2018年02月28日 UPDATE

【ネタバレ】名探偵コナンの黒の組織関連の伏線・考察まとめ!

ネタバレ注意!?伏線が多いことで有名な大人気推理漫画『名探偵コナン』。未だに未回収の伏線がたくさんありますが、連載開始当初から名探偵コナンの中で謎のベールに包まれ続けている『黒の組織』の伏線について考察・ネタバレしていきます!

目次

  1. 名探偵コナン
  2. 【名探偵コナン】ネタバレ考察の前に!黒の組織について
  3. 【名探偵コナンのネタバレ】黒の組織に関する伏線を紹介!
  4. 【名探偵コナンのネタバレ】黒の組織のボス『あの方』
  5. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】あの方の正体は『烏丸蓮耶』
  6. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】黒の組織が半世紀以上前から始めている極秘プロジェクト
  7. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】人魚島の名簿
  8. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】板倉のソフト
  9. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】板倉にソフト開発を発注したベルモット
  10. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】ベルモットの正体
  11. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】ベルモットの目的
  12. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】APTX4869の死亡者リストと羽田浩司
  13. 【名探偵コナンのネタバレ考察】黒の組織No.2ラムの正体
  14. 【名探偵コナンのネタバレ考察】ベルモットと灰原の発言
  15. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】番外編!『領域外の妹』
  16. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】番外編!メアリーの正体
  17. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】番外編!世良家と灰原
  18. 【名探偵コナンの伏線ネタバレ】番外編!血縁関係
  19. 【名探偵コナン】最終回は近い!?
  20. まとめ

名探偵コナン

名探偵コナンは漫画家・青山剛昌さん原作の推理漫画作品です。1994年に週刊少年サンデーで連載が始まり、現在も連載中で世界中の人々が夢中になっている大人気作品です。そんな名探偵コナンに張り巡らされている伏線の中でも、今回は黒の組織に関わる伏線をまとめて考察していきます!ネタバレにご注意ください!

【名探偵コナン】ネタバレ考察の前に!黒の組織について

黒の組織は名探偵コナン第1話から登場し、最終回まで登場し続けるであろう名探偵コナンの中でもとても重要な黒幕組織です。新一の身体を幼児化させた毒薬APTX4869を開発した国際犯罪組織であり、任務を行うときは上から下まで黒の装束を身に着けていることから『黒の組織』や『黒ずくめの組織』と呼ばれています。

この黒の組織は重要人物の暗殺や薬の開発、裏の取引などを行っています。そしてその拠点は世界中に存在する大規模な犯罪組織ですが、組織の大きさ故に多くのスパイ潜入を許してしまっています。しかし優秀なスパイによる潜入捜査が行われていても組織の全貌は未だ明らかになっていません。

【名探偵コナンのネタバレ】黒の組織に関する伏線を紹介!

1994年から週刊少年サンデーで連載が始まり、現在単行本は94巻まで発売されている大長編推理漫画名探偵コナン。そんな名探偵コナンに山ほど張り巡らされている伏線の中でも、今回は黒の組織に関連する伏線を紹介・考察・ネタバレしていきたいと思います!

【名探偵コナンのネタバレ】黒の組織のボス『あの方』

黒の組織のボスで『あの方』と呼ばれる人物がいます。これは名探偵コナンの根幹にも関わる伏線ですが、『あの方』に当てはまる条件がいくつかあります。

『あの方』に当てはまる条件

『53巻までに登場している』、『青山先生曰く、名前が登場した巻数を言えばバレてしまう』、『黒の組織の正式名称と関連性がある』、『ピスコの長年仕えたというセリフから高齢であると予測される』、『ベルモットがお気に入り』、『灰原曰く到底信じがたい以外な人物である』

Ufrkhmdheyasfjmyqopf
引用: https://www.instagram.com/p/BcpGI9xnt-u/?tagged=%E7%83%8F%E4%B8%B8%E8%93%AE%E8%80%B6

以上が『あの方』の人物に当てはまる条件とされていますが、実は2017年12月23日に遂に『あの方』の正体が明らかになり長年特大の謎だったこの伏線は回収されたんです!

