Aea143jokqyc2tf7rwav

呪術廻戦

CATEGORY | 呪術廻戦

【呪術廻戦】アニメの声優一覧を解説!出演作品やキャラの紹介までわかる!

2021.01.06

芥見下々が手掛ける呪術廻戦のアニメ版は、豪華な声優が特徴です。今回は、呪術廻戦で声優を務めている人物とキャラについて紹介します。呪術廻船の主人公である虎杖悠仁や五条悟、夏油傑など、多くのキャラと声優をネタバレを含みながら紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  1. 呪術廻戦とはどのような作品か?
  2. 【呪術廻戦】全21キャラの声優を紹介
  3. 【呪術廻戦】アニメの評判はどう?
  4. 【呪術廻戦】ワクワク&ちょっぴり怖い作品

芥見下々が描く大人気漫画の呪術廻戦はどのような作品なのでしょうか。声優を紹介するまえに、まずは呪術廻戦について簡単に説明します。呪術廻戦について紹介するうえで、ネタバレ要素を含みます。最新話まで見ていない人やネタバレが苦手な人は、注意してください。

呪術廻戦の作品紹介

呪術廻戦は、芥見下々が描く週間少年ジャンプで掲載中の漫画です。2018年14号から連載を開始し、2020年10月2日からアニメがテレビで放送されています。呪術廻戦の単行本は、現時点で2020年10月に販売された13巻が最新巻です。

現在放送されているアニメの第1クールは、2020年12月25日に最終回を迎えます。人気作品であるため、アニメの第2クールの放送も決まっており、2020年1月より放送開始予定です。

呪術廻戦のあらすじ

続いて、呪術廻戦のあらすじを紹介します。呪術廻戦のネタバレを含むので、注意してください。呪術廻戦で主人公を務める虎杖悠仁が通う高校には、弱い呪いを退けるために、両面宿儺の指が設置されていました。両面宿儺は、1000年以上前に生きていたとても強力な呪いです。オカ研に所属していた虎杖は、先輩たちが喜ぶと思い、たまたま見つけた宿儺の指を渡します。

しかし、強力な呪いの封印が解けたことにより、呪いが学校で発生しました。両面宿儺の指がなくなったことに気づいた呪術師である伏黒恵と共に、呪いを退治しようとします。しかし、「呪いは呪いでしか祓えない」ため、呪術を使用できない虎杖に勝ち目はありませんでした。そのため、虎杖は両面宿儺の指を食べることにします。

その結果、両面宿儺に身体を乗っ取られそうになりますが、自我を保つことに成功しました。呪術廻戦は、両面宿儺の指を取り込む器として呪術師になることを決めた虎杖が、仲間と共に様々な呪いと闘う物語です。呪術廻戦と同じように面白いと評判の進撃の巨人について、面白い理由を以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

それではさっそく、芥見下々が描くアニメ呪術廻戦の豪華な声優を紹介します。声優はもちろん、各キャラクターの紹介もするので、ぜひ参考にしてください。

【呪術廻戦・声優】虎杖悠仁(CV:榎木淳弥)

虎杖は、呪術廻戦主人公です。育ての親である祖父に「人助けをしろ」と言われたことをきっかけに、呪いに立ち向かうようになります。明るくフレンドリーな性格で、初対面の相手ともすぐに仲良くなるのが特徴です。基本的に手の届く範囲の人には「正しい死」を迎えて欲しいという信念を持ち、行動をしています。両面宿儺の指を取り込んでも、自我を保つことに成功している人物です。

虎杖の声優を務めているのは、榎木淳也です。東京都出身で、アトミックモンキーに所属しています。大学時代に周囲の影響を受け、アニメに興味を持ちます。その後、声優を目指し、プロになりました。2010年から活動を開始し、2012年からはテレビアニメで声優を始めます。毎年、テレビアニメはもちろん、劇場版アニメの声優としても活躍しています。

