Fr981ovu6j40oy3czu3u

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】ミカサの巨人化が不可能な理由|アッカーマン一族の正体と能力を解説

2021.01.21

大人気漫画の進撃の巨人には、ミカサやリヴァイなどアッカーマン一族が登場します。その中でもミカサはなぜ巨人化出来ないと言われているのでしょうか。今回は、巨人の正体や能力からミカサの刺青、座標との関係性まで、ミカサが巨人化出来ない理由を解説します。

  1. 【進撃の巨人】巨人の正体をおさらい
  2. 【進撃の巨人】アッカーマン一族とは
  3. 【進撃の巨人】ミカサが巨人化出来ない理由と謎
  4. 【進撃の巨人】実はミカサは巨人化していた?
  5. 【進撃の巨人】アッカーマン一族とヒイズル国の関係
  6. 【進撃の巨人】ミカサは今後の物語の重要なキャラ

進撃の巨人に登場するミカサ・アッカーマンは、主人公であるエレンの幼馴染として登場します。そんなミカサが巨人化できない理由を解説する前に、巨人の正体をおさらいしましょう。進撃の巨人の物語に巨人は深く関わる存在です。人間を捕食するだけの無垢の巨人から、知性を持つ9つの巨人まで登場します。そんな巨人の正体は「人間」でした。

さらに人間といっても「ユミルの民」だけが巨人化すると判明しています。ユミルの民は、始祖ユミルと言われる初めて巨人化した人物の血を引く一族です。ユミルの民は、進撃の巨人の主人公であるエレンやミカサが生きている時代には、エルディア人と呼ばれています。

ユミルの民であればいつでも巨人化できるのではなく、知性巨人と呼ばれている9つの巨人の脊髄液を摂取したときに巨人化します。1度巨人化すると殺されるまで一生巨人の姿でさまようことになるのです。しかし、知性巨人と呼ばれている9つの巨人を捕食し、能力を継承すると人間の姿に戻り生活できます。

そのため、巨人の正体は全てユミルの民であるエルディア人であり、人間として生活しているエルディア人の中にも巨人化できる人間が混ざっているのです。進撃の巨人に登場する巨人の正体は、以下の記事でも詳しく解説しています。進撃の巨人に登場するどの人間が巨人の正体なのか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

進撃の巨人には、いくつかの人種が登場します。例えば、巨人化できるエルディア人や壁外で文明を築いているマーレ人などです。パラディ島に住んでいるのは、ほとんどがエルディア人です。その中に「アッカーマン一族」がいます。アッカーマン一族は、元々ヒィズル国という国に存在していた一族です。

パラディ島内に住んでいるミカサ以外のアッカーマン一族は、リヴァイとケニーがいます。アッカーマン一族であるミカサやリヴァイは、調査兵団に所属し日々巨人と闘っています。リヴァイは、ミカサが訓練兵に志願したときから「人類最強の兵士」と呼ばれている人物です。リヴァイの強さは凄まじく、一旅団分の強さを持つと言われています。

一旅団分とは、4000人程度で仕留める量とリヴァイ1人が仕留める量が同じということです。さらに、ミカサは訓練兵を首席で卒業し、卒業後も100人分の強さを持っていると当時のミカサが所属していた部隊の班長に言われるほどでした。ミカサもリヴァイも討伐数などの詳細は明かされていませんが、一般の団員とは比べ物にならないほどの数を仕留めているでしょう。

ミカサと同じアッカーマン一族であり、人類最強の兵士として進撃の巨人に登場するリヴァイについては、以下の記事で詳しく紹介しています。リヴァイがどのような人物で、進撃の巨人にどれほど必要なキャラなのか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

進撃の巨人が進む中で様々なエルディア人が巨人化しています。しかし、ミカサやリヴァイなどアッカーマン一族は巨人化できないと言われています。なぜアッカーマン一族は巨人化できないのでしょうか。次は、アッカーマン一族が巨人化出来ないと言われている理由と、アッカーマン一族の謎について解説します。