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】あの方の正体は『烏丸蓮耶』

2017年12月23日に刊行された週刊少年サンデーで遂に黒の組織のボスである『あの方』が烏丸連耶であることが判明しました!名探偵コナンのファンの間では実はずっと噂されていた人物の一人だったんですね。『集められた名探偵』という回に名前だけ登場した人物で、半世紀前に謎の死を遂げたとされている大富豪です。

Rhu1mrn57advrwdtrcxj
引用: https://www.instagram.com/p/BcpAG7nAbdE/?tagged=%E9%BB%92%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94

30巻で名前が登場しており、名前に黒い生き物の烏、死亡したとされる時点で99歳、死んだはずの人間だったという意外性。この人物なら先の条件に当てはまっていますね。この年齢を考えると、本来別の理由で開発されたが若返りの効果があるAPTX4869を烏丸は服用している可能性が高いと思われます。飲んでいないとなると年齢は150歳を超えるので生きていないはずです。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】黒の組織が半世紀以上前から始めている極秘プロジェクト

ファイル189で『我々組織が半世紀前から進めていた極秘プロジェクトに深く関わってしまっているなんて』という灰原哀の台詞があります。しかしこのプロジェクトというのは現在も明らかにされていない伏線の一つとなっています。ではコナンは一体なんのプロジェクトに関わってしまっているのか考察していきます。

工藤新一と黒の組織の関係といえば、『APTX4869を飲んで幼児化してしまった』こと以外には今のところありません。プロジェクトは毒薬を完成させることだと仮定すれば、幼児化に成功した新一はとても貴重な研究材料となります。研究者であった灰原が言うわけですから、少なくとも金銭関連や暗殺関連でないと考えられます。となると、薬に関連することとなれば幼児化する薬を完成させることがプロジェクトなのではないかと考えられます。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】人魚島の名簿

青山剛昌先生本人が伏線だと仰っているこの人魚島の名簿。この名簿には宮野志保(シェリー)と黒澤陣(ジン)、魚塚三郎(ウォッカ)という3名の黒の組織の構成員の名前が登場しました。

人魚の不老不死について調べに来ていたと考えられますが、その目的は未だに解明されていません。しかし青山先生は2014年のインタビューで「組織の目的は不老不死ではない」と発表しており、さらに人魚島に3人が来た理由が謎に包まれてしまいました。

組織の目的自体ではないとしても、若返りの効果を期待されているAPTX4869の研究材料を探しに行ったのではないかと考えられます。研究者として自らがヒントを探しに島に来たのであれば、理由が付きますね。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】板倉のソフト

暗殺を繰り返しながら大金を集め、妙な薬を開発し有能なプログラマーを集めようとしている黒の組織。一体なんのためにこんなことをしているのか?これは最後の方まで明かされることがなさそうな伏線ですが、そこにはさらに組織への手がかりとなる伏線が加わります。

システムエンジニアである板倉卓が開発していたソフトに黒の組織が目を付けました。しかしコナンが発見した板倉の日記には「目を患ったからではなく我々人間のために断念した」と書かれています。板倉はもともと、映画の特殊視覚効果やCGで有名であり、組織が目を付けた開発中のソフトは『特殊視覚効果』を使ったものではないかと推測されます。

このソフトを手に入れることが出来なかった黒の組織はその後優秀なプログラマーを欲するようになりました。ソフトを完成させたかったのか、もしくは変わりとなる製作者が必要だったのか、現在もこの伏線は未回収のままで真実は不明となっています。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】板倉にソフト開発を発注したベルモット

板倉に1年でソフトを完成させたら高額な値段で買い取ると言ったのは、過去シャロンだったときに映画のことで板倉と喧嘩したベルモットです。犬猿の仲であるにも関わらず発注したことに関して新一の母は「そうまでして発注したソフト・・・幼児化を隠す訳となにか関係があるのかしら」とベルモットに言いました。ここでいう幼児化は新一と灰原の幼児化のことですが、組織に2人が小さくなって生きているということを誰にも言っていないことになります。

Y5m5ijbsfjioxpdujo7i
引用: https://www.instagram.com/p/BaO54SaACFz/?tagged=%E9%BB%92%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94

幼児化を隠すことということは、新一に弱みを握られているベルモットに必要なソフトだからでしょうか。一体どんなソフトなのか気になりますね。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】ベルモットの正体

黒の組織の構成員の中でも特に謎が多く、明らかになっていない伏線が多いキャラクターの一人のベルモット。このベルモットは黒の組織のボスであるあの方から気に入られている存在ですが、彼女の正体はなんなのかを考察していきます。

