Jenewv0ubej2px9eb42s

約束のネバーランド

CATEGORY | 約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ノーマンは敵か?成長し変化した黒幕ノーマンについて解説!

2021.08.03

約束のネバーランドの中盤では、敵である鬼の手に落ちたはずのノーマンが帰ってきます。彼は成長を遂げ、別人のように変化していました。今回は、ノーマンが悪者となり敵に回ったのか、黒幕の正体、ミネルヴァとの関係性など、約束のネバーランドの重要な部分を紹介します。

  1. 【約束のネバーランド】ノーマンが成長して帰ってきた?
  2. 【約束のネバーランド】ノーマンは鬼に食べらていたはず?
  3. 【約束のネバーランド】ノーマンは何故生きていたのか
  4. 【約束のネバーランド】ノーマンが急成長した理由
  5. 【約束のネバーランド】ノーマンの思想
  6. 【約束のネバーランド】ノーマンと対立するエマ
  7. 【約束のネバーランド】ラムダで出会ったノーマンの仲間を紹介
  8. 【約束のネバーランド】ノーマンは敵ではなかった
Bh0jglb2zzcf29phktgq
引用: https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-14-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%87%BA%E6%B0%B4-%E3%81%BD%E3%81%99%E3%81%8B/dp/408881861X/ref=sr_1_8?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89+%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3&qid=1615792882&s=books&sr=1-8

物語は、エマやレイたちがゴールディ・ポンドでの戦いを終えて、敵の追手から逃れるためにシェルターを後にしたところまでさかのぼります。エマたちは、道中で遭遇したミネルヴァの仲間であるジンとハヤトにミネルヴァのもとまで案内してもらいました。しかし案内された先にいたのは、かつてグレイスフィールドハウスで犠牲になったはずのノーマンでした。彼は、別人のように変化し成長した姿で現れたのです。

ノーマンがなぜ生きていたのか、その謎に迫る前に、まずはノーマンがどのような経緯で敵の手に落ちて犠牲になったのかを解説していきます。

イザベラママとの駆け引き

グレイスフィールドハウスからの脱出を画策する中で、ノーマンやエマたちは敵であるママ・イザベラと頭脳戦を繰り広げていきます。イザベラは、誰かがコニーの出荷現場にいたと確信しており、その正体を探るために動いていました。それに対して、エマやレノーマンたちはバレないように情報収集し、ミネルヴァという存在を知ります。同時に、脱出の計画も練っていました。

しかし、物語が進むにつれて多くの壁も出てきました。新たな刺客としてクローネが登場し、発信機が耳に埋め込まれていることなどが判明していきます。また、レイがイザベラのスパイだと判明するも、ノーマンは見事に彼を二重スパイとして引き込むことに成功しました。

出荷日をズラされるノーマン

ノーマンは年長者であるため、出荷日は近づいていました。しかしある日、イザベラが本格的に動き出し、ノーマンに対して「出荷日は明日になった」と伝えたのです。同時にイザベラは、クローネを排除し、さらにレイとのスパイ関係を終わらせ、脱出させないよう自ら前線に立つようになりました。

時間がないと焦ったエマたちは、ノーマンを出荷当日に脱出させようとするも、彼は下見だけをして戻ってきてしまいます。ノーマンは二人の脱出を優先させたのです。そして彼は出荷される直前に、ミネルヴァのペンをエマに渡し、後を託すように去っていきました。しかし、託されたエマとレイは気力を失ってしまうのです。

実は、エマとレイはあきらめたふりをしており、レイの出荷当日に脱出を決行しようと企んでいたのです。イザベラの注意が逸れてる間にドンとギルダが下準備を整えていました。そして当日、レイが身代わりになろうとすると踏んだノーマンは事前に防ぐようエマに言っていたため、レイも含めて全員で脱出することになります。

エマたちは火事を起こしてイザベラの注意をそらした隙に、全員が外へ出て脱出を決行したのです。彼女たちは訓練通りに動くことで、見事に脱出を成功させたのでした。

実は、出荷当日にピーター・ラートリーが里親として引き取りにきていました。彼は、ジェイムズ・ラートリーをはじめとしたラートリー家の一人です。ピーターから研究を手伝ってほしいと言われ、そのまま彼に引き取られたノーマンは新設された「ラムダ農園」へ移送されていました。

ピーター・ラートリーの登場により出荷をずらされたノーマンが、その後ラムダ農園で経験したことについて触れていきます。これらの経験を経て、ノーマンは約束のネバーランドにおいて一番の現実主義者となっていきます。

