J63gbmx7hcpphaevfhn9

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】エルヴィン団長の名言・名シーンを紹介|後悔の無い選択をする男

2021.01.19

進撃の巨人で調査兵団・団長を務めているエルヴィン・スミスは、名言や名シーンが多くあります。しかし、物語が進む中で死亡するキャラでもあるのです。そんなエルヴィンのかっこいい名言や最期のセリフ、名シーンを紹介します。ぜひ参考にしてください。

  1. 【進撃の巨人】エルヴィン・スミス登場までのあらすじ
  2. 【進撃の巨人】エルヴィン・スミスの基本プロフィール
  3. 【進撃の巨人】エルヴィンの名言
  4. 【進撃の巨人】エルヴィンの夢とは
  5. 【進撃の巨人】エルヴィンの最期
  6. 【進撃の巨人】エルヴィンは夢の前に儚く散る

今回は、進撃の巨人に登場するエルヴィン・スミスの名言・名シーンを紹介します。その前に、エルヴィンが登場するまでのあらすじを振り返ってみましょう。そうすることで、エルヴィンがどのような状況で名言を言ったのか分かりやすくなります。しかし、進撃の巨人のネタバレを含むので、注意してください。

進撃の巨人は、パラディ島に住むエレンという少年が巨人に母親を殺されたことをきっかけに、巨人を駆逐するという物語です。エルヴィンは、進撃の巨人第1話で壁外調査を終えた調査兵団としてエレンの少年時代に登場しました。

進撃の巨人第1話から登場するエルヴィンについて、基本プロフィールを確認していきましょう。エルヴィンがどのような人物か知ることで、エルヴィンがどれくらいかっこいいのか知れます。ぜひ、参考にしてください。

エルヴィンの経歴プロフィール

エルヴィン・スミスは、身長188cm、体重92kgの男性です。10月14日生まれですが、はっきりとした年齢は公開されていません。読者の間では、30代後半~40代前半と予想している方が多いキャラです。調査兵団13代団長を務めていた人物でもあり、進撃の巨人に初登場したときも、調査兵団の団長として登場しました。

エルヴィンの人物像や特徴

エルヴィンは、金髪で額を出したヘアが特徴です。目的のためなら仲間や自分を犠牲にしてもいいという考えが強く、登場時から何度も死にかけているキャラでもあります。仲間に対し、非常とも思われる考えですが、部下からの信頼は厚く、「エルヴィンの考えが分からなくても、一生ついていく」と言わせるほどです。

エルヴィンの詳しい情報は、以下の記事で紹介しています。エルヴィンについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

それでは、エルヴィンについて説明したところで、本題の名言を10個紹介します。エルヴィンの団長としてのかっこいいセリフや名言を紹介するので、ぜひ参考にしてください。今回は、エルヴィン・スミスに特化した名言を紹介します。以下の記事では、進撃の巨人全体の名言を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

エルヴィン名言①「リヴァイ、彼が嘘をつく…」

「リヴァイ、彼が嘘をつく理由は無いとの結論に至ったはずだ。まだまだ分からないことだらけだが、今すべきことは君の意思を問うべきことだと思う。君の意思が鍵だ。この絶望から人類を救い出す、鍵なんだ。」

この名言は、進撃の巨人アニメ13話でエルヴィンがリヴァイとエレンに言ったセリフです。穴をあけられたトロスト区の壁を、エレンが見事塞ぐことに成功しました。しかし、塞ぐために巨人化したときに、エレンは一瞬自我を無くし、ミカサを襲いました。そのため、地下に幽閉されたのです。そんなエレンの元にやってきたエルヴィンは、上記の名言を言いました。

エレンが父親であるグリシャから譲り受けた地下室の鍵と、エレン自身の行動が鍵になるという2つの意味を込めての名言です。エレンの巨人化能力を、人類のために使ってほしい、協力してほしいというエルヴィン団長の強い思いが分かるセリフでした。エルヴィンと深く関わるリヴァイについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