以下の記事では、進撃の巨人に登場するキャラの声優について紹介しています。呪術廻戦とは違うアニメですが、声優が好きな方はぜひ参考にしてください。

【呪術廻戦・声優】両面宿儺(CV:諏訪部順一)

両面宿儺は、虎杖が生きていた時代よりも1000年前に生きていた呪術師です。腕が4本、目が4つある姿をしていました。そのため、呪術廻戦のメイン舞台である虎杖が生きている時代にも、20本の指が残されています。アニメ呪術廻船第1話で、20本のうち1本を虎杖が食べたことにより、短時間だけ復活します。しかし、その後は虎杖に身体を乗っ取られたため、虎杖の体内に住んでいます。

自由奔放に戦う人物で、基本的に相手を煽りながら戦うスタイルです。しかし、強いと認めた相手には敬意を払う一面もありました。さらに、何も考えずにただ戦っているのではなく、計算高い一面もあるのが特徴です。ときには、虎杖の心臓を人質にして戦う場面もありました。

両面宿儺の声優を務めているのは、諏訪部順一です。東京都出身の声優で、東京俳優生活協同組合に所属しています。小学生の頃から声の仕事に興味があり、放送委員を務めていました。大学卒業後は、様々な職業を経験した後に、声優の道を目指します。20代は、ナレーション活動が多かったのですが、テニスの王子様の声優を務めたのをきっかけに、ブレイクしました。

【呪術廻戦・声優】伏黒恵(CV:内田雄馬)

伏黒恵は、東京都立呪術高専専門学校に通う1年生で、両面宿儺の指を探すために、虎杖が通う高校に来ました。ネタバレになりますが、虎杖と針崎の同級生になる人物です。また、父親が呪術界御三家の1つである禪院家の血を引いています。そのため、使用する術式も禪院家特有のものを使用します。冷静に判断ができる人物で、口数はあまり多くありません。

しかし、戦闘の場になると仲間と協力したり、率先して戦闘をしたりします。ネタバレになりますが、呪術廻戦が進む中で父親である伏黒甚爾も登場します。血の繋がらない姉がいますが、呪いにかかってしまい現在は寝たきりです。伏黒は、「善人」だけを救うために呪術師をしています。

伏黒の声優を務めているのは、内田雄馬です。東京都出身の声優で、アイムエンタープライズに所属しています。元々ゲーム好きな少年で、13歳のときに見たアニメに影響され声優を志しました。その後、2012年にデビューをし、2013年から毎年人気アニメの声優を務めています。

【呪術廻戦・声優】釘崎野薔薇(CV:瀬戸麻沙美)

釘崎野薔薇は、呪術高専東京校1年生として登場するキャラです。3級呪術師の資格を持っており、戦闘をするときは釘を使用します。サバサバした性格で、感情が表に出やすいのが特徴です。そのため、虎杖や伏黒に対する当たりが強いです。しかし、虎杖が死んだと思ったときは、悔しそうな表情をする仲間思いな部分もあります。

釘崎の声優を務めるのは、瀬戸麻沙美です。埼玉県の出身でシグマ・セブンに所属しています。中学2年生の頃に見たアニメの声優に惹かれ、自身も声優を志しました。2010年より活動を開始し、活動開始時から活躍している声優です。

【呪術廻戦・声優】五条悟(CV:中村悠一)

五条悟は、呪術高専東京校1年の担任を務める人物です。呪術界御三家の1つである、五条家出身でもあります。しかし、権力や自分の身の安全しか考えていない呪術界の上層部を嫌っています。普段は、何を考えているのか分からないような性格ですが、戦うととても強く、「最強の呪術師」とも呼ばれる人物です。相手を煽ったり、馬鹿にするのが得意で、五条本人も性格が悪いと認めています。

五条の声優を務めているのは、中村悠一です。香川県出身の声優で、インテンションに所属しています。高校卒業後、声優になるために上京しました。2001年から声優活動を開始し、その後も毎年テレビアニメや劇場版アニメで活躍しています。

呪術廻戦に登場するキャラの中でも、人気の高い五条悟については、以下の記事でも詳しく紹介しています。興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