ベルモットはあの方から直接『私の元へ帰ってきておくれ』とメールで言われていたり、安室透との会話では『組織のメンバーが知ったら驚くでしょうね。まさかあなたがボスの・・・』と言われているシーンがあります。ベルモットの正体はあの方の妻か娘などの家族と言う線が濃厚そうですが、予想をはるかに超えた関係の可能性もありそうです。

しかもベルモットは歳を取らないんです。ジョディがあ8歳の時彼女の両親が黒の組織に殺害された際に、ジョディはベルモットに会ったことがありました。そのころから容姿が全く変化していないベルモットにジョディは『なぜ歳をとらないの?』と問いかけたのですが、これに対する返事はありませんでした。この伏線も未だ未回収となっていますが、ベルモッットはAPTX4869服用の成功者という疑惑が浮上しますね。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】ベルモットの目的

謎多き黒の組織の幹部の一人、ベルモットはボスのお気に入りでありながらコナンと灰原哀の幼児化を知る数少ない人物の一人でもあります。しかしその真実をボスや仲間に伝えず、コナンのことを『シルバーブレッド』と呼び高く評価しているように見えます。

『シルバーブレッド』といえば、黒の組織のボスであるあの方が赤井秀一のことをそう呼んでいます。あの方は赤井秀一を黒の組織を壊滅させる危険がある人物としてシルバーブレッドと称していますが、ベルモットがコナンに向けて言うシルバーブレッドはコナンに期待を込めて呼んでいるのではないでしょうか。

ベルモットの目的は黒の組織の壊滅で、コナンが黒の組織を壊滅させてくれることを望んでいるのではないかと考えられます。ベルモットの『私の宗を貫いた彼なら・・・なれるかもしれない・・・長い間待ち望んだ・・・銀の弾丸(シルバーブレッド)』という言葉がありますが、これは赤井秀一と比較してコナンなら一人で十分にやれるという意味が込められていると考えられます。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】APTX4869の死亡者リストと羽田浩司

この伏線はなんと19年越しでようやく回収され話題となった伏線の一つです。灰原哀が登場して間もない頃にパッと一瞬だけ登場したAPTX4869の死亡者リストに載っていた人物を灰原が思い出し、物語は伏線の回収へと向かっていきました。

Dc12m4bfuih7co8csxbt
引用: https://www.instagram.com/p/BTh5XnxlX-6/?tagged=%E9%BB%92%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94

羽田浩司の名前を耳にした灰原哀が『APTX4869の死亡者リスト』に羽田浩司:死亡と書かれていたことを思い出し、阿笠博士とコナンと3人で17年前の羽田浩司殺人事件について調べます。その事件現場には当時阿笠と赤井秀一が発明したハサミが残されており、そのハサミにはダイイングメッセージが残されていました。

17年前にチェスの大会に出場するために渡米していた羽田浩司がホテルで何者かによって殺害されていたこの事件の真相は今も確定はしていません。しかし残されたダイイングメッセージは解読され、『ASACA RUM』というラムの正体に迫るものでした。単なる名前のみ登場するモブキャラだと思われていた羽田浩司は、実は重要人物だったんですね。

【名探偵コナンのネタバレ考察】黒の組織No.2ラムの正体

あの方の側近であると言われているラムは今もまだその姿は公開されていません。現時点で判明しているラムの特徴は4つあると言われています。

ラムの特徴

・片方の目が義眼

・大男

・女のような男

・老人

Vmb4sybz29rdvbpox1xs
引用: https://www.instagram.com/p/Bcw46o5nJFS/?tagged=%E9%BB%92%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94

羽田浩司がAPTX4869を飲まされ組織に殺害されたことから、ボディガードであった『浅香』という人物が組織の構成員の一人ではないかと言われています。そして残されたダイイングメッセージから浅香がラムであり、羽田浩司をAPTX4869で殺害した張本人ではないかということが浮かび上がりました。しかしこの説は、ローマ字を並べ替えると『CARASUMA』となり、組織のボスである黒幕の正体を明かしたものであるともいわれています。

【名探偵コナンのネタバレ考察】ベルモットと灰原の発言

灰原『時の流れに人は逆らえないもの・・・』『それを無理に捻じ曲げようとすれば・・・人は罰を受ける・・・』『死者を蘇らせる秘薬・・・そんな夢のような薬ではなくこの地球のほとんどの人間にはその価値を見いだせない愚かしい代物』

