C1ozjxby4d1ayhh7afe4

呪術廻戦

CATEGORY | 呪術廻戦

呪術廻戦が今最高に人気の理由|個性的なキャラや能力にやみつきになること間違いなし!

2021.01.11

この記事では、いま面白いと話題の呪術廻戦の人気の理由に迫ります!ジャンプではネクスト鬼滅と言われるほど人気の呪術廻戦。現在アニメも放送中で、ますます盛り上がりをみせています。個性的で強いキャラクター達を通して、呪術廻戦を紹介していきます。

  1. 呪術廻戦の作品紹介やあらすじ
  2. 呪術廻戦に登場する主要キャラを紹介
  3. 呪術廻戦が人気な理由は?
  4. 呪術廻戦の名言を紹介
  5. 呪術廻戦は今キテいる人気の漫画

呪術廻戦は週刊少年ジャンプで連載中の人気作品です。原作者は芥見下々先生です。呪術廻戦の単行本は本屋でも品薄になってきています。なぜここまで人気になったのでしょうか。まずは作品を紹介します。

呪術廻戦の作品紹介

呪術廻戦の物語は2018年6月の宮城県からスタートします。呪術廻戦の前日譚としてジャンプGIGAでは、「東京都立呪術高等専門学校」が連載されていました。こちらは2016年が舞台となっています。主人公の名前は乙骨憂太といい、呪術廻戦でも登場するキャラクターです。呪術廻戦0巻として発売されています。重要なキャラも登場しており、とても面白いです。

呪術廻戦のあらすじ

主人公の虎杖悠仁は、並外れた身体能力の持ち主でした。両親を知らず祖父に育てられますが、祖父は亡くなってしまいます。その夜、虎杖の学校で呪物の封印が解かれ化け物が出現。呪物を回収にきた呪術師と立ち向かいますが、追い込まれてしまいます。

少しネタバレになります!虎杖は呪物を取り込むことで、特級呪物を復活させて化け物を倒します。虎杖は特級呪物の器として呪術師に捕まり、一度は死刑を宣告されました。しかし猶予が与えられ、都立呪術高専に入学することになります。こうして虎杖の呪術師としての人生がスタートました。

呪術廻戦の主要キャラについて紹介します。呪術廻戦は高専が舞台なので、生徒だけでなく先生も個性的で面白いです。ネタバレを含みますのでご注意ください。

【主人公】虎杖 悠仁

都立呪術高専1年生となった虎杖は、宮城県仙台市出身です。もともとは一般人でしたが、呪物である両面宿儺の指を食べて呪力を得ます。宿儺の指の影響で、両目の下には開眼したもう一対の目の溝があるのが特徴です。誰でもすぐに打ち解け、明るく素直な性格の持ち主。並外れた身体能力の強さを、肉弾戦で活かしています。

【呪術師】伏黒 恵

伏黒は都立呪術高専1年生で、虎杖と同級生の2級呪術師です。宿儺の指を回収するために訪れた学校で、虎杖と出会いました。宿儺の呪力を得た虎杖を一度は祓おうとしますが、処遇を尋ねられたときには救おうとする一面もあります。善悪の価値観を重視しており、少しでも多くの善人を助けるために呪術師となりました。名家の血筋で呪力が高く、自分の影を媒介した式神術を得意としています。

【特級呪術師】五条 悟

五条は都立呪術高専の1年生クラスを受け持つ、特級呪術師。虎杖と伏黒の担任でもあり、自他ともに認める最強の呪術師です。虎杖の死刑を「宿儺の指を全部取り込むまで」と提案したのも五条でした。細身の白髪に端正な顔立ちで、呪術廻戦でも人気キャラとなっています。六眼と呼ばれる特殊な目の持ち主で、普段は布やサングラスで目隠しをしています。五条の強さは、呪術師のパワーバランスを変えるほど最強です。