【呪術廻戦・声優】禪院真希(CV:小松未可子)

禪院真希は、呪術高専東京校に通う2年生です。京都校に通っている真依とは、双子の姉妹で、真依が妹にあたります。呪術界御三家の1つである禪院家出身ですが、生まれつき呪力を持たない体で生まれました。そのため、術式は使用できず、呪霊も見えないという特徴があります。呪具を駆使して戦う戦闘スタイルで、普段使用しているメガネも呪霊が見えるという呪具の1つです。

サバサバしている男勝りな性格で、姉御肌な人物です。そんな禪院真希の声優は、小松未可子が務めています。三重県出身で、ヒラタオフィスに所属しています。元々は、アイドルとして活動していましたが、引退し声優の道を目指しました。2010年に声優としての活動を開始し、呪術廻戦以外でも女性キャラを中心に活動しています。

【呪術廻戦・声優】狗巻棘(CV:内山昂輝)

狗巻棘は、呪術高専東京校に通う2年生です。準1級呪術師の資格を持っています。呪言師の末裔で、言葉により相手の行動を制御することができます。しかし、普段の会話でも相手に影響がでるのがデメリットです。そのため、普段からおにぎりの具材でしか会話をしないというキャラです。

狗巻棘の声優は、内山昂輝が務めています。埼玉県出身の声優で、劇団ひまわりに所属しています。1993年から子役や海外映画の子役吹き替えなどを担当していました。映画鑑賞が趣味で、幼いころから1人で映画館に通っていたそうです。2005年に声優を務めたキングダムハーツⅡで注目を集めました。

呪術廻戦・狗巻の声優を務める内山昂輝については、以下の記事でも詳しく紹介しています。気になる方は、ぜひ参考にしてください。

【呪術廻戦・声優】パンダ(CV:関智一)

パンダは、呪術高専東京校に通う2年生です。その名の通り、パンダの見た目をしています。人間ではなく、呪術高専東京校学長である夜蛾正道が作った人形です。そのため、心臓はなく、核が存在します。パンダは、核が3つあるのが特徴で、全ての核を壊されない限り動くことができます。禪院真希、狗巻棘とチームを組んでおり、1番コミュニケーション能力があるキャラです。

パンダの声優を務めるのは、関智一です。東京都出身で、アトミックモンキー名誉会長であり、所属しています。声優以外でも、俳優や歌手、漫画原作者としても活躍している人物です。少年役から青年役までこなせる声を持っています。

【呪術廻戦・声優】東堂葵(CV:木村昂)

東堂葵は、呪術高専京都校に通う3年生です。呪術師の家系ではないですが、呪術師を目指し1級呪術師まで上り詰めました。自己中心的な考えを持ち、他人から命令されるのを嫌う性格をしています。しかし、仲間や見込みがあると思った相手には、優しく接する人物です。女性の好みが一致するかで、相手との相性を定めています。

東堂葵の声優を務めているのは、木村昴です。ドイツ出身でアトミックモンキーに所属しています。本名は、スバル・サミュエル・バーチュです。7歳までドイツで過ごした後、日本で生活しています。2000年から声優として活動を行い、毎年さまざまな作品に参加している声優です。

【呪術廻戦・声優】禪院真依(CV:井上麻里奈)

禪院真依は、呪術高専京都校に通う2年生で、東京校に通い真希の妹にあたります。呪術界御三家の1つである禪院家の出身です。無から物を作る構成術式を使用し、戦闘します。毒舌で、相手を見下すような性格をしています。

禪院真依の声優は、井上麻里奈です。東京都出身で、シグマ・セブンに所属しています。元々演劇で男性役を行っていましたが、女性が男性役をやるのに限界を感じ、声優を目指します。2004年から声優として活動し、さまざまなキャラの声優を務めている声優です。

【呪術廻戦・声優】加茂憲紀(CV:日野聡)

