分された現代とでは鬼語の浸透率が違い、知性鬼の大半は人間と同じ言語を話すようになりました。今では、鬼語をまともに話すのはムジカやソジュン等の僅かな知性鬼のみです。

ただし、鬼の頂点に関しては例外であり、人間の言葉では「あのお方」と呼ばれますが、本来は鬼語で呼ばれていますので、その際には鬼語を使っています。読者には鬼語の表記が鬼の文字で表現されるため読めませんが、作中ではエマたち人間でも鬼語で呼んでいる描写もある為、鬼だけが話せるという訳でもない事がわかります。

鬼たちには独自の生活様式もあります。人間との一番の違いは食料で、鬼たちは人間を主食としています。量産型の安価な人肉や専用の農園から最高級の人肉が出荷される等、人間が食料として供給されるシステムが存在するぐらいです。これには、姿と知性の維持の為に人間を食べ続ける必要があるという事情が背景にあります。人間以外の動物も食べたりしますが、その場合ゲテモノ扱いされる事が多いです。

一方で人間と共通しているのは、宗教や階級制度が存在する事です。その他にも、服装を身に纏う事や、鬼によっては食事の際に食器を使う等、人間と類似した生活様式もあります。

Mptdz7y0ojtzfskh2nv9
引用: https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-20-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%87%BA%E6%B0%B4-%E3%81%BD%E3%81%99%E3%81%8B/dp/4088823753/ref=sr_1_5?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89&qid=1612430876&s=books&sr=1-5

エマと鬼の頂点の約束により、鬼の世界と人間の世界は完全に往来が不可能となりました。その為、鬼と人間が同じ世界で生きるという事は実現しません。ですが、鬼の世界ではムジカが新たな王となり、農園も廃止されました。こういった要素から、仮に鬼が人間を食糧と見ない世界が形成される場合、二つの種族は共存できると考えていいでしょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41u8on8d5GL._AC_.jpg