ラムダ農園で行われていたこと

ラムダ農園とは、敵である鬼の種族の中でも黒幕に近い存在である、貴族鬼の一人バイヨンが支援している特別な農園です。通常の農園よりも研究的な要素が濃いです。ここには、ノーマンのように様々な農園から食用児が移送されてきては、どこよりも高度なテストを受けさせており、より質の高い食用児を生み出すことを目的に施設は稼働しています。

また、ラムダ農園では食用児をさらに能力の高い状態にさせるため試験的に薬の投与などが行われていました。そのため、ラムダ農園出身の子供たちは、通常の子供とはかけ離れた体格や頭脳などを持ち合わせており、中には薬の副作用で話すことができない者もいます。

ラムダ農園の環境は過酷さを極めており、ラムダ出身でノーマンの仲間であるシスラは地獄という言葉で表現するのも生ぬるいと評していたほどでした。ほとんどの食用児は物以下の扱いを受けており、中にはまだ生きているのにも関わらず、鬼に食べられている食用児もいました。これ程の環境下で生き抜いたノーマンが別人のように変化して成長を遂げたのも納得と言えるでしょう。

仲間と出会い、農園を潰す

そこで、ノーマンは様々な仲間と出会っていきます。薬の付与によって強化された力を持ち、鬼を悪者だと考える者たちがノーマンと手を組んでいきました。遂には、農園を壊滅させることにも成功します。この経験を経て、ノーマンはこれまでとは別人のように変化し、そして成長したのです。その後ノーマンは、ミネルヴァの名を借りてエマたちにコンタクトを取ることで、自分の元へ誘導しました。

ラムダ農園での一件を経て、ノーマンは誰よりも鬼を危険視するようになり、鬼に対して冷徹な考えを持つほどに変化しました。彼の目的は、鬼の世界を食用児の楽園にすることです。敵である鬼を全て滅ぼすことで、大人になれなかった食用児たちが大人になることのできる世界を目指しています。まさに、「ネバーランド/大人になれない世界」の時代を終わらせようとしていたのです。

過酷な経験を経て、ノーマンは内面も別人のように変化し、より頭脳明晰な人として成長していました。そんな彼の考え方に対して、エマは真逆の考えを持ちます。彼女は、ソンジュやムジカと出会っているため、敵である鬼でも人を食べなければいいという考えなのです。エマとノーマンは互いに対立する考え方を持っており、今後も別行動で動くことになっていきます。

ノーマンが農園を壊滅させることができたのは、出会った仲間がいたからこそです。彼の仲間は、みんな「鬼は悪者、排除するべき敵」という同じ思想を持っています。それだけでなく、農園で薬を投与されたり実験台となったことで、副作用を抱えながらも各々が身体的な変化を引き換えに強さを得ています。そんな仲間たちの正体について触れていきましょう。

【約束のネバーランド】バーバラ

バーバラはノーマンの仲間の一人であり、ラムダ農園に移送される前はグッドウィル=リッジという農園にいた少女です。鬼退治の歌として桃太郎の歌をよく口ずさんでいるのが特徴です。バーバラは、ノーマンの仲間たちの中では紅一点ですが、容易く鬼を殺すほどの力を有しています。また、一方的に食べられるのを嫌がっており、殺した鬼を食べる凶暴な性格と、鬼は敵で悪者だという考えを持っています。

後述のシスロとは同じラムダに移送される前から知り合いで、同じ農園出身です。シスロの一言で静かになる時もあるため、力量的に彼が上だと垣間見える描写もあります。一方で、バーバラやシスロなどのラムダ出身者たちは、ラムダの経験がトラウマ化しています。それはまるで病気のようになっており、発作も起きるため薬が必要不可欠です。

【約束のネバーランド】シスロ

ノーマンの腹心であるシスロもまた、バーバラと同じようにグッドウィル=リッジからラムダ農園へ移送されていました。ノーマンのことを「12のガキが神に見えた」と評するほどに好いており、彼を無くして自分の生存は無かったとも考えているほどです。前述のバーバラよりも強いとされており、その強さは農園にいた敵の鬼を軽く殺傷するレベルです。

【約束のネバーランド】ザジ

ザジもノーマンの腹心です。常に頭に紙袋を被って顔を隠しているのが特徴的です。体格が大きいにもかかわらず、初登場時の年齢はグレイスフィールドハウスの年少組であるフィルと同世代である5歳でした。バーバラやシスロとは違い、最初からラムダ農園にいました。