加茂慶紀は、呪術高専京都校に通う3年生で、準1級呪術師の資格を持っています。呪術界御三家の1つである加茂家出身です。冷静沈着な性格をしており、いつも和服を着用しています。元々は、側室の子供でしたが、男の子が生まれなかった加茂家が、憲紀に代々伝わる術式を継承しました。

加茂憲紀の声優を務めているのは、日野聡です。アメリカのサンフランシスコ出身で、アクセルワンに所属しています。5歳までアメリカで過ごし、その後日本に来ました。10歳のころから劇団に所属し、舞台俳優を目指していました。しかし、吹き替えに参加したことがきっかけになり、本格的に声優として活動を始めます。2003年からテレビアニメの声優を開始し、現在でも活躍している人物です。

【呪術廻戦・声優】西宮桃(CV:釘宮理恵)

西宮桃は、呪術高専京都校に通う3年生で、2級呪術師の資格を持っています。ツインテールで小柄な体型が特徴です。箒を自由に操る術式を使用します。可愛らしい見た目に反して性格はキツめです。

西宮桃の声優を務めているのは、釘宮理恵です。大阪生まれの熊本県出身で、アイムエンタープライズに所属しています。1998年にデビューし、声優としても歌手としても活躍している人物です。

【呪術廻戦・声優】三輪霞(CV:赤崎千夏)

三輪霞は、呪術高専京都校に通う2年生です。五条悟の大ファンで、五条と遭遇するシーンでは、写真を求めています。自身を中心に半径2.21mに侵入したものを、フルオートで攻撃する能力を持っているのが特徴です。

三輪霞の声優を務めているのは、赤崎千夏です。鹿児島県出身で、81プロデュースに所属しています。小学生時代から放送部として活躍し、受賞経験もある人物です。2008年から活動をスタートさせ、現在でも多くの作品の声優を務めています。

【呪術廻戦・声優】究極メカ丸(CV:松岡禎丞)

呪術高専京都校に通う2年生で、人間ではなくロボットです。本体は、先天的に体の一部を失うことにより、膨大な呪力を得ている天与呪縛の人物です。生命維持装置を付けていないと生きていけない状態のため、ロボットを通じて京都校の生徒と会話をしています。

究極メカ丸の声優は、松岡禎丞です。北海道出身で、アイムエンタープライズに所属しています。2009年から声優活動を行い、テレビアニメでも多くの作品に出演しています。

【呪術廻戦・声優】夜蛾正道(CV:黒田崇矢)

呪術高専東京校の学長を務めている人物です。また、傀儡呪術学の第一人者でもあります。パンダの生みの親でもあり、かわいい人形を好んでいるのが特徴です。夜蛾が作った人形は、恐怖心や痛みを感じないため、一方的に向かってくる特性を持ちます。

夜蛾正道の声優を務めているのは、黒田崇矢です。東京都出身で、アクセルワンに所属しています。元々は、黒田隆哉という芸名で活躍していました。2000年から声優として活動している人物です。

【呪術廻戦・声優】七海健人(CV:津田健次郎)

呪術高専東京校に所属する呪術師で、1級呪術師でもあります。呪術師が嫌いで、サラリーマンとして働いていた過去を持ちますが、サラリーマンの方が嫌だと感じ、呪術師に戻りました。物を7:3の比率に分け、点を弱点にできる能力を持っています。

七海健人の声優を務めているのは、津田健次郎です。大阪市出身の声優で、アミュレートに所属しています。幼少時代をジャカルタで過ごした経験を持ち、その後日本で生活しています。1995年からテレビアニメの声優として活動している人物です。

【呪術廻戦・声優】伊地知潔高(CV:岩田光央)

伊地知潔高は、呪術高専の補助監督として登場します。呪術師としては、活動しておらず、送迎や調査などを担当しています。五条に振り回されることが多く、呪術師上層部と五条の間で板挟みになっている苦労人です。

伊地知潔高の声優を務めているのは、岩田光央です。埼玉県出身で、青二プロダクションに所属しています。1988年にアニメの声優をしたのがきっかけになり、知名度が上がりました。声優としては、1983年から活動しています。

