Xkytys38hxyz691qu6jl

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンの正体|リヴァイやミカサとの関係や目的を考察

2021.01.26

進撃の巨人のケニーアッカーマンは、ミカサやリヴァイと同じ一族で死亡したリヴァイの母親に代わりリヴァイを育てた人物です。そんなケニーアッカーマンの目的やエレンとの関わりから、かっこいい名言、声優まで紹介します。進撃の巨人のネタバレを含むので、注意してください。

  1. 【進撃の巨人】ケニー・アッカーマン登場までのあらすじ
  2. 【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンの基本プロフィール
  3. 【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンの所属する中央憲兵とは
  4. 【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンはリヴァイの育ての親
  5. 【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンVSリヴァイの死闘
  6. 【進撃の巨人】アッカーマン一族とは
  7. 【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンの目的とは
  8. 【進撃の巨人】ケニーとウーリの過去
  9. 【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンの名言
  10. 【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンの声優
  11. 【進撃の巨人】ケニーは最強のアッカーマン一族の末裔

進撃の巨人にケニーアッカーマンが初登場したのは第52話の「クリスタ・レンズ」です。しかし、初登場時点では名前などは明かされていません。ケニーアッカーマンがはっきりと進撃の巨人に登場したのは、第56話の「切り裂きケニー」でした。まずは、ケニーアッカーマンが登場するまでのあらすじを振り返ってみましょう。あらすじ紹介は進撃の巨人のネタバレを含むため、注意してください。

進撃の巨人は、壁外に存在している巨人を倒す物語です。進撃の巨人の主人公であるエレンは、母親が巨人に殺されたのをきっかけに、調査兵団へ入団します。しかし、エレン自身も巨人化できる能力を持っていることが判明しました。

また、進撃の巨人の物語が進む中でエレンと同じ104期生として登場した「クリスタ・レンズ」が偽名で、本名は「ヒストリア・レイス」だと判明します。パラディ島内に協力している唯一の巨人であるエレンと、レイス家という王家の血を引くヒストリアは、進撃の巨人に登場するキャラの中でも重要人物でした。そのため、元104期生を中心に再結成された新リヴァイ班と共に、山小屋に隠れていたのです。

その山小屋で偽名を使っていた理由をヒストリアが104期生に向けて説明します。そして、ヒストリアの過去回想に出てきて、ヒストリアの母親を殺したのが実はケニーアッカーマンだったのです。進撃の巨人のあらすじを時系列別に知りたい方は、以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

進撃の巨人にケニーアッカーマンがどのような経緯で登場したのか分かったところで、次はどのような人物なのか紹介します。ケニーアッカーマンについて紹介する中で進撃の巨人のネタバレを含みます。進撃の巨人のネタバレを避けたい方は、注意してください。

ケニーアッカーマンの経歴プロフィール

ケニーアッカーマンは「切り裂きケニー」という異名を持つほど、ナイフ使いに長けているキャラです。誕生日は2月4日と判明していますが、年齢は公開されていません。身長190cm、体重120kgの男性です。身長・体重から大柄な男性をイメージする方もいるでしょうが、実際は画像のように高身長で痩せ型の体型をしています。

ケニーアッカーマンの人物像や特徴

ケニーアッカーマンは、圧倒的な強さを持っているため脳筋のイメージを持たれがちです。しかし実際は、観察力を活かして考えながら戦闘しています。そのため、王に不信感を感じ少し距離を置いている人物です。ケニーアッカーマンはハットを被っているのが特徴です。

ケニーアッカーマンは、中央憲兵団に所属しています。進撃の巨人の物語には序盤から憲兵団が登場しますが、一般的な憲兵団と中央憲兵団は別物です。憲兵団は現実世界で例えると警察のような役割をしていますが、中央憲兵団は王直属の組織です。次はケニーが所属している中央憲兵団について紹介します。中央憲兵団について紹介する中で、進撃の巨人のネタバレを含むので、注意してください。

ケニーアッカーマンは中央憲兵の対人制圧部隊

ケニーが所属している中央憲兵団は、前述したように王直属の組織です。中央憲兵団の中でもいくつかの部隊に分かれており、ケニーは「対人制圧部隊」の隊長を務めています。対人制圧部隊はエレンとヒストリアを捕獲するために作られた部隊と言っても過言ではありません。それほどエレンとヒストリアは王政にとって重要な存在なのです。

しかし、エレンとヒストリアの近くには、常に新リヴァイ班がいるため、対人部隊を結成する必要があったのです。ケニーは切り裂きケニーと言われるほど、対人戦闘に長けているため、新しく結成された対人制圧部隊の隊長になったのでしょう。

【ケニーアッカーマン】対人立体起動装置とは?

