Vc15bxdgjxtzdbiwb4ko

約束のネバーランド

CATEGORY | 約束のネバーランド

【約束のネバーランド】レグラヴァリマは女王で最強の鬼?ソンジュとの関係もわかる

2021.04.05

漫画『約束のネバーランド』は、アニメが第2期も制作されている大人気作品です。その中で今回紹介するのは、主人公のエマと敵対する種族の女王「レグラヴァリマ」という鬼です。鬼の女王レグラヴァリマの正体や、ソンジュとの関係性などをネタバレしながら解説します。

  1. 【約束のネバーランド】レグラヴァリマ登場までのあらすじ
  2. 【約束のネバーランド】レグラヴァリマの基本プロフィール
  3. 【約束のネバーランド】レグラヴァリマの強さと能力
  4. 【約束のネバーランド】レグラヴァリマの核は2つ?
  5. 【約束のネバーランド】レグラヴァリマはソンジュの姉?
  6. 【約束のネバーランド】レグラヴァリマは異形の姿に?
  7. 【約束のネバーランド】レグラヴァリマの最期
  8. 【約束のネバーランド】レグラヴァリマは何故ノーマンにこだわっていたのか
  9. 【約束のネバーランド】レグラヴァリマは欲深き嬢王
Sc3pm6hftluk4h0rr1bp
引用: https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-1-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%87%BA%E6%B0%B4-%E3%81%BD%E3%81%99%E3%81%8B/dp/408880872X/ref=tmm_other_meta_binding_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1613758105&sr=1-4

主人公のエマは、孤児院で里親を待ちながら他の孤児たちと暮らしていました。ある日を境に、エマたちは鬼が食べるために育てられていることを知り、脱出を図ります。数々の頭脳戦を経て、エマたちは犠牲を払うも何とか脱出することに成功します。その後、森の中で遭遇した人間を食べない鬼のムジカとソンジュ遭遇し、鬼の世界の実情を把握しました。アニメでは、このあたりから原作とは違う展開です

ムジカやソンジュとは別れたエマたちは、人間の味方であるミネルヴァという人物に会うべく、ゴールディ・ポンドという場所へ向かいます。道中でエマは密猟者に捕まってしまい、そのまま着いた場所こそがゴールディ・ポンドでした。そこは、鬼が密かに人間を狩る狩猟の場となっていたのです。ここから先の展開を知らない方は、ネタバレに注意してください。

ゴールディ・ポンドから脱出するために、エマは自分と同じくその場にいた人々と協力し合うことで、強敵である貴族の鬼たちを相手に辛くも勝利します。猟場をも破壊したエマたちは見事に脱出し、犠牲を出しつつ追手から逃げながらも、ついにミネルヴァの元へたどり着きました。しかし、ミネルヴァの正体はかつて孤児院で犠牲となったノーマンでした。

Rwwfwh6ijmzcz2nae7va
引用: https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-14-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%87%BA%E6%B0%B4-%E3%81%BD%E3%81%99%E3%81%8B/dp/408881861X/ref=tmm_other_meta_binding_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1613758381&sr=1-1

ノーマンは、鬼を全滅させる目的を果たすために鬼同士で潰し合ってもらおうと、鬼の社会から追放されたギーランという鬼と同盟を組みます。それに対してエマは、争わない選択肢を取り、正体不明の鬼の頂点と呼ばれる鬼へ会いに行きます。鬼の頂点は、かつて人間と鬼を二つの世界にした存在です。

エマが鬼の頂点と会おうとしている頃、鬼の社会の管理者である貴族の鬼たち「五摂家」は、鬼の世界で君臨する女王「レグラヴァリマ」と会議をしていました。ここで初めて、鬼の女王が登場しました。本誌では131話に該当します。まだアニメではここまで物語が進んでいませんが、アニメ独自の展開からどう繋がっていくのか必見です。

鬼の世界のトップに立つ女王であるレグラヴァリマがどんな鬼なのか、基本的な情報をおさらいしながらその正体に迫りましょう。まだ本編を未履修の方や、アニメのみを視聴している方は、ネタバレに注意してください。

レグラヴァリマの経歴プロフィール

レグラヴァリマは、王族の血を引く特別な鬼です。先代の王だった父親を自ら殺すことで女王になるという凄惨な経歴を持ちます。その後は、食用として育てられた人間は食べない宗教「原初宗教」を廃止し、その宗教を重んじる鬼たちを追放しました。その理由は、原初宗教とは真逆の食用児を育てる「農園」を幾つも作り、人間を食料として安定的に供給させるためでした。

女王となって以降は、絶対的な王政を敷き、自分の邪魔となる存在は容赦なく追放していきました。現在ノーマンと同盟を結んでいる元五摂家の鬼ギーランも、レグラヴァリマから追放された一人です。

レグラヴァリマの人物像や特徴

レグラヴァリマは女王としての威厳もありますが、同時に極めて欲望に忠実な性格の持ち主でもあります。父親を殺して王座に就いたことや、民が食糧難になっても食用児を分け与えなかったことなどが欲深さを示しています。また、農園を設立して以来の最高の逸材であるノーマンを独占するために、「あの方」とも呼ばれる鬼の頂点に渡らないようにしたこともあるほどです。