【ミカサの巨人化の謎】既に巨人化している時と同じ力を持つ

進撃の巨人に登場するミカサやリヴァイなどアッカーマン一族は、巨人化能力を継承していないのにも関わらず、人間の姿で既に巨人化している時と同じ能力を持つと言われているのです。ミカサやリヴァイの調査兵団としての能力は、素晴らしいものです。なぜアッカーマン一族は、驚異的な身体能力を持っているのか謎でした。しかし、進撃の巨人が進む中でその謎が少し解明されます。

進撃の巨人の作中で、アッカーマン一族は「巨人化学の副産物」と判明するのです。巨人化学の副産物とは、エルディア人を巨人化させようと巨人化について研究している最中にたまたま誕生したのがアッカーマン一族だったということです。そのため、人間でありながら巨人化したときと同じような強さを持っています。

【ミカサの巨人化の謎】記憶改編の影響を受けない

パラディ島を作った145代フリッツ王は、壁内の人類が壁外に興味を持たないように、始祖の巨人の能力を使って記憶を操作していました。しかし、パラディ島内にいたアッカーマン一族や東洋人などの少数民族は、記憶操作の影響を受けていなかったのです。

ミカサやリヴァイなどのアッカーマン一族がなぜ記憶操作を受けなかったのか、巨人化と記憶操作がどのように関係しているのかは謎のままです。これからの進撃の巨人で明かされるのを待つしかないでしょう。

【ミカサの巨人化の謎】ミカサの頭痛

進撃の巨人の作中で何度かミカサは頭痛を起こしています。この頭痛が何を表しているのかはまだ進撃の巨人の作中で明かされていません。そのため、真相は謎のままです。しかし、ミカサの血筋が関係しているのではないかと考察している読者が多いようです。ミカサは純粋なアッカーマン一族ではなく、東洋人の血も含んでいます。アッカーマンだけの血を引いているリヴァイは頭痛を起こしていません。

そのため、アッカーマンの血を引いているから頭痛を起こしているのではなく、東洋人とアッカーマンの血を引いているから頭痛を起こしていると考えられるのです。ミカサが頭痛を起こすのは、家族を失いそうになったときやエレンに危険が迫った時です。このミカサの頭痛が、今後の進撃の巨人に何をもたらすのか楽しみにしておきましょう。

【ミカサの巨人化の謎】刺青の謎

進撃の巨人の物語が進む中で、ミカサの右手首には刺青が入っていることが明かされました。この刺青は3本の刀で「A」のような形を作っています。進撃の巨人の物語が進む中で、ミカサの持つ刺青がヒィズル国と関係していることは判明しました。しかし、どのような意味で使われ、なぜミカサの母親はミカサに刺青を継承したのかは謎のままです。

ただ単に、アッカーマン一族とヒィズル国の関係を証明するための刺青かもそれませんが、今後さらに重要になる何かの伏線の可能性も十分あります。ミカサの右手首にある刺青がどのような意味を持っているのか、今後の進撃の巨人にどのように関係するのか楽しみにしておきましょう。

【ミカサの巨人化の謎】『道』の関係

進撃の巨人には「道」という言葉がよく出てきます。進撃の巨人に登場する道を通れば必ず同じ場所に辿り着くと言われています。そして、その場所というのが始祖の巨人のことだったのです。そのため、始祖の巨人は座標とも呼ばれています。座標に辿り着くための道は、一見巨人にしか関係ないように思われますが、実はアッカーマン一族との関係もあったようです。

アッカーマン一族は、座標に辿り着くための道を通って歴代のアッカーマン一族が積み重ねた戦闘経験を得ると判明しました。しかし、座標である始祖の巨人に辿り着くのは、巨人化できるエルディア人だけなのです。アッカーマン一族がなぜ座標に辿り着くための道を使用できるのかは謎です。

しかし、座標に繋がる道と巨人化学の副産物を合わせて考えると、巨人化できるエルディア人の研究により誕生したのがアッカーマン一族のため、アッカーマン一族もエルディア人の血を少なからず継承しているのではないかと考察できます。アッカーマン一族がエルディア人の血を引いているのであれば、ミカサも巨人化できるのかもしれません。