対人制圧部隊のメンバーが使用する武器は「対人立体起動装置」と呼ばれています。調査兵団が使用する立体起動装置は、巨人のうなじを切り裂くために剣が付いています。一方、対人立体起動装置は剣ではなく銃が付いているのです。人間相手に戦闘を行うことを考えられて作られた装置のため、銃を採用したのでしょう。

リヴァイの母親は「クシェル・アッカーマン」という女性です。アッカーマン一族はフリッツ王が行った記憶操作の影響を受けない一族だったため、情報を漏らされるのを恐れた王政から命を狙われていました。王政から逃れるようにクシェルは地下街で生活していたのです。貧しい中生きていくために、クシェルは娼婦として働きました。娼婦として働いていたクシェルは、ある時妊娠してしまったのです。

父親は分からず、クシェルは1人で子供を育てていくことを決めます。そして誕生したのがリヴァイだったのです。当時妊娠していたクシェルは、ケニーが何と言っても産むとこを決意していました。

ケニーアッカーマンとリヴァイが出会う

クシェルの様子を見に家に来たケニーが見たのは、やせ細って死んでいるクシェルと、部屋の隅でうずくまっている痩せ細った少年でした。その少年こそリヴァイだったのです。クシェルが死んだ後、ケニーはリヴァイを引き取り一緒に生活しました。

ケニーはリヴァイを引き取った後、地下街で生きる術を教え込んだのです。当時から切り裂きケニーの異名を持っていたケニーは、ナイフの扱い方や挨拶の仕方などを徹底的に教え込みました。そして地下街でも有名なゴロツキへと成長したリヴァイをケニーは見届けリヴァイの元を去り、エルヴィンから誘われたリヴァイは調査兵団へ入団したのです。

リヴァイについては、以下の記事で詳しく紹介しています。リヴァイについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

リヴァイは進撃の巨人アニメ第39話で育ての親であるケニーと死闘を繰り広げます。そんな2人の死闘を紹介します。紹介する中で進撃の巨人のネタバレ要素を含むので、ネタバレを避けたい方は注意してください。

ケニーアッカーマンとリヴァイの死闘:中央憲兵団登場

エレンとヒストリアをピクシス司令がいるトロスト区へ移送する任務をこなしていた調査兵団の元へ、エレンとヒストリアを奪還しようと中央憲兵団が現れます。もちろん、対人制圧部隊であるケニーも中央憲兵団として登場し、リヴァイはエレンたちを守るために登場しました。

ケニーアッカーマンとリヴァイの死闘:戦闘開始

エレンとヒストリアを乗せた馬車が襲撃されたことに気づいたリヴァイは2人の元へ行こうとしますが、ケニーたち中央憲兵団に阻止されます。無数の銃弾を浴びせられ、負傷したリヴァイは近くにあった酒場に逃げ込みました。しかし、すぐさまケニーが追いかけてきたのです。

大勢に囲まれていることを知ったリヴァイは、酒場にあるカウンターの裏に隠れ、ケニーと会話をしながら反撃の機会をうかがいます。リヴァイは酒場にあった銃を奪い、並んでいた酒瓶でケニーの位置を確認しながら、ケニーに銃で一撃を入れました。

ケニーアッカーマンとリヴァイの死闘:リヴァイの勝利

ライフル銃で撃たれたケニーは酒場の外に吹っ飛び、リヴァイは周囲にいた中央憲兵団を次々に殺しました。死亡したかと思われたケニーは、実は死亡しておらず少しして起き上がります。そこにはリヴァイの姿はなく、2人の死闘は一度終了しました。