エルヴィン名言②「ご提案があります…」

「ご提案があります。エレンの巨人の力は不確定な要素があり、常に危険を含んでいます。エレンの管理をリヴァイに任せて、壁外調査に出ます。そこでエレンが巨人の力を制御できるか、人類に利がある存在か、その調査で判断して頂きたい。」

この名言は、進撃の巨人アニメ14話でダリス・ザックレーに向けて言ったセリフです。この時エレンは、「処分すべき」という憲兵団と「生かして協力すべき」という調査兵団のどちらに身を預けるかの審議に直面していました。憲兵団と調査兵団のどちらに任せるかという結論を言い渡すのは、兵団総統のザックレーだったのです。そのため、エルヴィンはザックレーに向けてこのセリフを言いました。

エルヴィンは、同じく調査兵団のリヴァイと協力し、暴れそうになったエレンを蹴って制圧するという作戦を練っていたのです。エルヴィンの予想通り、エレンは「俺に投資しろ!」と大声をあげ始めました。そのタイミングで、リヴァイが飛び出しボコボコにします。そして、審議の場にいた全員に巨人化できるエレンを制御できるのは、リヴァイだけだと印象付けたのです。

その結果、この名言をきっかけにエレンは調査兵団に加入することになりました。エルヴィンのこの名言と、リヴァイの行動がなければエレンは危険視され、処分されていたかもしれません。エレンの命を救った、エルヴィンの名言でした。

エルヴィン名言③「君には何が見える?…」

「君には何が見える?敵は何だと思う?」

この名言は、進撃の巨人アニメ15話でエレンに向けてエルヴィンが言ったセリフです。調査兵団は、壁外調査で捕獲に成功した2体の無垢の巨人を実験していました。ハンジ班がメインで調査をしていましたが、ソニーとビーンと名付けられた2体の巨人は一夜で殺害されてしまいます。ハンジが錯乱している横で、エレンにエルヴィンがこの名言を言いました。

実はこのセリフ、エレンだけに言ったのではなく、他の団員にも言っていたのです。エルヴィンは、2体の巨人が殺されたことだけに注目していたのではなく、その先の真実を探っているようでした。エルヴィンの頭の良さと、常に先を見越している凄さが分かる名言でした。

エルヴィン名言④「君たちは死ねと言われたら…」

「君たちは死ねと言われたら死ねるのか?そうか、みんないい表情だ。では、今ここにいる者を新たな調査兵団として迎え入れる。これが本物の敬礼だ、心臓を捧げよ!よく恐怖に耐えてくれた、君たちは勇敢な兵士だ。心より尊敬する。」

この名言は、104期生を含む新兵歓迎式の時に言ったセリフです。調査兵団に入団し、壁外調査を行うということは、常に死亡する可能性と隣り合わせにあるということです。壁外では、一瞬の油断や気の迷いが死に繋がります。

そのため、エルヴィンは新兵として調査兵団に加入する人物たちに、あえて厳しい現実を突きつけたのです。調査兵団団長として、多くの仲間の死を見てきたエルヴィンだからこそ言えるかっこいい名言でした。

エルヴィン名言⑤「エレンなくして…」

「エレン無くして人類がこの地上に生息できる将来など、永遠に訪れない。エレンを奪い返し、即帰還するぞ!心臓を捧げよ!」

これは、エレン奪還作戦時に調査兵団全体に向けて言ったセリフです。鎧の巨人の正体であるライナー、超大型巨人の正体であるベルトルトにエレンが連れ去られたときに、調査兵団の団長として団員の士気を高めたセリフです。周囲を無垢の巨人に囲まれ、絶望していた団員をたった一言で、まとめあげたエルヴィンのかっこいい名言でした。