レグラヴァリマは、その容姿からも女王の風格が伝わります。比較的身長も高く、仮面を取っても鬼としては美形の顔をしています。また、セレブリティな服装に身を包んでおり、まさしく女王です。

レグラヴァリマの強さを紹介する前に、もしまだアニメの展開しか把握していない方や、漫画を読み始めたばかりの方は、ネタバレに注意してください。

レグラヴァリマは五摂家を含む鬼の中でも、強さで右に出る者はいない最強の鬼です。その強さは五摂家すら彼女には勝てないと言わしめており、実際に終盤での戦闘シーンでは遺憾なくその実力を発揮しています。レグラヴァリマがそこまでの実力を持つ背景には、王族であることが一番大きいです。

王族では、通常は1つしか持たないとされる鬼の弱点「核」を2つ持って生まれてくるというレアケースがあります。この稀に見る例外的な鬼に該当するのがレグラヴァリマです。彼女は王族として高い実力を持っているだけでなく、さらに弱点である核を2つも備えています。規格外なこの強さは、まさに女王たる所以です。

レグラヴァリマには弟が2人います。そのうちの1人の正体は、森の中でエマたちが遭遇した原初宗教を信仰する鬼であるソンジュです。彼は鬼の世界における王子であり、かねてより原初宗教を信仰していました。しかし、人間と鬼が分断された後の世界では、食用の人間を食べずにいたため退化してしまい、檻に入れられてしまいます。

そこでソンジュは、初めてムジカに出会いました。元の姿に戻してくれたムジカに恩義を感じた彼は、ムジカを守り抜く護衛となってと共に脱出し、世界各地を転々としていたのです。このような経歴を持つソンジュに対して、終盤で再会したレグラヴァリマは「愚かな裏切者」と揶揄していました。

もう1人の弟の正体は、レウウィス大公です。彼はエマたち食用児とゴールディ・ポンドにて対峙していました。彼の正体もまた、ただの鬼ではなく王族の血を引く鬼だったのです。そしてレウウィス大公もソンジュと同様に、現在の王政を手伝おうとはしない姿勢を貫いています。

レグラヴァリマは鬼の中でも容姿端麗です。しかし、女王でも異形の姿に変貌してしまいます。どのようにして美しい姿は崩れていったのか、ネタバレをしながらその過程を紹介します。

エマたちとの最終決戦

Ebu3rq0jriaghrve85di
引用: https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-17-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%87%BA%E6%B0%B4-%E3%81%BD%E3%81%99%E3%81%8B/dp/408882170X/ref=tmm_other_meta_binding_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1613840899&sr=1-1

レグラヴァリマの真価が見れるのは、物語の終盤にあるノーマンやエマたちの襲撃時です。五摂家のほとんどを殺されたレグラヴァリマは、生き残った五摂家の一人を退避させ自ら前線に出て戦闘を始めました。

レグラヴァリマは、かつて追放され復讐に燃えるギーランを容易く殺し、ノーマンの仲間であるザジと対峙します。ザジは毒が備わった武器による攻撃をレグラヴァリマの弱点に命中させ、倒すことに成功しました。同時に、エマたちがその場へ駆けつけました。

第2ラウンド

Cd2lzem575pr4wtac9l9
引用: https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%84%E6%9D%9F%E3%81%AE%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-18-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%87%BA%E6%B0%B4-%E3%81%BD%E3%81%99%E3%81%8B/dp/4088822234/ref=tmm_other_meta_binding_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1613841093&sr=1-1

倒されたかに見えたレグラヴァリマは、再び立ち上がります。身の回りに転がる鬼の死体をむさぼり、徐々に食べた鬼が身体中に現れていきます。そうすると、突然体が真っ二つに分断されていき、中からは顔のないレグラヴァリマが出てきました。ザジを軽く圧倒したレグラヴァリマは、異形の姿を経て強くなり再生したのです。

レグラヴァリマが復活したところで、ソンジュとムジカが到着します。ソンジュはレグラヴァリマを倒そうとしますが、やはり力の差は大きいです。ソンジュがトドメをさされそうになったその時に、ムジカが怯まずに割って入りました。ムジカはレグラヴァリマに対して、「なぜそこまで飢えているのか」と問いただします。

同時に、レグラヴァリマは頭の中でこれまで食べてきた鬼や人々の記憶や声がなだれ込み、自ら食べたものを消化しきれなかったため息絶えました。

レグラヴァリマはノーマンに固執していました。その大きな理由は、ノーマンが農園を設立して以来の逸材だからです。彼は、農園内で測定される身体能力や学習能力のテストなどで満点を出す食用児たち「フルスコア組」と呼ばれています。より能力の高い食用児を食べることで、鬼は力をつけることができます。

レグラヴァリマもその一人でした。特に欲深かった彼女は、ノーマンが最高の逸材と知りながらも鬼の頂点に食べさせないために、違う農園へ移送させていました。これが皮肉にも、ノーマンとエマの再会を生み出すことになっています。

レグラヴァリマがどのような鬼か、ネタバレを含めて紹介しました。彼女は、人や鬼といった種族など関係なく、全ての生物に恐怖を与える最強にして最恐の女王と言えるでしょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81PgkgMyVWL._AC_SL1200_.jpg