【呪術廻戦・声優】家入硝子(CV:遠藤綾)

呪術高専東京校専門の医師で、反転術式による治療ができる数少ない人物です。五条、夏油の同級生として、呪術高専東京校に通っていました。

家入硝子の声優を務めているのは、遠藤綾です。山形県出身で、オフィスPACに所属しています。プライベートでは、2013年8月8日に結婚しました。2002年からテレビアニメで声優を務めています。

【呪術廻戦・声優】楽巌時嘉伸(CV:麦人)

呪術高専京都校で学長を務めている人物です。五条と仲が悪く、「ジジィ」や「おじいちゃん」などと呼ばれています。エレキギターの音を増強させ、呪力として放つ能力を持っている人物です。

楽巌時嘉伸の声優を務めているのは、麦人です。東京都出身で、個人事務所じゃがいも村に所属しています。6歳のときに舞台デビューをし、1960年後半から声優としても活動を始めました。また、芸能一家出身でもある声優です。

【呪術廻戦・声優】夏油傑(CV:櫻井孝宏)

夏油傑は、呪術師の敵として登場する人物です。本物の夏油傑は、すでに死亡しており、アニメに登場する夏油は、偽夏油と呼ばれています。最悪の呪詛師と呼ばれる人物で、呪霊を術式のように扱うのが特徴です。

夏油傑の声優を務めているのは、櫻井孝宏です。愛知県出身で、インテンションに所属しています。幼少期にテレビでみた声優に衝撃を受け、さらに中学時代の教師に言われ本格的に声優を目指しました。1996年から声優活動を行っている人物です。

【呪術廻戦・声優】真人(CV:島崎信長)

真人は、人が人を恐れたり恨んだりする気持ちから生まれた特級呪霊です。呪術廻戦の序盤から登場し、虎杖や七海など呪術師と戦闘します。まだ生まれたばかりの呪霊で、子供のような好奇心旺盛な性格をしています。自身と相手の魂を操作し、肉体や質量を変えれる能力です。

真人の声優を務めるのは、島崎信長です。宮城県出身で青二プロダクションに所属しています。小学生のころに見たアニメがきっかけで、声優を目指しました。2009年に声優デビューをし、さまざまなテレビアニメや劇場アニメに出演している声優です。

ここまで呪術廻戦のキャラと声優を紹介してきましたが、最後に芥見下々が作者を務める呪術廻戦のアニメがどのように評価されているのかを紹介します。口コミを紹介するうえで、ネタバレ要素を含むものもあります。まだ、呪術廻戦を見ていないという方は、ネタバレに注意してください。

呪術廻戦は、何と言っても面白いという口コミが多いです。その中でも、重要なキャラが死んでしまう部分が他の漫画とは違って面白いと感じている方もいるようです。この方のように、呪術廻戦のアニメが面白いという評価は多くありました。

呪術廻戦のアニメに関する評価で、とても多かったのが声優が豪華という内容です。キャラと声優のイメージが一致しており、漫画から読んでいる人もギャップを感じずに、アニメを見れたようです。主人公の声優だけが豪華なのではなく、1人1人を担当している声優が豪華だと話題になりました。声優が豪華なため、高評価に繋がった可能性が十分あるでしょう。

この方のように、呪術廻戦は見たことがないけど、声優が豪華だから見てみたという人も多いようです。漫画には興味がなかったけど、好きな声優が登場するため、見るという人もいるでしょう。呪術廻戦が人気漫画となったのは、声優が豪華だからという理由もあるかもしれません。

呪術廻戦が面白い理由は、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

芥見下々が描く呪術廻戦は、ワクワクする大人気漫画です。しかし、少し怖い描写もあるので、注意する必要もあります。友情や戦いが好きな人は、面白いと感じるでしょう。これからの呪術廻戦がどう進んでいくのかは、芥見下々次第です。これからも芥見下々が描く内容に期待しながら、呪術廻戦を楽しみましょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://m.media-amazon.com/images/I/518TynJOScL._SY346_.jpg