エルヴィン名言⑥「本日ですべての準備は…」

「本日ですべての準備は整った。ウォール・マリア奪還作戦は2日後に決行する。地下室には何があるのか?知りたければ見に行けばいい。それが調査兵団だろ?」

進撃の巨人72話でエルヴィンが調査兵団に向けて言った名言です。エレンの父親であるグリシャが残した地下室には、巨人や壁外に関する情報が残されていると調査兵団は考えていました。しかし、実際に地下室に行くまで何が残されているのか分からない状態だったのです。さらに、ウォール・マリアは巨人に占拠されていたので、地下室に何もなければ無駄足になります。

それでもエルヴィンは、グリシャが何かを残していることを信じ、上記の名言を言いました。そして、地下室にあった壁外の情報や巨人に関する情報を発見するとこに成功します。調査兵団にとってこの名言は、とても重要なもので、エルヴィンの次に団長になるハンジも、同じ名言を言うシーンがありました。

エルヴィン名言⑦「確かにお前の言う通り…」

「確かにお前の言う通り…手負いの兵士は手負いの兵士は現場を退く頃かもしれない…。でもな、この世の真実が明らかになる瞬間には私が立ち会わなければならない。」

この名言は、進撃の巨人72話でエルヴィンが言ったセリフです。6個目に紹介した名言を言ったエルヴィンは、部屋に残ったリヴァイと2人きりになります。その状況で、リヴァイが右腕を失っているエルヴィンを心配し、ウォール・マリア奪還作戦に参加しない方がいいと言ったときに、この名言を言いました。片腕を失ってでも団長としての役割を全うしようとするかっこいいエルヴィンの名言でした。

エルヴィン名言⑧「心臓を捧げよ!」

「今この時!この一戦に!人類存続の全てが懸かっている。今一度人類に…心臓を捧げよ!」

この名言は、進撃の巨人75話で調査兵団全体に向けてエルヴィンが言ったセリフです。ウォール・マリア奪還作戦が施行され、調査兵団はシガンナ区の壁上で巨人の様子を見ていました。ウォール・マリアには、鎧の巨人や獣の巨人など9つの巨人が待ち構えています。エルヴィンは、ギリギリまで相手の出方を確認し、鎧の巨人が壁を登ってきたのを見て、この名言を言います。

調査兵団の団員に行動の指示を出し、最後に兵団の士気を高めるためにエルヴィンは「心臓を捧げよ!」とかっこいい名言をいました。

エルヴィン名言⑨「俺は…このまま地下室に…」

「俺はこのまま地下室に行きたい…俺が今までやってこれたのも…いつかこんな日が来ると思っていたからだ。いつか「答え合わせ」ができるはずだと。何度も死んだ方が楽だと思った。それでも…父との夢が頭にチラつくんだ。そして今、手を伸ばせば届く所に答えがある。すぐそこにあるんだ。だがリヴァイ、見えるか?俺たちの仲間が。仲間達は俺らを見ている。捧げた心臓がどうなったのか知りたいんだ。」

この名言は、進撃の巨人80話でリヴァイに向けて言ったセリフです。ウォール・マリア奪還作戦で、獣の巨人による投石攻撃を受けていた調査兵団は、どう切り抜けるかが問題になっていました。もちろん、切り抜けるための作戦はありましたが、その作戦はエルヴィンの命をかけて行うものだったのです。

そのため、エルヴィンは実行を迷っていましたが、リヴァイにこの名言を残し、作戦を実行しました。自分の命よりも、人類の存続を優先したエルヴィンのかっこいい名言でした。

エルヴィン名言⑩「人はいずれ死ぬ…」

「人はいずれ死ぬ。ならば人生には意味がないのか?そもそも生まれてきたことに意味は無かったのか?死んだ仲間もそうなのか?あの兵士達も無意味だったのか?いや違う!あの兵士に意味を与えるのは我々だ!あの勇敢な死者を!哀れな死者を!想うことができるのは生者である我々だ!我々はここで死に、次の生者に意味を託す!それこそ唯一この残酷な世界に抗う術なのだ!兵士よ怒れ!兵士よ叫べ!兵士よ!戦え!」