ベルモット『恨むのならこんな愚かな研究を引き継いだ貴方の両親を・・・』

Y5l2rnakohkogvgcmq9d
引用: https://www.instagram.com/p/BYiPaqfBn1h/?tagged=%E5%AE%AE%E9%87%8E%E5%BF%97%E4%BF%9D

この伏線も未だに未解決の伏線ですが、これは黒の組織の目的に深くかかわっていそうな発言ですね。灰原がシャリ―として行っていた研究といえばAPTX4869の開発に関わることだと思いますが、組織の構成員の一人であるベルモットはなぜ愚かだと思うのか。この研究の目的は黒の組織の目的とリンクする手がかりとなりそうですね。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】番外編!『領域外の妹』

コナンが拾った世良真純のスマートフォンに真純と映っていたもう一人の女の子。彼女のことを世良真純も、彼女自身も『領域外の妹』と称しています。『領域外』とは一体なんなのか、この子は誰なのかをネタバレしていきます!

この『領域外の妹』の本名は『メアリー・世良』だということが判明しています。見た目は中学生ほどの女の子で、蘭と同じ高校に通う世良真純が宿泊しているホテルの同室に宿泊しています。コナンは彼女の正体を尋ねた際に言われた『領域外の妹』という言葉に引っかかっていました。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】番外編!メアリーの正体

テレビで中継されていた羽田秀吉の対局で羽田が勝利したことを明らかに喜ぶ様子が描かれていたり、世良真純が『領域外の妹』のことを「ママ」と呼んだことから、『領域外の妹』の正体が世良真純や赤井秀一、そして羽田秀吉の母親・メアリーであることが明らかになりました。

なぜ母親がこんなに幼く、そして『領域外の妹』だと称しているのか。それはメアリー・世良もコナンと灰原同様にAPTXのような毒薬を服用していたと考えられます。しかしAPTX4869は新一が一人目の被験者となっていますので、それ以前に開発された薬をメアリーは服用したため、幼児化しているもののコナンたちより大きい姿になっているのではないかと考えられます。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】番外編!世良家と灰原

灰原が付けていたマスカラがヒントになり、世良家(赤井家)の人の下まつ毛が長いということに気が付いたコナンは領域外の妹の正体がメアリーであることをつきとめたわけですが、その後の灰原を見ながら言うコナンの台詞に『お前・・・その顔・・・』というセリフがあります。

メイクを落とし切れずに下のマスカラが残ってしまった灰原の顔を見てコナンは灰原と領域外の妹であるメアリーがそっくりであることに気が付きました。原作者である青山剛昌先生は『とある2人の母親が姉妹である』とコメントを公開しています。

【名探偵コナンの伏線ネタバレ】番外編!血縁関係

メアリー・世良と灰原哀の容姿がそっくりであることと、青山剛昌先生のコメントから考察すると、灰原哀の母親である宮野エリーナとメアリー・世良は姉妹関係であるのではないかと考えられます。となると、交際関係にあった宮野明美と赤井秀一は親戚の関係でありながら付き合っていたということになります。

【名探偵コナン】最終回は近い!?

現在漫画本が94巻を迎えて大長編推理漫画となった『名探偵コナン』ですが、今では長年謎のヴェールを纏ってきた黒の組織に関するストーリー展開も始まり、物語に散りばめられていた伏線が少しずつ回収されていきましたね。青山先生は「余裕で100巻超える」とコメントしていますが、遂に長年未回収だった代表的な伏線であるあの方の正体も明かされ、そろそろ完結に向けて進みだすのではないかとファンの間で噂になっています。

まとめ

E6gesjso6wpagpnuk878
引用: https://www.instagram.com/p/BfNWG2rjie4/?tagged=%E5%B7%A5%E8%97%A4%E6%96%B0%E4%B8%80

今回は名探偵コナンに登場する、謎に包まれた黒の組織に関連のある伏線をご紹介し考察しました!中には19年越しに回収された伏線や今も未回収のままの伏線もありましたが、これからの名探偵コナンの展開が気になりますね。毎年公開される劇場版の中にも伏線のヒントが隠されていることも!?今後も名探偵コナンの最新情報は要チェックです!