しかし、純粋なエルディア人ではないミカサは、巨人化学の副産物であることが邪魔して巨人化できないとも考察できます。ミカサが巨人化できない理由が進撃の巨人の作中ではっきり公開されていないため、巨人化できる可能性ももちろんありますが、ここで紹介した内容を振り返ってみると、難しいのではないでしょうか。

巨人化出来ないと言われるミカサについてプロフィールなど詳しい情報を以下の記事で紹介しています。ミカサについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ミカサは巨人化できないと言われていますが、実はすでに巨人化しているのではないかという意見もあるようです。一体なぜミカサが巨人化していると思っている読者がいるのでしょうか。それは、単行本進撃の巨人が関係しています。単行本進撃の巨人には、ほぼ毎回「嘘予告」というものが描写されています。

ミカサがすでに巨人化していると思った読者は、単行本進撃の巨人第11巻で描かれた嘘予告を見てそう思ったのでしょう。単行本進撃の巨人第11巻に描かれている嘘予告は、コニーやミカサ、ジャンなど104期生の5人がエレンのように手を噛み、巨人化するというものです。嘘予告と名前がついているように、進撃の巨人本編とは関係のないように思えますが、何かの伏線になっているのではないかと考える読者も多いようです。

進撃の巨人本編では、ミカサの巨人化は描かれていません。そのため、すでに巨人化している可能性は低いでしょう。しかし、本当に嘘予告が何かの伏線になっているのであれば、今後ミカサを含む104期生がどんどん巨人化してしまうのかもしれません。

今回は、進撃の巨人に登場するミカサの巨人化について解説しましたが、以下の記事ではミカサの名言を紹介しています。調査兵団として進撃の巨人で大活躍しているミカサの名言を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ここまでミカサの巨人化について解説してきましたが、最後にミカサたちアッカーマン一族とヒィズル国の関係について紹介します。ヒィズル国は、進撃の巨人マーレ編で登場する壁外の国です。そのため、進撃の巨人最新話までのネタバレを含みます。

【ミカサの巨人化】ヒイズル国とは

進撃の巨人に登場するヒィズル国とは、パラディ島の唯一の友好国です。100年前からパラディ島とヒィズル国は親交を深めており、当時のフリッツ王とヒィルズ国の将軍家の子息が友好的でした。ミカサが血を引く東洋人は、元々ヒィズル国出身の血統だったのです。100年前パラディ島とヒィズル国が友好関係にある時に、一部の東洋人がパラディ島に移住しました。

しかし、フリッツ王の思想に反発したため、王政によりほとんどが殺されたのです。ミカサの母親とミカサが生き残っていましたが、母親が人攫いに襲われ殺されたため、現在パラディ島内にいる東洋人はミカサだけになりました。現在のパラディ島とヒィズル国は友好関係にあるのではなく「キヨミ・アズマビト」という人物が、パラディ島にだけ存在する資源を求めて個人的に関わっている状態です。

進撃の巨人に登場するかつての王「フリッツ王」については、以下の記事で詳しく紹介しています。フリッツ王がどのような経緯でパラディ島に移住し、なぜ住民の記憶操作を行ったのかなど様々なことが分かるので、ぜひ参考にしてください。

【ミカサの巨人化】ミカサが大事にされる理由

パラディ島に来たキヨミ・アズマビトは、ミカサの右腕にある刺青を見て、ミカサの保護と協力を約束しています。これは、ミカサの血筋が関係していました。パラディ島内には、ヒィズル国将軍の忘れ形見が残っていたのです。ヒィズル国将軍の忘れ形見の正体は、ミカサでした。将軍家の血を引くミカサに対して、保護と協力を申し出たのです。

今回は巨人の正体からミカサの巨人化について解説しました。進撃の巨人初期から登場し、常に活躍しているミカサは重要なポジションにいると言えるでしょう。今後の進撃の巨人でミカサを含むアッカーマン一族の謎や座標との関係性などが明かされるのを楽しみに待ちながら、進撃の巨人を楽しんでください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51uEd2v3oXL._AC_SL1111_.jpg