この名言は、ウォール・マリア奪還作戦で死を覚悟した作戦を実行するときに、フロックに向けて言ったセリフです。フロックは、元々駐屯兵団として活躍していましたが、調査兵団の人数が著しく減ったため、調査兵団に加入したキャラです。

そのため、調査兵団を志願したキャラよりも、巨人と闘う気持ちが伴っておらず、顔つきが違う特徴があります。そこで、エルヴィンは死を覚悟した作戦を実行する前に、このかっこいい名言を言うことで、団員の気持ちを1つにしました。フロックについては、以下の記事で詳しく紹介しています。フロックについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

調査兵団の団長としてかっこいい最期を迎えたエルヴィンですが、夢は一体何だったのでしょうか。進撃の巨人の作中で、エルヴィンの「夢」というキーワードはたくさん出てきます。しかし、実際にその夢が何だったのかという詳細は明かされていません。作中で分かるエルヴィンの夢は、「記憶を改ざんされたことの証明」です。記憶の改ざんについては、エルヴィンの父親が過去に提唱していた仮説でした。

その仮説をエルヴィンが同級生に話してしまったために、父親は死亡したのです。自分のせいで父親が殺されたと一生後悔していたのでしょう。しかし、記憶を改ざんされたことは、進撃の巨人の作中でも明かされており、エルヴィンの夢はかなっています。

その後のエルヴィンは自らの命を危険にさらしても、グリシャの残した地下室に行こうとしています。そのため、エルヴィンの本当の夢は「世界の真相を暴くこと」だったのではないでしょうか。

調査兵団団長であるエルヴィンは、進撃の巨人84話で死亡します。最後に、エルヴィンが死亡する経緯や最期のセリフを紹介します。ウォール・マリア奪還作戦を開始した調査兵団は、獣の巨人の投石攻撃により追い詰められました。その結果、エルヴィンたち調査兵団の団員が囮になり、リヴァイが隙をついてジークを仕留める作戦を実行します。

エルヴィンは、獣の巨人の投石により、脇腹を負傷し落馬するピンチに陥ります。負傷し落馬したエルヴィンは、致命傷を負い瀕死状態になりました。そんなエルヴィンを生き残った兵士がリヴァイの元へ連れていきます。リヴァイは、エルヴィンから巨人化するための注射器を受け取っていました。リヴァイは、瀕死のエルヴィンを見て注射で巨人化させようとします。

しかし、アルミンも同じく瀕死の状態だったのです。そのため、エルヴィンとアルミンどちらを生き残すかという話し合いになります。リヴァイやハンジはもちろんエルヴィンを生き残そうとしていました。アルミンを助けようとするエレンたちを他所に、リヴァイはエルヴィンに注射をしようとします。

エルヴィンの腕に注射を打とうとしたとき、エルヴィンはリヴァイを振り払うように手をあげ、「先生…に…いないって…やって調べたんですか?」と言いました。そして、驚いているリヴァイを他所に、エルヴィンは「リヴァイ…ありがとう」という最期の言葉を残し、死亡しました。壮絶な話し合いのあと、アルミンを生かすことが決まります。そのため、巨人化できなかったエルヴィンは死亡したのです。

エルヴィンの死の代わりに生き残ったアルミンについては、以下の記事で詳しく紹介しています。アルミンについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

エルヴィンは、リヴァイに感謝の言葉を最期に発言し、死亡しました。世界の真相を暴く可能性があった地下室を前に最期を迎えたのです。エルヴィンという調査兵団に欠かせない人物を失ったエレンやリヴァイは、そのままマーレ編へと突入しています。今後の進撃の巨人がどのような展開を迎えるのか、そしてそれぞれのキャラがどのような最期を迎えるのか見どころでしょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41LgbUUV7BL._AC_.jpg