ザジは二刀流で敵と戦います。黒幕と言ってもいいラスボス的な存在の女王レグラヴァリマに対しても、攻撃を与えることができるなど、その実力はかなり高いです。一方で、会話がままならないため意思疎通を取れるのはノーマンだけという一面もあります。また、敵と味方を判別できないため危険性もあり、エマもろとも敵の鬼を殺そうとしたこともあるほどです。

【約束のネバーランド】ヴィンセント

ヴィンセントは、ノーマンの仲間たちの中でも特に頭脳明晰なタイプであり、彼と同様にラムダ農園にて高度なテストを受けていました。ラムダ農園を壊滅させる際にも、ノーマンと共謀してブレーンとして活躍するほどに頭が良いです。外見は他の仲間よりも大人に近い体格を持ち、頭部には手術跡のようなものが残っています。

【約束のネバーランド】ハヤト

ハヤトは、ラムダ系列の農園出身です。胸元には出身農園の紋章があり、ラムダ系列であるためかノーマンのものと酷似しています。子供っぽい性格の持ち主で、グレイスフィールドから脱出したエマたちをかっこいいと褒めたたえたりもしていました。しかしその正体は、ノーマンに純粋な忠実さを持つが故に鬼を悪者とみなして戦う事もいとわない考えの持ち主です。

森の中で遭遇したエマたちを、ミネルヴァの指示だと言いノーマンのもとへ案内したのもハヤトです。彼は、人間離れした速さで走ることを得意としており、農園に忍び込むこともしています。作者によると、元々はレジスタンスのリーダーという案も出ていたそうです。

【約束のネバーランド】ジン

ジンは、ハヤトと共にエマたちと遭遇したノーマンの仲間の一人です。彼もまたラムダ農園の出身であり、ノーマンに助けられた食用児でもあります。口元を布で覆っているのが特徴的です。エマたちのおかげで野良鬼から助けてもらい、彼女たちに傷の手当をしてもらった時は嬉しくなっていました。それぐらい脱走者のことを尊敬しているということです。

【約束のネバーランド】アイシェ

アイシェは、ノーマンたちが助けた食用児の少女です。初登場したのは、ドンとギルダがソンジュとムジカの捜索へ向かう時でした。その時は二人を守る護衛役を担っていました。銃の扱いに長けており、三匹の犬を連れているので護衛として最適な力量を持て居ます。

アイシェの正体は、敵であるはずの鬼に育てられていた子供です。そのため、鬼の言葉を話すことができる代わりに、人の言葉が話せないとされていました。元々顔に痣があったアイシェは、生まれた時から廃棄処分される予定でした。そこへ、ある鬼が彼女を盗み、育てることを決意します。その鬼の正体は、食用児を扱う工場で働く普通の鬼でした。

人間から見れば悪者であったはずの鬼は、いつしかアイシェと暮らして別人のようになり、まるで親子のようになっていました。しかしその生活は長く続かず、ある日を境に終わりを告げます。ラムダ農園を壊滅させたノーマン一行が、アイシェと鬼の住処を急襲したのです。ノーマンは人間を助けるために、敵とみなしたその鬼を殺害しました。彼は人助けをしたつもりですが、アイシェにとっては親の仇となったのです。

アイシェは泣きながら鬼語で「許さない、殺してやる」と言い、ノーマンたちを悪者だと言わんばかりの目つきで睨んでいました。それ以降は別人のようになり、彼らと行動を共にしています。しかし、それはあくまでも生きるためです。実は、鬼語しか話せないというのも嘘であり、人語も話すことができます。鬼語しか使わなかったのも、「父親」を殺したノーマンたちとは口をききなくないからというものでした。

こうした経緯を持つアイシェの存在そのものが、鬼と人間が争わない関係を築けるものなのだと証明しています。彼女はそれを実感しているため、ドンとギルダがムジカやソンジュを助けようとしていることを知った際には、彼らと協力関係を築くようになっていきました。

ノーマンは別人のようになっていたので、過去には敵になった説や黒幕説などが挙げられていました。しかしその正体は、黒幕どころか敵でも悪者でもありませんでした。考え方は違えど、ミネルヴァの名を借りてまでエマたちを助けていたので、れっきとした友達であり仲間です。

ノーマンとエマは別々で動きますが、それでも人間のためという部分は共通しています。また、黒幕も別に存在しているため、その黒幕の正体を突き止めるためにも彼らは奮闘しています。ノーマンは、約束のネバーランドにおける重要なキャラクターなのです。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81lKfjYZzXL.jpg