ケニーが血を引くアッカーマン一族は、どのような存在なのでしょうか。次は、進撃の巨人のネタバレを含みながらアッカーマン一族について紹介します。進撃の巨人のネタバレを避けたい方は、注意してください。

【ケニーアッカーマン】ミカサやリヴァイとは親戚にあたる

ケニーアッカーマンやミカサアッカーマンは、進撃の巨人登場時からアッカーマン一族と判明しています。進撃の巨人の物語が進む中で判明するためネタバレになりますが、リヴァイもアッカーマン一族でした。ケニーはもちろん、リヴァイやミカサも血を引いているアッカーマン一族には、本家と分家があります。ケニーとリヴァイは本家に当たり、ミカサは分家に当たります。

ミカサは父親がアッカーマン一族の血を引いており、母親が東洋人の血を引いているため、ハーフです。ミカサの父親は王政から迫害を受けたことにより、シガンシナ区郊外に追いやられた所で、ミカサの母親となる東洋人と出会ったのです。ケニーは、リヴァイの叔父に当たりミカサにとっては親戚になります。

ミカサは生まれた当時からケニーはもちろん、リヴァイを含むアッカーマン一族のことを知らなかったため、2人が親戚ということは知りません。さらにミカサは純血のアッカーマン一族ではないため、進撃の巨人の作中でリヴァイやケニーにはない頭痛を起こしています。ミカサが血を引くアッカーマン一族や東洋人については、未だに明かされていない情報が多いため、今後の進撃の巨人で明かされるのを待ちましょう。

【ケニーアッカーマン】アッカーマンの血とは?

前述したようにアッカーマン一族については、未だに謎が多いです。そんな中判明している事実もあります。アッカーマン一族は「巨人化学の副産物」と呼ばれる存在です。巨人化学の副産物という言葉の意味も詳しくは明かされていませんが、人間を巨人化させようと研究している最中に誕生した一族だろうという考察が有力です。

巨人化学の副産物と呼ばれるアッカーマン一族は、人間でありながら一部の巨人と同等の力を引き出す能力を持っています。そんなアッカーマン一族は、始祖の巨人の力による記憶操作を受けなかったため、王政に恐れられ迫害されていたのです。そんな中、たくさんのアッカーマン一族が死亡し、生き残っているアッカーマン一族は少ないと言われています。

多くのアッカーマン一族が死亡する中、ケニーアはある目的を持って中央憲兵団に入団したのです。次はケニーの目的を紹介します。ケニーの目的を紹介する中で、進撃の巨人のネタバレ要素を含みます。ネタバレを避けたい方は注意してください。ケニーの目的は「始祖の巨人を継承すること」です。そのために、王政に近づき始祖の巨人の情報を集めていたのです。

ケニーが中央憲兵団に所属し、王への忠誠を示すことで長い間迫害されていたアッカーマン一族は迫害されないようになりました。しかし、ケニーが中央憲兵団として認められたときには、多くのアッカーマン一族が死亡していたのです。多くの仲間が死亡する中、死亡させた犯人とも言える王政に協力したケニーはかっこいいキャラだと言えるでしょう。

ケニーの目的は始祖の巨人を継承することでした。しかし、進撃の巨人の作中で王家の血を引いていない人物には始祖の巨人の能力を発揮できないと知ります。そのため、最終的にはケニーは目的を果たせず、始祖の巨人の能力を継承するのを諦めました。ケニーが狙っていた始祖の巨人を含む、9つの巨人については以下の記事で詳しく紹介しています。9つの巨人について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

進撃の巨人に登場するウーリ・レイスは、ケニーアッカーマンの友人です。次はケニーとウーリの過去を紹介します。2人の過去を紹介する中で、進撃の巨人のネタバレ要素を含むため、注意してください。2人の過去は進撃の巨人第69話で描写されたケニーの回想シーンで明らかになりました。過去のケニーは、レイス家を襲いました。そこで、始祖の巨人を継承していたウーリと出会ったのです。

ウーリと同じレイス家であるロッドは、すぐにでもケニーを処分するべきだとウーリに訴えますが、ケニーを見たウーリはケニーを開放しました。ウーリはケニーがアッカーマン一族だと分かっていてケニーを開放したのです。ウーリはケニーにアッカーマン一族が迫害されている事実を謝りました。迫害されているアッカーマン一族に頭を下げてまで謝るウーリの姿を見て、ケニーはウーリの力になることを決めたのです。