【1級呪術師】東堂 葵

東堂は呪術高専京都校の3年生で、1級呪術師です。筋骨隆々の大柄な体格で、ドレッドヘアが特徴の強面ながら面白いキャラ。退屈さと指図を極端に嫌い、つまらないと判断した相手には攻撃的になります。初対面の男性には必ず女の趣味を聞く癖があり、虎杖が自分と同じ趣味だと分かると親友に認定されました。肉弾戦をメインに戦いますが、頭脳戦にも長けていて術式なしで呪いを祓う強さもあります。

Nehhwyt2m4q7p4vflc7n
引用: https://www.amazon.co.jp/%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC-%E3%81%8A%E6%B0%97%E3%81%AB%E5%85%A5%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-5cm-10cm/dp/B08NQ3L2H9/ref=sr_1_8?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=J3MUZ8GNXSR5&dchild=1&keywords=%E5%91%AA%E8%A1%93%E5%BB%BB%E6%88%A6+%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA&qid=1608705007&sprefix=%E5%91%AA%E8%A1%93%E5%BB%BB%E6%88%A6+%2Caps%2C595&sr=8-8

ここからは呪術廻戦の人気の理由を、ネタバレを含めて考察していきます。

ダークファンタジーで人気

原作者の芥見下々先生は、呪術廻戦にはBLEACHの影響が大きいと語っています。ジャンプの人気作品の共通点は「友情・努力・勝利」です。呪術廻戦も共通点に当てはまりますが、呪いという負の感情を使って戦うところが面白いです。こうしたダークファンタジー要素が人気の理由と言えるでしょう。

テンポの良い展開と濃密なストーリーが人気

呪術廻戦は現在13巻まで発売されています。両面宿儺という最強呪霊との出会いから始まり、呪術高専への入学しました。特級呪霊との初戦闘や、京都校の個性的なキャラの登場までが5巻で描かれています。芥見下々先生のストーリー展開は、テンポが早いにもかかわらず、濃密で分かりやすいのが特徴です。重たい内容の中にエンタメ要素もあり、重くなりすぎず笑えるシーンも満載です。

主人公に負けない個性的な人気キャラクター

呪術廻戦では自我の強さが目立つキャラクターがほとんどです。主人公の虎杖は、他人のために自分を犠牲にして助けることを貫いています。周りのキャラクター達も作りこまれていて、各々が自分の軸を持ってそれを貫く強さがかっこいいです。ヒロインもかっこよさが際立ち、自己肯定感の高さが印象的です。個性的なキャラが勢ぞろいしているので、推しがすぐにみつかるのも魅力の1つです。

呪術廻戦にはすでにたくさんの名言が登場しています。五条の「大丈夫、僕、最強だから」もその1つです。他にはどんな名言があるのでしょうか。ネタバレを含めて紹介します。

「私が私であるためだもの」

「懸けられるわ、私が私であるためだもの」

虎杖たちと同級生のヒロインである釘埼野薔薇は、我が強く口の悪い美人です。生まれ育った田舎が嫌いで、都会に住むために呪術師になりました。それだけの理由で呪術師として生きていけるのかという問いに答えた一言です。自分が自分らしくあるためだとも語っています。そのためなら命を懸けられるという強い意志を見せた名言です。

「絶望の積み重ねが人を大人にするのです」

「そういう小さな絶望の積み重ねが人を大人にするのです」

七海建人は五条の1つ下の後輩で、1級呪術師です。フランクな五条とは対照的に、冷静沈着で大人な七海。子供扱いをされ納得のいかない虎杖に対して、大人とは何かを諭した名言です。ちなみに小さな積み重ねとは、枕元の抜け毛が増えていたりお気に入りの惣菜パンが姿を消したりすることだそうです。深みと笑いが共存した名言です!

呪術廻戦の人気の理由は、個性的なキャラやその能力だけではありません。虎杖はジャンプらしい王道の主人公でありながら、少しイカれた一面もあります。芥見下々先生から生み出されるキャラはとっても奥が深く、誰もが主人公クラスです。しかしそのボリュームを感じさせない、テンポの良さとほどよいポップ感が絶妙です。ダークファンタジーですが、重すぎないストーリーが人気の理由と言えるでしょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71rIxGGlxNL._SX300_.jpg