自分たち王家の非を認めケニーに謝ったウーリの姿はかっこいいものでした。さらに、恨み続けることはなく、すぐにウーリへ協力することを誓ったケニーもアッカーマン一族の迫害をやめさせたかっこいい人物だと言えるでしょう。

次にケニーアッカーマンのかっこいい名言を紹介します。ケニーは多くの仲間が死亡し、目的も果たせませんでした。しかし、かっこいい名言をいくつか残しているのです。ケニーの名言についてどのような場面で発言したのかなど詳しく紹介します。

ケニーアッカーマンの名言①「寿命が尽きるまで…」

「寿命が尽きるまで息してろって?それが生きていると言えるのか?」

死亡した仲間のためにも、始祖の巨人の能力を奪う目的のために行動していたケニーアッカーマンが、進撃の巨人第65話で発言した名言です。ロッドの命令に従い、ヒストリアとエレンを誘拐したケニーは、エレンから始祖の巨人の能力を奪う機会を待っていました。しかし、ロッドから王家の血を引く者しか始祖の巨人の能力を扱えないと教えられたケニーは目的を諦めます。

ロッドはヒストリアが王家の血を引いているのを利用しようと、ヒストリアを説得します。その結果、ヒストリアも自分を求めてくれたロッドを信じたのです。ケニーはロッドの企みを阻止しようと、ヒストリアに向けこのかっこいい名言を言いました。結果的にヒストリアは考えを改め、エレンを救うために行動したのです。ヒストリアについては、以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ケニーアッカーマン名言②「俺が…見てきた奴ら…」

「俺が…見てきた奴ら…みんなそうだった…酒だったり…女だったり…神様だったりもする。一族王様…夢…子供…力…みんな何かに酔っぱらってねぇとやってらんなかったんだな…みんな…何かの奴隷だった…あいつでさえも…」

このかっこいい名言は進撃の巨人第69話でリヴァイに向けてケニーが言った言葉です。ケニーは、ロッド・レイスの巨人化に巻き込まれ瀕死状態になりました。そして、ケニーの元にやってきたリヴァイにこの名言を言ったのです。リヴァイにアッカーマン一族についての情報を明かしたり、巨人化する注射を託したりした後ケニーは死亡しました。

進撃の巨人に登場するキャラが発言した名言は、以下の記事で詳しく紹介しています。進撃の巨人に登場したキャラの名言や名シーンを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

かっこいいケニーの声優を務めているのは誰なのでしょうか。アッカーマン一族として迫害に悩まされ、戦い続けたかっこいいケニーの声優を務めた人物を最後に紹介します。声優に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

ケニーアッカーマンの声優は山路和弘

ケニーアッカーマンの声優を務めているのは「山路和弘」です。山路和弘は三重県出身の声優で、劇団青年座演技部に所属しています。山路和弘は声優以外にも舞台やテレビドラマで俳優として活躍しています。実力のある声優で様々な作品に出演しているのが特徴です。

【ケニーアッカーマンの声優】山路和弘の出演作品

山路和弘が進撃の巨人以外で声優として出演している作品は、ワンパンマンの「シルバーファング」や名探偵コナンの二代目「服部平治」などです。その他にもテレビアニメから劇場版の吹き替えなど様々な作品に出演しています。

進撃の巨人アニメでケニー以外の声優を務めている人物については、以下の記事で詳しく紹介しています。声優に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

ケニーアッカーマンは、リヴァイの育ての親だったりアッカーマン一族の迫害を止めさせたりとアッカーマン一族としての誇りを忘れずに、長年かっこいい活躍をしました。リヴァイにとっても、ヒストリアにとっても重要な人物だったケニーは残念ながら死亡します。しかし、最後までかっこいい姿を見せ、リヴァイにアッカーマン一族の記憶を託しました。

ケニーと同じくアッカーマン一族の血を引いているリヴァイやミカサが、今度どのような目的を持って行動していくのか楽しみにしておきましょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31ZBjzUM3PL._AC_.jpg